ニキビができやすい男女の肌質とは?体質改善する食事も紹介します

青春のサインと言われる、ニキビは思春期を迎えれば誰もができるという結果にはなりません。

 

 

「一生ニキビに縁もゆかりもない人」も居れば、「ニキビができる、ニキビが治る」を繰り返す人もいます。

 

 

では、なぜこのように、「ニキビのできやすい人」と「ニキビができにくい人」がいるのでしょうか?

 

「皮脂の分泌やホルモンバランス」

「肌の角質の状況」

「皮膚のターンオーバー(新陳代謝のこと)」

 

肌の状態やニキビの成因に関係する条件が体質によって違う為だと考えられています。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

ニキビができやすい男女の肌質!色々な要因が肌荒れに?

例えば、一時的にホルモンバランスが乱れて皮脂が過剰分泌したとします。

 

しかし「皮膚の新陳代謝や角質の剥離が正常に行われば、必ずしもニキビができる」

 

ということはありませんと専門家が言っています。

 

 

逆にある程度のホルモンバランスの乱れでも下記のような肌質の人はニキビができやすい傾向に

 

「ターンオーバーが速すぎる肌質」

「ターンオーバー遅する肌質」

「肌の角質がはがれにくい」

 

 

このような条件が重なれば、ニキビが出来やすくなるパーセンテージは一段と上がります。

 

これが肌荒れニキビができやすい人の肌質と言われており、個人差もあることから改善が困難な理由です。

 

また顔の場所で原因が違ことも事実です。

 

 

 

ニキビができやすい「肌質」は立派な病気ですよ!

一説では遺伝的な要因もあるに指摘されてます。

 

 

「思春期ニキビ」や「大人ニキビ(吹き出物)」はすぐ直ると呑気なことは言えず、立派な「病気」としてとらえるべきでしょう。

 

 

「ニキビ症状」を甘く見ている人はたくさんいます。

 

この症状を放置していると、肌(皮膚)の二次災害が発症してしまうことにもつながります。

 

日本ではニキビは一過性の症状として扱われることが多くあります。

 

ニキビができても放置して悪化させてる状況も指摘されています。

 

 

ニキビはこじらせてしまうと「跡(ニキビ跡)」として、残り一生消えないことがあります。

 

そうなってしまうと精神衛生上生活スタイルに支障をきたす場合や心に一生消えない傷を負うことも。

 

「たかがニキビ」、「されどニキビ」どう考えるか次第で肌の明暗を分けるといっても言い過ぎではないと思います。

 

ニキビができやすさには体質が関係しているケースがあります。

 

ニキビができるのは過剰に分泌された皮脂が毛穴につまることが理由です。

 

「ニキビができやすい体質の特異性として皮脂が分泌されやすい方」

「毛穴が小さく皮脂が詰まっていてやすい方」

 

このような症状は同じことが言えるんです。

 

 

 

他にも皮脂の分泌を促す男性ホルモンが多かったりするのも要因のひとつです。

 

「ホルモンバランスが整わなくなりやすい体質の方」

「ターンオーバー機能が低く素肌の代謝が活動的でない方」

「肝臓の機能が低く身体の中の老廃物の排出機能が弱い方」

 

上記の症状もニキビができやすい体質です。

 

 

顔の場所で原因が違う!ニキビができやすいスポット

「額にあたる前髪の刺激が要因」

 

額は元々皮脂の分泌量が多い。

 

毛穴は塞がりやすい状態な上に、前髪による刺激からスキンを保護対策するために角質は硬直し毛穴が埋まっていていることでニキビが発生する原因に。

 

前髪の存在によるムレもニキビの原因であるアクネ菌の増殖を促すことにつながります。

 

おでこにニキビが出ている時は臨機応変に前髪を上げたり、結んだりすることがオススメ。

 

前髪の触発からおでこを守ってあげることが重要になります。

 

 

「鼻は毛穴が多くあるのが要因」

鼻は顔全体を通じて最も毛穴が多く、毛穴自体も深いのが特徴です。

 

皮脂の分泌量が量も多いため、毛穴に皮脂が塞がりやすくニキビもできやすいポイントです。

 

さらにコスメティックや紫外線等の影響で新陳代謝が滞り、古い角質がはがれずにお肌の表面に留まりやすいという部分でもあります。

 

鼻にニキビができやすい場合は正しい方法でしっかり洗顔を行い、適度に角質のケアを採り入れることが鍵になります。

 

 

「頬は寝具の雑菌や触る癖が原因」

頬は顔の中でも皮脂の分泌量限られるのでニキビはできにくい部分です。

 

