仕事やバイトの職場(会社)で理不尽にキレる女の人への4つの対処法

 

仕事をしていると理不尽な目に合うことや説教されることってありますよね。

 

 

例えば、こんなエピソードや事例が寄せられています。

 

 

それが上司や先輩だったら、どんなに理不尽であっても、文句を言うことはできないですよね?

 

では、そんな場合どんな原因と対処法があるのでしょうか?

 

 

 

すぐキレる人の原因
キレやすいかどうかは、心理学では 「イライラする気持ち耐性」 の差としてとらえる。

フラストレーション耐性が高ければキレにくく、低ければカッとなりやすい。

フラストレーション耐性は、小さな体験の積み重ねによる 勉強によってパワーアップする。 子供は、親に何でもいいので買ってと言って、だめといわれると泣いたりするが、 それでも打開策がないと理解できると黙る。一旦は混乱を起こすが、 自分で自分に歯止めをかける。 これが学習だ。次に似たような起きれば、今度は泣いても困難ということが理解して いるから、泣く前に自分の力を抑制する。 小さい頃に好き放題した家庭やご両親の間で育つと、 このようなことを学ぶチャンスが少ないから、ムシャクシャ耐性が 向上する、このことが原因でキレる子供が作り上げられる。

 

 

 

 

 

 

仕事やバイトの職場で理不尽にキレる女の人への4つの対処法


理不尽でも我慢して下手に出る

仕事や会社では、理不尽に怒られることもあります。

しかし、相手が、上司や先輩だった場合、反抗的になってしまうと、逆にマイナスです。

悔しい思いをすることになりますが、ここは下手に出て我慢することを覚え、忍耐力を身に着けるのも自分にとって必要な事でしょう。

 

信頼できる同僚に相談してみる

理不尽な出来事がおこると、つい気持ちがモヤモヤしてしまいます。

そんなときは、信頼できる上司や同僚に相談してみることで、気持ちが穏やかになり、スッキリします。

心理学的にも自分の話を聞いてくれる誰かの存在があることで、モヤモヤした気持ちを解消すると言われています。

 

オンとオフを切り替える

仕事をしていると理不尽に説教されたり、怒られたりすることは必ずあります。

しかし、理不尽なことにいつまでもモヤモヤしていると、せっかくの週末休みを台無しにしてしまうこともあります。

理論的に言っても、理不尽な出来事にモヤモヤしていることに意味はありません。

そこで、知人と会ったり、趣味に没頭したりとオンとオフを切り替えられるようになることで、気持ちの整理もつけやすくなります。

 

詳しく知りたい方はこちらです。

 

あまり関わらないようにする

理不尽に怒る女性というのは、なんでも自分が思い通りに上手くいかないと気が済まない傾向にある人です。

もちろん、仕事場や会社では難しいことではあります。

しかし、できればこういった人とは、一線を引いて接するのが一番の得策です。

あくまでも、人間関係を良好に保つために、相手に気が付かれないようにしましょう。

 

 

このように、対処方法は様々ですが、仕事をしていると必ず理不尽なことに直面するのは、誰しも経験があると口コミでも言われています。

 

 

 

 

 

では、理不尽にキレる女の人にはどんな特徴があるのでしょうか?

 

 

仕事先の会社で理不尽にキレる女の人への5つの特徴とは

特徴①子供っぽい

言動や仕草が、どこか子供っぽい人は幼稚で理不尽な傾向にあり、自分の気分によって人への態度を変えることがあります。

 

特徴②陰口が多い人

陰口や悪口が多い人は、人の欠点や嫌なところを見て粗を捜しする傾向にあり、自分の感情を抑えられない性格です。

 

特徴③自分が中心でないと嫌

人間関係において、自分が常に周りからチヤホヤされずに、中心でないと気が済まない人は理不尽な傾向にあります。

 

特徴④妬み嫉みの塊

人に対して嫉妬心が強い傾向にある人は、傲慢な性格や卑屈であるがゆえに理不尽に人に当たり散らかす人も多いです。

 

特徴⑤感情の起伏が激し

感情の起伏が激しく、喜怒哀楽が多感なひとは、自分の感情をコントロールできず、つい人に当たってしまう傾向にあります。

 

特徴⑥公私混同しやすい人

理不尽な人の特徴として公私混同しやすい人は、自分の感情を物事を図る傾向にあるので、理不尽に相手を叱ってしまうこともあります。

 

 

 

 

一度相手との距離を取る

キレやすい人は加熱しやすく冷めやすいアドバンテージの為、一度距離を離して怒りが冷めるのを待ってから良化して接することも力強いです。

相手がキリッとして来たらばすぐさま距離を取るようにしましょう。

距離を置くための過程は、宥めるように距離をとるなり、愛想がなく距離を置くなり自由で問題ないでしょうが、ケチョンケチョンに言ったり、皮肉を口にするといった捨てさり台詞を吐けばたちまち口喧嘩と成り得ますのでくれぐれも意識しましょう。

