チョコレートがニキビを作る事実!食べ過ぎたら肌荒れ予防が不可能

チョコレートを食べ過ぎて、ニキビが出来てしまったという人はけっこう多いのではないでしょうか?

 

これはニキビや吹き出物などに悩まされている人のアンケート調査にも明確に出ております。

 

こういった症状にお悩みの人は「お菓子類などを頻繁に食べたりし、偏った食生活」を送ってしまっている人が圧倒的に多いです。

 

またビタミン不足も肌荒れニキビを招く原因と言われていますが、実はビタミンだけ摂取しても改善するわけではあります。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

絶対に食べ過ぎるな!チョコレートが肌荒れニキビを作る

肌荒れニキビを減らす食事!甘いものが原因と栄養ビタミン

例えばチョコレートを多く食べることによって、大人ニキビ(吹き出物)や思春期ニキビを発生してしまうと言うことは医学的には直接的な原因は無いそうです。

 

つまり、「お菓子(チョコレート)を食べすぎるとニキビができる!」ことはありません。

 

しかし、これが落とし穴です。

 

チョコレートは言ってしまえば「油の塊」でもあるので、ニキビのエサとなる皮脂の過剰分泌を招いてしまうことにもなります。

 

また偏った食生活によって皮脂分泌量が盛んになるため間接的な原因(要因)になると専門家に言われています。

 

まとめると甘いもの(チョコレートやクッキー)などは、間接的ではありますが肌荒れニキビの要因になるということです。

 

 

チョコレートと食べ過ぎたときにデメリットほかにもあります。

チョコを食べ過ぎたらニキビに

上記で説明した通りでチョコレートは言ってしまえば、「油分の塊」のようなもの。

食べ過ぎることでアクネ菌のエサとなる皮脂を多量に分泌させてしまいます。

 

 

チョコレート を食べ 過ぎて太る

チョコレートはお菓子の中でも、100gだけでも500㎉~700㎉もある高カロリーなお菓子です。

食べ過ぎることでニキビはもちろんのことですが、「太る」のは当然です。

 

 

チョコを食べ 過ぎて気持ち悪い

甘いものを口に入れると、血糖値がアップし、すい臓からインスリンが生成される!

この反応はカラダの内側へのダメージが大きいため、食べ過ぎたタイミングで脳がNGをかけて気持ち悪いと言う原因に

 

 

チョコ を食べ 過ぎて下痢に

大量の脂肪分が一足飛びで胃腸に取り組むと、腸の動きが活性化されすぎて、便の水分をきちんと補充しないまま外に放出しようとします。

その為に、下痢のが通例です。

 

 

 

同じです!高カカオ70%のチョコレートもニキビを招く

肌荒れニキビを減らす食事!甘いものが原因と栄養ビタミン

高カカオ70%のチョコレートチョコレートなどの脂肪分や糖分は、皮脂の材料となってしまいます。

 

この過剰な摂取によって、皮脂の分泌量が増えてしまい、これが大人ニキビや吹き出物などの肌トラブルの原因を招きます。

 

また、脂肪分や糖分は皮脂の性質を変化させて、皮脂を皮膚の外に排出しにくくしてしまうことも研究によってわかっています。

 

つまり、「チョコレートやポテトチップス」などの偏った食生活は間接的ではあるものの毛穴に皮脂が詰まる原因になります。

 

 

つまり「チョコレートが肌荒れしない!」コレは完全に嘘

肌荒れニキビを減らす食事!甘いものが原因と栄養ビタミン

お菓子類が美容にも肥満にも悪影響を及ぼすことは周知の事実ですが、その誘惑を振り切ることはとても難しいです。

 

少し、おつまみとして嗜む程度ならば問題ないと言われています。

 

しかし脂肪分や糖分の多い食べ物は口当たりがよく、なかなか適当なところでやめられなくなってしまいます。

 

チョコレートなどの甘いものはみなさんが思っている以上に「油(油分)の塊」でもあるのです。

 

つまりわたしたちはアクネ菌エサになる油の塊を食べているようなものです。

 

チョコレートやポテトチップスなどのお菓子ばかり食べていて栄養バランスが偏ると、栄養不足になってしまいます。

 

 

 

チョコを食べ過ぎてもニキビができないで予防する食事を

肌荒れニキビを減らす食事!甘いものが原因と栄養ビタミン

チョコレートの食べ過ぎが原因で間接的にニキビや肌荒れを生じてしまうのは、医学的にも報告されています。

 

それを防ぐためには、実際にはどれくらいの食事をすればいいのか?

