リンデンフラワーの副作用が危険!ハーブティーと精油の効果も紹介

 

基本的にハーティーの飲用や精油でのアロマテラピーする程度であれば、リンデンフラワーには副作用は報告されていません。

 

ですが、仮に想定させるリンデンフラワーの副作用は下記になります。

 

副作用①「鎮静作用が思わぬ方向にも!」

特に大きな副作用はありませんが、リンデンフラワーには鎮静作用が期待できます。

 

一方で体力がないも同然の方や、エネルギー不十分の時、心身がパワーが不足していることの時などに口に入れると、だるさやめまい、集中力の低下などを引き起こすことが想定されます。

 

 

副作用②「妊娠中は念のために気を付けよう!」

妊娠中や授乳中はそうでなくてもからだの状態がアンバランスまたはセンシティブになった状況に見舞われています。

 

予想外のコンディション不完全を避けるために、妊娠や授乳中はハーブを経口体内に取り入れることは取り止めにすることが適正です。

 

 

副作用③「体に合わない時は控えよう!」

リンデンフラワーの有効成分「シナノキエキス」は植物由来成分のことを考えて低刺激で安全性は高いと考えられます。

 

しかしながら、体質によってシナノキエキスが体調やお肌に合わず、炎症やかぶれを生み出してしまうパーセンテージもゼロではありません。

 

 

副作用④「栗の花の匂いが不快と感じる人も!」

栗の花の匂いのような生臭い匂いがすることになるのですから、ハーブティーとして飲むのは効き目が存在しても当惑される方が多いようです。

 

ブレンドティーとしての愛飲もオススメされています。

 

 

副作用⑤「紅茶とのブレンドは注意です。」

ハーブティーとしてだけでなく紅茶に合わせて飲みなれてしまうと、組み込まれているカフェインが影響を及ぼします。

 

すると睡眠の質を引き下げる副作用があるので気を付ける必要があります。

 

 

リンデンフラワーはハーブティーとしてとても人気です。

リンデンフラワーの副作用とハーブティーと精油の効果

リンデンフラワーとはシナノキ科に属するハーブです。

 

また、樹木は約30メートルにもなり、多岐に亘る部位が利用できるハーブとして古くから好評なのです。

 

現在では、鎮静作用があることから「フラストレーションやイライラする気持ち」などの高揚した精神をカームダウンさせること効果が期待できるリラックスハーブティーとして認知されています。

 

現在では、ハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

そこで今回紹介する人気の関連商品はこちらです

 

 

もっと知ろう!リンデンフラワーハーブティーの効能とは

リンデンフラワーの副作用とハーブティーと精油の効果

 

「イライラ緩和・リラックス効果」

リンデンフラワーティー(セイヨウシナノキ茶)には鎮静作用があり憂いを感じるときや憂鬱、緊張を軽減させます。

 

リンデンの精油成分には興奮した気持ちを落ち着かせ、神経の緊張を鎮め、ヒーリング効果が発揮されるでしょう。

 

日頃から、ストレスを積み重ねてしまっている方はリンデンフラワーティー(お茶)を服用してみましょう。

 

ストレスにお悩みの方はこちらの記事も読んでおきましょう。

 

 

「不眠症改善(安眠導入)にも」

優れた鎮静作用があり、精神的なストレスを緩和するのに役立つことで「寝つきが悪い」、「不眠症」、「眠りが浅い」などの睡眠障害を改善します。

 

また、フラストレーションが溜まっているときや、緊張や不安に感じるとき、精神的にバラバラになりなかなか眠りに入れないときなどに飲むと、心を落ちつかせてくれると思います。

 

不眠症にお悩みの方はこちらの記事も読んでおきましょう。

 

 

「動悸を緩和する効果」

リンデンフラワーの薬効成分は心臓の鎮静即効性があり、動悸を鎮め、動悸により引き起こされるムカムカや息切れなどを改善する効き目を発揮します。

 

「リンデンフラワー、リンデウッド」はハーブティーとして摂り込む際、薬効が異なり、症状、用途によって適当に利用することが大切だと考えます。

 

 