眠っている間に寝具に擦れたり手で触れてしまうタイミングも多く、それにより素肌が外的要素に弱い位置でもあります。

 

お肌が傷ついた状態で衛生的ではない寝具の使用や手で頬を触ることが原因でお肌にバイキンが入り込みます。

 

これがニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を促してしまうことが頬にニキビができやすくなるきっかけになっています。

 

寝具はこまめに汚れ物を洗ってクリーンな状態に保ちます。

 

頬杖をついたり頬を掻く癖がある方はなるべく頬を触らないようにお気を付けください。

 

 

「顎はホルモンバランスの乱れが原因」

顎にできてしまうニキビが発生する原因はホルモンバランスが深く関与するではないかと考えられています。

 

ストレスや就寝が足りないこと、ライフサイクルの乱れや環境の変化もニキビを発症させます。

 

女性の場合は生理周期などが起因して、ホルモンのバランスが崩れれます。

 

皮脂の分泌量を増加させるホルモンが活発化することを通じてニキビができやすい状況を生むことになります。

 

顎にニキビができやすい方は生活スタイルを整え、規則正しい食事、十分な睡眠を心掛けましょう。

 

場合によっては健康補助食品などを活用してホルモンバランスを整えてあげることも大切になります。

 

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

「フェイスラインは乾燥しやすいのが原因」

フェイスラインは肌の手入れを怠りやすく、乾燥を招きやすいスポットです。

 

お肌がカサカサになるとお肌の表面が硬化します。

 

最終的には皮脂が詰まりやすくなってしまうのでニキビができやすくなる誘因になります。

 

フェイスラインにニキビができやすいケースになると洗顔後に保湿成分を組み込んでいる化粧水や乳液で肌ケアを意欲的に行います。

 

保湿した水分が逃げないようにモイスチャークリームなどでしっかり水分を閉じ込めるような肌の手入れをすることが重要です。

 

 

 

本質的な要因は皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりです。

 

しかしニキビはできる位置によって効果的なケアポイントがそれぞれ違ってきます。

 

ニキビが生まれる原因をしっかりジャッジして適切にケアをしてあげることが大切です。

 

 

 

 

ニキビができやすい男女の肌質を体質改善する食事とは

「ビタミンA」

毛穴の滞留を解消や肌の代謝周期を好転し皮膚や粘膜の潤いをキープする働きがある。

かぼちゃ、人参、レバー、ほうれん草、うなぎなど

 

 

「ビタミンB6」

ターンオーバーを促す。ビタミンB2(卵、乳製品など)と同じく皮脂の分泌に歯止めをかける。

カツオ、マグロ、鶏ささみなど

 

 

「ビタミンC」

コラーゲンの生産促進、メラニンのコントロール、抗酸化作用で肌の加齢現象をストップさせる。

果物、緑黄色野菜、ジャガイモというものは

 

 

「食物繊維」

便秘の解消や肥満体質ガード、脂質代謝を促進する。

さつまいも、ごぼう、キノコ類など

 

 

「ミネラル」

ホルモンバランスを正常化して、肌の新陳代謝を活発化させる。

キャベツ(カルシウム)、カシューナッツ(亜鉛)、牡蠣、チーズ、牛乳、海藻(マグネシウム)など

 

 

「リコピン」

肌の老齢化に歯止めをかける抗酸化作用が強力。

その威力はビタミンEの100倍で太陽光に含まれる紫外線による真皮層への負担から肌をキープし、保水機能を引き立てる効果も。

これに加えて、動脈硬化や癌予防、美白効果やスリムアップ効き目がある。

ピンクグレープフルーツ、トマト、スイカ、ローズヒップなど

 

 

 

ニキビができやすい人の肌質にオススメコスメ対策商品とは

「思春期ニキビ・大人ニキビ(吹き出物)」など、ニキビによる炎症は多くの呼び名があります。

 

しかし「ニキビができやすい人」もいれば、「ニキビができにくい人」もいます。

 

これは体質によるものなので、個人差ではありますが、軽視していると大変なケースを招いてしまうことにもなります。

 

体質は変えられるのでニキビにお悩みの方は生活習慣から変えてみることも大切です。

 

もしくは「効果が優れた商品に出会えるか?」

 

というのも重要です。

 

そこで人気なのがこちらのコスメティック商品です。

 

 

優れた商品はニキビ対策として友人の肌質と差をつけます。

 

口コミも確認したうえで、しっかりとニキビケアをしていきましょう。

 

 

関連記事もチェックしてみましょう。

チェックする>>>ニキビや肌荒れを治したい方は絶対に知っておくべきこと!

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。