ストレス性ニキビの特徴を解説!おでこや頬の顔の場所にできる解消法

ストレス性ニキビの特徴として「おでこや頬」の顔の場所にできやすいのはご存知でしょうか?

 

わたしたちは糖質コルチコイドという1種の「抗ストレス作用」の強いホルモンを分泌します。

 

これがショックや炎症をやわらげたり、気力を高めるなど、心身をストレスに抵抗できる状態にしてきます。

 

一時的なストレスに対しては、交感神経の活発化や糖質コルチコイドの分泌によって立ち向かうことができます。

 

そしてストレスが早めに解消され、リラックスできればいいのです。

 

チェックする>>>進む前に下記の関連ページも一緒に読んでみましょう

 

 

ストレスの影響がおでこや頬のニキビにつながるプロセス

ストレス性ニキビの特徴!おでこや頬の顔の場所にできる解消法

ストレス状態が続くと、体内で糖質コルチコイドの分泌が優先され、性ホルモンや成長ホルモンなどの分泌が抑制されてしまいます。

 

肌の健康と美容には性ホルモンが大きく関わっており、その分泌が抑えられてしまうと、「ニキビ・肌荒れ、肌の乾燥による角化異常」の原因になってしまいます。

 

なかでもこれによって最も影響を受けやすいのが、顔の場所でいうと「頬とおでこ」にあたると言われています。

 

生活の中で、さまざまなストレスが自分でも気がつかないうちに、蓄積され自律神経系や内分泌系の働きに悪影響を及ぼします。

 

これが特におでこや頬の肌トラブルの原因になってしまうことは十分に考えられます。

 

しかし、どれくらいのストレスに感じるかは人によって異なるので、肌トラブルとの関係を科学的に証明するのは難しいことでもあります。

 

 

なので、まずは自分にあった方法でストレス解消をはかることが大切です。

 

 

イライラする人はおでこや頬の顔にニキビができやすい!

ストレス性ニキビの特徴!おでこや頬の顔の場所にできる解消法

今からどういう理由でイライラ感によってニキビが出来やすく変化するのか?

 

について説明を加えておきましょう。

 

まずは「イライラ感(ストレス)は美容の天敵」というフレーズが学術的に裏付の取れた表現であることを頭に入れていただきましょう。

 

これをニキビ予防に活用していただければという事です。

 

ニキビ出現のプロセスを知れば「その仕組みをストップすることでニキビ防止を目指せる」という知識を得ることにダイレクトに影響します。

 

なので予防法、治療の仕方が「使えるorダメかを選定」にも役立つはずです。

 

 

「イライラする人はニキビストレッサーに蝕まれる?」

ストレス性ニキビの特徴!おでこや頬の顔の場所にできる解消法

ストレッサーによってイライラする気持ちに見舞われると体調はストレス反応を示します。

 

言い換えるなら、ストレス反応とは、原則的に一定に持続されている生体均等化がストレッサーによって無秩序になります。

 

そこからノーマルな状態へと戻していくための過程のこと。

 

ちょっとのストレスであれば、身体の適応能力をキープするために最適なので「快ストレス」」と呼称されますが、必要以上のストレスであれば心身のバランス化を大幅に失ってしまうのです。

 

これが「皮脂の過剰分泌」・「肌の免疫力低下」・「本来ある肌の保湿を奪う」などの招いきます。

 

結果として、その悪影響を受けやすいおでこや頬の顔の場所にニキビが出来てしまうというワケです。

 

  

①イライラが自分の肌を劣悪化させてます。

ストレス性ニキビの特徴!おでこや頬の顔の場所にできる解消法

並はずれてストレスを受けると、脳の間脳というゾーンにある自律神経、内分泌を司る働きを保持する“視床下部”に影響力が及びます。

 

これ自体はノーマルな反応で、ストレスを浴びせられるということは生物学的にはハイリスク、不快な状態にあるということですから、その危険に対処するため、身体の動作を昂進させることが目標。

 

しかし、この段階で脳下垂体、副腎皮質から男性ホルモンが分泌されるなります。

 

自律神経のうち興奮を司る交感神経が盛んになることでノルアドレナリンが上昇したりすることが、素肌にとっては大きな問題が起こってしまいます。

 

 

②ストレスは脂性肌&角栓の原因に!

