よもぎ茶の危ない副作用と好転反応を紹介!効果と味への口コミも

ヨモギは日本中に自然に生え育っているキク科ヨモギ属の多年草(ハーブ)です。

 

また、何種類もの薬効があることから、「ハーブの女王」、「モチグサ(餅草)」などと称されています。

 

ちなみに、その利用価値の高い薬効は古来から取り入れられてきたハーブティーの一種です。

 

現在では、ハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

そこで今回紹介する通販販売店でおすすめの人気な関連商品はこちらです

 

 

 

まず知っておこう!ヨモギ茶には副作用の可能性もあります

よもぎ茶の副作用が危険!好転反応と効果と味への口コミ

①「飲み過ぎると軟便に」

特に危険な副作用というものに関しては報告が存在しないようですが、摂取の方法を勘違いすると副作用が出ることが考えられます。

 

よもぎに含まれるタンニンは下痢をストップする作用があり、過剰摂取するとかえって便秘が悪化するケースがあるのです。

 

体質によって、飲みすぎでお腹を壊し下痢かも知れない。

 

 

②「よもぎアレルギーの人は注意」

よもぎ食物アレルギーやよもぎ花粉アレルギーの持ち主である人は注意が必要です。

 

軟便や頭痛を催す可能性もゼロではありません。

 

よもぎ餅をご賞味いただくと本調子でなくてなるひとは、たった一度アレルギーテストを行なってもらうと安全かもしれませんね。

 

 

副作用③「過剰摂取は吐き気に」

もともとお茶は毒消しとして活用されてきたものであり、中医学(漢方)ではお茶を病気治療に利用しているドクターもいるほどです。

 

その効き目は控えめでも、度を過ぎる摂取量だと吐き気などの副作用がもたらされることがあります。

 

 

④「薬の効果を薄める」

継続使用している西洋薬の効き目が薄れたり低下したりすることがあります。

 

活用している薬によっても、特質によりも影響の加減は変化するのですが、これはよもぎの薬効によるものです。

 

タンニンには『体内の有害物質を排出する』作用があります。

 

処方された薬を飲みつけている方は、万が一の時のために主治医へ話し合いされたらどうでしょうか?
安心感が増しますね。

 

あくまでも常識的な適量であれば大事の問題はなく、健康に良いからといって大量摂取やアレルギーの持ち主である方は気をつける必要があります。

 

 

それは「よもぎ茶」の好転反応ではなく副作用です!

よもぎ茶の副作用が危険!好転反応と効果と味への口コミ

みなさん、好転反応というキーワードを耳にしたことはあるのではないでしょうか?

 

好転反応とは健康機能食品、化粧品などをお世話になっている際に一時的に体調が不調に陥ることを指し示すのですケースが多いと思います。

 

しかし、厚労省によるとこのようなことを。

 

「好転反応には学術的な物証はなし!」

 

としっかりはっきり言っています。

 

つまり「よもぎ茶」を使用したとしても、好転反応は一切ないといえるでしょう。

 

もし何かの体調が不快な感じを感じられたのであれば、以下のような原因が問題点である可能性も考えられます。

 

「度を越えてよもぎ茶を体内に取り入れてしまい、過剰服用している」

 

「元を正せば腹部が弱く、冷水が腸内の活動を邪魔してしまっている」

 

「栄養成分が含有された健康補助食品も兼用しており、栄養素が体内で常軌を逸している」

 

などの3つの点が原因となってしまっているケースもあります。

 

これを加味したうえで、「よもぎ茶」の飲み方を変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

もっと知ろう!ヨモギ茶(ハーブティー)の効果効能とは

よもぎ茶の副作用が危険!好転反応と効果と味への口コミ

 

「花粉症(アレルギー症状)改善」

ヨモギ茶に内包されるタンニンには「カラダの中の有害物質(毒素、老廃物)を排出促進作用」があります。

 

その他にも身体の内側をキレイにしてアレルギーを改善する効果が発揮されるでしょう。

 

また、クロロフィルには「浄血作用、殺菌作用、抗アレルギー作用」が付随します。

 

これらの有効成分にも体内をキレイにすることで、アトピーなどのアレルギー体質を正常化するのに働きがあります。

 

 

「邪気を払う魔除けのハーブ」

ハーブティー(お茶)には、乾燥させた葉を利用して、ヨモギにはシネオールという精油成分が組み合わされています。

 

そして、遠い昔から「花粉症対策」として取り入れられるだけでなく、運気を浄化作用する効果が言い伝えられています。

 

