ミルクシスル(マリアアザミ)の怖い副作用と効果的な飲み方を紹介!

ミルクシスルは地中海沿岸原産のキク科のハーブです。

 

別の呼び方「マリアアザミ」とも呼ばれており、「聖母マリアのミルク」に発祥していると考えられます。

 

近年ではサプリメントやハーブティー(お茶)などに活用されています。

 

しかしミルクシスル(マリアアザミ)には危険な副作用があると言われているのはご存知でしょうか?

 

下記に紹介しています。

 

 

ミルクシスル(マリアアザミ)の怖い副作用について

ミルクシスル(マリアアザミ)やその成分のシリマリンには少しも副作用が無いことが多くの臨床試験で確認できます。

 

ドイツのCommissin Eによると、通常の量を口に入れたケースではミルクシスルによる副作用は記されていません。

 

 

強いて副作用を上げるのであれば、便が軟らかくなることが場合によってはあるくらいです。

 

 

胆汁の分泌がたくさん出て軟便や下痢が生じる原因になってしまうためです。

 

 

長期投与でも驚くほど毒性は認可されていません。

 

 

イリノテカンを投与中の大腸がん病を患っている方に24時間200mgのミルクシスルを投与。

 

結果としてイリノテカンの代謝活動になんらマイナス作用を及ぼさなかったと通告しています。

 

 

今までの臨床研究から、1日5gまでのミルクシスルの摂取はおそらく副作用が出て来ないでしょう。

 

実は赤紫色の花を咲かせる植物で、種子に肝臓の機能を引き立てる成分が内包されています。

 

 

ミルクシスルは肝細胞の再生を促進する効き目があります。

 

そのため、肝細胞ががん化した肝細胞がんに関してはミルクシスルを利用しない方が良いという評判が見受けられます。

 

 

しかし、肝臓がん細胞の増殖を増進させる効果は無いという異議やミルクシスルの服用に影響されて肝臓がんが縮小してたというようなケースもあります。

 

 

高用量のシリビニンが乳がんの増殖を助長することを示した生物実験の結果が記されていますので、投与するシリビニンの量や利用効率を高めることに対して疑問の意見も聞こえています。

 

 

一方でこの動物実験で活用された用量は人間では実現できないほどの高用量であるので大丈夫だという意見もあります。

 

 

どうでしたか?

 

ミルクシスル(マリアアザミ)はお茶の場合だと1日に500ml~1リットル、サプリメントでは用法用量を正しく守れば副作用はありません。

 

 

現在ではハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

そこで紹介する楽天通販店で人気の関連商品はこちら。

 

 

ではマリアアザミ(ミルクシスル)を効果的に飲む方法はあるのでしょうか?

 

下記にミルクシスル(マリアアザミ)の効果的な飲み方を紹介しています。

 

 

ミルクシスルティー(マリアアザミ茶)の効果的な飲み方

ミルクシスルハーブティーの効能!お茶の効果と楽天の通販店

「お酒を呑む前の飲み方」

ミルクシスル茶(マリアアザミティー)には肝臓を毒から守る体を内側から綺麗にするので、お酒を呑む前に服用すると効果

 

それ以外にも脂肪肝や「アルコール性肝炎,肝硬変,急性ウィルス性肝炎,肝機能障害」など様々なトラブルに働きを示してくれます。

 

ミルクシスル(マリアアザミ)は2000年以上前からから肝臓の薬とされています。

 

科学的データによって解き明かされた副作用のない植物性の肝臓薬で、肝臓の損傷を予防し、肝細胞と肝臓組織を生まれ変わらせます。

 

 

「毎日飲んで肝臓の浄化する効果的な飲み方」

ミルクシスル茶(マリアアザミ)だけに包含される「シリマリン」は、いろんな研究によって健康な肝臓(肝細胞)の損傷を予防します。

 

またダメージを受けた肝臓の細胞を復元することが研究で発表され、肝細胞の外側をガードします。

 

これが毒物が細胞膜を破って細胞内に進入するのを防ぎ細胞内に進入してしまった毒性物質を無毒化する機能があります。

 

