ゆず茶の効果(効能)を紹介!美肌や便秘やダイエットのお悩みにも

ユズは、日本を原産とするミカン科ミカン属の常緑小高木ハーブです。

 

古くから日本国内では「ゆず(柚子)風呂、柚子茶」として売れ筋となっています。

 

世の中も様変わりしてハーブティーが「風邪防止」などに関しても取り扱われていますが、美肌や便秘やダイエットにも有効です。

 

そこで今回紹介するオススメ人気通販店の関連商品はこちらです

 

 

ゆず茶で誰もが羨むような「美肌」を目指そう!

ゆず茶の効果(効能)がすごい!美肌や便秘やダイエット

コラーゲンの生成をアシストする作用があり、肌にハリを与えます。

 

またフラボノイドも内包されることにより抗酸化作用も望め、「美肌の若返り、老化防止などのアンチエイジング効果があります。

 

柚の皮にはレモンの4倍以上とも言い表される美肌に効果的なビタミンCが組み合わされています。

 

ビタミンCには、白血球の働きを高め、体外から割って入ってきた細菌やウイルスを退治する役割を引き受けています。

 

また、身体内活動の働きを低下させてしまう活性酵素を除去するナチュラルプロセスもあるので、それに応じて代謝が上がればシェイプアップにも効果的です。

 

柚の果汁のみを絞ったジュースよりも、皮ごと食せるゆず茶はより美容やシェイプアップのコストパフォーマンスがいいだと断言します。

 

はるか古来より柚の果汁は化粧水として加味されていました。

 

柚にはペクチンという成分が含有されていて、肌の保湿やシワを隠し立てする作用が存在します。

 

食物繊維と同じ関わりもあるので整腸作用の効果もあり、便秘解消に一番おすすめです。

 

今ではゆず茶にとどまらずアロマテラピー(報告浴)ももっぱらの評判で、多くの女性に口コミで評判を集めています。

 

美肌に興味がある方はこちらの記事も読んでおきましょう。

 

 

ニキビ肌荒れにお悩みの方はこちらの記事も読んでおきましょう。

チェックする>>>根本的な原因を解決しよう!ニキビや吹き出物に悩まされている方は治す為にも見ておきましょう。

 

 

「便秘や宿便のお悩みにはゆず茶が効果的」


ゆずにはペクチンという成分が内包されています。

 

この成分は肌の保湿やシワを目立たなくしてくれる作用がありますが何を隠そう食物繊維と同じ働きも見られるのです。

 

よって、腸内作用の即効性もあるため便秘に実効性があるのです。

 

ゆずの中に存在する食物繊維と称されているのは2種類あり水溶性食物繊維と不溶性食物繊維です。

 

水溶性食物繊維とは腸内をジワリジワリと進行することができるため食べた時の充足感をキープすることができます。

 

そのため、摂取し過ぎに効果のある食物繊維です。

 

後者の不溶性食物繊維はお腹の中の水分を取り込むことが可能で腸内を刺激して活発にさせる働きが見受けられます。

 

よって、便秘に効き目のある食物繊維だと感じます。

 

ゆず茶には多くのビタミンCを組み込んでいるのが性質があると言えますが、実は便秘にもより効き目を発揮してくれます。

 

 

「ゆず茶のダイエットサポート効果がすごい」

ゆず茶の効果(効能)がすごい!美肌や便秘やダイエット

ハーブティーには身体全体臓器機能の働きの低下や深刻な病気が生じる原因というデータがある「活性酵素」を除去する作用も果たします。

 

また、それによって「若さのキープ効果」や代謝サイクルが上げることによる「ダイエット効果」があります。

 

柚の果汁のみを絞ったジュースよりも、皮ごと食べれるゆず茶(ハーブティー)はより美容やダイエットのコストパフォーマンスがいいと言われ売れ筋となっています。

 

さらにハーブティーには食物繊維と同じ効果を見せることから「整腸作用、便秘解消」にも理にかなっていており、特にダイエットにの天敵である便秘症状に効果的とも言われています。

 

便秘解消以外にも、古くから柚(ユズ)の果汁は化粧水として取り扱われてきた美容ハーブの一つです。

 

他にも柚の有効成分「ペクチンと」が肌のモイスチャー効果やシワを薄くする作用があり、美容にも重宝します。

 

ダイエットにお悩みの方はこちらの記事も読んでおきましょう。

 

 

 

もっと知ろう!ゆず茶(ユズティー)の効果効能について

ゆず茶の効果(効能)がすごい!美肌や便秘やダイエット

「冷え性を改善(血行促進効果)」

ユズティー(ゆず茶)には血液の循環を促す作用が充実しているビタミンEなどが含有され、体を温める有効性の高いと言われています。

 

この効果が「冷え性の改善や血液循環活性化に役割を果たします。

 

ハーブティーとして体内に取り入れることで、血行促進作用が期待でき、これが常日頃「イライラする気持ちや肉体労働」などで蓄積した体を休めてくれることでしょう。

 

さらに、ユズ(柚子)果実は酸味が強力で、これにもヒーリング効果があり、今では食用だけでなく果汁を和風料理のシーズニングとしても活かされます。

 

 

冷え性にお悩みの方は下記の記事も読んでおきましょう。

 

 

「ゆずのエッセンシャルオイルも人気」

ゆず茶の効果(効能)がすごい!美肌や便秘やダイエット

今日日はハーブティー(お茶)としてにとどまらず、精油によるアロマテラピーにも取り扱われています。

 

その薬効(効能)にも血行を促進させ体をあったかくする効果効用があり、「和の精油」として人気があります。

 

ちなみにユズの精油(エッセンシャルアロマオイル)はこちらになります。

 

 

