ニキビを予防して治す方法!即効性のある市販でオススメ化粧水は?

ニキビは「コメド」や「丘疹」なんどの初期の状態で改善できれば問題ないのです。

 

しかし、その症状が進行すればするほど、シミや肌のデコボコなどの「アクネスカー(ニキビ跡)」と言われる後遺症が残る可能性が格段に上がってきてしまいます。

 

そして、「アクネスカー(ニキビ跡)」はニキビよりも厄介で、一生治らない「アクネスカー(ニキビ跡)」も存在します。

 

下記ではニキビの状態が進行した後期症状を紹介しています。

 

 

まず予防する前に知ろう!悪化する肌荒れニキビのレベル

ニキビを予防して治す方法!即効性のある市販でオススメ化粧水

「膿泡(のうほう)」

「丘疹(きゅうしん)」の症状が深刻化した状態です。

 

これは炎症している状態で、周囲の赤みがひどくなり腫れて熱を持つこともあります。

 

皮膚の表面にできるものと深部にできるものがあり、表面に出来たものを潰すと白っぽい膿がでてきます。

 

 

「膿腫(のうしゅ)」

皮膚の深部にできるもので、結節とも呼ばれています。

 

硬いシコリになっており、指で押すと痛みを伴い、これは表面に出来る膿泡(のうほう)に比べると、完治に時間がかかってしまいます。

 

膿泡や膿腫の段階でいじって潰してしまうと、「アクネスカー(ニキビ跡)」になる可能性があります。

 

 

「アクネスカー(ニキビ跡)」

膿泡(のうほう)や膿腫(のうしゅ)をきれいに治さないと、色素沈着(シミ)や皮膚陥没(デコボコ肌)のような跡が残ってしまう状態をさします。

 

アクネスカー(ニキビ跡)にはケロイド状態のものや、皮膚の表面が萎縮し、デコボコに陥没する場合もあります。

 

アクネスカー(ニキビ跡)の状態になってしまうと修復しにくいので、なるべくニキビは初期段階に改善をするのをこころがけましょう。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

ニキビを治すのに最も効果のある方法は「予防」です。

ニキビを予防して治す方法!即効性のある市販でオススメ化粧水

キビは突然顔を出してきたように見られがちですが、ニキビを判明する前から少しづつ大きくなっています。

 

ニキビの成長メカニズムは噴火に喩えられることも無数にあり、まずマグマが地中で力を蓄積するように皮膚目に入らないところで炎症が起きます。

 

それが肌表面にポンと噴火してしまうように姿を現します。

 

この噴火までの期間、肌内部ではいくらかの時間を費やしてニキビは生育していると思われます。

 

肌内部でニキビが一回り成長する間に正しいお手入れすること、すなわち「予防」がニキビケアの最も実効性ある手段になります。

 

表面的には現れてからでは治すのが大変なのと、炎症の具合次第ではニキビ跡を残してしまうリスクがあるからです。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

ニキビ対策には、まず正しい肌のお手入れ法を学習しよう!

ニキビを予防して治す方法!即効性のある市販でオススメ化粧水

大人ニキビが起きる原因は、生活環境やイライラする気持ちなど複合的で複雑です。そこで、提案としてはまず肌のお手入れ方法を適正化することです。

 

スキンケアは日頃からするものなので、その些細な積み重ねが素肌に最終的に現れます。

 

お手入れ施術を確認し直して、ニキビを実物化させない皮膚に調節した方が良いでしょう。

 

「クレンジング」

Tゾーンからなじませ、唇の直下、小鼻も忘れることなくクレンジングします。洗顔する際は、ぬるま湯で手間なく汚れを落とします。

 

「洗顔(せんがん)」

たっぷり泡を立てた泡洗顔して汚れを落とす。

指が接触すると肌のキメを損傷させ、肌の免疫機能と落とすので留意することが大切です。

 

「化粧水」

用いる量を守り、手でソフトに浸潤させます。手でパチパチと叩きのめすとお肌の刺激となってしまうのでNGです。

 

「乳液・クリーム」

適度の量を手に載せて、左右両方の手の平に広げ、頬から伸ばして浸潤させます。

これからう肌でTゾーンがテカり傾向がある人は、テカっているポイントをブレーキをきかせてください。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

ニキビの状態から自分の肌を知るケースだってことも大事

ニキビを予防して治す方法!即効性のある市販でオススメ化粧水

ニキビはその状態からレベルづけすることができます。

 

自分のニキビがどんな状態なのか確認することで、今すべき対策や今後の肌ケアの答えが見えてきます。

 

「白ニキビ」

ニキビの初期状態。角質層が分厚くなり、溜まった毛穴に分泌されていた皮脂が詰まり、アクネ菌が増加しだしている状態。

痛さもなくわりと早く回復する傾向にあります。

この時点なら、潰した方がスピーディーに治ることもある。(ただし見様見真似で潰すのはリスキーですのでご遠慮下さい)

 

 

「黒ニキビ」

白ニキビが空気に接して酸化した調子。

白ニキビ同様、割とスピーディーに回復するので、念入りにニキビ対策する必要はありません。

 

 

「赤ニキビ」

アクネ菌が増えて炎症の病気になっている進度。

ニキビの周りが赤くなり、最低の場合痛苦が発症する。解決方法を勘違いするとニキビ跡に直結するので心がける必要があります。

 

 

「黄ニキビ」

赤ニキビが正常でなくなり、膿を伴った始末ぶり。

この時点になると、アクネ菌だけでなく黄色ブドウ球菌までもニキビに混入されて散在する。

潰すとニキビ跡となってしまうため絶対に押しつぶしてはいけません。

 

 

ニキビにはコレがオススメで人気!化粧品を選ぶポイント

ニキビを予防して治す方法!即効性のある市販でオススメ化粧水

「保湿力がある」

ニキビを発症させる原因は、皮脂過多ではなくカサカサ肌です。

モイスチャー成分がキッチリと含有されているものをセレクトするようにしましょう。

カサカサ乾燥肌の人は、プルプルタイプの化粧水選定をすると賢明だと思います。

 

 

「抗炎症成分が調合されている」

ニキビケアにあたって抗炎症成分は肝心だと思います。

ただし、あり得ないほど強いものは敏感肌の人にとって肌荒れニキビ誘因になるおで注意が必要です。

おすすめは抗炎症効果効用に長けており、にきび用基礎化粧品にピッタリ合う成分をセレクトすることです。

 

 

「ノンコメドジェニック商品」

ノンコメドジェニック商品は大きく2つにカテゴライズされます。

どちらも、必ずしもニキビができないというのは無理ですが、ニキビ対策のコスメティックとして1つのお手本になります。

 

 

オススメのニキビ対策おすすめ化粧品はコレ!

 

上記の気にすべきポイントを考慮した化粧品の中においても、効果的なニキビ対策化粧品セットを、ご覧くださいませ。

 

顔の大人ニキビのケースでは、すぐにできる解決手段として肌のお手入れ方法の見直しがあることを申し上げました。

 

さらに踏み込むと「基礎化粧品を見直し」は即座にできる対策法として適切だと思います。

 

ニキビを対象とした「洗顔・ローション・保湿クリーム」がどんなものか知り、肌のケアに導入してみてください。

 

関連記事もチェックしてみましょう。

チェックする>>>ニキビや肌荒れを治したい方は絶対に知っておくべきこと!

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。