レモングラスティーの効能と味を紹介!妊娠中や副作用にご注意を

レモングラスとはイネ科の植物(ハーブ)です。

 

近年ではハーブティーや精油(エッセンシャルアロマオイル)としてにとどまらず、お料理にもよく取り扱われています。

 

一般的に調理の調味料にも活かされますが、ハーブティーとして利用する際は、風邪症候群防止などに効果が期待できます。

 

現在では、ハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

 

本当に美味しい?レモングラスティーってどんな味なの?

レモングラスティーの効能と味と妊娠中の副作用

レモングラスティーはハーブティーの中でも美味しいと言われており、「初心者にオススメされているハーブティーの一つ」でもあります。

 

「レモングラスティーの風味は名前の通り、清涼感があるよう爽やかで、レモン(果実)を思わせるような清々しい香りが特徴です。」

 

「爽やかでフレッシュなハーブの中に、どことなくレモンの存在を感じることができるハーブティー」
ですが一方で・・・・

 

「濃い目に抽出すると青臭くて飲みにくいしレモンの香りも薄い!!!」

 

という意見もあります。

 

最近では、レモングラスティーをよりおいしく飲む工夫として、ブレンドティーがおすすめされている傾向にあります

 

そこで人気な通販購入販売店の関連商品はこちらです

 

大阪府_30代_主婦_K・Sさん

レモングラスハーブティーの効能!お茶の効果は通販購入販売店

「レモングラスハーブティー(お茶)の風味について」
こちらのハーブティーは口の中で、レモンのような香りがふわふわ広がっていき、美味しく飲めました(#^.^#)。

 

はちみつを入れてハニーにすると美味く飲めますし、ジュースのようなイメージかな?

 

清涼感とスパイシーさがハッとする様なハーブティーですね☆彡。

 

このハーブティーを摂取するのはもう3回目くらいになるのかな?

 

でも相変わらず摂取するたびにすこしに違ったイメージを与える稀有なハーブティーです。

 

とても飲用しやすいので経験の浅い人向きなのじゃないでしょうか?

 

日常的にハーブティーを飲みなれない人にも良いかもだと言えますね。

「レモングラスハーブティー(お茶)の効果について」
まず、初めに気付いたことは「朝に顔の浮腫みがなくなってる!!」

 

って感心しました( ^)o(^ )。

 

あとは、疲労感が翌日に残留しないので、疲れて帰宅する日は、寝る前に必ず飲用しています。

 

また、紅茶を組み合わせても美味しく飲めたりと、バラエティーに富んだブレンドが楽しめるハーブティーでもあります。

 

前回は風邪症候群予防に実効性がありしたが、今回は「むくみ解消と冷え性」に効き目がありました(^_-)-☆。

 

今回は、便通に実効性があるのでしょうか?

 

御通じが良くなりました。

 

それから、素肌に艶も出てきていますよ☆彡。

 

レモングラスハーブティーと風味が似ているレモンの香りが楽しめるハーブティーは下記を参照してみましょう

 

あなたも好きになる!レモンのハーブティー一覧

 

 

すごい!レモングラスティーの効能(お茶の効果)とは?

レモングラスティーの効能と味と妊娠中の副作用

「むくみ解消・セルライト根絶する有用性」

血液循環活性化作用があり、リンパの流れを改善することでセルライトを除去し、ハリを与え皮脂のバランスを調節する効果を発揮します。

 

また、筋肉の炎症や痛みを和らげる実効性があります。

 

つまり運動後のレモングラスの精油(エッセンシャルアロマオイル)をマッサージに使えば脚のむくみも解決し、さらに血行も順調にするので疲労の蓄積を解消役割も担います。

 

浮腫み(むくみ)にお悩みの方はこちらの記事も読んでおきましょう。

 

 

「ダイエットのサポートにも」

レモングラスハーブティー(レモンガヤ茶)の効能は胃の働きを助ける(消化促進作用)があります。

 

食前~食後に体内に取り入れることで、食べ物の消化を促し、ここ最近はダイエットサポートティーとして需要が高いです。

 

また、「タイ料理(トムヤムクン)、インド料理、東南アジア調理」でもスープやカレーなどスパイス(香辛料)としても取り扱われています。

 

ダイエットにお悩みの方はこちらの記事も読んでおきましょう。

 

 

「アンチエイジング効果(若返り)」

野菜類や果実類に豊富に含有されている、ポリフェノール類の1種の「フラボノイド」も含有されております。

 

フラボノイドの抗酸化作用には「老化防止、若返り(若さのキープ効果)」が見込めると言われています。

 

今でこそ、ハーブティーとして評価が高いです。

 

しかし実はその功績は過去には、インドでは数千年前から人々に称賛されて、栽培され、伝統医学アーユルヴェーダでも利用されてきました。

 

アンチエイジング(若さキープ)にお悩みの方はこちらの記事も読んでおきましょう。

 

 

「胃痛緩和・改善します」

胃の働きをサポートして消化を促進し、脂肪の分解を促す作用もあるといわれています。

 

食事による胃もたれしたときや胸やけのするときなどハーブティーが注目されています。

 

他にも、レモングラスには抗菌・殺菌作用があり、風邪の予防や腹痛、下痢の緩和にも効き目が望めると考えられます。

 

 

「リラックス効果(鎮静作用)」

レモングラスの精油成分は「リナロール・ゲラニオール」です。

 

