バレリアンハーブティーの効能!お茶の効果とは?口コミは?

バレリアンはオミナエシ科に属しているハーブで、和名では「セイヨウカノコソウ」と言われています。

 

その有効成分には「バレポトリエイド、精油、アルカロイド、イリドイド類、コリン、タンニン」などが含まれています。

 

バレリアンの名前はギリシャ語で「健康になる」を意味しており、古くから鎮静作用を持つことで高い評価を得ています。

 

また、古代ギリシャでは芳香浴(芳香治療)に活用されました。

 

現在では、ハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

そこで今回紹介する人気の関連商品はこちらです。

 

 

もっと知ろう!バレリアンハーブティー(お茶)の効能とは

「鎮静作用(リラックス効果)」

神経が高ぶったり、興奮して眠りにつけないときに口に入れると、神経を鎮めて気持ちいい眠りに誘う安眠効果を得ることができます。

 

また、この何年かでバレリアンはハーブティーだけでなく、精油(アロマオイル、エッセンシャル)や睡眠導入・不眠解消を目的とする健康補助食品にも活かされます。

 

ハーブティーは、精神安定および鎮静作用がありヨーロッパでは太古の昔から伝わる伝統的な不安神経症の治療に活用されてきました。

 

 

「不眠症改善効果にも」

興奮やイライラを鎮静させる有効性が高いため、気持ちをリラックスさせ、自律神経を調整する有用性があり、不眠症改善にも採用されています。

 

ちなみに、バレリアンの有効成分である「コリン」は、卵・大豆・枝豆・さつまいも・牛や豚のレバー・トウモロコシ・ブロッコリーに無数にあり含有されます。

 

ビタミンB12と同時に口に入れると、アルツハイマー病や脳機能改善に効果が望めます。

 

ちなみにアルツハイマー病患者の多くはコリンが欠如するデータもあります。

 

 

「下痢の症状を緩和する効果」

一般的にいってタンニンは「緑茶、烏龍茶(ウーロン茶)」などの有効成分として認識されますが、「バレリアンハーブティー」にも組み合わされています。

 

この成分には収斂(収れん)作用があり、下痢(げり)の緩和や改善に実効性があり、腸にも呼びかけます。

 

また、腸の粘膜の痙攣(けいれん)を抑え、ゆるい便を硬くしますので下痢の緩和や改善、阻止します。

 

 

「神経疾患(精神病)の治療サポート」

イギリスにおける第一次世界大戦では、兵士の弾薬恐怖症や空襲の精神緊張状態といった戦争精神症の治療法に取り入れられました。

 

第二次世界大戦前まで精神・神経疾患の領域で鎮静剤として採用されました。

 

近頃では海外の主要薬局方や規格集で、神経の緊張を鎮静化する鎮静効果と安全性が認識されます。

 

一部の国では医療用のハーブとして承認を受けています。

 

 

「医療現場でも利用される信頼される薬効」

バレリアンハーブティー(セイヨウカノコソウ茶)の薬効には精神安定および鎮静に関する効力を見せます。

 

このことから、ストレス症による「不眠症、偏頭痛、更年期障害、月経・生理前症候群(pms)の不安」を緩和に効果が見られて、実際に医療現場でも活用されています。

 

有効成分であるGABA(神経伝達物質)には神経を鎮め、精神を安定させリラックス効果をもたらし、質の良い睡眠に繋いでいます。

 

 

「生活習慣病予防(動脈硬化予防など)」

バレリアンの有効成分(タンニン)には活性酸素が体内の細胞を酸化させて錆びつかせるのを防ぐ効果(抗酸化作用)が有ります。

 

これが若さのキープ(アンチエイジング)をお手伝いします。

 

他にも、抗酸化作用がコレステロールの酸化を防ぐので動脈硬化を予防します。

 

そのため、タンニンには動脈硬化が影響を及ぼして引き起される、心筋梗塞やくも膜下出血、脳出血などの「生活習慣病」の予防にも働きかけます。

 

 

「血圧上昇抑制(高血圧治療サポート)にも」

「血圧上昇抑制効果」が期待でき、高血圧改善をサポートします。

 

ちなみに、これは有効成分「コリン」が、副交感神経が働いたときにアセチルコリン(物質)が作り出されます。

 

この神経伝達物質の1つであるアセチルコリンは、血管を拡張して血圧を下げる働きがあり、結果として動脈硬化・高血圧予防に役に立つと評価されています。

 

また、根は自然の穏やかな催眠薬・鎮静薬があります。

 

はるか古来より鎮静薬に取り扱われ、よい眠りに誘う効果が、各国で強力で危険な鎮静薬に変わるもとして評価を受けています。

 

 

