ニキビの種類で治し方が違う!見分け方は?オススメの化粧水は?

男性ホルモンの作用、および角質カサカサによるバリアー応対悪化によって、毛穴が柔らかさを失い縮小した状態を指します。

 

角栓が毛孔の出口を塞ぎ、内の方に皮脂が蓄積されやすくなっている段階。

 

ただ、肉眼では見当たらないため、この状態にもかからずにケアをスタートすることは困難を伴います。

 

現実問題として角質層の乾燥を防ぐため、モイスチャー効果を重視する肌のお手入れでニキビ予防を行っておくことが一番の策だと想定されます。

 

 

 

ニキビの種類で治し方が違います!ちゃんと見分けましょう!

 

「白ニキビのケア」

角栓に影響されてふさがった毛孔の内部に皮脂が蓄積されつつある有様。

 

通常はコメドと理解されていて、この状態になったら肉眼でニキビ発生が視認出来るようになります。

 

度重なるようなら元凶の施術が必要不可欠。

 

今後の治療を想定すると、女性ホルモン優位の状態が保持し続けるようにホルモンバランスを改善する施術が相応しいでしょう。

 

近頃では顔を出してきたニキビを撲滅する治療法としては、クリニックでの面法圧出もイチ押し。

 

今の段階なら、すぐにケアをすることが可能だと言えます。

 

 

「黒ニキビのケア」

毛孔内側に集まった皮脂が表皮サイドから形相をのぞかせ、空気中の酸素によって黒く酸化されていた状況を指し示します。

 

通常は黒コメド、ブラックコメドと呼称される傾向も強いです。

 

まだ初期段階のニキビと位置付けて良い段階なので、白ニキビと同じく面法圧出次第では即座に回復します。

 

長期に亘って予防を計算に入れるのであれば、やはりホルモン医療がイチ押し。

 

これ以上重症化すれば炎症を誘引するので、黒ニキビが次々とくるようなら、可及的速やかに医療機関にかかるのも合理的決断と言えるのです。

 

 

「赤ニキビのケア」

炎症を発足させて赤くなったニキビは、正式名称を赤色丘疹と称します。

 

この段階から何も行わないとニキビ跡が残留する危険性も出るので、思い付きによって爪で潰したりはしないように気を付けて下さい。

 

炎症を改善しないと回復しないため、抗生物質、ステロイドといった僅かばかりの危険性を持つ医薬品もクリニックで出てきます。

 

根底手当てにホルモン療法が有効性の高いのに違いませんので、方頬に5つ以上の赤ニキビが引き起こされるようなら、徹底的な治療法も念頭に置いてください。

 

 

「黄色ニキビのケア」

炎症が悪い状態になって膿んで黄色く陥っているニキビを常識的には黄色ニキビと称します。

 

ここからは深刻な病なので、出来るだけ皮膚科で診察して貰うのが有益でしょう。

 

また、男性ホルモンの作用を抑制する薬品を活用することで症状を鎮静化するなど、強力なホルモン療法がベースになってケアする選択も必要です。

 

この段階で捻り潰してしまった場合は跡が残る確率がとっても高まります。

 

過剰に何回も起こすようならホルモン療法で肌質自体を処置したほうが良いと思われます。

 

 

「紫ニキビのケア」

炎症が最大限に異常になり、毛孔の中に膿と血が蓄積されて腫れあがっている様子。

 

ここまで異常になってしまうと、治癒後も高確率で瘢痕(ニキビ跡)が残存してしまうものですが、辛抱づよくケアすれば瘢痕の消滅も希望が持てます。

 

滞留物を除去することを望むなら切開が必要な状況に立たされることも多く、大がかりな治療法になるというようなケースも。

 

ニキビ跡を拡大させないため、潰さないことが大事です。

 

ホルモン療法を活用することは言うまでも無く、漢方の併用など差し繰りして施術することをお奨めします。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

知っておこう!肌荒れニキビの症状は十人十色です。

ニキビにも種類があり、また症状も軽いものから重いものまであります。

 

ニキビができる場所は毛穴の中で細菌感染によって炎症へと発症します。

 

特に脂性肌(オイリースキン)の方は、男性ホルモンの増加や体質によって皮脂線の働きが非常に盛んで、分泌される皮脂が多くなってしまいます。

 

この皮脂が毛穴からキレイに排出されれば問題ありませんが、洗顔が十分ではありません。

 

余分な皮脂がしっかり取り除かれなかったり、化粧をすることで皮脂やアカなどで「毛穴が詰まる」状態になりニキビが出来やすくなります。

 

そこで下記のような口コミでも評価の高い洗顔料を利用するように心がけましょう。

 

 

今でも治らない!毛穴から肌荒れニキビが始まるの?

毛穴に詰まることを、毛穴が角化しているとも言います。

 

この毛穴に皮脂やアカなどで毛穴が詰まった状態は、専門用語でコメドと呼ばれ、詰まった毛穴の中にアクネ菌が発症して細菌感染するのがニキビの始まりです。

 

一般的には黒ニキビや白ニキビと呼ばれているニキビです。

 

毛穴が開いて詰まった皮脂やアカが黒く見えるのが黒ニキビで、毛穴が閉じて盛り上がって白く見えるのが「白ニキビ」です。

 

こうした「白ニキビ」や「黒ニキビ」を放置していると、詰まった皮脂やアカにアクネ菌が増殖して炎症を引き起こしてしまいます。

 

これが赤く腫れたような赤ニキビ状態です。

 

この赤ニキビ状態を放置していると炎症がひどくなって、周囲の組織にまで炎症が広がることもあります。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

NGな行為はコレ!ニキビは潰したら絶対にダメです。

赤みが気になってニキビを潰してしまうと、組織が傷ついてしまいます。

 

炎症や潰した跡が、ケロイドやクレーターになってしまうと、治療が非常に困難になってしまいます。

 

したがって、一口にニキビ治療といっても、ニキビが出来始めている段階と、黒ニキビ・白ニキビの段階、赤ニキビの段階、そして赤ニキビ跡の段階。

 

すでにケロイドやクレーターになった段階、それぞれに合った治療が必要となってきます。

 

しかも、現在ニキビにお悩みの方は、この各段階のニキビが同時進行しているような状態が多いので、ニキビには総合的な治療が欠かせません。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

ニキビ対策になるオススメされる評判の化粧水は?

ニキビの改善において化粧水がとても重要ですが、実は自分の肌に合っていない化粧水を使用している愛用者も多くいます。

 

そんな状況ではニキビがいつまでたっても治らないのは当然ですし当たりです。

 

これらの条件を満たす化粧水を探すのは困難ですが少なからず存在し、それが口コミでの評価の高い下記の化粧水です。

 

 

肌に優しく作用しながら、ゆっくりと自然の力でニキビを解決していきましょう。

 

 

関連記事もチェックしてみましょう。

チェックする>>>ニキビや肌荒れを治したい方は絶対に知っておくべきこと!

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。