二日酔いが早く治る方法は絶対にコレ!辛い仕事を休む方法も知ろう

やはり仕事ってお酒が無いとやってられないのでしょう。

 

二日酔いになった時には色々な対策があるようですね。

 

まずは二日酔いの原因について知っておこう。

 

「お酒の飲み過ぎに左右される脱水状態、身体の中で過剰におこったアセトアルデヒドの作用、胃の炎症などが主にいうのが一般的です」

 

という医師の意見も。

 

それぞれアンバランスになる理由に合意したうえで、対策を構想するといいだろう。

 

 

お酒(アルコール)は脱水症状を引き起こす?対策は何?

二日酔いが早く治る方法は絶対にコレ!辛い仕事を休む方法も知ろう

お酒を飲むと脱水みたいになってしまうのは何故だろうか?

 

アルコール類には利尿作用がありますので、おしっことして水分を外に出してしまいます。

 

加えて、おつまみには塩分が多くあるものがいっぱい、これを排せつするためにも水分が採用されてしまいます。

 

二日酔いの翌朝の体内は、水分不足でカラカラの状態

 

そのような脱水状態は、頭痛やめまいなど、様々な悪い箇所が発症する。

 

このため二日酔いの朝にまずしておきたい処置は、水分を補填することだ。

 

特に素晴らしいのは、塩分や糖分が含有され、吸収もいいスポーツドリンクと言います。

 

二日酔いのときは胃の調子が悪くていることが多いので、真水よりは少し塩分が入っていたほうが胃にやさしく、刺激も少ない。

 

さらに、尿の排出に伴って、糖分も抜け落ちていることが多く、これがだるさの原因になりますので、糖分の補給もある程度は必要とされます。

 

冷やすニーズはなく常温のが一番いいです。

 

気持ち悪くないのでは、塩分を含む味噌汁、水、野菜ジュースなど、あなたが飲みやすいものを選択すればいい。

 

ただし、スポーツドリンクを習慣的に口に入れると糖分過剰になる可能性が大きいから、そこは心がける必要があります。

 

プロアスリートでも、スポーツドリンクの過剰活用で糖尿病になる競技者もいると言われています。

 

余談ですが、お酒の飲み過ぎで急性アルコール中毒患者になって病院に運搬される人もいるが、ターゲット処置は点滴になる。

 

これは、血管の中に直接、水分を充足させるために行うもの。

 

つまり、検診機関でも飲み過ぎの患者に一番初めに実践することは水分補給という事実だ。

 

 

 

二日酔いを避けるためにやっておきたい3つの事とは?

二日酔いが早く治る方法は絶対にコレ!辛い仕事を休む方法も知ろう

「二日酔いを避けるには飲む前に固形物を食べる」

お酒の席後のメンテナンスを主にご紹介ですが、やはり二日酔いに発展しないことがベスト。

 

もちろんお酒を適量で抑えればそれで済む話なのだが、どうしても飲みすぎてしまいそうなタイミングでは前もっての対処法

 

まずは、固形物を先に腹部に保管しておくこと。

 

アルコールは胃からも十二指腸からもとても効率よく取り込まれる。胃の中に固形物を納めておくと、胃の出口がいったん閉まり、飲用したアルコールがしばらくは胃に残留する。

 

そして食べ物を消化してから、じわじわとお酒を腸に送り届けて行くことになる。

 

アルコールは胃経由でも真綿で首を絞められるように浸透するが、直前で一寸でもおなかに入れておけば、そのスピードをかなり緩めることも認められる。

 

「口に入れるものは肉でも魚でも枝豆でも何でも大丈夫」という医師の意見も。

 

なお、ミルクを先に飲みつけて胃の粘膜をカバーするという意見もよく耳にするが、その妥当性に証拠はないとのこと。

 

もう一つは、飲食の間にちょいちょい水を飲むことだ。胃腸内のアルコール濃度を薄める期待に応えてくれる。

 

飲酒後はアルコールの利尿作用によって脱水を起こし易いので、それを防ぐ妥当性もあるという。

 

 

「吐き気や胃もたれには胃薬を服用」

アルコールの飲用し過ぎは、暴飲暴食同様、胃もたれや胸焼けに巻き込まれる。

 

お酒は胃にショックを与えて、食べた物を消化するための胃酸の分泌を促進する。

 

この胃酸は強い酸性で、お酒の刺激によって胃の粘膜の働きが疲弊していると、忌まわしい症状に変貌するのだ。

 

とりわけ空きっ腹でお酒を口に入れると、アルコールは分子のサイズが小さいため、胃の粘膜を通り過ぎて負荷を与えやすい。

 