「頭痛、偏頭痛を改善する効果」

ハーブティーや精油成分には高ぶったメンタリティをリラクゼーションさせ、神経の緊張を鎮め、ストレスからくる頭痛や高血圧、動脈硬化も阻害します。

 

近年では保湿作用と肌を引き締める働きがあると呼称されていいます。

 

フェイシャルスチームやハーバルバスとして利用するとお肌の特質をスムーズにするのに役立ち、パウダーにしてお湯を少し加え、パックとしても活用されます。

 

 

「血圧を調整する効果」

リンデンハーブティー(お茶)の成分には血圧を引き下げる効果があります。

 

これが動脈硬化や心筋梗塞などの症状をガードし、また消化促進やインフルエンザ予防にも効果を見せてくれます。

 

20~30メートル近くまで成長する樹木、リンデン。

 

原産地のヨーロッパでは、古くから「千の用途をもつ木」と呼称されていて、あらゆる部位が活用することができるハーブです。

 

 

「生活習慣病予防(高血圧・動脈硬化・心筋梗塞予防など)」

花に含まれるビオフラボノイドという成分には、血圧を下げる威力が期待できると言われているようです。

 

そういう理由で、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞などの「生活習慣病予防」を御手伝いすることになります。

 

また、リンデンフラワーは鎮静・リラックス効果によってストレスが原因の頭痛や動悸など様々な症状に助けになります。

 

中でも消化器系の不調緩和にも働きを示してくれます。

 

 

「血液循環促進作用で血液もサラサラに」

リンデンの花には「フラボノイ類」が取り入れられ、抗酸化作用や毛細血管の保護・強化に役立つことが認可されています。

 

これが血液の循環を援助しサラサラにします。

 

さらに、有効成分であるビタミンPには血圧降下作用もあり、抗酸化作用による効果と並行して相乗的な効果が期待でき、高血圧や動脈硬化・心筋梗塞の予防にも有効となると考えられます。

 

 

「デトックス効果(むくみ解消など)」

ハーブティーには優れた利尿作用が期待できるのが特徴で身体全体の水分や有毒物を排出するデトックス効果があります。

 

女性に多い浮腫み(むくみ)解消に役立ちます。

 

近年では「ダイエットサポートティー」にも役立つことが判明しており、ヨーロッパでは「千の用途をもつ木」と称されるくらい、薬効が認められています。

 

浮腫み(むくみ)にお悩みの方はこちらの記事も読んでおきましょう。

 

 

「千の用途をもつ木(リンデン)の由来とは」

リンデンフラワーの副作用とハーブティーと精油の効果

「むくみ解消」のハーブティーとして利用できるのは、花と苞(フラワー)と、木の部分(ウッド)です。

 

一般的にティーに取り扱われているのは、花と苞の部分(リンデンフラワー)と、木の部分(リンデンウッド)です。

 

これらの2つは若干薬効がバラバラになってきますので、症状によって使い分けましょう。

 

 

「胃腸トラブル緩和(下痢、腹痛、胃酸過多など)」

激しい腹痛や下痢、胃酸過多、胃腸にガスが蓄積されて膨満感を感じる方など、ストレスとお腹の不調が結び付きやすい人には一日一杯のハーブティーが推奨されています。

 

また、メンタル的な鎮静役割も担いますので、イライラやストレスで引き起こされる動悸や高血圧にも一役買ってくれるます。

 

 

「風邪、インフルエンザ予防に」

リンデンフラワーハーブティー(お茶)の効能には末梢血管拡張作用や発汗作用、利尿作用があります。

 

この効能が体を温めて発汗することで熱を下げる自然作用があり、発熱を伴う風邪やインフルエンザなどのケアによく用いられ評価されています。

 

そのほか、鎮咳・鎮痙にも有益であるとされ気管支炎の場合に対策することもあるといわれています。

 

風邪やインフルエンザにお悩みの方はこちらの記事も読んでおきましょう。

 

 

「冷え性を改善して体も温める」」

血流を促す働きと水分排出を促すナチュラルプロセスから、新陳代謝の促進をサポートして身体を温める効き目を見せます。

 

近年ではこの効果があることから「冷え性のやむくみの緩和」にも有効と人気を集めています。

 

リフレッシュ効果が期待できることや香りが良い作用もあり、体を温める作用や美容維持などに嬉しい効果がり、女性向けブレンドティーにもよく活用されています。

 

 

リンデンフラワーハーブティーのオススメブレンドレシピは?

