ユーカリティーの効能と毒性が危険!使い方とどんな香りなのかも検証

ユーカリは、フトモモ科ユーカリ属のハーブです。

 

ちなみに、オーストラリアを原産とし、とても育成が早いことが理解され、またそれに見合った樹なんと高さ70mにもなってしまいます。

 

ハーブティーとして活用される際は、殺菌作用があることを利用して「風邪予防、口臭軽減」などに用いられます。

 

現在ではハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

 

毒性は危険!ユーカリには毒性があるって本当?

ユーカリの葉はいっぱいの体によい作用を見せるのとは反対に、青酸配糖体という成分を持ち合わせることから、その毒性にも気に留めなければいけません。

 

下記にユーカリの毒性について紹介しています。

 

ユーカリの毒性①

この有毒成分は青梅にも組み込まれているもので、外用する分には問題ないです。

しかし誤飲すると喘息の悪化や食あたりの元凶となっている危険もあると思います。

 

 

ユーカリの毒性②

ユーカリの精油成分は、肝臓の薬と一緒に口に入れると副作用が引き起こされるケースが付きまといます。

 

 

ユーカリの毒性③

ユーカリ茶には血圧や血糖値を下げる作用もあるので、降圧薬や糖尿病薬を飲みつけている人も気をつける必要があります。

ユーカリ茶を飲む前にドクターとお問い合わせしてください。

 

 

ユーカリには毒による副作用はある?お茶や精油は安全なの?

現実的には、ユーカリは青酸毒を有します。

 

これは、青梅などにも内包されています。

 

青酸(シアン化水素)は、血液中のヘモグロビンと組み合わせて酸素を運べなくしたり、細胞内でエネルギーを作れなくしたりしていきます。

 

コアラは、腸の中にいるバクテリアなどが青酸を分解するので、ユーカリを摂取しても何の問題もありません。

 

言うまでも無く人間の場合は大量に活用すると中毒を起こし、死に至るわけです。

 

乳幼児には使用禁止です。

 

しかしながら、ユーカリハーブティー(お茶)や精油に関しましては、大量に用いない限り(過剰摂取しない限り)大丈夫だと言えるのではないでしょうか。

 

基本的に1日にコップ1杯~6杯くらいを目安に飲用しましょう。

 

 

結局!毒性がある「ユーカリ」の使い方はどうすればいい?

一般的にユーカリは毒性があると知られていますが、市販で販売されている乾燥葉(ドライハーブ)でハーブティーとして使いかであれば問題ありません。

 

もちろんハーブには栄養成分も含まれており、いくら健康に効果的と言えど、過剰摂取すれば体調を悪化させる恐れも。

 

ユーカリ属性であるフトモモ科に対するアレルギー反応がある人も控えたほうが良いでしょう。

 

使い方としてはサプリメントと同じだと考えるといいかもしれませんね。

 

基本的にユーカリハーブティーの目安摂取量としては、1日にコップ3杯~5杯程度がオススメです。

 

そこで今回紹介する人気の関連商品はこちらです

 

他にもアロマディフューザーをご自宅にお持ちで得ればアロマテラピーとしての使い方もオススメかもしれません。

 

虫除け効果やストレス解消効果が期待できると言われていますし、ユーカリ精油を風呂に滴下してアロマバスに利用すれば、肌を清潔にしてくれます。

 

そこでオススメされる口コミで人気のユーカリ精油オイルはこちらです。

 

 

そもそも「ユーカリ」ってどんな香りなの!?

ユーカリの香りの表現として下記のような「香りに対する意見」が一般的となっています。

 

「ユーカリの香り①」

気分をスッキリさせてくれるような清涼感のあるとフレッシュさのなかに、ほのかな甘さにグリーン調の香しさ

 

 

「ユーカリの香り②」

ユーカリのエッセンシャルオイル(精油)は、清らかさがあり、クールで浸透するような芳しさが持ち味になるでしょう。

 

 

「ユーカリの香り③」

シソ科のローズマリーにも良くよく似ていますが、ユーカリのほうがよりクリアでキレのある芳しさがあります。

 

 

もっと知ろう!「ユーカリ茶」の効能(ハーブティーの効果)

ユーカリ茶の効能!ハーブティーの効果は毒による副作用

 

