毛穴ケアを綿棒でする方法を紹介!鼻の角栓の取り方が実は簡単だった

皮膚の表面は皮脂膜がおおい、そこに汗孔や毛穴が開口しております。

 

毛穴からは毛幹(毛)が出ており、毛穴を下にたどると毛球がありますが、毛穴に皮脂が溜まりやすい場所でもあります。

 

そこでオリーブオイルと綿棒を活用する方法は肌のダメージになりにくく、角栓もしっかり除去できるから有難い。

 

綿棒を用いる毛穴お手入れでは、綿棒に含ませたオリーブオイルで滑りが好転するのでお肌へのダメージも低く、衛生的に実行できます。

 

 

 

鼻の角栓の取り方は簡単!毛穴ケアを綿棒でする方法

①:まずは優しく入念に洗顔

最初に前準備として、クレンジングと洗顔でメイクを洗い流してください。

 

メイクオフしたら、スチーマーや蒸し手ぬぐい等々でしっかり毛穴をオープンしておくと、より手を煩わさずに毛穴に詰まった角栓が無くせます。

 

綿棒ケアでより角栓を取りやすいようにすると考えるなら、ギリギリまで蒸しタオルで毛穴を開かせることがイチ押し。

 

 

②:綿棒にたっぷりとオリーブオイルを染み込ませる

フレグランスなどが加味されてたりするオイルよりもシンプルな成分のものをお勧めします。

 

そこで家庭でも使用しているオリーブオイルなどが肌に優しく、オリーブオイルが持つ本来の老化防止効果も得られます。

 

もちろん、必ずしもオリーブオイルである必要はないですが、美容効果も踏まえるとオリーブオイルが適任でしょう。

 

 

③:毛穴を綿棒でやさしくマッサージ

鼻全体をコロコロ穏やかに転がすような形でなでていくというわけです。

 

 

角栓を不安視しているスポットで、綿棒を横に倒しながらグルグルと回転させます。

 

 

強くゴシゴシしないように、やさしく回転させていくのがコツになります。

 

 

グリグリ無理矢理行なうと肌を損傷させてしまうので原則的に優しく実践しましょう!

 

滑りが芳しくないなと覚えたならお肌にも少しオリーブオイルをなじませましょう。

 

 

これでもとれない頑固な角栓は、オリーブオイルを盛り込んだ綿棒2本で挟んで取り除くことを意識するとにゅるっときれいにとれます

 

 

角栓は毛穴から浮かび上がった皮脂や、落としきれないメイク汚れた状態など。

 

油なじみのよいものなので、オリーブオイルを贅沢に活用したこの方法で汚れた状態がオフに出来るのです。

 

 

④:「オリーブオイルを落とす洗顔を」

豊富な泡ですすぐ事によってオリーブオイルが落ちやすいようになると思われます。

 

 

オリーブオイルが顔に残存しているのは危険。

 

そのままだとお肌の問題が生じる事にもならない保証はないのでしっかりとオイルを取り去ってみてくださいね。

 

 

すすぎの終わりには、冷えた水で4~5回すすぐと、角栓が取れた毛孔が冷水でギュッと締まっておすすめです。

 

 

 

⑤:「最後は化粧水や乳液で保湿ケアを忘れずに」

 

何も手を加えないとまた汚いものが蓄積され角栓が塞がってしまいます。

 

 

この終了の乾燥肌対策ケアが重要なのです!

 

 

角栓が取れたら毛孔を締めることが重要です。

 

 

冷水や冷えた化粧水を入れ込んであげて、少したってから美容液でしっかりモイスチャー対策するのがイチ押し。

 

クリーンなタオルでポンポンと余った水分を取ります。

 

後から、収れん化粧水を使い毛穴をギュッと締めてから保湿化粧水や美容液などでモイスチャーケアをしてください。

 

 

 

自分の毛穴タイプを知って角栓の詰まる毛穴のスキンケア

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

毛穴の問題にも多様な種類があり、要因も様々です。

 

必要以上の皮脂の分泌によって毛孔が開いたり、年齢の積み重ねが原因のたるみが毛穴が開くことも考えられます。

 

トータルして4タイプあるため、あなた自身の肌の毛穴目立ちがどのタイプに当てはまるのかを試すことをお薦めします。

 

元凶の判断を間違えないことで、肌質にピッタリの対策を実施することができ、キレイな毛穴への道が開けます。

 

 

画像①「赤み毛穴タイプ」

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「赤み毛穴タイプの特徴」

顔全体の皮脂分泌が盛んで、ひとたびニキビが出現すると併発を繰り返します。

 

Tゾーンを主体とした、赤みを帯びた毛穴の開きが多く見られるのが特徴です。

 

 

「赤み毛穴タイプの原因」

空気中の汚れやメイクアップなどの影響され、角栓が酸化することが原因で肌全体の炎症が発症します。

 

根本にある肌質、またはアンバランスになったフードスタイルやホルモンバランスの影響力などから、皮脂が過剰に分泌されています。

 

洗顔は炎症を断ち切らせる低刺激な石けんでやってみましょう。

 

 

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「対策は毎日のパッティングで炎症を鎮める」

フルーツ酸やグリコール酸がブレンドされた化粧水には、炎症を鎮静化する作用が考えられます。

 

コットンの4隅がひたひたになるまで化粧水をしっかり取って、365日欠かさずパッティングすると良いでしょう。

 

パッティングの時間は、顔全体にうるおい感が浸透しひんやりするまでが基点です。

 

 