リンデンフラワーの副作用とハーブティーと精油の効果

リンデンフラワーハーブティーには、フローラルな香りと花の甘さが楽しめると言われている、初心者にもオススメされるハーブティーの一つです。

 

香りにクセもないことから、多くのお茶(ハーブティー)と愛用が良いですが、中でもレモンバーベナやレモンピールとの相性が人気を集めています。

 

一般的に「レモンピールハーブティー」や「レモンバーベナハーブティー」と組み合わせることで、ストレスを解消に相乗効果が期待できます。

そこで、リンデンフラワーのブレンドハーブティーとその口コミはこちらです。

 

神奈川_30代_会社員_K・Kさん

リンデンフラワーハーブティーの効能!お茶の効果とブレンド

「リンデンフラワーハーブティー(お茶)の風味について」
清涼感のあるだけでなく、エレガントな甘い香りが口に広がり、とても堪能できます(*^▽^*)

 

ふんわりとしかハーブのような香りがとってもクセになりますし、口からフワフワ~っと香るのがいいですね(^^♪

 

このハーブティーを飲むのは2度目ですが、とても飲みやすい印象は常に変わらない状況(*^▽^*)

 

でも、ふたたびのんでみると風味によるの主張はあまりなく、とても飲みがっての良いハーブティーですね。

 

「リンデンフラワーハーブティー(お茶)の効果について」
やはり、万人に良い印象を与えるような印象ですし、友人の母親の話ですが、更年期にも効力を見せるそうです。

 

私個人では、フワ~っとした香りが気持ちを穏やかにして貰えますし、寝つきも良くなりましたよ( ˘ω˘ )

 

飲みつけているのか?

 

以前に比べて愛着がわいて来てくれるんです!!!

 

やはり寝つきの最低の日にはこれに限る気がします。

 

ビューティー効果があると言えるのでしょうか?

 

愛飲5日目くらいからニキビが消失しいってしまいました(*’▽’)!!

 

ハーブティーは一回飲んだだけでは、見ることができない即効性があるので、そちらも注目していきたいです(*^▽^*)

 

改めて飲むと風味の印象も変わってきたりするので、気になったらもう一度飲用したりするのもアリだと私は考えてます。

 

 

 

リンデンフラワーは精油としても効果がとっても優秀です。

リンデンフラワーの副作用とハーブティーと精油の効果

精油の効果①「慢性的な偏頭痛に」

リンデンフラワーの精油(エッセンシャルアロマオイル)には慢性的あるいは急性的な偏頭痛、頭痛などを和らげる助けになります。

 

精油の効果②「不眠症の改善に」

花から選出される精油はエレガントで厚意あふれる香りを放ちます。

これが「ヒーリング」させる効能に優れ、快眠を促して「頭痛、めまい」の改善に効果を見せてくれます。

 

精油の効果③「薄毛や抜け毛対策に」

リンデンフラワーの精油(エッセンシャルアロマオイル)には頭髪の成長もスムーズにする実効性もあり、薄毛や抜け毛対策としても支持されています。

 

精油の効果④「消化器系のトラブルに」

「喉のイガイガ、喉の炎症に因る呼吸器系」や「食事内容の消化不良による消化器系」の問題も克服できます。

 

精油の効果⑤「肌の劣化対策に」

「年齢の積み重ねが原因のシミ、目元のしわ、ほうれい線、そばかす」を分からないようにさせる効果を見せてくれます。

 

精油の効果⑥「落ち込んだ気持ちを元気に」

意気消沈した気持ちを前向きにし、「仕事の失敗(ミス)、失恋」などの精神的な沈みから自信を取り戻させてくれます。

 

 

2件のコメント

  1. こっわ!!
    さすがにそれひどいですね~~
    まあ、そんなこともありますよ!

ただいまコメントは受け付けていません。