パッションフラワーハーブティーの効果と味を紹介!危険な副作用も

パッションフラワーとはトケイソウ科のハーブで主な原産は北・中央・南アメリカに分布しているそうです。

 

「花冠」の部分はキリストの茨の冠と呼称されています。

 

現在ではハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

そこで紹介する人気の関連商品はこちらです。

 

 

 

「パッションフラワーハーブティー茶」の効果(効能)

パッションフラワーティーの効果が優秀!副作用はハーブの味

「メンタリティを鎮静化する」

パッションフラワーにはアピゲニンなどのフラボノイド類とルマンなどといったインドールアルカロイドが含有されていてます。

 

この成分の統合作用により精神をリラックスさせ穏やかな状態へとリードしてくれると言って間違いないでしょう。

 

息抜きをしたい時に役立つハーブティーの1つだと言えます。

 

行き過ぎた緊張や不安、イライラ、気持ちばかりが急いてソワソワと落ち着かない時などにもパワーを発揮してくれるでしょう。

 

パッションフラワーの精神安定作用は敢えて言えば「鎮静」に傾いています。

 

つまり抑うつ的な状態の時よりはメンタリティが亢奮している状態に有効だと考えられます。

 

精神的なトラブルにお悩みの方はこちらの記事も同時に読んでおきましょう。

 

 

 

「生理症状を緩和(生理痛など)」

ハーブティーの効能は中枢神経に呼びかけ、鎮静効果を発揮し、平滑筋の痙攣(けいれん)を緩和します。

 

不安や緊張の精神的異常で引き起こされる「過敏性腸症候群」や「神経痛」を落ち着かせます。

 

ほかにもストレス性の理由により発症する「高血圧」や「頭痛、腹痛」なども鎮静化します。

 

これらの効果効用が女性の子宮をリラクゼーションさせます。

 

生理の時の不快感(生理痛、生理不順)などの症状を取り除き、穏やかにしてくれる作用があります。

 

有効成分「フラボノイド」にもホルモンバランスを調整する作用が発揮されます。

 

生理症状にお悩みの方はこちらの記事も読んでおきましょう。

 

 

 

「生理中の精神(メンタルバランス)にも」

このハーブは「トランキライザー」と称されるほど強い鎮静作用があります。

 

はるか古来よりヨーロッパではメディカルハーブとしても用いられます。

 

特に生理中のホルモンバランスの乱れによる「精神的、イライラ、不安、緊張」を和らげ、メンタル面をリラックスを作ります。

 

有効成分である「ハルマラ・アルカロイド」は「モノアミン酸化酵素阻害剤」として、抗うつ薬の一つにも採用されます。

 

近年では、パッションフラワーのエキスをブレンドしてこちらのサプリメントは口コミで人気です。

 

 

「胃痙攣や胃痛を緩和する効果」

パッションフラワーハーブティー(トケイソウ茶)にはストレスで引き起こされる「胃痙攣、胃痛」などの胃の不調に効果的。

 

ほかにも「便秘」、「過敏性腸症候群」、「更年期障害」の緩和にも一役買います。

 

一般的に「パッションフルーツ」として確認されています。

 

ですがパッションフラワー(花)ははるか古来より先住民族の間での鎮静剤ハーブティーとして採択されます。

 

その実である「フルーツ」も同様の効能が見込めます。

 

 

「不眠症を解消または改善する効果」

成分を抽出した「ハーブティー」は特に神経性からくる「不眠症」に実効性があります。

 

「就寝前に寝付きが悪い、途中で寝覚める(眠りが浅い)」などの様な病気の状態にお悩みにオススメです。

 

そこでハーブティーを飲むと精神的リラックスを作り、自然とぐっすりと眠ることができるようになります。

 

 

「アルコール依存症を改善する」

パッションフラワー(トケイソウ)の鎮静効果はアルコール依存症の治療にもブレンドされています。

 

ハーブに含まれる「ハルマラ・アルカロイド」という成分は、冠状動脈を拡張します。

 

これが心臓の働きを健やかにかつ、システマティックをキープします。

 

 

「筋肉痛や神経痛を鎮静化」

パッションフラワーハーブティー(お茶)の有効成分「アルカロイドとフラボノイド」は神経や筋肉の緊張を鎮静化する効果を所有。

 

