ジンジャーティーの効能を紹介!風邪やダイエットにも一番おすすめ

ジンジャーティーが風邪やダイエットにお悩みの女性や男性にオススメされているのはご存知でしょうか?

 

ちなみにジンジャー(生姜)はショウガ科のハーブです。

 

和名では「ショウガ」と呼ばれ、遠い昔から料理の調味料(スパイス)や味付け、臭み消しに取り入れられています。

 

下記にはジンジャーティーが風邪やダイエットにオススメされる理由を紹介します。

 

 

「ジンジャーティーが代謝を上げて痩せやすい体質に」

ジンジャーティーの効能がすごい!風邪やダイエットにおすすめ

ジンジャーティー(ショウガ茶)に含まれるショウガオールには血行を良化し、新陳代謝を上げる力を見せてくれます。

 

また「ジンゲロン」という成分にも血行を活性化させる効果を見せてくれます。

 

その有効成分には「精油、デンプン、ジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロン、ビタミン類、ミネラル、アミノ酸」などの女性の体をサポートする成分が含まれています。

 

ジンジャーティーを口に入れると体がホッカホッカとするのは、このショウガオールとジンゲロンのおかげなのです。

 

体が温まると内蔵の機能がアップし、消化や腸のぜん動運動が活性化され便秘解消を齎します。

 

さらに、代謝がよくなって脂肪の燃焼効率も上がるので、体重が減りやすい体質になるものです。

 

ジンジャーティーを他のハーブとブレンドすることでの相乗効果が同時に起こることで、よりダイエットへの有用性が増加します。

 

有効成分には脂肪を燃やしてくれる作用があり、脂肪の吸収を抑える効果を及ぼしてくれます。

 

 

「ブレンドティーでよりダイエットに」

ジンジャーティーの効能がすごい!風邪やダイエットにおすすめです

ジンジャーブレンドティーは、ジンジャーと他のハーブのダイエット効果を手にできる、一石二鳥のダイエットテクニックです。

 

やり方もブレンドティーを入れて1日2~5杯を目安に飲むだけ、という気軽さ。

 

生姜もチューブでも問題ありませんので、怠けた方でも続けやすいハーブティーダイエット方法ではないかと考えます。

 

最近は「ジンジャーブレンドティー」が市場に出ているので、より手間を掛けないで行いたい場合はそちらを活用するのもよいでしょう。

 

また、東洋では生ジンジャー(生姜)の状態で魚や肉の臭み消し、風味、香りづけに採用されます。

 

日本では主にスパイスとして色々な料理に活用されている生姜はスーッとした辛味があるフレーバーがあります。

 

現在では、美味しいハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

そこで今回紹介する人気な美味しいジンジャーティーの関連商品はこちらです。

 

 

ジンジャーティーが風邪の予防にピッタリな理由とは?

ジンジャーティーの効能がすごい!風邪やダイエットにおすすめです

朝と夜は、特に冷え込みに見舞われるみたいになりましたね。

 

こんなときに効き目がある食材は「ジンジャー」です。

 

ジンジャーは身体を芯から温め、免疫力を確固たるものにするので、冷え性解決方法や風邪予防に働きを示してくれます。

 

ジンジャーの有効成分「ジンゲロンやショウガオール」といった辛味成分には、血行促進作用(血液循環促進作用)を持っていいます。

 

体を芯から温めてくれて、冬などの気温の低い時に人気があるハーブティーの一つです。

 

古くから「東洋、西洋」関係なしに、風邪や悪寒に効果のある薬草(メディカルハーブ)として組み合わされています。

 

今では、ハーブティーとブレンドした「レモン、ルイボスティー」とのブレンドが人気が高くて、一例では「ミルクティー」としても楽しまれています。

 

 

もっと知ろう!ジンジャーティーの効果(お茶の効能)とは

ジンジャーティーの効能がすごい!風邪やダイエットにおすすめです

 

「冷え性解消または改善する効果」

ジンジャーティーはすでに評判の良いハーブディーで、主体にして体を温めてくれる作用があることで冷寒改善方法としてポピュラーな飲料水です。

 

またジンジャーティーにはそのほかにもカロリー制限や吐き気を抑制したりするなど美容や体調を力を貸してくれるハーブとしてパワーを発揮しているのです。

 

サッパリと飲めるジンジャーティーの効能からあなた自身の毎日の生活に合わせて美味しいままでいただきましょう!

