仕事で焦りパニックから失敗しミスする人の要因と3つの対処法

時間に余裕がなくなると仕事で焦りパニックになってしまう人が時々います。

 

では、どんな対処法があるのでしょうか?

 

また仕事やバイトですぐにテンパり焦ってしまう人にはどんな原因があるのでしょうか?

 

これらを知ることで大きな解決につながります。

 

 

あなたは大丈夫ですか?パニック症状との共通点と相違点

「パニック症状」という言葉を聞いたことがある人はほとんどです。

 

仕事でテンパりやすい人はパニックに変化するというお悩みをお持ちの方の中において「私って、ひょっとしたらパニック障害では?」

 

と考えられている方も存在するかもしれません。

 

パニック障害の特徴としては、電車や車の中など、閉鎖的で逃げ場のない空間、たくさんの人前など人の目を引いたりプレッシャーを伴う場面、体調が劣悪だときなどに発症します。

 

突然の動揺や身体的な症状から強い不安や恐怖におののき、過呼吸や呼吸困難、立ち眩みなどの発作を起こすなどが考えられます。

 

さらに、一度発作を起こしてしまうと、また同じように発作が起きるに違いないという不安や恐怖が更に発作を連鎖反応させてしまいます。

 

根源的な原因がない状況の下でも頻繁にパニック発作が起こるのが特異性と言われています。

 

パニック症状が見舞われる原因は、恐怖や不安に影響を及ぼしている神経伝達物質「ノルアドレナリン」と、興奮を食い止める神経伝達物質「セロトニン」との安定性が失われるためとなると思います。

 

仕事のミスなどで頭が真っ白になったり何も見込むことができなくなったりしてしまうのは、原因が明確になっていて、目まいや胸の締め付けなどの症状が生じることが少ないと想像できます。

 

なので、パニック症状とはちょっと違うと感じますが、心の中に混迷や恐怖が強化されると言う点では類似している点もあると考えています。

 

 

仕事で焦りパニックでミスする人の心理について知ろう!

ちなみに、焦る人の心理としてすぐに焦ってしまう人は、「自分はしっかりとと出来てないかも?」と不安になる気持ちや自信のなさの表れ。

 

もちろん、それだけ「しっかりと業務をこなしたい」という気持ちの表れでもあると言われています。

 

心理学によると、完璧にこなさないと「好かれないもしくは嫌われる」という完璧主義の罠にはまっていることが多い傾向にあります。

 

「ちゃんとこなせない(できない)」不安を抑える行為に肉体的もしくは精神的な体力を使うので、逆に効率が落ちてしまいます。

 

なので、かえって慌ててしまいミスを連発すると自信をなくして「自分にはできない」と内気な思案になりがちに。

 

しかし、「完璧でないと好かれないもしくは嫌われる」も「自分にはできない」も間違った思い込みも。

 

実は、業務(仕事)を効率的にこなすには、自分のペースが一番であり、逆に焦りという感情に苛まれてしまうと、逆に効率が悪くなります。

 

ちなみに、心理学に事件では「焦って業務をこなすのと」・「自分のペースで業務をこなす」のでは、後者の方が効率が良いことがわかっています。

 


ミスが命取りに?焦りやパニックによる負のスパイラル

人は誰でも、大なり小なり何種類もの失敗を繰り返しながら生き延びています。

 

ビジネスシーンにおいても問題やミスがなく会社勤めしている人はいないはずです。

 

トラブルやミスが出現した時は、如何にリアクションを取るか、次は同じ様なことがないように教えにするなど、アグレッシブに考えて行動できたら問題ないのです。

 

ですがパニック状態に見舞われてしまう場合は、トラブルやミスを悲観的に捉え、上司や商売相手に責められたりします。

 

さらに深刻な事態をイメージしたりして不安や恐怖で心がコントロールされてしまいそうです。

 

ではどうしてトラブルやミスに落ち着きを失うほど過剰反応してしまい、心や気持ちが震えてしまうメカニズムなのでしょうか?

 

パニックに陥ってしまう人の特異性としては、パーフェクト主義過ぎる、自己肯定感が低い、デメリット思考、二極思考などが考えられます。

 

「失敗=不始末」、「失敗する人=不出来な人間」というような固定観念です。

 

これが自分を責めてしまうほか、また過ちを犯すのじゃないかという不安や恐怖で緊縮陥れたり動けなくなってしまったりするわけです。

 

そのようなように変わってしまうと、周囲も当人には任せておけなくなくなってしまったりします。

 

他にも代わりに問題に対処やらなければならなくなってしまったりと、不必要に責められる要因を作ってしまうようです。

 

実際にはほとんどのケースで、周囲はトラブルやミスが降りかかることより、それに適切なのかつ的確に対処していただけない時に怒りやフラストレーションを感じると想定されます。

 

 

まだ大丈夫です!パニックにならないための成功法

元を正せば人はミスをする生物です。

 

また、メインの仕事にミスや問題はついて離れないものです。

 

どんなトラブルやミスも対応できるし、挽回することをできるようにする、一度や二度のミスでクビとなったりライフステージが終了したりするわけでもないと思います。

 

日頃からそんな風に見つけ出すクセを持っていれば、心の重りが少し鎮静化されるのではないでしょうか。

 

また、想定しうるミスや問題は起こる前から下記のようなことをイメージしましょう。

 

「この様な時にはどう対応措置するべきか?」

 

