アクネ菌と殺菌して減らし除去する!ニキビ対策になる化粧水も紹介

皮脂やアカが毛穴に詰まってできた黒ニキビや白ニキビにアクネ菌が増殖すると、炎症がおこり、その部分が赤く腫れてしまいます。

 

これが「赤ニキビ」と呼ばれるモノです。

 

つまり「大人ニキビ(吹き出物)」や「黒ニキビ、白ニキビ」を悪化させるのがアクネ菌ということになります。

 

アクネ菌(ニキビ菌)は誰の皮膚にも存在する常在菌で、嫌気性と好脂性を特徴とします。

 

 

化粧水や洗顔料に使うアクネ菌と殺菌して減らす除去成分

 

「ティーツリー」

ティーツリーオイルは「抗菌・抗真菌作用」が見込まれ、ニキビに1滴たらすと次の日には赤みが消え去った!

 

という声もあります。

 

それにもかかわらずお肌へのダメージはマイルド。

 

可能ならば薬に頼りたくない人や、ナチュラル派の施術をしたいといった人にピッタリ合う方法です。

 

既存、アロマオイルは直接肌につけるのには適切でないだと聞きますが、ティーツリーオイルは直接皮膚に付帯しても影響なしだと考えられています。

 

近年では、下記のように販売されており、口コミでも支持されています。

 

 

「サリチル酸やイオウ」

これらは「アクネ菌を殺菌し、炎症を治癒する」「皮脂の毛穴塞がりを防ぐ」作用が見られます。

 

しかし「不要な角質を溶かして除去」します。

 

なので思春期ニキビには効果が期待できも、大人ニキビには推薦できません。

 

これは角質の取りすぎが原因となってお肌のカサつきを招き、症状を重症化させてしまうからです。

 

大人ニキビには大人ニキビに最適な方法があるので、適正に治療することが必須になります。

 

 

 

「エタノール」

庶民的なニキビ用の化粧水には殺菌効果としてエタノールが取り込まれてますよね?

 

しかしこういうケースも継続使用することで素肌から潤いが失われてパサパサのカサカサ乾燥肌になると感じませんか。

 

さらに肌がバリア機能をキープしようとして角質層を積み重ねさせて、挙句の果て毛穴が埋まりやすくなり・・・

 

という悪循環に繋がってしまう可能性があります。

 

 

 

そもそも「アクネ菌(ニキビ菌)」とは何でしょうか?

アクネ菌(ニキビ菌)の特性を簡単に指し示すと、空気が入らず、脂肪分がたくさんあるところに住み着く習性を保有しています。

 

だからこそ皮脂が溜まっていて、なおかつ出入り口が角栓で塞がれ空気が入りにくい面皰の中に入り込むわけですね。

 

アクネ菌(ニキビ菌)は常在菌の一種であり、ブドウ球菌の次に多く存在しているため、完全にゼロにすることは根本的に不可能。

 

ですからアクネ菌を殺菌して減らし除去するのではなく、上手に付き合うことが大切。

 

「アクネ菌が侵入して来てニキビを生じさせてしまう」

 

このような面皰(コメド)、角栓によって塞がれた毛孔を作ることをしないようにすることが実際の上での対策となります。

 

 

 

あなたは大丈夫?アクネ菌(ニキビ菌)が好む環境とは

アクネ菌は空気が少なく脂肪の多い場所を好む性質があります。

 

これによって毛穴が詰まっていく空気の流れが大幅に減少します。

 

 

しかも皮脂などがたまっている場所は、アクネ菌(ニキビ菌)が増殖するのに非常に好都合の場所になることになります。

 

 

事実、体の中でも皮脂の分泌量が多い場所(顔、胸、背中など)は、アクネ菌(ニキビ菌)の菌数も多い。

 

つまり大人ニキビ(吹き出物)の好発部位でもあることがわかっています。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

「アクネ菌の働き」は肌に大事な効果もあるって本当?

