シナモンティーの効能を紹介!おすすめ商品がダイエットに効果的

シナモン(セイロンニッケイ)はスリランカ、インドを原産としするクスノキ科のハーブです。

 

近年では、スパイスとして活用される傾向が見られます。

 

ご利用方法はハーブティーとしてだけでなく、旧約聖書には大昔にシナモンスティック(シナモンパウダー)はエジプトでミイラの保存料として採択されています。

 

現在では、ハーブティーとしても認知されて多くの人に愛飲されています。

 

そこで紹介するおすすめの飲み方に人気な関連商品はこちら。

 

 

 

まず知ろう!「シナモンティー(お茶)」の効能とは?

シナモンハーブティー茶の効能!おすすめの飲み方はダイエット

「シミやシワを薄くする効果」

シナモンの効果効用には毛細血管をプロテクトする働きがあります。

 

毛細血管損傷による「シミ、シワ、顔のたるみ」などを予防・解消に実効性があって、「シナモン紅茶」も美容に有効です。

 

シナモンの効能は美容効力に即効性を見込むことができます。

 

1週間ほどで効果が体感実現することが可能な人もいるそうです。

 

 

「加齢による目の下にあるクマにも効果的」

シナモンハーブティー茶の効能!おすすめの飲み方はダイエット

シナモンハーブティーとして体内に取り入れることで、毛細血管が一点集中しているスポットに効果が現れ易く、その毛細血管が集中している部分は顔です。

 

この理由によって、顔の場合でも「目の周り」に毛細血管が集中。

 

目の下のくまやシワ、シミの予防や改善が発揮されます。

 

これが女性に人気を集めている理由のひとつです。

 

 

「血行促進(冷え性、肩こり改善)」

近年、「ハーブティー・紅茶」は糖尿病などの生活習慣病を防止する効果に人気が集まっています。

 

シナモンパウダーやスティックには「抗菌作用、発汗作用、健胃作用」に有効です。

 

また「血行の促進」、「冷え性・肩こり改善」など広範囲に及ぶ用途に利用できます。

 

 

「薄毛、抜け毛を防止効果」

「抗菌、発汗、健胃作用」、「血行の促進」、「冷え性・肩こり改善」など予想を超えた用途に合致していています。

 

これ以外に「血行促進作用」には頭部の毛細血管を守り、たくましくし抜け毛、薄毛に歯止めをかける使い道があります。

 

シナモンは世界でもっとも太古の昔から採用されるハーブの一つでもあります。

 

 

「ダメージを受けた血管の修復にも効果的」

シナモンは作用は毛細血にストレートに呼び掛けるので、老若男女問わず効果が感じ取れます。

 

20代までは血管の修復力が高いレベル。

 

なので、シナモンハーブティーの有益について特に効果が感じ取ることができるのは40代からです。

 

世の中も変化したようで若い年代でもフードスタイルや生活習慣の乱れから、 血管の老化にる薄毛(抜け毛)が広がっている状況。

 

今日の時点のうちからシナモンで血管を保全しましょう。

 

 

「更年期障害を改善する効能」

女性は閉経後、ホルモンバランスが正常に働かなくなり、 女性ホルモンが少なくなると毛細血管も減少しやすくなります。

 

シナモンには女性ホルモンの崩れを予防する「女性ホルモン様作用」があります。

 

これが「更年期障害、生理症状(PMS症状)」に効き目があります。

 

特に女性のみなさんにハーブティーが名前が挙がっています。

 

 

「肌の若さキープ効果(肌の弾力回復)」

シミやシワなどもイヤですが、 老け顔の要因として顔のたるみやむくみがあります。

 

この「たるみ・むくみ」は一般的に「太陽光に含まれる紫外線や生活習慣、乾燥、老朽化」によって発生します。

 

それらの影響で、毛細血管が傷つき、脆くなり、 たるみ、むくみの元凶となっている毛細血管の漏れを発生させます。

 

そこでシナモンはこれらの症状を適正化する効能があります。

 

 

「顔のたるみやほうれい線にも効果的」

シナモンハーブティー茶の効能!おすすめの飲み方はダイエット

血管から排出された水分や老廃物は、 リンパ管が受け取って対外へ排出するのがまともな作用です。

 

ところが毛細血管が劣化するとリンパ管での排出が追いつかない状態に。

 

結果として細胞内に水分や老廃物が蓄積され「むくみ、顔のたるみ」の引き金となります。

 

また「顔のたるみ」はコラーゲンの減少が影響している一つです。

 

