顔に皮脂が溜まるオイリー脂性肌を改善!男女のお悩みを治すには?

肌の潤いを保つためにはニキビの原因でもある皮脂も重要な役割を担います。

 

 

顔に皮脂が適度に分泌されれば、皮脂膜という皮脂による薄い油の膜が皮膚全体を覆うことで、外部の刺激から肌を守りさらに潤いやなめらかさを保ちます。

 

 

皮脂膜は弱酸性の性質をもち、皮膚の表面の雑菌などが、増殖しにくい環境に整えてくれます。

 

しかし皮脂膜もれっきとした油なので、オイリー脂性肌やニキビの原因になる可能性も多いにあり得ます。

 

そこで、男女問わずお悩みの原因である「顔に皮脂が溜まるオイリー脂性肌を改善方法(治す方法)」を紹介します。

 

 

 

顔の皮脂の過剰分泌を抑制しよう!オイリー脂性肌の対策

「正しい洗顔を!毎日の洗顔方法を見直してみる」

 

皮脂を除去するためのメジャーケアは、洗顔です。

 

朝は水洗顔だけという人もいらっしゃるようですが、皮脂は睡眠中にも分泌・酸化反応を引き起こしております。

 

 

文字通り皮脂は脂なので水だけでは落ちていかない。

 

なのでオイリー肌の人(テカテカ肌)は洗顔料を使っての洗顔を行いましょう。

 

 

皮脂は分単位で分泌を続けているので、肌が油っぽい方は多少落としすぎても大丈夫ですよ。

 

 

ただし、1日何回も洗顔を無理矢理行なうと、逆に皮脂の分泌が増大する可能性もあります。

 

皮脂量は、皮脂膜によって分泌が抑制されています。

 

洗顔などを通して皮脂膜が消失すると、皮脂膜を作ろうとして分泌量が増えます。

 

つまり皮脂腺が鍛えられ、皮脂の分泌が激しさを増すという事実。

 

 

洗顔は「1日2回(朝晩)」が一番です。

 

 

ゴシゴシする洗顔は、肌の水分を保つセラミド(細胞間脂質)も一緒に洗い流してしまうため、潤い感が失われていきます。

 

 

洗顔料の泡を使って、転がすようにソフトに洗顔することがキーポイントになります。

 

鼻横のくぼみ周辺は、皮脂が多いだけに限らずて洗浄を忘れやすい部位のため、念頭においてキレイにしてましょう。

 

洗顔料はペースト状のフォームタイプも良いですが、泡が細かいタイプのほうが、スッキリと皮脂や汗きれいにしてくれます。

 

 

そこで口コミで評判の洗顔料はこちらです。

 

 

 

「ビタミンC誘導体入り化粧水を使用してみる」

 

ビタミンC誘導体という化粧品成分は、少しだけですが、皮脂分泌抑制と皮脂酸化予防の作用が伴います。

 

ビタミンC誘導体は複数の種類があります。

 

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

3-O-エチルアスコルビン酸

リン酸アスコルビルMg

アスコルビルリン酸Na

 

 

これらの表記されたものが賢明でしょう。

 

ビタミンC誘導体は、水に溶けやすい水溶性成分のためにと考えて、化粧水やローションにたくさん内包されています。

 

 

こちらのページも見てみましょう。

 

 

 

「ベタベタを防ぐ油分の少ない美容液や化粧水を利用する」

 

皮脂が水分を維持する割合は限られるのですが

 

「皮脂が肌の潤いを守っているため保湿は必要とされない」

 

と思う人もいます。

 

 

乾燥肌対策でケアをしないために、皮脂が多いけどカサカサになるという乾燥脂性肌(混合肌)の人が急増しています

 

 

皮脂はテカリの誘因になりますが、肌の水分量が少ないと、皮脂と水分の格差が生じてグ~ンとテカリが際立ちます。

 

 

保湿対策をすることによって皮脂と水分のバランスが縮小し、皮脂浮きを減少できるのです。

 

ただし、保湿化粧品の選び方が重要だと断言できます。

 

 

保湿化粧水だけでは足りないと言えます。

 

その他の保湿アイテムが必要不可欠ですが、当然油分の多い乳液やクリームは避けた方が賢明です。

 

 

そこでオススメなのが下記のページで紹介されるサラサラする保湿美容液や化粧水です。

 

 

できればオイルフリーやオイルカットのものをチョイスしてください。

 

