レッドクローバーティーの効能と飲み方を紹介!危険な副作用も

レッドクローバーとはマメ科に属しています。

 

和名では「ムラサキツメクサ」と呼称されるハーブで、葉は3枚の卵型の小葉(ショウヨウ)に伴う複葉だと考えられます。

 

中世英国では、3枚の小葉(ショウヨウ)を「神、キリスト、精霊」の三位一体として見なされていました。

 

現在では、ハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

そこで紹介する人気の関連商品はこちらです

 

 

すごい!レッドクローバーハーブティーの効能とは?

レッドクローバーティーの効能と危険な副作用も飲み方

 

「生理痛、生理不順緩和への有用性」

ここ何年かで、レッドクローバー(ムラサキツメクサ)にはホルモン様作用が期待できることで、人気が高くなっています。

 

そして、この成分を抽出したハーブティーは、女性のホルモンバランスを調節する働きがあることから更年期障害の症状を鎮静化するのに効果を見せてくれます。

 

また、今日この頃は「レッドクローバー成分配合サプリ」にも活用されるほど、効果効用が必要になっています。

 

生理症状にお悩みの方はこちらの記事も読んでおきましょう。

 

 

 

「更年期障害の緩和にも」

レッドクローバー包含成分(イソフラボン)は、女性ホルモンの一種で見られるエストロゲンという様な活動を持ちます。

 

これはきれいな肌やふくよかな体つきをつくる上で欠かすことができない女性ホルモンです。

 

しかし、年を重ねれば重ねるほどエストロゲンの分泌量はあまり無くなります。

 

更年期の女性はエストロゲンの分泌量が劣化することが原因で「イライラする気持ち、悲観的」などの不快症状を発症させます。

 

そこでレッドクローバーハーブティー(お茶)にはこれらの病気の状況緩和します。

 

更年期障害の方はこちらの記事も読んでおきましょう。

 

 

 

「卵巣癌(がん)治療サポート効果」

1930年代には、レッドクローバーは「胸部、卵巣、リンパ線のがん治療に使用されました。

 

近年では、ホルモン様作用があることで話題を呼んでおり、「ハーブティー」や「レッドクローバー健康機能食品」に活かされます。

 

このように、実はレッドクローバーが働いてきた歴史は古い。

 

古代ローマ時代にさか至るといわれ、 元来レッドクローバーは牧草として取り扱われていた植物です。

 

 

「喉の痛みや不快感を緩和する効果も」

ハーブティー(ムラサキツメクサ茶)には「抗炎症作用、鎮静作用」も見られます。

 

このことから、呼吸器の感染症にも力を発揮してくれると言われます。

 

また咳を伴う風邪の症状や気管支炎のときに摂り入れるとよいと評価されています。

 

レッドクローバーに含まれるイソフラボンには、骨からカルシウムが溶け出さないようコントロール。

 

骨粗しょう症を予防する助けになります。

 

 

「美肌をサポートする効果(コラーゲン生成促進)」

レッドクローバーは肌の老化を予防して、肌を美しくキープする有用性があり、女の子らしい体を作り上げます。

 

エストロゲンの減少はコラーゲンやヒアルロン酸を作り上げる力がダウンします。

 

コラーゲンには肌のハリや弾力を保つ働きを持っていて、ヒアルロン酸には肌にモイスチャーを与える役割があります。

 

レッドクローバーに含まれるイソフラボンには、エストロゲンの分泌を活発化。

 

肌のハリや弾力を保ち、うるおい感を与える作用を示します。

 

美肌やニキビ対策に関心がある方はこちらの記事も読んでおきましょう。

 

 

興味があればこちらの記事も読んでおきましょう。

チェックする>>>根本的な原因を解決しよう!ニキビや吹き出物に悩まされている方は治す為にも見ておきましょう。

 

 

「生活習慣病(成人病)を予防する効果もあります」

レッドクローバーには、生活習慣病の元凶となっているコレステロール増加をストップする効果があります。

 

コレステロールの数が増大すると生活習慣病が発生し、動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞に見舞われます。

 

更年期の女性は年齢を重ねれば重ねるほどエネルギーの代謝が損なわれるため、コレステロール値がアップさせてしまいます。

 

レッドクローバーは血液中に増えすぎたコレステロールを減少させる効果があり、生活習慣病や動脈硬化の予防に役立ちます。

 

 

「肌の乾燥や湿疹を改善するサポートに」

レッドクローバーに含まれる豊富なイソフラボンが、肌の乾燥や湿疹、発疹といった様々な炎症性の皮膚疾患に効果的。

 

それだけでなく「皮膚のエイジング(老化現象)」を遅らせるということが分かりました。

 

過去長期に亘っての究明によって、レッドクローバーは身体の内側のエストロゲン値を高めます。

 

皮膚は炎症に対して強力になる。

紫外線の影響を受けにくくなる。

コラーゲンを増やしやすくなる。

傷の治癒力が高まるといったパワーを発揮してくれる

 