画像②「黒ずみ毛穴タイプ」

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「黒ずみ毛穴タイプの特徴」

小鼻周りは元々皮脂分泌が活気づいているため、毛穴が黒く目を引きやすい部分です。

 

常に開きっぱなしのように見えるので、メークアップでも中々隠し通す事のできないのが厄介な問題です。

 

 

「黒ずみ毛穴タイプの原因」

空気や太陽光に含まれる紫外線などが原因であり角栓が酸化することで、毛穴が押し開いたまま詰まったように変化してます。

 

日光の紫外線の強い夏のシーズンは、毛穴を塞がない日焼け止めを選んで使用することをお勧めします。

 

 

 

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「対策は蒸しタオルで毛穴の角栓を離れやすくする」

蒸しタオルは、水をにじませて軽く絞ったタオルを電子レンジであったかくすると完成します。

 

タオルで小鼻周りを包み込み、温かい蒸気を3~5分になるかならないか当てて下さい。

 

皮膚が温かいうちにクレンジングや毛穴パック実践することで、黒ずみを根こそぎ断つのにより負担が軽くなります。

 

 

画像③「ざらつき毛穴タイプ」

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「ざらつき毛穴タイプの特徴」

Tゾーンはもちろんの事、顔全体の毛穴に触るとザラザラ感を感じます。

 

素肌に残留した過剰な皮脂やメイクアップ汚れなどで角栓が塞がっており、白っぽくなってしまっているのが特徴だと言えます。

 

 

「ざらつき毛穴タイプの原因」

分泌された皮脂と、古い角質やキレイにし損ねたお化粧が混合することによって、毛穴詰まりに見舞われています。

 

しかし、白ポツ角栓は埋め尽くされてからの時間の経過が短い可能性が大きく、角質層へのダメージも浅薄なため、優しいメイク落としや洗顔で汚れを落とすことが困難ではありません。

 

 

 

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「対策は週に一度のオイルマッサージで毛穴の角栓を除去」

メイクをしっかりと落として、お風呂に入りながら毛穴の汚れをマッサージしましょう。

 

クレンジングクリームやオイルなどはお気に入りのものを活用することで、とにかく丁寧に行うのが重要な点になります。

 

毛穴汚れを浮かび上がらせることに注意して、「の」の字を描きながらマッサージをトライしてみましょう。

 

入浴時とは違ったマッサージは、蒸しタオルで素肌を温かくしてから行うと実用的です。

 

 

画像④「たるみ毛穴タイプ」

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「たるみ毛穴タイプの特徴」

ほうれい線に結び付いていくような、斜め下に開いた毛穴が特徴だと断言できます。

 

ベースメイクの毛穴落ちが初めの症状と考えられます。

 

 

「たるみ毛穴タイプの原因」

年齢を重ねれば重ねるほど、肌表面にハリがなくなってくることが理由です。

 

水分保有力の劣悪化に影響されて毛穴が涙型に開き、口元のほうれい線につながりやすくなり引き起こされます。

 

習慣的に表情筋のトレーニングを実施して、内側からキッチリと土台を作り上げていきましょう。

 

 

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「対策は乾燥を感じたらその日にマスクで保湿」

カサカサした室内にいた日や太陽光に含まれる紫外線を受けた日は、いつものアフターケアに保湿マスクを付け加えましょう。

 

フェイスパックをする時間が作れないときは、お風呂の時間活用することで行うのが賢明でしょう。

 

お風呂の湯気によって肌が軟化するので、水分の吸収力が高くなってうるおい感があるようなモチモチ素肌に変わります。

 

 

関連記事もチェックしてみましょう。

チェックする>>>ニキビや肌荒れを治したい方は絶対に知っておくべきこと!

 

 

 

日頃から角栓の溜まらないようにする「5つの毛穴ケア」

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

「睡眠不足による疲労の蓄積をさけるようにする」

 

「化粧水や保湿クリームなどによるスキンケア」

 

「栄養バランスの偏らない食生活を心掛ける」

 

「自分の肌質にあった正しい洗顔料を利用する」

 

「腸内環境を整えておくためにもお腹を冷やさない」

 

これらを心がけ皮膚を労わってあげることで肌の健康を保つように心がけましょう。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

毛穴が皮脂を分泌するのは角栓に良いこと?悪いこと?

毛穴のケア方法!汚れる原因と目立つ詰まりをなくすオススメ

皮膚による疾患、症状は様々ですが、ニキビが他の皮膚炎や湿疹と決定的に違うのは、必毛穴に炎症が起きることです。

 

これはニキビのできやすい皮膚が毛穴と皮脂線の出口が一緒になっているからです。

 

つまり毛穴から皮脂が分泌されており、そしてこの毛穴と皮脂の出口が同じだというところに、まさしくニキビが出来る原因が潜んでいます。

 

毛穴は皮脂を分泌する皮脂線とつながり、皮脂線から分泌された皮脂は毛穴から排出されます。

 

皮脂は汗と一緒になって皮脂膜を形成し、水分の蒸発を防いだり肌にうるおいを与えています。

 

この状態が一般的に健康的な状態の皮膚と言われています。

 

ところがこの毛穴に皮脂や角栓が詰まることから、ニキビは発生しています。

 

一般的にニキビは「顔(頬、口周り、額)や胸、背中の上部」などで好発し、多く発生すると言われています。

 

厄介なことに、これらの場所にできるニキビは非常に人目に付きやすく、また症状の深刻化がおこりやすい場所であるとも言えます。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。