ストレス性ニキビの特徴!おでこや頬の顔の場所にできる解消法

ストレスを身を以て感じ取ったときに発生する男性ホルモンやノルアドレナリンは皮脂の分泌を促す作用が期待できるため、ストレス反応が持続すると脂性肌になってしまいます。

 

また、男性ホルモンには肌を硬質にしてしまう性質もあり、毛穴が縮小して埋まりやすくなるのです。

 

こうして皮脂が適正に代謝されなくなると、滞留した毛穴に皮脂が蓄積され、その皮脂の中で悪玉アクネ菌が繁殖して炎症の元凶となっている。

 

いわゆる頬やおでこのニキビが出来てしまうことを意味します。

 

 

③ストレスが脂性肌を導きニキビを誘因させる?

ストレス性ニキビの特徴!おでこや頬の顔の場所にできる解消法

ニキビの大敵、脂性肌はメンタル的ストレスからも現れて来る。

 

ニキビができやすいようになるメンタル面ストレスは自律神経の均衡状態に影響します。

 

自律神経とは、呼吸をすることや食事した物の消化・吸収、血液のローテーションなど、からだのキーポイントとなる働きを務めている神経です。

 

また、自律神経には日中の活動時に働く交感神経と、ストレス発散時に働く副交感神経を挙げられますが、精神的ストレスと深く関わるのが交感神経という側面を持っています。

 

交感神経がサポートしているときには、副腎皮質ホルモンと考えられるアドレナリンやアンドロゲンと、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が行われやすくなります。

 

そしてこれらのホルモンが生み出されると皮脂分泌も促進されるのです。

 

 

原因はホルモンバランスも!ニキビができるプロセスとは?

ストレス性ニキビの特徴!おでこや頬の顔の場所にできる解消法

「ストレスによる自律神経の乱れから脂性肌に」

リラックス時エネルギッシュなみなさんのからだには、陽の光とともに交感神経が機能しだして目覚めます。

 

次にお日様が沈むと今度は副交感神経が働いてリラックスの状態に入って眠気を催すというローテーションがあります。

 

ところが、交感神経と副交感神経の安定性が失われると、生体リズムの正常でなくなりから体調(コンディション)がアンバランスになることに。

 

さらにはお肌にも大きく影響します。

 

その因子の一つであるのが精神的ストレスです。

 

精神的ストレスによって負荷を食らわされると交感神経が活発に仕事をしはじめ、一方ではからだの回復に影響を及ぼす副交感神経の働きが減衰します。

 

これが自律神経が異常をきたすということです。

 

この状況を長続きさせると前項でご説明した通りです。

 

男性ホルモンや副腎皮質ホルモンが増えて皮脂が過剰に分泌され、お肌は脂性肌に傾いて頬やおでこの顔の場所にニキビができやすくなっていくと思われます。

 

しっかり肌のお手入れしているのに、ストレスが積み立てられるとお肌がテカったりべとついたりすることは経験したことがあると思います。

 

それはこのプロセスによるものなのです。

 

女性だとしてもアクティブに努力している人に脂性肌が多い原因である可能性があります。

 

 

「ストレス性睡眠障害もニキビの原因に」

昼間の不安がいろいろイメージしてきてしまってなかなか眠りに就けない。

 

やっと眠りに入っても、安心できなくなってすぐに目醒めてしまう。

 

そんなストレス性入眠障害もまた自律神経の乱れと関わりあっていて、ホルモン安定が失われて脂性肌を発症させます。

 

ストレスによる睡眠が足りない状況は、血液やリンパの流れの劣悪化や、28日周期といわれるお肌の代謝周期の乱れにもつながり、日を追うごとにニキビができやすくなるかも知れません。

 

 

「ストレス症の胃の不調はニキビを誘因。」

自律神経の乱れは、胃腸にも影響を与え、ストレス→胃腸に有害物質→ニキビという負のスパイラル

「ストレスで胃が異常になっている」という症状です。

 

