グローブハーブティーの効能!お茶の効果とは?口コミは?

グローブとはフトモモ科に属し、日本では「チョウジ」と呼ばれているハーブです。

 

グローブの花が開く前のつぼみを摘み取り、乾燥させたハーブにことを指します。

 

このグローブのつぼみが、釘の形状に似ていることから、フランス語で釘を意味する「clou」が由来となって名付けられたと言われています。

 

現在では、ハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

そこで今回紹介する人気の関連商品はこちらです。

 

 

「口臭軽減または改善効果」

一般的にスパイスハーブとしても認知されていますが、食後の気になる口臭を抑制することから食後のハーブとしても知られています。

 

口をすっきりさせる有効性があることから近年ではスパイスとしてだけでなく、食後などによる口臭を抑止するハーブティーとしても取り入れられています。

 

グローブにはスパイシーな強力香り成分があり、最近では臭み消しの作用が料理などに採択されます。

 

 

「食事の消化を促進する作用」

グローブの成分を抽出した「グローブハーブティー(お茶)」の効能には「消化促作用」があります。

 

このことから「便秘や宿便」対策としても利用されており、意外にも女性だけでなく便秘に悩む男性にも愛飲者が多くいます。

 

現在ではスパイスとした甘いお菓子~料理まで調味料(スパイスや香辛料)として幅広く利用され、ガラムマサラにも絶対に必要な一品として活用されています。

 

 

「鎮痛作用(歯痛などに)」

ハーブティーとしての効能は、主成分であるオイゲノールに強い殺菌力や鎮痛作用があり、歯痛時や局所麻酔などに組み入れられています。

 

その実績は、「歯医者さんのハーブ」とも評価されているほどです。

 

また、消化を促進する作用や、口の中をスッキリさせる作用もあるので、食後のティーに奨励できます。

 

口臭消しの効き目も発揮されます。

 

 

「胃のむかつきや吐き気に」

クローブは食後にぴったりなハーブで胃を温め消化をフォローアップする作用を保有します。

 

また腸内の寄生虫を取り去ったり、胃のむかつきや吐き気を鎮静化してくれる効果も望めます。

 

ほかには、胃の不調による「嘔吐感や胃痛」を和らげてくれる役割も担います。

 

ただし、シングルでは独特のクセがあると感じる人も少なからずるので、そういった場合はフルーティな香りのハーブとのブレンドが一押しです。

 

推薦できるのは、オレンジピール(オレンジの果皮)との調合です。

 

 

「人気のグローブハーブティー(お茶)を口コミ」

 

千葉県_20代_学生_Y・Kさん

「グローブハーブティーの風味への口コミ」
グローブハーブティーは刺激的な香りの中に、フルーティーさも併せ持っているハーブティーですね。

 

フルーティーな香りも感じる事ができますが、どちらかと言えばスパイシーな主張の方が強いハーブティーかな(#^.^#)

 

初心者向きではないと思いますが、好きな人はとってもハマルと思います(^_-)-☆。

 

中毒性のある風味なので好きな人は好きだと思います!

 

「レモンピール」のフルーツ系のハーブティーとブレンドしても相性が感動しました。

 

ちなみに、「オレンジやレモン」とのブレンドがオススメされているようですね。

 

グローブは比較的に香りの強いハーブに分類されているので使用量は十分注意し、濃く抽出しすぎてしまった場合は、お湯や水を加えて薄めましょう。

 

「グローブハーブティーの効果への口コミ」
効果としては、お通じが良くなりましたし、便の状態も良好になりました。

 

あと、やはり口臭には効果的で、口の中から「ふわ~~」と香りが上がってくるのが分かります。

 

でも薬効が優れております。

 

特に口臭予防にはとっても役立ってくれますし、なにより風味が強いので食事のお口直しにもピッタリでした(^_-)-☆。

 

これからも愛飲していこうと思っていおます(^_-)-☆

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。