看護師の性格の特徴を紹介!メンタルを強くしてきつい人に勝つ方法も

看護師は人の命と向き合う職場ですが、離職率が非常に高く、イジメや嫌がらせが日常茶飯事とも言われている「看護師の世界」。

 

なので日常的に性格がキツイ女の看護師や性格が悪い看護師が働いているのも事実で、多くの新人看護師がいじめにあっているのも事実です。

 

では、どんな性格の悪い看護師が働いている仕事場(職場)なのでしょうか?

 

 

調べてみると、下記のような性格が悪い看護師がいます。

 

 

あなたも診断してみよう!看護師の性格の特徴はコレだ!


「人の評価をさげる性格の悪い看護師」

女の人が多い職場である看護師の世界は、まさに「足の引っ張り合い」が日常的に行われています。

 

基本的に、その場にいない人の「悪口」をいって評価を下げる性格の悪い看護師がいるもの珍しくありません。

 

また、わざと業務連絡を言わないで、人がミスするのも誘うような強者もいるとの意見もあります。

 

 

「人の前だと態度が急変する性格の悪い看護師」

いつも感じが態度も悪く口調もキツイ性格の悪い看護師も存在しています。

 

また、仕事を全くせずに面倒くさい作業は「新人」や「自分よりも格下の人間」に押し付けてしまうことも。

 

この性格の悪い看護師の最も悪質な点は、「上司や好みの異性」がいるときだけは、愛想がよく親切にしているということです。

 

 

「人の物を隠す性格の悪い看護師」

女性が多く働いている看護師の職場では「陰湿なイジメの嵐」だと言われています。

 

なかでも、「仕事用の携帯電話」や「制服」、「靴」が盗難に会うなんて日常茶飯事だという意見も多く寄せられています。

 

また、いつも仲良しのフリをしている身近な人が犯人だというケースも多くあります。

 

 

「みんなの前でわざと説教する性格の悪い看護師」

重要な連絡事項を伝えないで、知らん顔するという性格の悪い看護師がいることも事実です。

 

この手のタイプの人間は、ミーティングや会議でワザとみんなの前で説教をして、相手を晒し者にするという悪意を行ってきます。

 

また、重要な連絡事項を言わずに、いざ聞いてみると「え!!ちゃんと報告したわよ!」と開き直る人もいるようです。

 

 

あなたの職場にも上記の診断のような人がいませんか?

 

このように職場には多くの性格の悪い看護師がいるようですね。

 

 

メンタルを強くしてきつい看護師に勝つ8つのステップ

①「最後まで貫き通す」

人間は、一回乗り越えた行動をサイクル、それを習慣にしてしまうことがほとんどです。

 

つまり、断ち切るのが習慣になると、それが当然のようになっていくと思われます。

 

かえって、終わりまで貫き通す癖さえつければ、壁にぶち当たるたび、育成できる人になれるはずです。

 

 

②「忍耐強く待ってみる」

毎日、目に見えた成果が見られなくてもトライを常にすること。

 

そして、成功するまで我慢強く待つこと。

 

この2つこそが、最終地点を達成させる鍵です。

 

ある実験で15分だけ待ったら、これとは別にマシュマロをあげる」とワンポイント添え、客間を出て来ます。

 

お楽しみをすぐに求めて15分待った子どもさんであればある程、大学の入学試験で大きい点数を採り、より有益職業に就き、見事なBMI指数(肥満指数)が発生したのだとか。

 

 

③「感情をすぐに修正」

後ろ向きなモチベーションは、あなたを心理的にナイーブにします。

 

挫折しやすくなったり、軽視してしまったり。

 

残念なことが続くと、目標へのバイタリティーは消耗していくばかり。

 

感情をコントロールすることで、あなた自身の可能性の幅が広がるのであれば、好奇心旺盛でいられるように頑張りたいところですよね。

 

 

④「先延ばしの癖を治す」

いくらあなた自身のイメージした道を進んでいても、その過程には、きっと“避けたいこと”も潜んでいるでしょう。

 

万が一夜中まで規定外労働をしたり、誰かをクビにしなきゃいけなかったり。

 

人はそういうふうな“避けたいこと”ほどグズグズにすることが多いです。

 

いずれ終わらせざるを得ないのなら、先行して完結するくらいの習慣をマスターしましょう。

 

 

⑤「自分を信じてあげる」

周りが力を貸してくれると、私たちはがんばれるもの。

 

しかし、誰もサポートして手にすることができないときが足を運ぶと、あなた達はどうしますか?