日本に於いては「邪気をはらう魔よけのハーブ」として尊敬の眼差しで見られてきました。

 

 

「動脈硬化改善する効果」

ハーブティー(よもぎ茶)の効能には血液をサラサラにする有用性があり、「高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、アレルギー」などの生活習慣病に実用的と発表されています。

 

また、血中のコレステロール値を下げる作用もあり、近年、社会的な問題となっている「生活習慣病」の予防をアシストする効果が発揮されるでしょう。

 

 

「むくみ解消する効果」

遠い昔から薬草(メディカルハーブティー)として活用されていますが、今日ではノンカフェインで「むくみを解消効果」があるとしては、女の人達に人気を博している健康茶です。

 

ちなみに、基本的に全国の至る所に自生しているヨモギですが、地下茎が横に這って生長する性質から、山を切り崩した斜面を固定するために取り入れられることもあります。

 

 

「冷え性の改善にも」

精油成分であるシネオールには血行をスムーズにし体を温める効果が期待できることから、血流不良による「冷え性、肩こり」改善に役に立ちます。

 

また、信頼できる薬効(効能)をもつことから、現代ではハーブティー以外でも「天ぷら」など食用として食べられており、一般的な家庭でも需要が高いです。

 

 

「生理症状(PMS)緩和する効果」

女性の皆様特有の悩みである月経症状(生理痛、生理不順、PMS症状)の緩和にもパワーを発揮してくれると言われています。

 

これは、専門家にもおすすめされています。

 

ビタミンやミネラルなどの女性に手を差し伸べる栄養素が豊富に包含されています。

 

これ以外に、葉(ハーブ)には生理中への止血作用があり、「下痢や腹痛、健胃」などの女の人に多い貧血にも効果的と言われています。

 

 

「妊婦の栄養補給にも」

実際のところは、ヨモギ茶(モチグサ茶・餅草茶)はノンカフェインなので、妊婦(妊娠中)に不足傾向にある栄養素(ビタミン、ミネラル、鉄分など)をたっぷり含みます。

 

日本古来より親しまれていた健康茶で、ノンカフェインで栄養豊富なので多く、現在でも助産院で服用されています。

 

そして、現在でもたくさんの助産院では「よもぎ茶」の名前が挙がっています。

 

 

「風邪予防または緩和する効果」

古くから様々な作用が期待できる薬草(メディカルハーブティー)として取り扱われていたヨモギ茶です。

 

しかしアイヌ民族はヨモギを煮たときのスチームを吸収して、風邪や肺炎の治療をしていたことが評価されています。

 

また、海外でも薬草として使用さ続けている「メディカルハーブ」です。

 

 

「通販店でオススメされる人気のよもぎ茶を体験」

 

東京都_30代_会社員_K・Sさん

よもぎ茶の副作用が危険!好転反応と効果と味への口コミ

「よもぎ茶(ハーブティー)の風味への口コミ」
草木の香しさが爽やかで、口の中にフワ~~フワ~~っと広がるような印象がもたらされてくれる飲みやすくてうま味があるハーブティーでした。

 

「おお~~爽やか~~」みたいな感じでした。

 

ヨモギ餅のフレッシュな若葉の甘くて香ばしい芳香(香り)と優しいほのかなダンディさのある味です。

 

全体を通じて香りによる主張の少ないハーブティー(お茶)かな。

 

色々なハーブとの組み合わせしやすく、シングルティーまたはブレンドティーのどちらでも感じ取ることができる風味です。

「よもぎ茶(ハーブティー)の効果への口コミ」
腎臓や内臓機能が敏感になるのを防護し、体内環境を調整してくれますね(*’▽’)

 

利尿作用があるので、トイレに行く回数が増え老廃物排出されている感じで、むくみ解消にも効き目があってました。

 

あと、乳腺炎予防にも効果抜群だそうで、特に女性の人や妊婦(妊娠中)に推薦されているハーブティー(健康茶)と言われているようですよ。

 

個人的観点で言えば、生理のときの症状が軽くなったのが良い印象でした。

 

「頭痛、イライラ、生理痛」に苦悶させられますが、前の月と比較して症状が難しくなくて楽でした。

 

ちなみに、こちらを飲みなれている愛飲者友達は「肌の不調に悩む野菜嫌いにはもってこいだよ~~」だと聞いています。

 

 

1件のコメント

  1. わたしも以前、ストレスで血尿したことがありますが、休んで寝るのが一番ですよー(^-^)v
    体調にはお気を付けてm(_ _)m

ただいまコメントは受け付けていません。