「こんな時はどんな人に相談する方がいいか?」

 

 

確かな腕を持つ上司やチームメイトは誰かなど、もしもの時の模擬体験をして問題にお手入れできるという自信を付加されておくことにしても肝心だと思います。

 

そうは言っても、いざ問題やミスが起こると、上手く太刀打ちできないかもしれません。

 

万が一、頭が真っ白になったりパニックに見舞われてしまったりした時もあると思います。

 

そのときは意識が「今ここ」ではなく、過去の記憶やあなたならではの世界にイメージがいってしまっていることも想定されます。

 

そんなケースでは大きく深呼吸して、今のあなた自身と現状を分析しましょう。

 

周囲をチェックして、今いる自分の場所を確認したり、自分の身体に接触して現実とコンタクトしたりしてみましょう。

 

よく、「これは夢物語ではないですよね?」と身体をつねったりするのと同じ事です。

 

パニックになってしまった時は、現実を確認し気持ちを落ち着かせる習慣を付けましょう。

 

そして、少しずつ沈静化することができたら下記のことを実践しましょう。

 

「今の状況を確認して、自分は何ができるのか?」

 

「如何にすればよいかを考えるか?」

 

このように助けを望んでいる時は一人でため込まないで周囲に力を借りられることが必要不可欠になります。

 

自分のミスで問題に見舞われてしまったとしても、いきなり信用が消失することはありません。

 

むしろミスやトラブルにどう対峙したか、どのように対応措置したか、その応対の仕方が更に信用をいい方向に向けることもあります。

 

ミスや失敗のない人は存在しません。

 

パーフェクトな自分を放棄して、ミスを許容できるメンタル的な余裕が必要とされているという見方もできます。

 

 

 

このように心の持ち方で全く違います。

 

具体的には下記の対処法が推奨されているようですね。

 

 

簡単オススメ!仕事で焦りパニックから失敗しミスする人の対処法


:「深呼吸してみる」

パニックになり焦りミスする対策として、深呼吸してみることは非常に効果的なようですね。

 

焦っているときは、実は呼吸が乱れていることにも繋がるので、深呼吸して一度呼吸を整えてみることがオススメされています。

 

 

:「焦っていると自覚する」

実は、焦っているときほど、焦っているという認識ではなく、「急いでいる」という認識になっています。

 

そこで、「わたしは今、焦ってるんだ」と認識することで、心の状況を確認すると効果的です。

 

 

:「日常的に瞑想を行う」

これは、日常的に行い、焦る精神状態を改善していく方法になりますが、日ごろから気持ちと対面することで「焦りにくい精神状態」を作り上げてくれます。

 

また、瞑想だけでなくヨガも効果的とされており、今では方法だけでなく女性たちの間ではこんなリラクゼーショングッズが販売されいるみたいですね。

 

チェック>>>みんな対策をとってる!気持ちを落ち着かせる種類豊富な優れたアイテムや対処法とは

 

 

では、仕事で焦りパニックでミスする人の要因とは何なのでしょうか?

 

基本的に下記のことが、焦る要因とされています。

 

 

会社(職場)で仕事中に焦りパニックでミスする人の要因


:「判断ミスが多くなる」

焦っている人は、精神状態がいっぱいなので、確認漏れや判断ミスをしやすくなってしまいます。

 

これは、仕事で大きなミスに繋がるようなので、非常に危険な心理状態だと言われています。

 

 

:「仕事の質が向上しにくい」

焦ってしまうと、判断は早まりますが、考えるということが出来ないため、仕事の質が向上しにくいと言われています。

 

また、考えるという行為をしないため、その場の閃きで行動しがちになる傾向もあるそう。

 

 

:「ミスを連発する傾向にも」

焦っていると、ミスを連発してしまう傾向になるという統計データが報告されています。

 

一つミスすると、また一つミスしていき、どんどんミスが重なっていく傾向にあると言われています。

 

 

このように焦る要因は様々ですが、根底にはストレスを溜めやすい、またはストレスをため込んでいることも要因の一つでもあります。

 

では、どんな解消法があるのでしょうか?

 

 

忙しい仕事で焦りパニックでミスするストレス解消法

仕事での重労働な業務や辛い人間関係が原因と言われているストレスは、気がつかないうちに蓄積してしまいます。

 

ストレスで心が乱れるとニキビや体重増加、病気を招くのはご存知でしょうか?

 

そこで、身体を動かす運動も、心を落ち着かせるには有効で、運動中は運動に強制的に意識が向き、原因から意識が離れやすい。

 

イライラしているのに何もせずにいると、人の心理としてイライラの原因を思い返してしまうもの。
すると余計イライラはひどくなり、心も不安定になっていきます。

 

そこで運動することで、意識は強制的に運動に向き、イライラの原因を思い返す事が少なくなりますし、運動は代謝を高めて気分を前向きに!

 

もちろん、散歩も有酸素運動の一つで、ゆっくりと歩く散歩は副交感神経を活性化させる効果も期待できますし、代謝を上げてダイエット効果にも繋がります。

 

仕事で焦りパニックでミスする対処法としてストレスの解消も一つの手のようです。

 

 

 

1件のコメント

  1. 更新ありがとうございます。
    なるほど~~でも確かにわかる気がしますね。
    わたしもテンパりますが、やはり嫌われてしまうのではないか?
    って思いますもん!!

ただいまコメントは受け付けていません。