もしも相手方がしつこく食い下がるような事があるケースになると、一喝入れたり他のメソッドを試行錯誤するとと宜しいのでしょう。

この場合のマイナス面は、相手の怒りを鎮静化するのに幾許かの時間を奪われる為、急を要する場面では甚だピンボケな対処方法です。

 

 

下手に出る

キレやすい人とその他との隔絶的特徴は「熱しやすく冷めやすい」ことを表しています。

つまりすぐにキレる人をもらって、キレた事を咎めたり、正論で返す事は皮肉なことに火に油を注ぐ行為に成りかねず、日を追うごとに過熱する可能性があるでしょう。

故にその場を早急に収めたい場合にはキレた人の怒りを鎮める事が良く、「下手に出る」事が誰にでも出来る対処法です。

しかし下手に出る事は早くマジギレしを鎮静する方法なのとは反対に、ウィークポイントを多く含むわけです。

第一に下手に出ることが引き金となって自身を下に意識を向けられる、つまり相手の心内で築かれるステージ上の順位、カーストのようなものを相手より下に設定される可能性があるということ。

第二にあなたに非が存在しないそれにもかかわらず、下手に出る事はあなただけの自尊心が大きく疲れが表れることです。

2点目については自身で数限りなくマネージメント出来る事、ですが容易ではないは1点目についてです。

 

 

毅然とした態度を貫く
大切なのは、「キレることで何かが聞かされる」という相手の思い込みを毅然とした行動の仕方ではねのけることです。

相手は、大きな声を出して怒鳴れば思いが受けつがれてあなたが動き、一人一人に気に食わない状況が改善されると想定されます。

過去にキレて得をしたことを経験したから、やればやるほどキレるのです。その負のスパイラルをシャットアウトするためにも、要求をのんだり、期待を湧かせるようなアフターケアをしてはいけません。

 

 

 

 

無視を決め込む

頭に血が昇った人を相手に回していくら宥めようとも耳を貸さない事が中心でしょう。

従ってキレた相手の一挙一動全てを知らんぷりをすることももってこいです。

何故ならば、相手方が食って強いられて来たとて、そのすべてを無視される、わかりやすく言うと何の反応も出してもらえない事は水を掴むようで何の手に入れることのできないようなものであり、ちょっと経ってから熱が冷めるからです。

しかし、この対処方法もウィークポイントはいろいろとあります。

1.目は、万人に有効性の高い対策法ではないという事、つまりリーダーなどの目上の人に関しましては非効率的という事。
2.双方の間に深い溝を生じさせる気に病んでいる事です。スルーと言うものは元来とっても失礼なアクションだからです。

 

相手以上にキレてみる

前述の通り、キレた人に関してヘタな返しをすれば自体を壊すことが想定されます。

しかし、ヘタに返すケースとは開きがあって、相手方以上の心構えでキレてみるのも事と次第によると吉となりメリットになるでしょう。

これもまた先に述べた通りすぐキレる人は熱しやすく冷めやすいというパターンを持ちます。

従って、一度猛烈ないきおいで一喝すれば下に目を向ける可能性は十分に期待が出来ます。

自身がキレた事のリライアビリティに関しては、見窄らしい事でキレている相手に比べれば相対的に正当性は見受けられます。

どんなに酷くても自身のみがツッコミを入れられるパーセンテージはあまり見受けられません。

この場合のデメリットはどんなことより大喧嘩の種になるの確率が孕まれていることです。

また、目上の人へこの対応策を取ることもお薦めできません。

 

 

 

 

すぐキレる人は関係を持たないことがベスト

如何でしたでしょうか。

キレやすい人というのはとっても困難を極めるものであり、いかような対応措置をしてもある程度の落ち度を見つけ出しまたキレるといったどうしたらいいかわからない人も少なからずいるとのことです。

また、中にはこちらの取り寄せた行動にカンカンになり暴力行為をする輩も居ます。

従って万人に実用的な手立てはありません、その都度相手の性格をトータルに分析し、その都度ナンバーワンの対応策を練らねばなりません。

何はともあれ常に理性を保ち、興奮しないでいなければならない事は明々白々であり、冷静さを欠き、一喝の枠を外れて罵り合いに構成されしまうようではゴタゴタであって対処にあらずです。

有無を言わさずにキレられる事は非常に癇に障るものなんですが、どんな事情があろうとも憎まれ口などは発さないようにしましょう、憎まれ口や皮肉は怒りを興奮状態に陥らせることはあっても、怒りを鎮めるパーセンテージは存在しない。

キレた事に対してはのちに怒り心頭が一息つけた頃に冷静かつ中立の立場で注意してあげましょう、正しくそれが、相手にしてあげられる類を見ない気配りです。

 

 

3件のコメント

  1. 理不尽なお客さんには会ったことありますね~。
    働くって大変ですね~時々、本当にやめたくなります~

  2. 久しぶりのコメです。
    理不尽ですね~
    お互い環境が似てて共感します。

  3. 日が浅いと理不尽な目に会いやすいんですよねー
    わたしもそうでした。(^-^)v

ただいまコメントは受け付けていません。