赤ニキビを早く治す方法を解説!頬やあごのニキビは潰したらダメ?

赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビとは異なって、赤く腫れたニキビのためビックリするほど目に付きます。

 

「心配になって思わず授業中にニキビにタッチしてしまってぶっ潰してしまうことだってある」との体験談も

 

赤ニキビの習性は、他のニキビと違い炎症ニキビなのだということです。

 

皮脂や古い角質がいっぱいの白ニキビなどとは異なり、赤ニキビはアクネ菌が一番の引き金となっています。

 

アクネ菌のエサとなるのが皮脂です。

 

皮脂が毛穴に集ってくるとアクネ菌はこれをエサとしますます増殖し、これが炎症の大元となるのです。

 

 

では、そんな赤ニキビを赤ニキビを早く治す方法を解説していきます。

 

 

 

赤ニキビを早く治す方法は年齢ごとに正しいスキンケアを

ニキビを早く治そう!症状悪化への対策は年齢でスキンケア

早く赤ニキビを治すためには、ニキビや吹き出物には様々な状態と症状によるステージ(段階)が存在していることを知りましょう。

 

症状が悪化し、深刻化するほど治りづらくなってしまいます。

 

さらにニキビ跡などの後遺症につながる可能性も格段に上がってきます。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

「10代の赤ニキビを早く治すスキンケア方法」

ニキビを早く治そう!症状悪化への対策は年齢でスキンケア

10代にできてしまう思春期ニキビの高価な原因は、成長ホルモンが原因となって、皮脂が必要以上に分泌されてしまうことです。

 

これに付随して、この時期に出来て、極度に効果が期待できるのは、とにかく泡で包み込むように洗顔していること。

 

まだまだ洗顔やコスメティックスについて知識もあまり欠けている方が多いですが、洗顔時の摩擦を減らすことができれば、結果は大きく異なっています。

 

ドラッグストアにて取り揃えているのでどこでも手に入れられますが、オススメされている洗顔料はこちらです。

 

 

男性向けの売り物も多いですが、女性のみなさんでもこの時期はお世話になるのも賢明でしょう。

 

また、女性によく見られる事は、食事制限をすることによってフードスタイルのバランスが秩序を失ってしまうことです。

 

緑黄色野菜をしっかり摂って、まずは健康な体をキープしてください。

 

 

「20代の赤ニキビを早く治すスキンケア方法」

ニキビを早く治そう!症状悪化への対策は年齢でスキンケア

社会人となり、上司やクライアント様には今まで費やした事がないくらい気を使っています。

 

また飲みの席では積極的に飲み役盛り上げ役に徹し、フラストレーションが溜まっている人が多いと思われます。

 

その中にはホルモンバランスすらもメチャクチャにしてしまっている人も。

 

この時期に要になる部分は「10代とは異なる肌の性質である」ということをしっかり理解することがポイント。

 

コスメをダメージを与えないものに変える、洗顔料やコスメティックスを良化するなどをしながらしっかり見識を組み込んで、頑張り過ぎない、与えないということを気をつける必要があります。

 

そこでオススメされているコスメティック商品はこちらです。

 

 

「30代以降の赤ニキビを早く治すスキンケア方法」

ニキビを早く治そう!症状悪化への対策は年齢でスキンケア

ナンバーワンの要因は、肌の代謝周期が間に合わなくなっているというケース。

 

約28日ではがれるスケジュールしていた角質層が残存し、肌表面に蓄積された古い角質が毛穴を閉塞してニキビができるんです。

 

それを大人ニキビ(吹き出物)と呼んでいます。

 

30代以降のニキビメンテナンスは肌の水分レベルをキープしながらも、余計な油分は除去するというハイレベルなケアが絶対必要です。

 

そこでオススメされている商品はこちらです

 

 

 

これはNG!頬やあごの「赤ニキビ」は潰したらダメ!

肌に出現してしまったニキビを潰すと、ニキビ発症や悪化の根本原因ともなる膿や皮脂、一つ前の角質などを毛穴から体外に押し出す事ができます。

 

これは早期改善を狙う事が適います。

 

しかし、専門家による確実な処置によってニキビを潰したケースのみ。

 

一人では、専門家ほど知恵が種々雑多ではなく、オリジナルな機器も備わっていていない為です。

 

爪やピンセット、針といった身近なツールを代用しか出来ません。

 

しかし、個人がお近くの用具や爪などでニキビを潰したケースだと、以下の様な悪化症状が出現するケースがあります。

 

 

 

「赤ニキビの炎症が広がる」

赤ニキビを一点集中して潰すのは厳しくあり、爪やピンセットなどの機器で潰したときは、周りの健康な肌にまで痛め付けてしまいます。

 

 

傷が広がれば、その分雑菌なども混ざってやすくなります。

 

 

これらが主な悪影響をもたらしてニキビの炎症が大暴れしてしまいます。

 

 

炎症が広まったニキビは、目立つ上に治り辛く、失敗したら「ニキビ跡」として残留してしまう事も。

 

ニキビを目に付かなくしたいということが理由で潰してしまう方も少なくないかと思います。

 

ですが、その行いがむしろニキビをもっと目立たせてしまうこともあり得ますので、気をつけて下さい。

 

 

「クレーター跡(ニキビ跡)として残る」

特に知恵もなく、まわりの用具でニキビを潰してしまった時は、皮膚の奥ふかくに位置する「真皮」にまで傷が付きます。

 

これは深刻な「クレーター跡」として肌に残留してしまう確率が大きいと言えます。

 

 

普段、人の肌は代謝サイクル(肌の新陳代謝)によって少しの傷でも自然回復するようなシステムとなっていますが、真皮は代謝周期が行われません。

 

 