さらにフラボノリグナンに含まれる「シリマリン」と呼称される成分が、肝細胞に作用することができる個性豊かなハーブです。

 

シリマリンは、肝細胞の細胞膜を保護し、毒素の吸収を防ぎ、悪性な活性酸素をデトックスすることによって、幹細胞の損傷を抑止します。

 

 

「肝臓を労わることは老化予防(アンチエイジング効果)にも」

ハーブティーは肝臓内で抗酸化物質と言われるグルタチオンを肝臓内で濃度を平均35%も上昇させます。

 

また、SOD様酵素(スーパーオキシドディスムターゼ)の働きもアップさせることが認証されました。

 

SODは活性酸素除去するのでアンチエイジングやニキビにも効果的です。

 

 

「タバコやお酒を嗜む人をサポートする効果的な飲み方」

ミルクシスル茶はDNAとRNAの働きを向上させ、肝細胞の内側でたんぱく質の合成を促進し、損壊した肝細胞の再生を高めます。

 

そして、この効能は「ハーブティーや健康機能食品」にも利用されます。

 

お酒を飲む機会が多い人やたばこを吸う人などにもイチオシされており、現実の上で提唱している医療施設もあるほどです。

 

 

「慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝などの治療サポートする効果的な飲み方」

シリマリンには肝臓の病気への即効性が期待されており、ハーブティーだけでなくミルクシスル(マリアアザミ)栄養補助食品にも適用されています。

 

ドイツでは正当な研究結果の元、慢性肝炎・脂肪肝・肝硬変の治療への使用が高評価を得ている薬用ハーブです。

 

また、花の種の中に肝臓の働きをサポートする成分が含まれ、ヨーロッパなどのワールドワイドではミルクシスルから抽出したエキスが肝臓の治療薬として認められています。

 

 

楽天通販点の人気ミルクシスルティー(茶)を口コミ

 

東京都_30代_主婦_O・Aさん

ミルクシスルハーブティーの効能!お茶の効果と楽天の通販店

「ミルクシスル茶(ハーブティー)の風味について」
キク科ですが、どちらかというとマメ科のハーブティーといった感じの深い味わいですね。

 

何と言ったら良いかマイルドで優しい豆の風味とでもいうのでしょうか?

 

 

味わいは主張が弱く、薄いお粥のような風味かな? 全体を通して口当たりが優しい感覚がありますね。

 

 

このハーブティーでの利用方法の場合、風味が薄いと感じるである可能性もありますでが、初心者向きですし、ブレンドでも楽しく過ごせます。

 

好みが分かれそうな味に違いありませんが、カモミールティーやミルクと組み合わすとおいしくなる感じがします。

「ミルクシスル茶(ハーブティー)の風味について」
肝臓を労わりたい人や飲み会が多い友人が常飲している認識がありますが、なんとなく肌荒れにも有効でしたよ~( ^)o(^ )

 

 

肝臓は体の毒を打ち負かす器官なので、やはり肝臓をいたわることもポイントですね。

 

 

また、ミルクシスルは副作用が指摘されておらず、むしろ抗がん剤の副作用を穏やかにするとってもからだに良いハーブティーですね。

 

こちらを飲用していると、「二日酔い」をやらなくなりました。

 

 

あと、美容に効果が見られるので、長い期間飲用したいハーブティーだと言えるかもしれません。

 

 

 

 

ミルクシスル茶(マリアアザミ茶)をブレンドした飲み方

「アーティチョーク」

アーティチョークは肝臓の機能を改善したり、胆汁の分泌を促進する効き目を見せてくれます。

 

また、従来よりお酒の飲み過ぎにも取り扱われてきたハーブです。

 

強い苦みがあり飲みづらい面は見受けられますが、ミルクシスルと一緒に飲用することで肝臓に効率良く呼びかけます。

 

 

「レモングラス」

レモングラスには消化活動を増進させる役目を担ってくれます。

 

さらに、「矯味作用(きょうみさよう)」といって、ハーブティーの味を調えてくれるのです。

 

ミルクシスルとアーティチョークのブレンドは苦みが屈強なのですが、レモングラスを入れることによって僅かばかり飲みやすくなってくるのです。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。