マジョラムハーブティーの効能!お茶の効果とは?口コミは?

マジョラムはシソ科に属するハーブであり、その有効成分には「テルピネオール、テルピネン、サビネン、リナロール、タンニン、苦味質、樹脂」を含みます。

 

マジョラムとは別名で「マジェラム」として知られています。

 

また「スイートマジョラムとマジョラム・マージョラム」の三つの名前が存在しているのはご存知でしょうか?

 

しかし、これは慣用名なのでほとんど違いはありません。

 

現在では、ハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

そこで今回紹介する人気の関連商品はこちらです

 

 

 

もっと知ろう!マジョラムハーブティーの効能(お茶の効果)

 

「鎮静作用(リラックス効果・ストレス解消)」

マジョラム(スイートマジョラム)ハーブティー茶の精油成分には鎮静作用があり、心のバランスを保ちます。

 

そして神経をカームダウンさせる効果、無気力に対しては気を補う効能によってあらゆることに対する柔軟性が生まれます。

 

憂鬱や不安、イライラにより気持ちの面でも不安定なときはマジョラムハーブティーを飲みめばリラックスさせてくれ、疲れた心に栄養を与え、たまったストレスを解消してくれます。

 

 

「不眠症、睡眠障害にも」

マジョラムは鎮静作用にも優れており、神経をリラクゼーションさせます。

 

これによって夜寝る前にマジョラムハーブティー(マヨラナ茶)を飲めば、ぐっすり眠れます(不眠症改善)。

 

また、伝説ではマジョラムは美と愛の女神アフロディーテが創りだしたハーブとも考えられており、古くから幸福をもたらすハーブと決められていました。

 

 

「肩こり解消または改善する効果」

ハーブティーの精油は体に対し強壮とリラックスを呼び掛けてバランスを保ちます。

 

鎮痙作用は「筋肉痛み、肩こり」などにも効果が期待でき神経系の痙攣、関節炎などを症状を安定化させます。

 

また、マジョラムの薬効成分は冷え症にも効果的で、冷えが原因で起こす「下痢、便秘、胃腸の不調」の改善に役立ちます。

 

 

「肩こりの症状が悪化してしまうと!?」

肩こりによって筋肉が緊張状態のままでいると、周囲からの刺激に対して体がセンシティブ(敏感)になります。

 

首や肩の周りや頭の付近の筋肉まで緊張し、頭部・頚部の血流が低下して眩暈に結び付きます。

 

また、肩こりは「精神的不調」 肩こりとメンタル的な不調の関係は根が深いのはご存知でしょうか?

 

肩こりが原因でイライラや気分の沈み込みなどが出るケースもあれば、反対にストレスが強烈生活を送っていることによって筋肉の緊張が高まり肩こりの主因であるかも知れません。

 

さらには肩周辺から頭部、頚部付近の血流の劣化するので、頭皮にも十分な血流が届かなくなります。

 

そして髪の毛の生育やキープする毛根に必要な栄養分が行かなくなり、抜け毛や薄毛が増えるという可能性があります。

 

 

「ダイエットサポート(食欲抑制効果)」

マジョラムの放つ芳香成分にが食欲に歯止めをかける効果があります。

 

ダイエット中または減量中で食事制限をこなしている方は、マジョラムのハーブティーを長い期間にわたって飲用するのがおすすめされています。

 

近年ではダイエットハーブティーとしても、女性を中心に高い支持となっています。

 

「消化を促進して暴飲暴食の対策に?」

消化促進効果が望めて、食事前~食後かけてハーブティーを飲めば、食事による消化を助けます。

 

これが「食い過ぎ」対策になり、節制中のダイエット生活に救いの手を差し伸べてくれます。

 

またマジョラムの由来は、ギリシャ語で真珠という意味がある「マルガロン」という言語は現代でマーガレットという女性の名となっているこの言語から派生したのではないかと考えられています。

 

 

「喉(のど)の不快改善効果」

マジョラムは動悸、高血圧、咳や喘息(ぜんそく)などにも実効性があって、胸部の鎮痙作用によって症状を落ち着かせてくれます。

 

ちなみに、古代ギリシャ人はマジョラム(スイートマジョラム)を精油や医薬品、解毒、防腐剤として、今の世の中アロマや化粧品として活用されています。

 

 