雑菌の検証では「アクネ菌」にも善玉菌、悪玉菌の2つが存在するとなると言えます。

 

細分化するとアクネ菌は66種類に仕分け可能であるそうですが、大きく分けると3種類、そのうち悪玉は2種類、善玉は1種類であるとか。

 

 

善玉のアクネ菌は肌のpHを4〜6の弱酸性に保持すことで、皮脂による肌の保湿をキープする作用をサポートしてくれます。

 

 

病原菌の繁殖を抑えてくれるはずです。

 

しかし悪玉菌は毛孔の中におきましてリパーゼ酵素を分泌し、皮脂を遊離脂肪酸とグリセリンに解体おこないます。

 

 

善玉菌に限って増殖させることが出来るとすれば、ニキビが生じてにくいお肌環境を保護することができそうですね。

 

 

それを実現させるには悪玉アクネ菌の住処となる面皰を作らないようにするのが一番でしょう。

 

 

 

でも、コメドが悪化させてニキビにするのはアクネ菌!

毛穴に皮脂やアカが塞がった現状を「コメド」と言います。

 

 

この状態であれば、素肌を清潔に保つことで「大人ニキビ(吹き出物)」、「黒ニキビや白ニキビ」が治る可能性も考えられます。

 

 

この状態は同時にコメドはアクネ菌(ニキビ菌)が好む環境でもあります。

 

 

そのため皮脂の分泌が盛んな思春期はどうして赤ニキビへと進行しがちです。

 

 

そのほか、アクネ菌(ニキビ菌)が皮膚の中で増殖し始めると、その部分には炎症を誘発してしまい赤く腫れしまうことになります。

 

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

放置すると大変!アクネ菌(ニキビ菌)と膿疱の関係とは

アクネ菌(ニキビ菌)が生成しだす酵素により、毛穴に入り込んだ皮脂やアカが酸化されて炎症が拡大します。

 

 

するとやがて膿を持ちます。

 

 

これを一般的に黄色ニキビと言われる「膿疱(のうほう)」になり、指で触れると熱っぽさと痛み感じます。

 

 

アクネ菌(ニキビ菌)はポルフィリンというオレンジ色の蛍光性の代謝物を分泌するので、クリニックの検査で感染がお調べできます。

 

ニキビに痛苦を覚える場合は、皮膚の深い部分に炎症があるケースもあります。

 

これを「膿腫」と呼び、皮膚の表面の部分に出来る「膿疱(のうほう)」と比べて完治に時間が求められます。

 

アクネ菌の他にも、表皮ブトウ球菌という細菌も大人ニキビ(ブツブツ)発生の原因にもなります。

 

 

 

アクネ菌と上手に付き合うニキビ対策になる化粧水

ニキビ菌(アクネ菌)の悪事を放っておいてしまうと、「赤ニキビ」などの肌荒れに繋がってしまいます。

 

 

「ニキビ」は深刻化すると、「ニキビ跡(シミまたはクレーター)」に繋がってしまいます。

 

 

これは人によっては一生消えない「シミやデコボコ肌」の最悪なケースを招いてしまいます。

 

ひごろから肌を清潔にして「アクネ菌(ニキビ菌)」が悪さしにくい環境を整えることが、肌荒れ(肌トラブル)を予防する最低条件とも言えます。

 

 

ニキビ対策においてもっとも大切なのが、いがに肌に優しく負担をかけない優れたニキビ化粧水を利用するか?

 

 

と言うことです。

 

多くの人はコレが出来ていない傾向にあります。

 

 

現在、多くの愛用者を持ち口コミでも評判なのがこちらの化粧品であり、肌に負担をかけないでニキビとうまく付き合いましょう。

 

 

関連記事もチェックしてみましょう。

チェックする>>>ニキビや肌荒れを治したい方は絶対に知っておくべきこと!

 

 

 

最後にあなたは「常在菌」という単語を知ってますか?

簡単に解説すると、常日頃から人間の人体に住みお邪魔している雑菌のことです。

 

ちなみにアクネ菌(ニキビ菌)もこの常在菌の一つでもあります。

 

オーソドックスな常在菌には腸管内に腸内細菌が挙げられ、我々の身体の調子と直接的に影響を及ぼしています。

 

善玉菌、悪玉菌にカテゴライズされます。

 

善玉菌優位の釣り合いを保持していれば、かえって住処を提供するもう一方では病原菌から防護してくれます。

 

上記のような共生関係を築くことを可能にする反面、悪玉菌が優位になれば体の調子が威嚇されることだって考えられるのが特徴です。

 

アクネ菌もそういう様な細菌と同じように、万人の素肌に住み着いており、何も異質な細菌というものではありません。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。