胃腸が弱ると、消化をやりきれない食べ物が腐敗して老廃物に移り変わります。

 

この老廃物が皮脂と混じり合って素肌からも排出し、ニキビのもとになると考えられます。

 

また、胃腸が弱体化しているときには同時に抵抗する力もダウンしています。

 

免疫性機能がダウンするとお肌での炎症も起きやすく、ニキビもできやすくなっています。

 

ニキビより先に胃腸の治療が必要不可欠なことも。

 

 

「ニキビの元凶であるストレスの対策は難しい?」

ストレス性ニキビの特徴!おでこや頬の顔の場所にできる解消法

私たちの健康を損なわせるストレスは実にさまざまです。

 

世のなかのストレスを分類すると次の4種類が挙げられます。

 

騒音や気温の違いなどによる、物理学的ストレス

 

有毒物や薬といった系のものによる、科学的ストレス

 

ウイルスやバイ菌といった系のものによる、生命体的ストレス

 

不安や激高などといった感情で発生する、精神的ストレス

 

ニキビが発症する元凶になるメンタル的ストレスは、会社の仕事やコミュニティなど、あれこれが合わさっての不安や悩みなど、気持ちや心にまつわる広い領域にかかわります。

 

また、心理的ストレスは、仕事し過ぎやアンバランスになった生活などの様な外的要因、睡眠や栄養不足等のような内的要因。

 

妊娠や病気などの肉体的な要因、といった広い範囲に亘る原因が問題視されているので、一言では片付けられませんね。

 

ストレスを感じ取ったのなら、その大元となるものを遠ざけるというのが一番良い方法ですが、メインの仕事や交流関係など、安易には解消されないものがほとんどです。

 

ただ、心理的ストレスを穏やかにする方法がないわけではありません。

 

 

心理的ストレス解消でおでこや頬の顔ニキビを改善します

ストレス性ニキビの特徴!おでこや頬の顔の場所にできる解消法

心理的ストレスを100パーセント消せないとしても、交感神経を穏やかにし、副交感神経の働きを促進することによって心理的ストレスを解消に誘導しることはできます。

 

心理的ストレス解消の基本にあるのは、3Rと呼称される次の3つ。

 

Rest(ひと休み)

 

Relaxation(リラクゼーション)

 

Recreation(レクリエーション)

 

シンプルに言うと下記のようになります。

 

お休みの日にはストレスのある場所を離れ、仕事を完全に忘れて心からのんびりする

 

暮らしでも規律のあるひと休み・深い眠りを確保する

 

スポーツや趣味を保有している

 

などこれらがストレス発散の原理・原則です。

 

最近流行っているハーブティーなどもいい方法かもしれません。

 

そこでこれらの条件を満たしている人気を集めている商品はこちらです。

 

 

関連記事もチェックしてみましょう。

チェックする>>>ニキビや肌荒れを治したい方は絶対に知っておくべきこと!

 

 

最後に!ニキビだけじゃないストレスが及ぼす悪影響

ストレス性ニキビの特徴!おでこや頬の顔の場所にできる解消法

慢性的(日常的)にストレスが続くような状態では、交感神経の活発化や糖質コルチコイドの分泌はむしろ悪い影響を及ぼしてしまいます。

 

交感神経の働きばかり強化されると、自律神経失調症になる可能性もあると言われています。

 

交感神経と副交感神経とがバランスよく機能することで、体が健康な状態に保たれるわけです。

 

そのバランスが崩れてしまうと、頭痛や腹痛、不眠といった症状に悩まされることもあります。

 

こちらの関連記事もお読みください

 

4件のコメント

  1. 確かに、踏んだり蹴ったりですね。
    (^-^)v
    ってか、責任者が悪いじゃん!!

  2. 初コメです。
    私も同じことがあったので、コメしました~~(^◇^)
    でも、私の場合は帰りましたけどね・・・
    確かに、責任者がいけない!!

  3. まみちゃさん←
    ですよね~~(^◇^)
    まあ、新人なんでしょうがないのかな~~って(笑)

  4. baboさん←
    帰らされた!!!???
    それは、最悪ですね・・・・

ただいまコメントは受け付けていません。