マーシュマロウハーブティーの効能!お茶の効果は?口コミ体験は?

マーシュマロウはアオイ科のハーブで、和名では「ウスベニタチアオイ」とも名付けられます。

 

太古の昔からマーシュマロウはヨーロッパで伝統医学で活用され、マロウブルーなどの「マロウハーブ」の種類は約1000種類あると考えられています。

 

それらの中でも際立って強い薬効を所有しているのがこの「マーシュマロウ」です。

 

現在では、ハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

そこで今回紹介する人気の関連商品はこちらです。

 

 

マーシュマロウハーブティーの効能(お茶の効果は?)

 

「肌トラブル(ニキビ、吹き出物)改善効果」

今日では「ニキビ(吹き出物)、肌荒れ防止」にも有効性があるということが判明しており、ハーブティーを外用化粧水として活用している人もいます。

 

また、胃の不調からSOSシグナルである口周りのニキビにも実用的です。

 

他にも、胃や腸内にとどまらず、「喉の炎症、口内炎、気管支炎、胃潰瘍や胃炎、泌尿器の炎症」などの身体の内側の様々な粘膜器官を保護します。

 

 

「粘膜保護効果(胃のトラブル、喉の不調、口内炎、口臭など)」

マーシュマロウの根に豊富な粘液が含有され、ハーブティーには腸内の粘膜保護(胃痛、胃もたれ、喉の乾燥など)に一役買います。

 

厚さのある葉の成分は、「のど(喉)や消化器系」などの粘膜を保護して快復し、気管支炎や呼吸器の炎症をやわらげます。

 

他にも女性に多いと言われている「尿結石、膀胱炎」にも実用的です。

 

また、マーシュマロウの特有性でもある粘液質は、口内炎や喉の炎症、胃潰瘍や胃炎などに対してとても効き目があります。

 

これは粘液質が傷んだ皮膚や損傷した粘膜を再生を助け、それを保護対策する効果があることに影響されたものです。

 

 

「胃のトラブルによる口臭(悪臭)改善にも」

マーシュマロウはガム(お菓子)の成分にも組み合わされるほど、口臭改善に効果抜群の「フラボノイド」が含有されています。

 

美容だけでなく、人と接する機会が多い職業者のマナー対策として愛飲している人もいます。

 

また、トロミのある粘液質も加味されており、胃の不調(トラブル)に関する口臭も阻止するので、「胃が悪く、口の臭いが心配になってしまう人」にもおすすめです。

 

 

「血液浄化作用(冷え性改善、新陳代謝促進)」

このハーブには血液を浄化する効用があり、血液がドロドロになりやすい寒い時期ほど、水分補給も激減してしまう為、ハーブティーとして飲む習慣を身につけましょう。

 

また、この作用は血行の促進にも効果が期待でき、「冷え性や新陳代謝の向上」にも実用的で、女性のみなさんを重点的に人気(支持)を集めているハーブティーの一つです。

 

 

「便秘、宿便の解消または改善効果」

便秘の改善に実効性があって、粘液質が腸内での便の移動を滑らかなものにする力を発揮してくれます。

 

また、ハーブから抽出される粘質液は、下痢などでダメージを受けた腸内の粘膜を修復する作用もあります。

 

日頃の食い過ぎやストレスが起因して腸内が乱れている方にマーシュマロウティー(ウスベニタチアオイ茶)はオススメされています。

 

 

「尿路結石予防・改善効果」

マーシュマロウに含まれる「アスパラギン」には、利尿作用を促進させる働きがあり、この理由によって体内のデットックス効果を見せてくれます。

 

人の体は加齢現象とともに新陳代謝がダウンしてくるため、水を飲む事を念頭において利尿回数頻度を多くされる方もいらっしゃいます。

 

そこで常日頃からハーブティーをプラスすることでなお一層尿酸値降下、尿路結石の防止、予防するのに効果を発揮します。

 

 

「鎮痛作用(リラックス効果)」

このハーブには鎮痛効果(リフレッシュ効果)のある粘質物を含み、薬効成分は「花、葉、茎」の全草が対象で特に「根」は薬効が強く、ハーブティーとして採用されます。

 

そして、マーシュマロウハーブティーには「胃痛緩和、肌荒れ改善」などの美容(美肌)効果も見受けられることから、多くの用途に取り入れることができます。

 

 

「マーシュマロウハーブティーの美味しい飲み方(作り方)」

美味しいマーシュマロウティーの飲み方(作り方)として、成分の抽出時間がキーポイント。

 

ここで紹介しているハーブティーのおすすめ抽出時間は「2分~7分」程度が最高の方法です。

 

もちろん、あくまでも推奨される抽出タイミングなので、自分の好きな抽出時間を見つけるも美味しいハーブティーを飲む重要点です。

 

 

「人気のマーシュマロウハーブティーを口コミ」

 

東京都_30代_主婦_G・Aさん

「マーシュマロウハーブティーの風味について」
同じ「マロウ」のハーブでも、マーシュマロウはハーブティーがきれいな色にならなくてちょっとショック・・・・・

 

でも、こちらの方が薬効が高いので美容やお悩み解消目的で飲用するならダントツにこっちですね。

 

今考えてみると、「マロウブルー」はエンターテイナーなのかもしれません。

 

ほんのりと優しいマシュマロのような風味で、こっちの方が軟らかい味です(^_-)-☆。

 

どこかお菓子ぽいかな?癖がないので、飲みにくいいわけではないですし、子供が好きそうなイメージ。

 

でも、全体的に薄味なので完全初心者も飲みやすいかな。

 

良く言えば「万人受け」、悪く言えば「個性がない」ですね。

「マーシュマロウハーブティーの効果について」
肌と胃の調子が全体を通してよくなり、前まであった「口周りのポツポツ白ニキビと頬の大きな痛々しい赤ニキビ4つ」がありましたが。

 

1週間くらい愛飲してからかな?

 

すべてなくなりましたし、なによる肌がモッチリした感じがします。

 

友人曰く、便秘にも効果的だそうで、美容ハーブティーなんだそう。

 

お腹がスッキリしてきたので、私的にダイエットにいいのかな?

 

とも感心しました。

 

食事制限療法をするときの空腹時に愛飲すれば胃の不快感が無くなって、粘膜が守られているように感じます。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。