このような効果があります。

 

皮膚のエイジング(老齢化)と呼ばれているのはエストロゲンの欠乏が元凶です。

 

これに付随して、イソフラボンを豊富に含むレッドクローバーティーを体内に取り入れるのがオススメ。

 

これによって皮膚のエイジング(老化)スピードを遅らせ、コラーゲンを代わりに増加させることができるのです。

 

イタリアにあるメッシーナ大学で行われた究明によると、エストロゲンは皮膚に根が深い悪い影響を及ぼしております。

 

レッドクローバーはエストロゲンの欠乏によって起きる皮膚の老齢化を防ぐということが理解しています。

 

 

「心血管の健康を改善する」

アメリカ合衆国や多くの欧州諸国では、高齢女性と男性の死因第1位は心臓病であると断言できます。

 

究明によると、レッドクローバーは動脈の健康状態を改善します。

 

これが動脈硬化の危険性を減らし、血流を正常化。

 

冠状動脈性心疾患を予防するパワーを発揮してくれるということを認識しています。

 

レッドクローバーは含有される大量のイソフラボンのおかげあってHDLコレステロール(善玉コレステロール)を増加させます。

 

そして血栓が構成されるのを防ぎ、動脈をより柔軟にする(動脈硬化を防ぐ)効果が認められるのです。

 

 

「癌(がん)のリスクを下げる」

近年、がん細胞および腫瘍が構成されることに対するイソフラボンの天然効き目について研究が実施されています。

 

学者たちはイソフラボンが癌細胞の増殖を止め、アポトーシス(がん細胞の自己破壊)を誘発する実現することを発見

 

レッドクローバーの取り入れによって最も影響を受ける確率の高い癌はこちら。

 

前立腺がん

乳がん

子宮内膜がん

 

上記のようなホルモンによって起きる癌(がん)です。

 

ただレッドクローバーとイソフラボンが持つ内在するがん細胞に対する良質の影響というのはまだ研究途中であります。

 

学者たちはがん予防のためにレッドクローバーを摂取すべきあると今の段階で結論付けているという結果にはなりません。

 

エストロゲンが乳がんに及ぼす影響についても全てが明らかになっているわけではありません。

 

乳癌の危険性が高い人は、さらなる究明が終わるまでレッドクローバーの摂取は控えた方が良いと報告されています。

 

 

「骨粗鬆症予防(骨を強くする)」

骨粗しょう症は閉経時の卵巣ホルモンの欠乏に関連する骨量の減少によるものです。

 

まさにエストロゲンと一緒のような作用するイソフラボン(植物性エストロゲン)を日常的に体内に取り入れることです。

 

骨粗しょう症および更年期障害の症状が引き起こされるのをガードできることを表します。

 

つまりイソフラボンを豊富に含むレッドクローバーを常日頃から補給することは、骨粗しょう症の予防に理想的という訳です。

 

エストロゲンというのは骨の形成を促成するホルモンです。

 

エストロゲンが欠乏する閉経時は骨粗しょう症の危険性が高くなってしまうのです。

 

単純に体重不足で骨密度が低い

もしくは体内のエストロゲン値が低い

 

上記のような閉経時以外の女性であっても、レッドクローバーを体内に取り入れることで骨粗しょう症を防止することができます。

 

 

美味しい飲み方は?「レッドクローバーティーの飲み方」

レッドクローバーティーの効能と危険な副作用も飲み方

飲み方②「レッドクローバーティーの淹れ方」

 

①:ポットにレッドクローバーの茶葉を、大サジ1杯入れ熱湯を注ぎ込みます。

 

②:5分~10分ほどお好みで蒸らしてから愛飲するようにしましょう。

 

レッドクローバーはクローバーの一つです。

 

この葉を干上がらせて用いるハーブティーはイソフラボンが非常に多くてその含有量は大豆の10倍以上という例えがぴったりです。

 

何よりも特化すべきポイントは女性ホルモンと似た作用を持つホルモン様の効果ではないかと考えます。

 

レッドクローバーティーはやや草の香しさがある甘味のある味です。

 

のどの痛みが心配でたまらない方、肌荒れなどの肌の不調を解消したい方などにオススメの健康茶です。

 

 

飲み方②「レッドクローバーティーの飲むタイミング」

 

レッドクローバーティーの実効性のある成分摂取という点を重要視すると下記がオススメです。

 

血液循環の理想的な日中の空腹時(朝10時~昼15時)

入浴前

睡眠をとる前

 

このううなタイムゾーンが良いのではないでしょうか。

 

これらの時間はハーブティーの吸収率が上昇し、身体のすみずみまで有効成分が行きわたりやすい為です。

 

この中でも、特にイチ押しなのが眠りにつく前の飲用です。

 