「体臭軽減・改善効果」

ユーカリはその高い殺菌力から感染症をストップするだけでなく、口内の悪臭の原因になる菌も殺菌効果が期待できます。

 

ライフスタイルの中でエチケットとして、慢性的に口臭が不安な方にはイチオシされています。

 

また、ユーカリ葉の有効成分(シオネール、タンニン、SOD様酵素、クロロフィル)には、「殺菌、抗炎症、鎮痛、鎮静」作用があります。

 

美容では「老化防止、がん予防、便秘解消」などの広範囲に及ぶ効き目が見込めます。

 

「健康補助食品にもブレンドされる薬効」

ユーカリ茶の効能!ハーブティーの効果は毒による副作用

有効成分「クロロフィル」が豊富にプラスされており、これには悪臭の原因を取り除く効果が見られて、今日この頃は「体臭予防のサプリメント」にも含有されています。

 

日本国内ではコアラの主食ということで親しまれますが、この葉には毒性があり、他の草食動物は摂取できません。

 

しかし、コアラは有毒性を解毒する機能が体内に備え付けられていることからユーカリを食べることができるそうです。

 

これはコアラの動物性と関係を持っており、他の動物たちとの争いで食べ物を確保できないため、草食動物も食べることのできないハーブを食べ続けることで、この体質を生み出しました。

 

 

「精神を安定させる効果(鎮静作用)」

ユーカリのハーブティーには鎮静作用があり、精神を安定させ、集中する力を高めることを可能にするハーブで、勉強や働いている時などにぴったりのお茶です。

 

またユーカリの精油(エッセンシャルアロマオイル)はアロマテラピーにも取り扱われ、ハーブティーと同じく、風邪の症状に働きを示してくれます。

 

 

「風邪の予防・改善効果」

ユーカリは抗菌・抗ウィルス作用に優れており、これはユーカリハーブの毒性の裏返しともいうべきもので殺菌力がとても高水準です。

 

「葉」に含まれる「シネオール」が高い抗菌作用を持ち、インフルエンザや風邪症候群などの感染症の主因である菌をやっつけることが可能だと言えます。

 

 

「喉の炎症緩和・改善効果」

粘膜の炎症を抑える実効性があり、「喉のイガイガや不快感、鼻詰まりなど風邪の初期症状、インフルエンザ、花粉症などからくる体の不快感にも並はずれて効果的です。

 

他には「血行促進」、「防虫効果」などの多くの効能効果があり、ユーカリ葉に含まれるシオネールには血行を促進する作用が存在します。

 

血行不良は病気の引き金であり、また美容の天敵だと言ってもいいでしょう。

 

 

「人気のユーカリ茶(ハーブティー)商品を体験」

 

千葉県_30代_会社員_H・Fさん

「ユーカリ茶(ハーブティー)の風味について」
ほんのりとしたスパイシーさも感じますが、その中に甘味もある豊かなハーブティーといった印象があります。

 

飲んだ瞬間に口の中でハーブティーの香りが「フワ~~~フワッフワ」っと大きくなっていきくれます。

 

ハーブティー(お茶)はスパイシーも感じられますが、全体を通してとてもスッキリとした日本茶っぽい爽やかさのある風味ですかね。

 

比較的に初心者向け美容茶だと思います。

「ユーカリ茶(ハーブティー)の効果について」
効果も優れているハーブティーと言うこともあってか、「ニキビやむくみ」などの美容と「疲労回復、便秘」などの健康にもパワーを発揮してくれました!!

 

それなりに風味がつよいので、少量でも十分に楽しめるところもSO GOODでした。

 

あまりハーブティー自体に強い香りや主張もありませんから、気軽に飲むことが出て来ます。

 

意外と薬効が優れており、「喉の炎症と咳」が気になっていたのですが、これを飲んだら翌日には健康になってました。

 

けっこう美容ハーブティーとしても知られているみたいで、私の愛飲者友達は「ニキビ対策」、「しわ、たるみ解決方法」として体内に入れています。

 

2件のコメント

  1. それめっちゃわかる~~!!
    わたしも接客業なのでおなじようなことありましたね。
    お互い頑張りましょう。

  2. まみちゃさん←
    コメありがとうございます。
    そうなんですか~~(^^♪
    お互い大変ですね。頑張りましょう。

ただいまコメントは受け付けていません。