この成分には緊張状態やイライラする気持ちなどの精神をリラックスさせるアロマ効果があります。

 

レモングラスハーブが放つレモンのようなスッキリとした香りは、私たちの眠気を覚まし、気持ちをリフレッシュさせてくれます。うつ気味な気分も和らげてくれるはずです。

 

 

「精油成分は防虫(虫除け)にも」

レモングラスティーの効能と味と妊娠中の副作用

レモングラスは水虫の治療法にも活かされます。

 

また、虫が拒否する匂いで、虫除けスプレーなどにも使われ、この葉を洋服タンスに保管しておくと虫がつかないともいわれます。

 

そして、この実績は「蚊やダニ」などの虫除けにも役立ち、これ以外に認知症にも有効と研究で報告されています。

 

レモングラスの精油(エッセンシャルアロマオイル)はこちらです。

 

 

「口臭、体臭予防する」

「血行促進作用と殺菌作用」の互いに作用しあって口臭対策として飲用できます。

 

また体臭を減少させ特に足の臭いに軽減に効果的だと評価されています。

 

レモングラスには抗菌作用・殺菌効き目を見せることから、「風邪の予防や腹痛、下痢」の緩和にも有益といわれ、水虫の治療にも活用されます。

 

 

「糖尿病を予防する効果」

フラボノイドは多くの健康をサポートする効き目があります。

 

特に抗酸化作用に優れ、「肥満、糖尿病」など生活習慣病の危険性を取り除きます。

 

常日頃より、体型維持に気を付ける方は「レモングラスティー(レモンガヤ茶)」を愛飲することをおすすめします。

 

 

「風邪予防・喉の不調緩和効果」

レモングラスには殺菌作用を持っていて、ハーブティーには風邪が発症する「感染症予防効果」や「軽い咳や喉のイガイガ」などの風邪の初期症状を軽減にも効果を発揮します。

 

また、従来より感染症や熱病に効く薬草として取り扱われてきました。

 

このことから、風邪のひきはじめてなどにハーブティーを飲用することが薦められています。

 

 

妊娠中はNG?レモングラスティーに副作用があるは本当?

レモングラスティーの効能と味と妊娠中の副作用

副作用①:「子供への飲用は避けましょう」

現代社会において、レモングラスティーは子供に飲ませるのは避けるべきと指摘されています。

 

子供にとってレモングラスの精油成分は刺激が強力。

 

レモングラスの精油を大量に誤飲した子供が副作用を起こした例もあり、気を付ける必要があります。

 

 

副作用②:「妊娠中は様子を見ましょう」

妊娠中や授乳中の女性のみなさんは、レモングラスティーが体質に合うかの見極めを誤らないために、スタートは薄目に作ったものを飲用。

 

そして体の具合を観察したの方が良いでしょう。

 

レモングラスが母乳の出に実効性があるなどの逸話もあります。

 

現実的には、妊娠中や授乳中の女性にレモングラスがどんなような影響力をもつのかについて、充分な論理的究明は記されていません。

 

 

他の茶葉とブレンドしてレモングラスの効能にプラスすすると、アレルギーなどの副作用のリスクも減り、問題なしに飲用することができます。

 

 

かならす知っておこう!「レモングラス」の精油成分に

レモングラスティーの効能が優秀!どんな味?妊娠中の副作用は?

レモンの香味成分であるシトラールを持っているため、レモンのようなみずみずしい風味があります。

 

パサパサ(乾燥)させて粉末にしたり、あるいはナチュラル活用されます。

 

メインの利用する方法はこのページで紹介しているハーブティー、スープ、カレーで、鳥肉や魚、シーフードとも組み合わせがいいと評判です。

 

精油はグローバルレベルで多く適用されていて、香料として食品、香水に取り入れられる。

 

精油を使用する治療法・アロマテラピーに採用可能です。

 

しかし潜在的な皮膚感作性が他の精油よりはるかに大きく、執行する利点もないため、マッサージなど外用は実施されません。

 

精油の香りには、人の脳を刺激を与える作用があります。

 

少なめになら芳香をアロマテラピーに駆使することもでき、虫が嫌う匂いという立場でもあることから虫よけスプレーに認可されます。

 

オガルカヤ属には50種を過ぎる多数の種があり、本種はおそらくマレーシア原産となっています。

 

イーストインディアン・レモングラス(C. flexuosus)はインド、スリランカ、ミャンマー、タイ原産である。

 

本種であれば調理に向いている。

 

レモングラスのハーブは南インド、スリランカ、東南アジアに多く見られ、高さが1,5メートルほどになり、細長い1メートルにもおよぶ葉をつける。

 

インドでは伝統医学・アーユルヴェーダで、伝染病、発熱、鎮静剤、殺虫剤として応用されたり、香料として採用されています。

 

他の香料用の種として C. martini や、シトロネラ油を入手できるジャワシトロネラソウ(C. winterianus Jowitt)などが存在します。

 

また虫除けパワーを発揮してくれるとされるコウスイガヤ(C. nardus、シトロネラグラス)などもオガルカヤ属に位置します。

 

 

1件のコメント

  1. まみちゃさん←
    おはようございます。
    やはり、そうですか(^-^)v
    ありがとうございます。
    おかげで、やる気出てきたーー❗

ただいまコメントは受け付けていません。