シナモンハーブティー(お茶)の効能には、毛細血管の雲散霧消を防ぐことで効率的にたるみの解消もできます。

 

 

「細胞Tie2(タイツー)の活性化で血液を元気に」

シナモンハーブティー茶の効能!おすすめの飲み方はダイエット

毛細血管の修復にはTie2(タイツー)という分子を活性化が必要不可欠です。

 

シナモンには、細血管の内皮細胞のTie2(タイツー)を活発化する、 アンジオポエチンと同じ効能効果をもたらします。

 

ダメージを受けた毛細血管の壁細胞に代わって、 内皮細胞のTie2(タイツー)を活性化し、血管の炎症を抑止します。

 

また、炎症後の毛細血管の漏れも修復することが発表されています。

 

摂取後、2~3時間後に発揮され、早いケースではも約1週間で効果が見受けられます。

 

 

「若々しい細胞の寿命を伸ばすサポートに」

シナモンには細胞寿命を長くする「テロメア」の活性化に対して働きを示してくれます。

 

人間の体の細胞を作り上げている染色体の両端にはテロメアという部分があります。

 

テロメアは細胞分裂した後、完璧造形することが不可能で、 細胞分裂の回を重ねるごとに少しずつ少なくなります。

 

テロメアが削減されると細胞は分裂できずに死滅してします。

 

ですが、シナモンはこの活性化を助けて細胞にパワーを与えます。

 

 

「老化防止(アンチエイジング・若返り効果)」

ミトコンドリアの少なくすると細胞自体の働きが低下(ライフアクティビティーエネルギーの減少)します。

 

細胞の効力が劣化すると、毛細血管の修復や快復が困難で、 毛細血管が徐々に低下します。

 

某大学の実験では、シナモンを口に入れると、標準的な約1.5倍ほどテロメアの活性が向上します。

 

これによってシナモンには細胞内のテロメアをパワーアップ。

 

細胞寿命を延ばし、 老化現象を抑えて毛細血管を保護する効果が解き明かされました。

 

 

「ミトコンドリアの活性化します」

細胞内には、血管や肌を作るためにエネルギーを生み出す「ミトコンドリア」が付随。

 

これは細胞の中でエネルギーを生成しているの細胞内小器官で、 1個の細胞の中に数百個あります。

 

ミトコンドリアは、ATP(アデノシン三リン酸)という物質を合成。

 

すると「運動や思考、体」を作る各種の合成反応などのライフアクティビティーに利用されます。

 

シナモンハーブティー(お茶)の効能にはこのミトコンドリアの働きをお手伝いします。

 

 

「糖尿病を予防または改善する効果」

これからの社会において糖尿病患者は約740万人もいると指摘があります。

 

さらに糖尿病予備軍は2000万人を上回ってもいると想定されています。

 

シナモンには血糖値を下げる効用効果があります。

 

シナモンスティーは医療業界や民間伝承治療法でも使用されています。

 

糖尿病の方や糖尿病予備軍の方に勧められている健康ハーブの一つです。

 

 

優秀過ぎる!ダイエットサポートにはシナモンティー

シナモンダイエット①「インスリン分泌を高めて中性脂肪を減少」

 

シナモンには脂肪細胞を小さくする活動しだけでなく、体内のインスリン分泌を高めて中性脂肪を減らす役目も担います。

 

 

中性脂肪が減少すればさらに脂肪細胞も小さくすることを可能にするので、よりダイエットへの有効性が向上します。

 

 

食べものを食べると血液中の糖分(血糖)の値が上がります。

 

この時体内ではインスリンが分泌され、血糖値を下げる効き目が見込めます。

 

 

このインスリンの働きが不良になると血糖値がダウンしにくくなり、血液中の糖分は中性脂肪に転換されてしまいそうです。

 

 

また、肥満体になるとインスリンの分泌が深刻になります。

 

 

そうなるとさらに中性脂肪を蓄えやすくなり、以前にも増して肥満になりやすい体に…。

 

そこでこれを予防するシナモンティーがダイエットに人気です。

 

 

シナモンダイエット②「 デトックス効果で体の内側からスッキリ」

 

シナモンにはダイエット効率を高める体を内側から綺麗にする効果が見込めます。

 

シナモンには血液循環作用を促したり、毛細血管を改良したりする効果を及ぼします。

 

これはシナモンの主成分でもあるフィトケミカルのシンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)の作用が誘因となっています。

 

 