「腹痛や胃痛を緩和する効果」

バレリアンハーブティー(セイヨウカノコソウ茶)の薬効(効能)には筋肉の緊張をほぐす働きを示してくれます。

 

また、肩こりや緊張性の腹痛、胃痛などの緩和にも使い勝手がよく、また精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)にも同様の効果が発揮されるでしょう。

 

ちなみにイギリスにおいての第一次世界大戦では、精神的な緊張を解きほぐすのに取り扱われたと考えている薬草(メディカルハーブ)です。

 

 

「消臭効果(口臭、体臭、腋臭など)」

有効成分(タンニン)においては、「殺菌・消臭作用」がり、虫歯予防や口臭・体臭予防に実用的とされています。

 

また「タンニン」はこの何年かでワキガ(腋臭)や加齢臭予防として、石鹸やシャンプーなどデオドラント製品などにも調合されています。

 

いかにタンニンのデオドランド効果(脱臭効果)が好評を博している成分であるかがわかります。

 

 

「消化器、呼吸器系の不調による口臭にも」

バレリアンの有効成分には「タンニン」が含有され、これが血管を引き締めて炎症などを抑制します。

 

また「胃腸などの消化器」や「喉、鼻などの呼吸器」など体内の粘膜機能の炎症にも適用されると信じられていました。

 

ちなみに、はるか古来よりバレリアンティーはネイティブ・アメリカンは活用しており、胃の不調が原因とされる「口臭」にも効果が発揮されるでしょう。

 

 

「肩こり・筋肉痛緩和(抗けいれん作用)」

有効成分である「バアレポトリエイド」には、抗痙攣(けいれん)作用があり、 筋肉の痙攣(けいれん)をとき解きほぐす作用もあります。

 

これが「肩こり、筋肉痛、緊張性の腹痛、胃痛」などの症状緩和にもオススメです。

 

ハーブ先進国ドイツで不眠対策として睡眠障害,精神不安への活用を承認しおり、ストレス性の「肩こり」緩和にも効果が期待できます。

 

さらに、気分を穏やかにして気苦労を減らすことで、筋肉の緊張をほぐし安静な気分にして眠りへ誘導し、不眠の薬でよくある、翌朝目覚めたときの不快な感じはありません。

 

 

「老化防止(アンチエイジング効果)」

バレリアンハーブティーの有効成分(タンニン)には血圧降下や脂肪分解作用だけに限らず、強い抗酸化作用があります。

 

老化の誘因となる「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)」を取り除きます。

 

他にも、悪玉コレステロールの低減作用が、ダイエットサポート効果を見込むことができ、他にも血液サラサラにし動脈硬化を改善または防止する。

 

また、時代も変化したようで悪臭成分と結合し変性することで消臭に有効性が高いことが研究により発表されました。

 

 

「自然治癒力の活性化に」

バレリアンには「アルカロイド」が含有されます。

 

これには免疫組織を刺激し、病原菌への抵抗力を強め自然治癒力を賦活化させると考えられていて、古くから医薬、農薬などとして取り入れられてきました。

 

ただし、ダイエットサプリメントの主成分として広く認識されているアルカロイドは、2004年2月6日の(アメリカ合衆国連邦政府食品医薬品局)の発表により、その年の4以降から以降販売が押し止められました。

 

 

「人気のバレリアンハーブティー(お茶)を口コミ」

 

神奈川県_20代_営業職_F・F

「バレリアンハーブティーの風味への口コミ」
好みが分かれそうな印象がありますね。

 

ほのかな渋い草の味わいを感じられますが、ハーブティー上級者向きかな(#^.^#)

 

風味に関しては「可もなく、不可もなく」なのかもしれませんが、薬用を意識して飲むといいかもしれません。

 

ほのかな渋み?があるので好きな人は好きのかも知れません。

 

リラックス効果、不眠症改善、鎮痛効果が期待できますが、香り(芳香)が強力なハーブティーなので、使用量には十分注意が必要です。

 

濃い目に煮出してしうと、飲みにくいいかも?

 

そういった意味では抽出時間に左右されるハーブティーなのかもしれませんね。

「バレリアンハーブティーの効果への口コミ」
私自身、ひどい不眠症で、布団入ってもなかなか寝付けず・・・

 

 

ホットミルクティーを飲みながら2~3時間ぐらい読書したりパソコンをいじって無理やり眠たくさせています。

 

でも、やはり質の良い睡眠が欲しいですね。

 

あと薬効もあるのかこれを飲んでいると精神的に落ち着きますし、眠りの質も良くなっているような気がします。

 

思っていたよりも飲みやすいので、そこら辺は安心なのと飲んでから50分くらいすると睡魔がやって来て即効性がありました(#^.^#)。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。