健康食品に含まれる成分の吸収率が一番上向きになる時間帯は寝ている間なのですが、それに加えて眠っている間には成長ホルモンも活発化するため、育乳に高い有効性の高いためです。

 

また、身体が温まって血の巡りが改善すると、サプリに含まれる成分が身体に行き渡りやすくなるので、夜の入浴後から深い眠りまでの間に服用するのも何かと便利です。

 

 

「人気レッドクローバーティー(お茶)を口コミ」

 

千葉県_20代_学生_H・Yさん

レッドクローバーティーの効能と危険な副作用も飲み方

「レッドクローバーハーブティーの風味について」
さっぱり感の中にちょっとだけしたフローラルな香りもありますね。

 

なので経験の浅い人にも飲みやすいハーブティーといったイメージを与えられました。

 

抽出時間を長めにすると、気持ちいい草の香り!!

 

クセのない深い味わいが特徴のハーブティーになるので、初心者~上級者にもイチオシかな(*^▽^*)

 

あと、蜂蜜を加えて甘味をつくり出しても美味しく飲めました。

 

 

「レッドクローバーハーブティーの効果について」
ホルモンのバランスも正常化しくれるますよ。

 

 

とんでもなく女性のみなさんに優しいハーブティー!!

 

 

仲間の話ですが、「特に、生理中の肌荒れにももってこいだよ!!」と主張していました。

 

 

個人的な意見を述べるならば、生理中のイライラやムカつきに効果が見られてましたけどね。

 

でも、コストパフォーマンスが厳しいのが引っかかりますね。

 

まあ、それくらい薬効の確実ですし即効性のあるハーブティーなので、マイナスにしていることはありません。

 

 

実際的には、女性のみなさんに人気のハーブティーです。

 

 

ホルモン様作用があることから、男性のホルモンバランスの乱れで起因する「ニキビ、肌荒れ」にも効果的と人気を博しています。

 

 

私の場合は、ニキビと比べてみても「肌がモチモチ」していました。

 

医学でもガン予防として活用されていたりするそうですよね。

 

また、ノンカフェインのためカフェインによる副作用は言われていません。

 

でもレッドクローバー配合栄養補助食品の過剰摂取や妊娠中(妊娠初期)の方や、ちびっ子への使用は極力避けた方が良いでしょう!!

 

 

どうでしたか?

 

レッドクローバーティーは上記のように女性の美容に効果です。

 

の有効成分には「フェノール配糖体、フラボノイド、クマリン、シアン配糖体、サリチル酸塩、フラボン類、イソフラボン類」を含有。

 

女性の生理痛などに効果的です。

 

ではレッドクローバーには副作用があるのでしょうか?

 

 

 

危険な副作用も!レッドクローバーティーの副作用とは

レッドクローバーティーの効能と危険な副作用も飲み方

レッドクローバーは、わずかな期間を活用することであれば、大多数の成人に関しては安全であると想定されます。

 

危険な副作用は通達されていません。

 

しかし、人によっては下記のようなレッドクローバーティーによる副作用も懸念されています。

 

 

副作用①:「妊娠中は注意しよう」

レッドクローバーが妊娠中あるいは授乳中の女性。

 

または乳癌に加えてホルモン感受性癌が発症した女性のみなさんに対して安全が確保されているかどうかは認識していません。

 

 

副作用②:「かかりつけにドクターに相談しよう」

あなた自身で担っている補完療法をすべてのかかりつけの医療スタッフに申し渡してください。

 

健康状態を管理することのためにあなたがどういった事をしているのか、すべてお話することにします。

 

それぞれによって連携のとれた不安がないケアが受けられるでしょう。

 

 

副作用③:「女性は長期間の愛飲は注意」

レッドクローバーは、エストロゲン様物質を内包しています。

 

長年にわたる使用は、女性のみなさんにおける子宮内膜癌のリスクをアップさせる危険性もあると思います。

 

ですが実験継続期間が短すぎる(6カ月未満)ため、レッドクローバーが子宮にエストロゲン様作用をおよぼすかどうかを評定することは出来ません。

 

 

副作用④:「薬との併用するのは注意」

レッドクローバーには、抗血液凝固作用が期待できるクマリン誘導体を含めています。

 

ワルファリンが含まれた血栓症治療薬などとの併用は避け、心に留めることが大前提となります。

 

具体的には下記のなります。

避妊薬

エストロゲンを含む薬

肝臓で代謝されやすい薬

血液を固まりにくくする薬

 

同時使用は敬遠した方が理想的だ薬はいくつかあります。

 

もしも薬を飲みつけている場合は、医師や薬剤師に相談してからレッドクローバーの使用を決定しましょう。

 

 

4件のコメント

  1. まみちゃさん←
    そうですよね。
    でも、いつもコメントくれるので、励みになります。

  2. baboさん←
    そうですね(^-^)v
    途中まで、哲学的だったのに~~笑

ただいまコメントは受け付けていません。