シナモンティーを口に入れると血流がよくなることで体温が上がり、発汗や利尿作用が活性化されます。

 

 

シナモンの効果で体の中の不要の水分や老廃物をすっきり排出し、健康の上でダイエットを行なうことができます。

 

 

シナモンダイエット③「 肥満の天敵である脂肪細胞を小さくする」

 

シナモンは食べるだけで脂肪細胞を小さくする効果があり、ダイエットに適った食材であると断言できます。

 

シナモンには脂肪細胞を縮小するダイエット力を発揮してくれるというデータがあります。

 

脂肪細胞とは、脂肪を合成、分解したり、脂肪を蓄える細胞です。

 

 

「肥満体質」と呼称される状態はこの脂肪細胞の数が蓄積されてしまったり、脂肪細胞が中に中性脂肪を溜め込んでどんどん拡大化してしまったことを指しています。

 

 

そして、シナモンティーは中性脂肪を蓄積して膨張してしまった脂肪細胞に作用。

 

 

脂肪細胞を小さく戻してくれる有効であると言われています。

 

 

シナモンダイエット④「 整腸効果で便秘や宿便もすぐに解決!」

 

シナモンには腸の調子を整える有効性があり、ダイエットの仇敵である便秘の解消にもお奨めです。

 

スパイスを多く採用するインドでも、シナモンは腹痛や下痢の治療法として適用されています。

 

便秘や下痢などの腸のトラブルが引き起こされてしまうと、腸で栄養をうまく吸収できなかったり、お通じ部がなかなか外に出せなかったり。

 

 

さらに便通物から出現する毒素が体の代謝を下げてしまったりしてしまいます。

 

 

キレイに、健康の上でダイエットを行なうためにも、シナモンの整腸作用を利用しましょう!

 

 

シナモンダイエット⑤「糖分の欲求を抑制する」

 

シナモンには「インシュリン」の能力を3倍にする効果効用があります。

 

そしてシナモンパウダーやスティックを利用した「シナモンハーブティー・紅茶」には糖分の欲求を抑圧し、ダイエットに良い結果が期待できます。

 

 

ダイエットサポート効果はハーブティーにとどまらず、精油もおすすめされています。

シナモンの精油は初心者にもオススメされています。

ハーブティーを飲みながらシナモンの精油でアロマテラピーするのも良いでしょう。

より効果があります。

すべての五感でシナモンを楽しみながら、その優れた効果を実感しましょう。

 

 

おすすめされる「シナモンティー茶の飲み方を口コミ」

 

千葉県_30代_会社員_T・Gさん

シナモンハーブティー茶の効能!おすすめの飲み方はダイエット

「シナモンハーブティー(お茶)の風味について」
スパイシーなシナモンの独特の香りが口の中でフワフワ香りが広がります。

 

香りは比較的強いので「コーヒー・紅茶・ミルクティー」など色々な有意義な過ごし方ができるハーブです(*^-^*)。

 

シナモンのピリリっとしたスパイシーさが感じることができるハーブティーで、フローラルな風味が苦手な人は美味しいと感じるのでは?

 

なかなかスパイシーですが、別に飲みにくいわけではないと思われます。

 

シナモンの深い味わいが引き立てられているので、シナモン好きにはたまらないですね~~(*^-^*)

 

豆乳とかミルクとの相性も抜群でおすすめの飲み方です。

「シナモンハーブティー茶の効能について」
私は思春期ニキビの悪い影響である「ニキビ跡」が4つくらいかな?見つけられました。

 

年のせいでしょうか?「シミ」ができやすいですし、10代の頃にくらべて、ちょっと夜更ししただけで「クマ」もできやすくなっちゃったのです。

 

愛飲して3週間くらいでしょうか?

 

ちょっとずつ「頬のシミ(ニキビ跡)」が薄くなり、なによりクマが出来にくくなったのがハッピーな効果ですね。

 

ミルクと合わせれば、お酒を飲み過ぎたときにつよい救いの手を差し伸べてくれました。

 

個人的にですが、生理痛によるオデコの肌トラブルがなくなりました(^_-)-☆

 

 

肌に弾力が出てきたので、どちらかと言うと私は美容お薦めできるような気がします(*^-^*)。

 

朝の顔の浮腫み(むくみ)が無くなりましたよ。

 

これを飲み慣れていると二日酔いにならないので、お酒を飲む機会が多い人には良いのではないでしょうかね。

 

口臭にも効果的なので、目覚めの一杯に活用することになれば、口の中から流れるこの香りに癒されます。

 

 

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。