寝起きが悪い病気を改善しよう!朝に目覚めがよくなる方法対策はコレ

朝の寝起きは眠気があるかろもとやる気が起きません。

 

実際にアンケート調査によると80%以上の人が寝起きが悪いので、朝に目覚めがよくなるのに苦労しているという報告もあります。

 

では、寝起きが悪い病気を改善して朝に目覚めがよくなる方法対策はあるのでしょうか?

 

調べてみると下記のようなことがオススメされています。

 

 

寝起きが悪い病気を改善!朝に目覚めがよくなる方法対策

「ラジオ体操」

ラジオ体操には、血行の循環を促して血の巡りを良くする効果があります。

特に、朝にラジオ体操することで、眠気覚ましにもなりますし、やる気を出す方法として効率が良いという報告もあります。

 

 

「頭皮をマッサージする」

頭部には「吐き気改善、頭痛、眩暈、意欲向上」など色々なツボがあります。

普段からシャンプーするような感覚で、頭部をマッサージすることでやる気を出させるという方法もあります。

 

 

「お風呂に入る」

出勤前などは、身体が眠っている状態ですし、特に低血圧の人は朝が辛いという人が多くいます。

そこで、出勤前の朝にお風呂に入り体を温めることで、ヤル気を出させる方法も人気があります。

 

 

「冷水で顔を洗う」

仕事や朝の寝起きに、やる気が起きないときは冷水で顔を洗うと効果的です。

冷水であるということがポイントで、これをすることで皮膚が驚き気持ちがリセットさせるとの意見も。

 

 

「ガムを噛む」

眠気が襲っているときやヤル気が出ないときは、脳が休んでいる状態にあります。

ガムを噛むことで、強制的に脳を刺激して目覚めさせるのも効果的な方法の一つでもあります。

 

 

「チョコレートを食べる」

チョコレートには、脳を覚醒させる成分「カカオポリフェノール」が含まれています。

これが、やる気が出ない脳に効率よくやる気を起こさせて、仕事にも意欲的な姿勢を取ることが出来ます。

 

 

「カフェインを摂取する」

カフェインには、脳の働きをサポートする効果があることで、やる気を出させる効果があります。

中でも、紅茶やコーヒーなどが一番有効ですが、紅茶やコーヒーにチョコレートを加えている人もいます。

 

 

 

このように、やる気を出させる方法はいくつかあります。

 

しかし、サプリメントなどの医薬品に頼る人も多く、雑誌でも紹介されている商品もあります。

 

最後に、知っておくべきことは仕事にやる気が起きないのは実は脳の鬱病の可能性もあります。

 

 

うつ病かもしれない!?寝起きが悪い病気には理由がある


うつ病は「気分の障害」と言われ、気分は状況で良くなったり、ネガティブに沈んだり変化します。

 

しかし、うつ病になるとこうした喜怒哀楽の変化は起こらなくなります。

 

そのうつ病と診断される代表的な症状こそが寝起きの悪さや不眠症なのです。

 

人の気分は、意識的に起きるのではなく、自発的に変化します。

 

喜ぶような事があれば気分が高揚し、嫌なことがあれば悪い気分になりネガティブに。このような「気分(感情)」は自律神経が調整しています。

 

うつ病になるとこうした気分の変化が起こらなくなります。

 

常にネガティブな気分に支配され、よい出来事があっても楽しくならず、苦しい気分が続きます。

 

つまり心が拘束されてブレーキをかけられているような状態を「精神運動の制止」と言い、うつ病の主症状のひとつでもあります。

 

この精神運動(動作)の制止は当然、日常生活にも大きな影響をきた、代表的なものとしては、思考の停止や意欲の停止、自殺願望が医学的にも報告されています。

 

このような意見も寄せられています。

 

「うつ病と診断された寝起きの悪い病気の症状

 

東京都_30代_Aさん(仮)

 

寝起きが仕事に行きたくなくなってしまい、どうしても足が重くなり辛いし、もう会社に行きたくない。

 

正直、現状としてどうしたら良いのかわからない。

 

何をしてもまったくやる気が出なくて、仕事にも私生活にも喜びがありません。

 

病院にいったら軽度の鬱だと言われてしまいました。

 

千葉県_40代_Kさん(仮)

 

朝起きると倦怠感があり、何をしてもやる気が起きないので病院にいくと鬱病と診断されてしまいました。

 

まさか、自分が鬱病になるなんて思いもしなかった。

 

でも、なんか腑に落ちましたね。

 

寝起きが悪いといって軽く見ていると大変ですよ!!

 

大阪府_20代_Kさん(仮)

 

朝起きると体がぐったりと疲れていますし、なんだか起きる気分にどうしても慣れない・・・・

 

会社に行ってもどうしてもやる気が起きずに、失敗してミスを連発・・・・

 

上司にも怒られると、余計に会社に行きたくなくなるし、やる気が出なくて負のスパイラルに。

 

不眠症にも関わらず、朝起きると倦怠感があり、鬱病の第一歩かな?

 

と思い病院に言ったら本当に鬱病でした。

 

 

このように朝に目覚めがよくなる方法対策を実践しても寝起きが悪い病気を改善されなければ鬱病の可能性もあります。

 

寝起きが悪いだけと甘く見ていると、自分でも知らないうちに心の病に侵されている可能性も。

 

何かに喜びを見出せなくなったら、鬱病の可能性もあるので病院行って診察を受けるべきでしょう。

 

 

寝起きが悪い病気を改善して朝に目覚めがよくなるサプリ

 

第1位「JJJ SUPPLEMENT」



ストレス社会に立ち向かう女性を力強くサポートするサプリメントとして、雑誌にも紹介されました。
ストレスと言っても人によって様々な形があります。

 

また、具体的な症状によって使い分けられるように3タイプ用意されています。

 

パッケージは女性が持ちたくなるような上品なデザインで、 充実したキラキラした毎日を送りたい方にオススメです。

 

こんなお悩みにオススメされています。

充実した毎日を送りたいけどすぐに疲れる

 

休める時にしっかりと休んで次に備えたい

 

勝負所で最大限の力を発揮したいし、ここ一番頑張りたい

 

仕事が忙しくリラックスしたい

 

毎日の生活にふと疲労を感じている

 

詳しくはこちら

 

 

第2位「俺のサプリ」


社会人になると色々な部分で衰えを感じてくるようになります。

 

「俺のサプリ」はそういう衰えてくる部分をこのサプリ1つでカバーできるサプリメントで、男性だけでなく仕事に疲れた女性にもオススメされています。

 

こんなお悩みにオススメされています。

 

お酒をよく飲まれる方

 

疲れが取れない方

 

視力が弱っているような気がする

 

夜になると元気がない

 

物忘れをする

 

詳しくはこちら

 

 

第3位「プロポザイム」



プロポザイムは高濃度・高品質のプロポリスをベースに「還元型コエンザイムQ10・ローヤルゼリー・レスベラトロール・アスタキサンチン・・DHA」などのやる気を出させる有用成分を配合。

 

現代の複雑なストレスに対応できる新しいタイプのサプリメントです。

 

こんなお悩みにオススメされています。

 

いつも元気がない方に

 

体をイキイキさせたい方に

 

若々しさをキープしたい

 

朝起きると倦怠感がある人に

 

集中力が持続しない人に

 

詳しくはこちら

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。