という訳で、真皮にダメージを受けた時に、そのまま表に凹みが生じ「クレーター跡」となってしまうのです。

 

 

通常のニキビであれば、クレーター跡になるまで酷い状態になる可能性は低いです。

 

今後の肌現状を考えるというわけですから赤ニキビを潰すといった方法はやめるべきです。

 

 

「同じ場所に赤ニキビが再発しやすくなる」

ニキビを潰す場合、外見上に強いショックを与える訳です。

 

 

もちろんその辺の角質層は不調になり、バリア機能は遙かに低下します。

 

 

また、器具や爪などに引っついている雑菌が皮膚内方に混じって、後にニキビに見舞われてしまう懸念も決して低くはないかと思われます。

 

ニキビが生じている肌は、負荷に神経過敏で、バリア機能も正しく役目を果しているとは違う状況です。

 

その為、たとえ話ニキビを潰して改善達成できても、外部刺激や注入したバイキンにより、同様のニキビができるのです。

 

 

 

そもそも「赤ニキビ」が出来るメカニズを知ってますか?

ニキビの最初の段階としてコメドから始まります。

 

毛穴は本来、外に向かって開いた形をしています。

 

しかしホルモンバランスの崩れなどが原因で表皮の角質が厚くなると、角質が毛穴の中に入り込んでしまいます。

 

すると毛穴の出口はせまくなってしまい、中で分泌された皮脂を排出できなくなってしまいます。

 

 

つまり古くなった角質が毛穴をふさぎ、皮脂が中に溜まってしまう状態になります。

 

 

これが上記で登場した「コメド」という状態になります。

 

そして症状が悪化して化膿することで「赤ニキビ」の第一歩になります。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

赤ニキビや吹き出物はそう簡単にできるものではない?

ニキビを早く治そう!症状悪化への対策は年齢でスキンケア

あまり認知されていませんが、この「コメド」の状態だけではニキビにはなりません。

 

そこに、酸化が加わることでニキビに発展します。

 

 

毛穴に皮脂が詰まり、詰まった皮脂が酸化することでニキビに発展していきます。

 

 

酸化された皮脂は遊離脂肪酸や過酸化脂質に変わり、まわりの細胞に刺激を与えていきます。

 

 

そこから炎症がおこり、角質の一部が壊れてバイ菌が侵入しやすくなります。

 

 

患部にバイ菌が増殖すると、このバイ菌を殺そうとして白血球が集まりやすくなります。

 

そこで、赤くなった膿が溜まってくるのです。

 

白血球の攻撃が長く激しく続くと、バイ菌も死にますが、味方、つまり自分の皮膚組織も一緒に傷ついてしまいます。

 

 

この皮膚組織の破壊が大きくなったものが「アクネスカー」で、通称「ニキビ跡」と呼ばれている症状です。

 

 

こうしてニキビは進行していきます。

 

この進行のなるべく初期の段階で、ニキビを改善すれば跡も残らず、キレイな肌を維持できます。

 

 

 

赤ニキビまでに進化(悪化)していくステージとは?

ニキビを早く治そう!症状悪化への対策は年齢でスキンケア

ひとえにニキビ、大人(アダルト)ニキビといっても、種類と症状によるステージ(段階)があります。

 

症状が深刻化することによってニキビ跡などの後遺症につながっていくことがあります。

 

 

ステージ①「ニキビのできはじめ」

余分な古い角質が表面からはがれることができなくなります。

徐々に角質層が厚くなり毛穴をふさいでしまう。

すると皮脂が外に出る事が出来なくなってしまい、皮脂線の中に溜まり始めます。

この形状がニキビが出来始めの状態とも言えます。

 

 

ステージ②「白ニキビ」

毛穴が閉じている状態で皮脂が溜まったニキビの状態を指します。

肌の表面に白いポツポツとしたふくらみが出来ます。

ですが、この状態であれば洗顔や化粧水などで簡単に鎮静化してニキビを早く治すことができます。

 

 

ステージ③「黒ニキビ」

毛穴が開いてその中に皮脂と古い角質とが交じりあった汚れが溜まっている状態のニキビを指します。

この黒ニキビは肌質によって出来ない人もいます。

ですが、早く治す方法として化粧水が肌に合っているのか?が重要となります。

 

 

ステージ④「赤ニキビ」

ニキビが悪化すると毛穴の中に溜まった皮脂に細菌が繁殖。

これによって皮膚が炎症を起こしてニキビの表面が赤くなる状態を指します。

ちなみに状態によっては、指で軽く押すと「痛み」を感じることもあります。

この「赤ニキビ」の状態が悪化すると膿を持ち始める事があります。

 

 

赤ニキビを早く治すためにしてはいけない4つのNG行為

ニキビを早く治そう!症状悪化への対策は年齢でスキンケア

「ニキビを潰す」

どんな事情があろうとも爪で潰すなどしてはいけません。

跡になるのはは言うまでもなく、爪から細菌が入り、化膿する危険性もあると思います。

 

 

「自身の肌に対して不適切なタイプの診断をする」

表面がテカっているので脂性肌と結論を出したところ、肌の内部はカラカラになっていて、実はうるおい感が不足しているケースがあります。

特に30代以降は気を付ける必要があります。

 

 

「洗顔を無理矢理行なう」

皮脂を洗浄しすぎてしまうとカサカサした乾燥から素肌を防護しようとしてグングン皮脂が出て、負のスパイラルを発生させます。

 

 

「メイクでニキビを隠そうとする」

ファンデーションで隠匿しようとすれば、逆に毛孔が塞がってしまい、深刻化の引き金となります。

 

 

関連記事もチェックしてみましょう。

チェックする>>>ニキビや肌荒れを治したい方は絶対に知っておくべきこと!

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。