胃のもたれや吐き気の悪い箇所がキツイ時には、胃薬を飲用してください。

 

特に前の日に吐いたりすると胃は酷く深刻で劣悪状態になっていますので、胃酸を食い止める「制酸薬」が効果が期待できます。

 

「整腸剤や乳酸菌製剤、また中枢神経を抑える吐き気止めも効きますし、飲み過ぎただけでなく暴飲暴食してしまった場合は併用でもかまいません」

 

と専門家に言われています。

 

とりあえずは胃を早く治して、真面目なフードスタイルに戻すことを勘定に入れたい。

 

どんな薬でも副作用が出るパーセンテージはあります。

 

ですが飲み過ぎによる突発的な胃炎に関しましては、1週間程度は継続的に口に入れても基本的に支障ないと言われています。

 

ただし、それでも治らなくては、何か別の起因している可能性もあるから、医療施設を受診すべきです。

 

反面、頭痛があるケースでは頭痛薬を飲用したとしてもいいのだろうか。

 

脱水が原因のケースでは水分補充でおそらく治るので、まずは水分を補充してください。

 

アセトアルデヒドによる血管の拡張作用することになった理由なら、血管をコンパクトにするカフェインを含むコーヒー、お茶が有効なケースがあります。

 

それでも治まら存在のないら頭痛薬を採用してもいいですが、副作用で胃を荒らすので、胃が弱っている場合は飲み過ぎに気を付ける必要があると言われています。

 

 

「肝臓の働きをアミノ酸、ビタミンでアップ」

二日酔いの2つ目の原因であるアセトアルデヒドとは、お酒が体の中で新陳代謝される際に引き起こされるものだ。

 

体に入ったお酒の大半は肝臓で代謝されるが、体が措置出来る量であれば、筋肉や脂肪組織に運ばれてCO2と水に分解され、呼気や尿となってカラダの外へ出ていく。

 

しかし、アルコールの量が過多になると、分解しきれなかったアセトアルデヒドが血中を巡る。アセトアルデヒドは毒性が強く、吐き気や頭痛など二日酔い症状の要因となる。

 

このため、奴隷の様に使っている肝臓の働きを確かなものにする処置を行うと、アセトアルデヒドの産生防止に結びつき、二日酔いの早期解決になり得る。

 

現実的にいうと、「アミノ酸やビタミンBの摂取の望ましい」という意見も。

 

たんぱく質が代謝されて生まれるアミノ酸には、肝臓の解毒作用、アルコール代謝を活発化させるなど、肝機能を正常化する効果があります。

 

中でも、浅部医師の一押しは「BCAA」(分岐鎖アミノ酸)。

 

「科学的な立証はまだだが、炎症を鎮静化させ、肝臓をプロテクトする効果も評判になっているので、二日酔い対策の効果的だ」と言われています。

 

お酒が肝臓で解体される時には、ビタミンB1も大量に消費され、ビタミンB1は糖質の代謝を助け、エネルギーを作り出す効力が期待できる。

 

これが欠けるとだるさが現れるようになるため、積極的に摂り入れしましょう。

 

BCAAは魚、肉、ご飯、そばなどにいっぱい採用され、ビタミンB1は豚肉、うなぎ、たらこなどに多く見受けられる。

 

飲み過ぎの後で胃腸も弱り切っていたら、サプリメントを利用して摂り入れる手もある。

 

 

「早く治そう!二日酔いを即効治す対処法」

二日酔いが早く治る方法は絶対にコレ!辛い仕事を休む方法も知ろう
初めの方にて水分補給。スポーツドリンクや味噌汁もオススメ。

 

アミノ酸やビタミンB1を中心に補完。健康補助食品の活用も。

 

頭痛があるケースになると、水分補給で回復しない場合はカフェインも試す価値あり。

 

胃薬も効果テキメン。胃酸を抑える薬や整腸剤、乳酸菌製剤、吐き気止めなどを服薬。

 

そうだとしても治らない場合は医療機関でドクターに相談。

 

カラカラの体に、まずは水分飲用。

 

 

 

二日酔いで仕事が辛いのを治す!吐き気には?頭痛には?だるさは?

二日酔いが早く治る方法は絶対にコレ!辛い仕事を休む方法も知ろう
:「頭痛を伴う二日酔い」

二日酔いによる頭痛には血管を収縮させることが一番。

この症状を助けてくれるカフェインが含まれているコーヒーを飲むのも効果的ですし、セロトニンを含む牛乳も効果的と言われています。

 

 

:「吐き気を伴う二日酔い」

アルコールによる二日酔いは脱水症状を起こしがちなので、水分補給をすることが一番!