 

大成を掴みとってしまう人は、そのような時こそ自信を失いません。

 

自分を信じ込み、周りの心頼みをつかみ取っていかないとダメです。

 

 

⑥「妥協をしないようにする」

脳が疲弊していると、知らず知らずに細かい点を知らんぷりをしてしまいますよね。

 

しかし、細部に気を配れる人ほど、その先へと進んでいくことができるのです。

 

 

⑦「武器は優しさ」

相手にイヤな仕打ちをとられたとき、そっくりにイヤな仕打ちで立て直すと、自分自身の心がジワリジワリとすり減って行きます。

 

イラッと来たときほど、やさしくなりましょう。

 

意欲的に、彼らの仕打ちに飲み込まれないようにします。

 

 

⑧「言い訳をしない」

何であるのかダメージを受けてしまったとき、自分自身の考え方を傷つけないようにと無我夢中で言い訳。

 

そんな姿は傷々しいですよね。

 

周囲から好かれる人は、批判や不平を言及しません。

 

自分自身のとった行動に、ちゃんと責任を抱えているのでしょう。

 

 

 

では、実際に性格の悪い看護師いる「キツイ科」は、どこなのでしょうか?

 

 

性格が悪すぎる看護師がいるキツイ科は「手術専属看護師

仕事場(職場)の性格が悪すぎる看護師女がいるキツイ科として有名なのが「手術専属看護師(オペナース)」です。

 

直接的に人の命を扱う職場でもあるため、看護師たちが厳しくキツイ性格をしているのも事実です。

 

また「説教や罵声」を浴びせられることも日常茶飯事なので、看護師のストレスにあてつけられてしまうこともあります。

 

実際の手術現場にも立ち会うことがあるためにお医者さんと仲良く話すこともよくあります。

 

そのため、お局や先輩の看護師に目をつけられて、「不倫している」、「医者目当て」などあらぬ悪評を流されることもあるそうです。

 

 

 

やはり、人の命を扱う職場は厳しいようですね。

 

また、多くの人から酷いエピソードが寄せられています。

 

 

仕事場(職場)の性格が悪すぎる看護師女の嫌がらせエピソードとは

東京都_30代_女性

「最低最悪の態度が変わるカメレオン女でした。」

いつも、不愛想であたりも口調もきつい看護師が居ました。

 

「早くしてよ!!」、「愚図だな~~!!」なんて説教される毎日にウンザリしていましたし、何よりその先輩看護師が大嫌いでした。

 

しかし、ある日のこと好みのお医者さんがいたのか?口調は偉く優しくなりました。

 

「ゆっくりで、いいからね~~」、「頑張ってね」などと年下の人間に優しいアピールをして好感度を上げようとしている様にはびっくり。

 

その後、そのお医者さんが結婚している事実を知ったその、女の看護師先輩の落胆した様子を見たら、ざまあみろって思わずガッツポーズでした。

 

まあ、態度も口調も悪化したので、束の間の幸せだったような気がします。

 

大阪府_20代_女性

「まさに、性格の悪い看護師でした・・・・」

業務連絡をしないでワザとミスを誘うようなことをする看護師の先輩がいました。

 

しかも、毎回ミーティングルームでみんなの前で

 

「ちゃんとやってよ!!」

「患者さんのこと考えてる!?」

 

などといかにも正義感を押し付けてくる悪者でした。

 

しかも、みんなの前で私に罵声を浴びせることで、怖い人アピールをして周りを威嚇する態度にも腹が立ちます。

 

その看護師の口調が「わたし、ちゃんと言ったわよね!?」でしたが、本当に最悪でした。

 

なにより、患者さんを盾にして正論を吐こうとしてくる陰険さにも腹が立ちましたね。

 

その人が異動になってからは、みんなで仲良くやっています。

 

神奈川_20代_女性

「人の悪口を言いふらす陰険なヤツが職場にいました。

本当に死〇よ!って思いました。」

人の悪口や噂話が大好きな看護師のおばちゃんがいましたね。

 

コイツが本当に最悪で、詮索好きですし、なにより悪口をみんなに言いふらすような陰険なババアなので、話もしたくありませんでした。

 

本当に大嫌いだったので、避けるようにしていたのですが、どうやら私のいないところ「あの人はお金持ちが好きみたいよ~~」なんて言われる始末です。

 

性根腐ってるな~~と思っていたら、うれしいニュースが舞い込んできました。

 

なんと、そのウザイ看護師のババアは60代のいい歳のくせに独身だということが判明しました。

 

おまえ、そんなだからお嫁にいけないんだよ!!」と思わず心の中で突っ込んでしまいましたね。

 

このように、厳しい看護師の仕事場(職場)で辛い思いをしている人がたくさんいるようですね。

 

やはり人の命を扱う現場では、性格が悪くないとやっていけないのでしょうか?

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。