鎮痛作用も持つことから筋肉痛や神経痛のケアに活用されることが考えられます。

 

チンキや浸出油をマッサージオイルに希釈したり、湿布としてピックアップするのもおすすめです。

 

シップの場合は濃い目に煮出したハーブティーを布に浸しても利用出来ます。

 

足がつる(こむら返り)ことが多い方の予防策としても役目を果たすでしょう。

 

 

「ストレス性の体の不調に」

パッションフラワーには鎮痛・鎮痙作用があります。

 

これが「頭痛、生理痛、筋肉痛、肩こり」にも能率的だとされています。

 

メンタル的への鎮静効果と合わせてストレスで引き起こされる頭痛や動悸、過敏性腸症候群、神経性胃痛などに対してハイレベルな効果が発揮されます。

 

ストレス性の高血圧にも使用されます。

 

不定愁訴や自律神経失調という感じの「体のだるさ・重さ・慢性的な疲労感」なども精神状態に影響を受けているものが多くあります。

 

ストレスを強く知覚している方はチャレンジしてみても良いでしょう。

 

 

ストレスにお悩みの方はこちらの記事も読んでおきましょう。

 

 

どんな味?パッションフラワーハーブティーの味と香り

パッションフラワーティーの効果が優秀!副作用はハーブの味

「パッションフラワーティー(お茶)の味について」

一般的にパッションフラワーハーブティーの味に関する表現は下記のように言われています。

 

優しい煎茶(緑茶)を連想させるようなサッパリした草の香り。

 

全体的に風味は淡白でサッパリしているイメージ

 

グリーンを思わせるような爽やかなお茶の香りが楽しめてクセがなく飲みやすいハーブティーです。

 

 

「パッションフラワーティー(お茶)のオススメブレンド」

パッションフラワーハーブティーのブレンドの相性として下記のハーブティーがオススメです。

 

レモングラスやレモンバームなどの柑橘系のハーブティー

 

ペパーミントやカモミールなどのフローラル系に属するハーブティー

 

などのブレンドレシピが人気です。

 

ブレンドのポイントとしては、パッションフラワーハーブティーをメインに、あくまでもアクセントとしてハーブをブレンドしましょう。

 

 

 

「パッションフラワーティー茶の味と香りを口コミ」

 

東京都_30代_事務員_H・Hさん

「パッションフラワーハーブティー茶の風味について」
全くクセがなく、爽やかなハーブティーなので、比較的に飲みやすい部類に入るじゃないでしょうか?

 

「マルベリー(桑の葉茶)とタイムとクマササ茶」を足して割ったような風味で、わりと口当たりも優しい印象があります。

 

パッションフラワーハーブティーの草のような、クセのない香りと味わいが、口に含むとふんわり行き渡りますね~(^_-)-☆

 

しかし、パッションフラワー(トケイソウ)自体の風味は少々味が薄いので、ブレンドティーとして楽しむことがイチ押し!

 

「ヨギティー」などにも配合され、市販で販売されています。

「パッションフラワーハーブティー茶の効果について」
精神的な作用が有名なハーブティーなので、ストレス(イライラ)や不眠症などメンタルサポートにはもってこいでした~~(^_-)-☆

 

あと、個人的ですが、生理中のムカムカにも効果ありでしたね。

 

もちろんPMS症状にも効果的で、症状がかるくなりましたが、なによりも寝つきが良くなり、睡眠の質も良くなってのがうれしい驚きです。

 

昨日は7時間くらい睡眠をとることができました(^^♪

 

いつもは、途中で起きてしまうのに最近では毎日快眠です!!

 

本当に良かった(^_-)-☆

 

 

 

パッションフラワーハーブティー茶の成分は副作用があるって本当?

パッションフラワーティーの効果が優秀!副作用はハーブの味

パッションフラワーハーブティー(お茶)には「フラボノイド、アルカロイド、青酸配糖体、シアン配糖体、精油」の成分が含まれています。

 

サプリメントと違い、一般的にハーブティーとして1日に2杯~5杯程度、愛用する際は副作用はありません。

 

しかし、いくらパッションフラワーハーブティー茶の成分が「精神・美容・健康」をサポートするとしても、過剰摂取は厳禁です。

 

サプリメントほど、気を付ける必要はありませんが、無理の愛用する必要はありません。

 

一般的にパッションフラワーハーブティーを普段通り愛飲するぶんには副作用はありません。

 

