バタフライピーハーブティーの効能!お茶の味と効果は?通販店は?

バタフライピーとはマメ科のハーブで、タイを原産とし、タイ語で「アンチャン」、英名「バタフライピー」といいます。

 

綺麗な青い花を咲かせ、花びらの部分は、タイではずっと前からご飯やお菓子を青く染める天然色素に採用されます。

 

現在では、ハーブティー(お茶)としても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

そこで今回紹介する通販で人気の関連商品はこちらです

 

 

「バタフライピーハーブティーの効能(お茶の効果)」とは

バタフライピーハーブティーの効能!お茶の味と効果は通販店

「老化防止(アンチエイジング効果)」

バタフライピーの青色の花には、秀でている抗酸化作用が細胞の老朽化を防ぐ(若さのキープ効果)ある「アントシアニン」が含まれ、タイでは日頃から愛飲されています。

 

更には、皮膚の弾力維持に絶対不可欠な成分「コラーゲン」を安定化することで、皮膚(肌)の弾力を保ちふっくらした肌を保ち、このことが人気を博している論拠のひとつです。

 

今日この頃は、ハーブティー(お茶)やシャンプー、石鹸にもブレンドされるほど、薬効が信用されています。

 

 

「眼精疲労の改善(疲れ目を解消)」

有効成分(アントシアニン)には植物が太陽光に含まれる紫外線から体を防御するために蓄積している物質で、目の活動しを高める効果や目の慢性的な疲労を癒します。

 

そういう背景から、PC(パソコン、スマートフォン)、事務処理で目が疲労困憊になったときにはハーブティーでひと休みを入れることが推奨されています。

 

「白内障(はくないしょう)予防にも」

バタフライピーハーブティーの効能!お茶の味と効果は通販店

タイでは大昔からご飯やお菓子を青く染める天然色素として利用されています。

 

さらに、強力な効用効果(抗酸化作用、眼精疲労回復、目の症状改善)を持っております。

 

これが「白内障、視力低下、老化現象抑制(若返り)、目の活動向上、肌の弾力維持、内臓脂肪の蓄積抑制、動脈硬化予防」などに効果を見せてくれます。

 

 

「薄毛・白髪予防する効果」

美しい黒髪をキープする力があり、ハーブティーを濃い目に抽出しコンディショナー代わりに頭部の肌をすすげば、毛髪を保有し、白髪や抜け毛を予防します。

 

また、タイでは市販で石鹸やバタフライピーシャンプーが市場にでており、薄毛対策に実効性があり、血液もサラサラにすることで、頭皮の毛細血管にも栄養を浸潤させます。

 

 

「ダイエットサポート効果」

今日では、内臓脂肪の蓄積を抑えて肥満体質を予防するパワーを発揮してくれるとして、タイではダイエットティーとして高い人気を誇っています。

 

また、「血圧上昇の予防 、抗炎症効果、抗潰瘍効果、鎮静作用(リラックス効果)、利尿作用」などの有効性も取り扱われています。

 

 

「ダイエットの天敵であるコレステロール減少にも」

有効成分(フラボノイド)には「コレステロールの減少、血液の循環促進」への効果効用もあります。

 

この他にもビタミンCをサポートするため、フラボノイドが欠乏することによる「毛細血管が弱体化、出血、免疫力低下」などを阻止します。

 

また、フラボノイドが足りなければ風邪を引きやすくなるなど、ビタミンCが乏しくなった時と同じような症状が起こるので、日常的な摂取がオススメされます。

 

ちなみにフラボノイドの化合物に、赤ワインやぶどうに含まれているポリフェノールがあります。

 

 

生活習慣病を予防する効果」

有効成分(アントシアニン)には血圧の上昇に歯止めをかける効果、動脈硬化を抑制する効果も提示されており、内臓脂肪症候群をはじめ、生活習慣病の原因に呼びかけます。

 

また、バタフライピー(アンチャンの花)の有効成分には、「抗血栓、血栓溶解」に役立ち、タイの伝統医学では、「心疾患、脳血管障害、高脂血症」などの治療サポートに採用されます。

 

 

「将来的な健康サポートにもつながる」

ハーブティーには若さのキープ(アンチエイジング効果)があり、いつまでも若く美しくいられるいうデータがあります。

 

また、原産国「タイ」では30代前後の女性のみなさんは美容と健康目的で、常日頃から飲用されております。

 

ちなみに「血圧上昇の予防 、抗炎症効果、抗潰瘍効果、鎮静作用(リラックス効果)」など健康をサポートするパワーを発揮してくれると言われています。

 

 

「胃の調整効果(健胃作用)」

バタフライピーは血行を促進し、潰瘍などの粘膜の欠損を埋める抗潰瘍作用があると公表されています。

また、炎症をしずめる有効性もあり、「アスピリン」の10倍もの効果効用がありながら、胃などの身体に悪影響を及ぼさないという、非常に優れた力を持ちます。

 

薬効を利用したバタフライピーティーはタイで胃が弱い方にも需要が高いです。

 

現代の人達に役立つハーブで、花びらの部分はタイではご飯やお菓子を青く染める天然色素として利用されています。

 

 

「免疫力を向上(感染症予防)」

有効成分である「フラボノイド」が多量に含有され、これには身体の酸化を防ぐ抗酸化の働きがあり、ありとあらゆる病気の元凶となっている活性酸素を抑制します。

 

これが免疫機能を向上させ、滋養・自然治癒力を強力にします。

 

また、フラボノイドは大豆に含まれるイソフラボン類、ベリー系の果実に含まれるアントシアニン類、お茶に含まれるカテキン類にカテゴリー化されます。

 

 

「通販で人気のバタフライピーハーブティー(お茶)を体験」

 

千葉県_30代_主婦_H・Aさん

「バタフライピーハーブティー(お茶)の風味について」
バタフライピーハーブティーは青い水色になり、風味は少し豆っぽいですが、ほとんど無味無臭に近いのでシングルでは少しフラストレーションを感じてしまうでしょう。

 

マロウブルーのような青いハーブティーになり、また私のミーハー心に火をつけてくれました。

 

レモンを加えると、なんとピンクカラーに!!!

 

ちなみに、こちらのほうがおいしく感じました。

 

全体的に風味と味が薄いような印象を受けるので、完全初心者向きと言えば、そうかもしれないですね。(^_-)-☆

 

一般的に見てバタフライピーをハーブティーにする際は、タイでは「ソーダ、炭酸水、レモン、ハチミツ」などで、バタフライピーの抽出液と割って飲んでいるのがメジャーだそうです。

 

しかし、この飲み方は個人的な見解になりますが、私にはあまり美味しいとは思いませんでした。

 

色々な飲料で、合わせてみましたが、特にカルピスとのミックスが美味しく飲めましたよ。(^_-)-☆

 

ただ、マロウブルーと違うところは、花弁三つくらいでものすごい濃い色が出るので、なくすのが大変です(^_-)-☆

「バタフライピーハーブティー(お茶)の効果について」
バタフライピー(アンチャン)は最近TV番組などで案内されていますね。

 

けっこう取り寄せるのが難しかったりしますが、タイでは「若さのキープ(老化防止)」始めとする美容効果が豊富なハーブティーでもあります。

 

また、アンチエイジング効果はハーブティーを濃い目に抽出し、お風呂に入れれば、イルミネーションのような入浴を堪能できます。

 

しかも、肌がもっちりするので美容効果ありですね。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。