保湿美容液は化粧水よりも保湿成分が多く配合されるケースが多いため、しっかりとうるおいがプラスされてくれます。

 

 

保湿力に優れたセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどの成分が入ったものが役立つでしょう。

 

 

一石二鳥効果として室内のエアコンで肌がカサカサになるという方もたくさんいるため、保湿美容液を利用することで外気から肌を守ってくれます。

 

 

 

「油分を吸収しやすい上質なあぶら取り紙を利用してみる」

 

油取り紙昼間の皮脂対策としては、あぶら取り紙が働きを示してくれます。

 

皮脂が浮き始めれば、コマメに取り除くこと

 

額や鼻、鼻横周辺の皮脂は、念頭において複数回取る

 

擦り付けるのではなく、押し当てるほうがよく取り込める

 

ひとまず使った紙は再使用せず、いつも新しいあぶらとり紙を使うこと

 

ティッシュで取るというよりも、断然肌にダメージを与えない

 

洗顔のように、全ての皮脂が取り去られることはなく、素肌を守る必要な部分は残留するため、昼間の皮脂対策にはナンバー1である

 

「金箔打紙製法」と呼称される加工製法で完成されたあぶら取り紙が、非常に密度が高いレベルで吸着力に評判が良い

 

そこで口コミで人気なのがこちらです。

 

 

 

「食べ物や睡眠時間などの生活習慣を見直す」

 

皮脂の分泌量は、生活習慣との関わりがあるようです。

 

ムシャクシャなどのイライラや寝不足による疲労感の積み重ねは、男性ホルモンを向上させて皮脂の分泌量を増やすと言われています。

 

 

日常的に規則的だライフスタイルを心掛けて皮脂の過剰分泌を抑制するようにしましょう。

 

 

フードスタイルでは「油もの・刺激物・甘いもの」を食い過ぎはいけません。

 

 

特に高脂肪食を代表とする「リノール酸」は皮脂の分泌が高まることが認められてます。

 

べに花油(サフラワー油)

ひまわり油(サンフラー油)

コーン油

サラダ油

大豆油

ごま油

 

残念ながらこれらはリノール酸が多い傾向にあります。

 

なので調理の際はオリーブオイルが良いです。

 

 

食品から考慮すれば高カロリーな食事はNG!

 

天ぷら・フライなどの揚げ物

ドレッシング

マーガリン

ポテトチップなどのスナック菓子

インスタントラーメン等

 

これらの過剰な摂取しは避けた方が良いでしょう。

 

油以外では「くるみ・ピーナッツ・アーモンド等」にもリノール酸が多く内包されています。

 

 

 

では、男女のお悩みである「顔に皮脂が溜まるオイリー脂性肌」の原因は何なのでしょうか?

 

原因を追究していきましょう。

 

 

日常に潜む!顔に皮脂が溜まるオイリー脂性肌の原因とは

私たちの肌は日常生活の中でホコリやチリを吸着してしまっております。

 

例えば「一日中外に出ていて帰宅すると、皮膚がかさついたり、ほてったりする」ことがあります。

 

これは「ホコリやチリ」、「古い角質」などが原因でもあります。

 

皮脂を作り出している皮脂線は毛穴に密接しています。

 

これらの汚れが毛穴をふさいでしまうと、ニキビの初段階でもある「コメド(小さいニキビ)」が形成させてしまいます。

 

こちらの記事もチェックしてみましょう。

 

 

 

皮脂や汚れを溜め込んだオイリー脂性肌は危険なことが?

皮脂や汚れを溜めこんだ皮膚は、アクネ菌などが増殖しやすい環境を作ります。

 

炎症や膿泡を招くことにもつながってきます。

 

 

しかし、もともと皮脂は皮膚を守り、潤いやなめらかさをキープします。

 

 

雑菌などの増殖を抑える役割を担っています。

 

ですが、さまざまな汚れが付着してしまうとニキビの原因にもなります。

 

 

さらに「顔や頭部、胸、背中」などに集中的に皮脂膜が張られております。

 

特に顔の「眉間、鼻、口まわり、あご」のどの中心部のいわゆるTゾーンと呼ばれる部位は、とりわけ皮脂の分泌が活発でニキビが出来やすい環境でもあります。

 

 

 

オイリー脂性肌の原因である顔の皮脂の特徴を知ろう

「顔の皮脂分泌を化粧品では抑制できません。」

 