 

 

「胃の不調による吐き気、むかつきにも」

ハーブティーとして飲用することで、胃の不調による「むかつき、吐き気」をおさめる作用もあり、また乗り物酔いにも実用的です。

 

さらに、胃痛がある場合は粘膜保護に実効性があるミルクとブレンドしてた「ジンジャーミルクティー」として飲用することがプロフェショナルに推薦されています。

 

乗り物酔いやつわりなどで吐き気があるときはジンジャーの絞り汁が解消してくれるだと評価されています。

 

ですが悪阻(つわり)を軽減させようとしてジンジャーを摂取しすぎると流産のリスクが高まるので頭に叩き込んでおくとよいでしょう。

 

 

「膀胱炎を緩和する効果」

血行促進作用が体を温かくして冷えからくる「腎盂腎炎や膀胱炎」などにも力を発揮してくれるというデータがあります。

また、中国ではとても先史時代から薬用として利用され、紀元前4世紀の医学書にもその効能効果が書き込まれています。

 

インドでも紀元前300~500年頃にはすでにブレンドされていました。

 

 

「乗り物酔い緩和効果」

ジンジャーティーの効能としてみんなが知っているのは、血液の循環を正常化し、身体を温めてくれるとなっています。

 

しかし、あまり認知されませんが、吐き気に歯止めをかける有用性もあるといわれています。

 

東洋医学では乗り物酔いにいい働きをするともいわれて船やバスなどの乗り物に乗る際に役立てる愛飲者もいます。

 

 

「解毒作用(体内浄化作用)」

身体の不調による主な原因は「体内に不要物質、毒素、不要な成分」などが身体に蓄積するために起こると理解できます。

 

ジンジャー(生姜)の「胃や腸に対する刺激で消化機能を促す作用や発汗作用、循環機能の活性化作用」によって身体の内側に不要な物質(毒素、老廃物)を取り除く解毒の効果があります。

 

ちなみに、古代からしょうがの絞り汁に採用されます。

 

近年では精油(エッセンシャルオイル)として人気を集めています。

 

 

「整腸作用(下痢や便秘を緩和する効果)」

有毒物質を除去する効果効能によって体の機能がスムーズにバランスよく働かせ、下痢や便秘の解消にも効果を見せてくれます。

 

古くに日本国内では生姜を食用として採用する際、生の生姜(ジンジャー)または乾燥生姜(ドライジンジャー)が取り扱われました。

 

 

「慢性関節リュウマチ改善する効果」

慢性関節リュウマチは季節の変わ目や冷たさによる体温変化によって苦痛がひどくなることが考えられますが、これは筋肉の動きが鈍くなることが要因とされます。

 

そこで、慢性関節リュウマチの緩和に身体を芯から温かくするジンジャーハーブティー(お茶)がオススメされます。

 

古くに関節や筋肉の痛む部分に生の生姜をすりおろした生姜の湿布剤として取り扱われています。

 

 

「美味しい人気のジンジャーティーを口コミ」

 

東京都_30代_主婦_K・Yさん

「美味しいジンジャーティーの風味への口コミについて」
ジンジャーティー(生姜茶)はスパイシーでほんのりとした辛みのある刺激的な香りと味が特徴かな?

 

表現が難しいですが、飽きない味が楽しめる美味しいハーブティーですね。

 

でも、爽やかなハーブティーでもありますが、どこかスパイシーさも感じられるハーブティーといった感じですね。

 

前回も飲んだことがありますが、けっこう抽出時間によって風味が変わるので、印象が微妙に変化します。

 

なので、いろいろな風味が楽しめるので、長く飲み続けられそうです。

 

食後の「お口直しと口臭防止」になってくれているので、私的には重宝していたりしますね。

 

また、スパイシーな風味が苦手な人や胃痛の症状にお悩みの人は「ミルクティー」がオススメですし、紅茶やハチミツを加えることで、一味違ったハーブティー(お茶)も堪能できます。

「美味しいジンジャーティーの効果への口コミについて」
美肌効果もありますし、ダイエットにも有効でした。

 

でも、これを飲んだだけでは痩せないですが、暴飲暴食をしっかり消化してチャラにしてくれるので、体型をキープできます。

 

便秘にも効果的ですし、体を整えるハーブティーかな?

 

ダイエットに基本はすべてサポートしてくれました。

 

肌荒れが少しずつ改善されていきましたし、血色が良くなったような印象もあります。

 

あと、ダイエットしたい人にはサポート飲料として教えてあげたい!!!

 

 

注意点も!美味しいジンジャーティーを飲むにあたって

ジンジャーティーの効能がすごい!風邪やダイエットにおすすめです

ひとつの例としてお茶よりも有名になっているジンジャーエールは炭酸飲料でスッキリと喉越しが魅力的。

 

しかも少しの苦味があるのでスプライトなどよりも社会人には飲みやすい飲料水でしょう。

 

健康や美容をサポーをしてくれるジンジャーですが、いくら進んでいるとは言ってもとりすぎは逆効果です。

 

ジンジャーの1日の摂取量は10gとされていますのでしっかり守りましょう。とりわけ以下の症状がある人は過剰摂取には注意が必要です。

 

2件のコメント

  1. 腰痛大変ですね・・・
    湿布張って、氷で冷やすと効果的ですよ!!

  2. まみちゃさん←
    なるほど!!
    試してみます。
    ありがとうございます。(^-^)v

ただいまコメントは受け付けていません。