つまり、スポーツドリンクなどの水分補給を行うことが出来る飲料水がとっても効果的で効率よく水分を補給します。

 

 

:「だるい気分の二日酔い」

低血糖症による二日酔いには果糖を多く含んでいるオレンジジュースが最適で、できれば果汁100%のものが一番です。

また、シジミにはアルコールによるアセトアルデヒドの解毒をサポートする効果があり、二日酔いに効果的と言われています。

 

 

どんなにつらくても人間関係が悪化する可能性もあるので、二日酔いで仕事を休むことは出来ませよね

 

では、どんな対処法があるのでしょうか?

 

 

二日酔いで仕事を休みたいときの3つの対策とは

二日酔いが早く治る方法は絶対にコレ!辛い仕事を休む方法も知ろう
:「有給休暇を取る」

調べてみると、二日酔いで休む場合は有給休暇をとって休む人は多くいるそうです。

 

でも、二日酔いで休むなんて言えないので、体調不良といって休む人が非常に多いんだそうですよ。

 

 

:「遅刻する」

家で体調を整えてから、遅刻して会社に出勤するという人も多くいるそうですね。

 

家でシジミ汁やスポーツドリンクなどを飲んで、二日酔いを軽減させてから出勤してもよいかもしれません。

 

しかし、二日酔いで遅刻すると、職場の人にこんな怖すぎる嫌な感情を生んでしまうようです。

 

 

:「早退する」

どうしても具合が悪いときは早退するのがベストだと言われています。

でも、二日酔いだなんて言ってしまったらNG!

なのであらかじめ体調が悪いことは伝えておくのも対策の一つですね。

 

二日酔いで休みたい場合は「二日酔い」だと言わずに、体調不良といって休むのが一番効果的。

 

なんでも正直に言えばいい訳ではないのかもしれませんね。

 

では、吐き気を伴う酔いに効果的な食べ物はあるのでしょうか?

 

 

仕事で吐き気を伴う二日酔い対策に3つの食べ物

二日酔いが早く治る方法は絶対にコレ!辛い仕事を休む方法も知ろう
:「シジミ」

シジミにはアルコールによるアセトアルデヒドを解毒する効果があると言われているので、肝機能をサポートしてくれるそうですね。

最近では、シジミのサプリメントも販売されているそうですね。

 

 

:「生姜」

生姜には嘔吐中枢に影響を及ぼす効果があるので「吐き気が辛くてしんどい」という二日酔いに効果があるそうですね。

一般的に、生姜湯として飲まれていることが多いそうですよ。

 

 

:「納豆」

納豆のネバネバには胃の粘膜を保護する効果があり、肝機能の向上をする効果もあることからアルコールの分解をサポートします。

また、納豆の有効成分であるイソフラボンにはアルコールの濃度を下げる効果があると言われています。

 

 

他にも、こんなアイテムが二日酔いの改善に非常に効果的と、今とっても人気を集めているようで、知っておいても損はないですね。

 

 

しかしながら、できれば二日酔いは避けたいですよね。

ちなみに、二日酔いによる寝不足を解消する方法もあるようですね

 

 

仕事にならない二日酔いによる寝不足の6つの解消方法

二日酔いが早く治る方法は絶対にコレ!辛い仕事を休む方法も知ろう

仕事での飲み会や日頃の家事へのストレスで寝不足になることはあっても、その解消法って意外と知らない人が多いです。

 

ちなみに、寝不足特有の「クラクラ、フラーッ」

 

という血の気が引くめまいは、主に低血圧や血流の滞りが原因といわれていますね。

 

血行をよくする行動や血行を促す食品を積極的に摂取すると効果的で下記に紹介しています。

 

 

「日頃からできる6つの二日酔い対策」

寝不足の解消を心掛けし、休んでよく眠るようにする

 

冷えや肩コリ解消のためにラジオ体操やストレッチで血行促進する

 

過度なダイエットはなるべく控える

 

血液中のヘモグロビンを増やす鉄分や、ビタミンBの豊富なレバーや青魚などを積極的にとる

 

血流不足予防のために、水分補給をしっかりとする

 

血行をよくするビタミンEの豊富なアーモンドやかぼちゃなどを積極的にとる

 

二日酔いにオススメされている対策になりますが、一番は二日酔いになる前に適度にアルコール量を調節することでもあります。

 

 

2件のコメント

  1. 仕事なのに、嫌な顔されるのって辛いですよね~~^
    わたしも経験あります。
    RICOさんだけじゃないです(^^♪

  2. まみちゃさん←
    そうなんですよね~~
    わたしもけっこう気にしています・・・・・

ただいまコメントは受け付けていません。