「腸内機能正常化して下痢(げり)症状を緩和」

一般的にタンニンは「緑茶、烏龍茶(ウーロン茶)」などの有効成分として認識されますが、マジョラムにも包含されています。

 

そして、この成分には収斂(収れん)作用を持っており、下痢(げり)の緩和や改善に効き目があって、腸にも呼びかけます。

 

また、腸の粘膜の痙攣(けいれん)を抑え、ゆるい便を硬くするため下痢の緩和や改善、阻止します。

 

「社会問題の生活習慣病(動脈硬化予防)」

マジョラムの有効成分(タンニン)には活性酸素が体内の細胞を酸化させて錆びつかせるのをストップする効果(抗酸化作用)があります。

 

これが若さのキープ(アンチエイジング)をお手伝いします。

 

他にも、抗酸化作用が、コレステロールの酸化を防ぐので動脈硬化を食い止める効果があります。

 

このタンニンには動脈硬化が影響を及ぼして引き起される「心筋梗塞やくも膜下出血、脳出血などの生活習慣病」の予防にも効果を見せてくれます。

 

 

「血液サラサラ効果(悪玉コレステロール低減)」

有効成分(タンニン)には血圧降下や脂肪分解作用だけではなく、強い抗酸化作用があり、老化現象が発生する「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)」を除去します。

 

他にも、悪玉コレステロールの低減作用が、血液をサラサラにし、ダイエットサポート体制だけでなく、動脈硬化を改善・防止にも発揮されます。

 

また、世の中も変わったようで悪臭成分と結合し変性することで消臭効果が認められることが究明により発表されました。

 

 

「デトックス効果(顔や手足のむくみ解消)」

胃腸をお手伝いすると同時に、カラダの内側にある毒素や老廃物の排出も促す「デトックス効果」があります。

 

これによって「足や顔のむくみ(浮腫み)解消」にもオススメです。

 

また、古代ギリシャ時代にはすでに栽培され、古代エジプトでは、その防腐効果からミイラ作りに取り入れられていました。

 

同属異種のオレガノもワイルドマジョラムという別名を保持しますが、マジョラムはこれと区別して「スイートマジョラム」とも名付けられます。

 

 

「鎮痛作用(頭痛、歯痛など)」

頭痛や歯痛を和らげる鎮痛作用(効能)もあります。

 

そういった背景からアングロサクソンの人々は、頭痛を和らげるためにマジョラムの抽出液を湿布として愛用していたそうです。

 

近年では香りの強い葉は肉の臭み消しに適しており、イタリア料理でも風味付けに利用され、野菜との相性も良いのハーブとしても認知されています。

 

 

マジョラムハーブティーの美味しい飲み方(作り方)とは?

美味しいマジョラムティーの飲み方(作り方)として、成分の抽出時間がキーポイント。

 

ここで紹介するハーブティーのおすすめ抽出時間は「2分~7分」程度が理想的です。

 

もちろん、どちらにしても推奨される抽出時間です。

 

あくまでも自分の好きな抽出タイミングを見つけるのことも美味しいハーブティーを飲む大切な点になります。

 

 

「人気のマジョラムハーブティー茶を口コミ」

 

東京都_30代_事務職_M・Nさん

「マジョラムハーブティー茶の風味への口コミ」
しそ科特有の清涼感のあるようなスースーする香りがほんのりとありますね。

 

もちろん、あくまでも「ほんのり」程度なので、人によっては感じない方もいると思います。

 

けっこうハーブの爽やかな香りが感じられるので初心者の人にもオススメかもしれませんね(#^.^#)

 

始めは薄めにして成分を抽出しても良いかもしれません。

 

わたしは飲みやすくく感じましたよ。

「マジョラムハーブティー茶の効果への口コミ」
心を落ち着かせる鎮静効果があるので、リラックスハーブティーとも言われているようですね。

 

個人的には風邪による「喉のイガイガ」、「咳(せき)」、「喉の痛みを伴う炎症」などに効果があると思いました(^_-)-☆。

 

これを飲んでいると風邪予防にもなるし、「ちょっと風邪気味かな?」なんて思うときには最適です。

 

次の日には、だいぶ症状が治まっているように思えますね。

 

ダイエットサポートになると評判のハーブティーなのでそちらにも期待したいですね。

 

意外にも美容に効果的なハーブティー何だそうで、まわりのハーブティー趣味友達にも評価が高いですね。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。