これは、脂性肌(オイリー肌)の人が抱えている悩みのナンバー1です。

 

皮脂の分泌がたくさんある人は、顔のテカリ・ギラツキ・ベタツキに見舞われることが多く、ニキビができやすいと言えます。

 

また、皮脂が刺激剤に転じて赤みを帯びたり、脂漏性皮膚炎の大元となっている可能性もあります。

 

皮脂を抑制することはできず、運が悪いことに、皮脂の分泌はホルモンの影響が圧倒的に関与しています。

 

そのため季節による自然の増減を除いては、スキンケアやコスメティックスで皮脂や顔のテカリ(脂性肌)抑えることは出来ません。

 

 

「冷水で皮膚を引き締めると、毛孔がギュッと締まって皮脂が減少する」

 

このような美容法も出回っていますが、往々にして無意味に終わります。

 

素肌をクールダウンすると、立毛筋という人体で一番小さい筋肉が縮小してキュッとなった風に感じていますが、その結果は30分も持つことはありません。

 

100歩譲って、たとえ瞬間的に毛穴が縮まっても、皮脂を抑制する本質的な問題解決にはならないと言えます。

 

 

「皮脂は肌の水分を守る役割も果たします。」

 

「皮脂を取りすぎると肌がカサカサになる」と、信じこんでいる人が相当見られます。

 

 

肌のうるおい感を維持に対する貢献度は、角質層で守られているセラミド(細胞間脂質)が約80%を占めます。

 

それ以降天然保湿因子(NMF)が約17%、皮脂は残りは約3%にずきません。

 

 

つまり、皮脂が肌の潤いを守ることは困難なのです。

 

赤ん坊のお肌をイメージして下さい。

 

艶があるプルンプルン感がありますよね。

 

これは、水分が多く皮脂が多くないという最適なお肌タイプをしている為です。

 

 

「皮脂は肌老化(劣化)を招ねいてしまうことも!?

 

皮脂腺から皮脂が生み出されると、時とともに皮膚上で酸化反応を引き起こして「過酸化脂質」という質量のある物体に変容してしまいます。

 

過酸化脂質による悪影響

 

 

それほど周知されていませんが、過酸化脂質は毛穴周りの表皮に悪影響を齎(もたら)して毛穴の開きを促進します。

 

 

さらに、その毛孔の開きが連なったりしてシワになることが実証されています。

 

顔の中におきまして皮脂が乗っているのは、おでこ(額)から鼻にかけて(Tゾーン)と鼻横近辺です。

 

まじまじ確認するとそれらの部位は他の部位よりも毛穴の開きに広さがあると言っても過言ではありません。

 

つまり皮脂の多いゾーンは劣化しやすい!

 

言い方を変えると皮脂の多い部分のお悩みが増加傾向にあるなら、肌老化の始まりのシグナルなのです。

 

また、脂漏性皮膚炎・ニキビ・肌の不調・赤らお顔などの問題も、皮脂が乗っているスポットに見られるのが性質だと考えられます。

 

 

「オイリー脂性肌の皮脂はメイクとの関係が深い特徴が!?」

 

歳を積み重ねるにつれて、化粧のノリが酷くなってきた…

 

夏のシーズンのメーキャップは、少しの間で崩れ始める…

 

数多くの人が、このようなジレンマを持っていることになると思います。

 

女性の方々は、30歳代に入ると皮脂の分泌がちょっとずつ低減して行って、40代に入ると速いペースで減ります。

 

他にも、常日頃のクレンジングなどで長期にわたり大きな影響を与えているため、皮膚の潤いも劣化してやすい傾向が見られます。

 

最終結論を申し伝えますと、メーキャップのノリは皮脂と水分のバランス状態で確定されるわけです。

 

 

つまり、カサカサしやすい素肌は粉浮きしやすくなります。

 

逆に皮脂がのっているお肌は崩れやすいようになるというわけですね。

 

 

夏のシーズンはメイクの崩れが際立った傾向にあるといえますが、その裏側には、メイク料に含まれる油分と皮脂が混じり合うことです。

 

 

認識違いされやすいのが、汗によってメイクが乱されるというピント外れの視点です。

 

 

汗は約99%が水で作り上げられており、メイク崩れの引き金になる油成分は混入されていません。

 

つまり、汗がメイクを乱す事実はありません。

 

 

関連記事もチェックしてみましょう。

チェックする>>>ニキビや肌荒れを治したい方は絶対に知っておくべきこと!

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。