「風邪予防・初期症状を緩和する効果」

ビタミンCがレモンの約3倍含まれており、「ビタミンC」には感染防御力を強くする作用があり、風邪やイフンルエンザなどの感染症予防にも働きを示してくれます。

 

また、古来から日本に於いては、冬至の日にユズ(ゆず)湯として応用ことで親しまれ、冬のシーズンに体を心からポカポカ温かくする有効性の高いことで人気を博すようになりました。

 

柚(ユズ)茶にはビタミンCが多量に内包されています。

 

これが身体の内側の白血球の働きをアップさせて体外から侵入してきた細菌やウイルスを撃退する機能を果たすことで、免疫力をパワーアップさせて感染症を阻止してくれるでしょう。

 

特に「インフルエンザ、風邪」などのような感染症を発症しやすい冬場に摂取している人もいらっしゃいます。

 

 

風邪にお悩みの方はこちらの記事も読んでおきましょう。

 

 

「糖尿病治療または予防効果」

ゆず茶に含まれる有効成分の「べクチン、フラボノイド」には糖尿病の予防それ以外には治療法のサポートにも有効性の高いだと評価されています。

 

さらに「ベクチン」にはコレステロールを排出する効果が期待できるため、高血圧を予防にも効果的です。

 

近年では社会的な問題と見なされる「生活習慣病」の防止にもダイレクトに影響します。

 

 

「不眠症を改善する効果」

ユズティー(柚子茶)を飲用する時間帯として、特にベッドに入る前がオススメで、お湯をいれたときに沸き立つ柚の匂い精油成分である「リモネン」という柑橘系の香りがあります。

 

この成分にはストレス解消自然作用があります。

 

また交感神経を活発化させて血流を活発化させるので、体が温めて安眠効果が期待できることが、医学的な立場からも解き明かされ、不眠症も改善します。

 

このことから精神的な不眠症などの病気の状況に効果的な「ゆず茶」は、九州で有名な「柚子胡椒」や「ワインやチューハイなどのお酒」、「香水の原料」などの薬味や香辛料に幅広く適用されていると思われます。

 

現在「消費量、生産量共」には日本がベストを誇ります。

 

また多種多様な環境に適応し自生しやすい性質から、国内至る所に渡り広く栽培され主に「高知県、徳島県、宮崎県」で広範囲で栽培されると考えられます。

 

 

「オススメされている人気通販店のゆず茶を体験」

 

静岡県_20代_主婦_H・Aさん

「ゆず茶(ユズティー)の風味について」
私の周り(愛飲者の友達)の間では。思っている以上に飲用されていますね。

 

わたしも飲用してみると、ちょっとだけ酸っぱさというか酸味が堪能できるハーブティーではありますね(*’▽’)

 

だけど「ローズヒップやハイビスカスや梅干し(うめぼし)」という風に酸っぱいという意味はありません。

 

清涼感のある柑橘系のユズの香りとほのかに感じられる「酸味、深み、甘味」のあるハーブティーかな?(*^-^*)

 

そんなイメージを生み出してくれます。

 

馴染みやすい香しさから精油(エッセンシャルオイル)という立場でも人気を博しているのも、このハーブティー飲んだら腹に落ちました。

 

また、他のハーブとミックスさせたブレンドティーとしても味わえる多種多様なハーブティー(健康茶)として自分の考えではありますが高評価です。

「ゆず茶(ユズティー)の効果について」
さっぱり感もあるので、全体的にフレッシュなような気がしていますし、口臭予防と風邪予防にもなるので一石二鳥ってな感じでした。

 

「シワ、タルミ」を予防する若返り効果もあるので、今後ずっと飲みつけていたいハーブティーかな。

 

確かに、「肌にプリプリとした感じ」が生まれました。

 

ローズヒップとブレンドしてみると相性が良かったです。

 

ニキビ予防にもなりつつあるし、肌の血色が良くなったので、肌への結果は存在感抜群でした。

 

ローズヒップティーとの相乗効果ことも考えられますね。

 

 

そもそも「ゆず茶とは」何のことかあなたは知っていますか?

ゆず茶は砂糖やはちみつといった系のものにゆずを漬け込んで、お湯に溶かしていただくお茶ということです。

 

「お茶」と耳にするとわたしたち日本国民がぱっと頭に浮かぶのは何と言っても緑茶かもしれない。

 

ゆず茶は韓国文化様式茶のひとつというわけです。

 

鍋の季節や吸い口にはどうしても必要なゆず。

 

日本国内では果汁を絞ったり皮を食欲増進のための薬味としていただく傾向にあるといえます。

 

韓国では、はちみつに漬け込んでゆず茶にして身体に組み入れることがもっとも多い摂取方法なのだそうです。

 

韓国では「薬食同源」の頭の中から、体調やその日の気分で様々なお茶を飲む慣例があり、果物は勿論花、野草、穀物などもお茶にして四季折々の自然な恵みを頂きます。

 

 

ゆず茶をいただく季節は何はともあれ冬で、風邪予防にもなるに違いありません。

 

 

「飲む前にこれは必ず知っておこう!カフェインは入ってるの?」

材料から判断してもわかるとおり、ゆず茶にカフェインは包含されていません。

 

手作りゆず茶なら材料は柚子+糖分なので、適量であれば妊婦さんでもおびえることなく飲むことができます。

 

このことから、多くの女性に人気を集めている美容や健康ハーブティーと言っても過言ではありません。

 

でも、僅かながらでも不安を抱いているならお医者様に相談の上で飲用してくださいね。

 

 

2件のコメント

  1. こんにちは
    電車のマナーって確かにありますよね。
    優しい世の中にならないものか・・・

  2. 電車のマナーって気になりますよね~~。
    めっちゃ同感です☆彡

ただいまコメントは受け付けていません。