しかし、パッションフラワーティーには下記のような副作用が懸念されています。

 

副作用①「眩暈(めまい)」

「パッションフラワーは概して安全と言っていいでしょうが、過剰摂取によるめまいや錯乱を引き起こす可能性があると思います。」

 

副作用②「眠気」

パッションフラワーを鎮静剤と併用して体内に取り入れることにより、過剰な眠気が引き起こされる危険度が高くなることだってあります。

 

副作用③「妊娠中は厳禁」

子宮収縮を誘発するリスクがあるため、妊娠中にパッションフラワーを摂取すべきじゃないと断言します。

 

副作用④「医薬品との併用は注意」

あなたが担っている補完療法を総合的なかかりつけの医療スタッフに言い伝えてください。

 

健康状態を管理することのためにあなた自身でどういったところをしているのか、すべてお伝えしましょう。

 

 

パッションフラワーティーの作り方と飲み方の注意点

「パッションフラワーティーの作り方」

 

飲用する時には小さじ1~2杯分を一般的なティーバックなどにプラスしたティーポットに備え付けます。

 

沸かしたお湯を注いでからフタをして3分~5分ほど蒸らします。

 

シングルでも飲めますが、強いて言うとブレンド向きです。

 

カモミールティーやルイボスティーとのピッタリ合うことで人気が高くなっています。

 

 

「パッションフラワーティーの飲み方の注意点」

 

パッションフラワーティーにはダイレクト中枢神経にはたらきかける作用が存在しますから、下記に該当するケースではよくお心掛けください。

 

精神安定剤などを飲みなれている方は使用を取り止めるか、ドクターに話し合いをする

 

眠くなる作用があるので、摂り入れた後はマイカーのドライブや装置のコントロールはやらない

 

血圧を下げる一役買いますから、低血圧の人は警戒をすること

 

血管を拡張したり、子宮に作用するナチュラルプロセスもありますから、妊娠中の方は摂取するのをお止め下さい

 

 

どんなハーブなの?「パッションフラワー」の歴史とは?

パッションフラワーは時計のように感じられる花が特殊的で、和名では西洋時計草と称されています。

 

ラテン語で「flos passionis」と呼ばれております。

 

3つの雌しべはイエス・キリストの磔刑の釘、5つの雄しべは5つの創傷です。

 

花弁と萼は組み合わせて10人の使徒、葉はロンギヌスの槍を意味しているとして、キリスト教の布教に活用されていた事が始まりとされます。

 

花言葉が宗教的なのもその影響を受けてでしょう。

 

近年国内においても栽培・食用されるようになったパッションフルーツ(学名:Passiflora edulis)も種が別ですが、同様なトケイソウ属の植物です。

 

「パッション(passion)」という名前や熱帯・亜熱帯地方原産であることから、情熱がこもった花といった意味に捉えがちです。

 

しかしパッションフラワーやパッションフルーツのパッションは「キリストの受難」という側面を持っています。

 

1569年にスペインの医師が鎮静剤として採用したことが誘因となり、精神安定や不眠の解消などに一役買ってくれるハーブとしてヨーロッパにも日進月歩で普及します。

 

現在もドイツなどの欧州では伝統的医薬品(THMPD)として評価を受けています。

 

はるか古来よりアメリカ先住民の間で鎮静効果が高いハーブとしてパッションフラワーは見つけられていました。

 

パッションフラワー(トケイソウ属)の植物は500種類以上見受けられますが、チャボトケイソウ(学名:Passiflora incarnata)が最も薬効に高水準であると評価されています。

 

4件のコメント

  1. それは、感じ悪いですね~~(^◇^)
    まあ、でもRICOさんの言う通り普段から接する人が良い人ならいいような気がしますよ(^_-)-☆

  2. こんにちは
    毎日、RICOさんのブログ呼んでま~~す。
    でも、同じ職場の人が優しいのであれば、ラッキーですよ(^_-)
    わたしなんて、苦手な人がいますからね~~しかも、そういう人ほどシフトが被る(汗)

  3. baboさん←
    コメありがとうございます。
    それは、嫌ですね~~
    苦手な人ほど良く会うっていうのはわかります(笑)

  4. まみちゃさん←
    そうですね。
    それは、RICOも良かったと思ってます(^^♪

ただいまコメントは受け付けていません。