 

多くの人が悩んでいると思います。

 

もちろん、その人の体重に左右されますが、例えば体重50kgの女性だと下記のような食事が推奨されています。

 

まずチョコレートを食べ過ぎた際に食事量に関しては下記のメニューを参考にしましょう。

 

乳製品200g・玉子1個・肉60g・魚貝50g

豆または豆製品70g・野菜100g、果物100g

ごはん2、3杯・砂糖5g・油脂大さじ1/2

お酒は200カロリー

 

 

上記の食事メニューが1日に取る食事量です。

 

 

 

しかしチョコを食べてもニキビができない方法は難しい!

肌荒れニキビを減らす食事!甘いものが原因と栄養ビタミン

上記の1日の食事の摂取量でわかると思いますが、いくら肌荒れニキビを予防のためとはいえ、意外にも偏食を改善するのは困難です。

 

つまりチョコを食べてもニキビができない方法は難しいということがわかります。

 

特に、一人暮らししている人や家庭環境によっては、偏った食生活を送ってしまう人も多くいます。

 

この状態ではいつまで経っても、肌トラブルは改善されませんし、もっと悪いことに偏食は少しずつ健康的な生活を蝕んでいきます。

 

 

そこで、偏食によるニキビや肌荒れにオススメされている、人気の商品はこちらです。

 

 

 

チョコを食べてもニキビができない方法は市販がオススメ

肌荒れニキビを減らす食事!甘いものが原因と栄養ビタミン

多くの人が偏食を改善にサプリメントなどを利用しています。

 

もちろんサプリメントも十分に役立ちますが、サプリメントは正しい商品選びをしないと胃腸を悪くすることに。

 

また、野菜だけ取っている人も偏食につながりますし、偏食改善は困難だと諦めてしまう人もいます。

 

現在では、これらをサポートする多くの商品が販売されていますが、「どれも効果がない・・・」と嘆く人もいます。

 

実はニキビや肌荒れの原因として、チョコレートの食べ過ぎだけでなく「便秘、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、胃が悪い」などが複合している場合も。

 

つまり重要なのが「複合的なニキビの要因を解消きる商品を利用するか?」

 

ということが偏食によるニキビや肌荒れを防ぐ要因になります。

 

こちらのオススメされているのがこちらの商品で、「偏食改善・ニキビ予防・便秘解消」など多くの効果が口コミで寄せられています。

 

チェックする>>>「栄養も取れてニキビにも効果があると評判の商品」

 

 

チョコレートを食べ過ぎてもニキビ予防する栄養成分とは

肌荒れニキビを減らす食事!甘いものが原因と栄養ビタミン

中でも、ビタミン類はニキビを予防するのに重要な役割を担っています。

 

特に、ビタミン類はニキビと大きく関係しているのは、医学的にも証明されています。

 

ニキビ症状を避けるため、ビタミン類はしっかり摂取しなければなりません。

 

下記に、ビタミンの肌に対する役割について紹介しています。

 

「ビタミンA」

古い細胞が溜まってしまう角化異常が起こりやすくなり、結果として皮脂も毛穴に詰まりやすくなってしまう環境を作ってしまうのを予防。

 

「ビタミンB群」

皮脂分泌のコントロール機能が低下したり、皮膚の抵抗力も弱まってアクネ菌(ニキビ菌)が増殖しやすい環境を作ってしまうのを予防

 

「ビタミンC」

細胞の再生機能が低下したり、メラニンの増加が進んでシミが出来やすくなってしまいます。

また、肌の免疫力も落ちることで、アクネ菌(ニキビ菌)による細菌の感染症を起こしやすくなるのを予防。

 

 

 

チョコレートがニキビを作る!食べ過ぎたら肌荒れ予防する~まとめ

肌荒れニキビを減らす食事!甘いものが原因と栄養ビタミン

チョコレートやポテトチップスなどの一般的にお菓子と呼ばれるものは、「肌に悪影響をもたらすが医学的には根拠がない」と言われていました。

 

確かに実際のところ医学的には直接関係ないかもしれません。

 

ですがニキビ・大人ニキビ(吹き出物)の原因にもなる要因の一つではありますし、肌の状態を悪化させることにも繋がっています。

 

また高カカオ70%のチョコレートは大丈夫と思っている方も多いですが、チョコにはかわらないのでニキビが出来ます。

 

体験談でも高カカオ70%のチョコレートなどの甘いものを食べると肌荒れニキビにつながるとの意見も多いです。

 

そこでニキビは多くの要因が重なってできる症状なので、食生活の見直しも十分大切です。

 

関連記事もチェックしてみましょう。

チェックする>>>ニキビや肌荒れを治したい方は絶対に知っておくべきこと!

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。