クリーバーズハーブティーの効能!お茶の効果とは?口コミは?

クリーバーズとは北米やヨーロッパ、オーストラリアに生えているハーブです。

 

また、春先に道端や庭先で見かける植物と考えられるものであり、和名では「(ヤエムグラ・八重葎)」と呼ばれています。

 

古くら薬草として採用されており、近年では授乳サポートハーブとしても高い支持となっています。

 

その有効成分には「タンニン、クエン酸、赤色色素、配糖体、サポニン、クマリン」などの優れた効果を持つ成分が含まれています。

 

現在では、ハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

そこで今回紹介する人気の関連商品はこちらです。

 

 

もっと知ろう!クリーバーズハーブティーの効能!お茶の効果

 

「肌荒れまたはニキビ予防する効果」

クリーバーズハーブティー(ヤエムグラ茶・八重葎茶)にはリンパを浄化する作用が存在します。

 

そういう背景から湿疹や乾癬(かんせん)、ニキビなどの症状を緩和・改善する役割を果たします。

 

生の葉は「やけど、日焼け、ニキビ」などの炎症を和らげる湿布剤としても使用することができます。

 

 

「デトックス効果(老廃物・毒素排出促進)」

クリーバーズティーには利尿作用があり、身体の内側に蓄積した老廃物の排出を促します。

 

リンパ系に訴えかけることで、体の毒素や老廃物を泌尿器から排出させる実効性のあるのが特徴です。

 

それが理由クリーバーズは「恋する男」とも命名されるようになりました。

 

他にも、リンパ線の腫れを鎮め、前立腺の感染症、膀胱炎などの泌尿器の感染症を防ぐのにオススメです。

 

 

「商品化されるほどのデトックス効果」

古くから利尿効き目を見せることが知られております。

 

体内の毒素排出(デトックス効果)を促し、カラダの内側からキレイにしてもらうことができます。

 

近年ではAMOMA「ミルクスルーブレンド」というクリーバーズティーを配合した母乳促進実効性のあるブレンドハーブティーを用意されています。

 

 

「リンパの流れ促進してむくみ解消」

ハーブティーにはリンパ系に働きかけて浄化する効能が存在します。

 

これによってリンパの流れを正常化する作用、リンパ腺の腫れを抑える作用が見られます。

 

さらに、風邪などで扁桃腺がパンパンになっている時や乳腺炎などに 抗ウィルス、抗菌作用のあるり、 疲労回復サポートにも影響を及ぼします。

 

 

「むくみを解消で肌トラブルも改善」

利尿作用があるため、体の内側の溜まってしまった毒素や老廃物を外に出します。

 

このことから、むくみやお肌トラブルの解消にとても効果が期待できます。

 

近年では「ニキビや湿疹、乾燥が起因となる痒み」などのお肌のトラブルへの対策として化粧水やヘアトニックとしても採用されています。

 

 

「前立腺または膀胱炎を予防」

「抗炎症・消炎」効果が認められることから、「膀胱炎、前立腺」など泌尿器系のトラブルや感染症の予防、改善にも力を発揮してくれると専門家に言われます。

 

他にも「つらい結石、胆石に 腎臓などの結石、胆石」などを溶かしてくれるという効果も見られます。

 

リンパ腺の腫れに リンパ系の浄化作用があり、リンパ腺の腫れにいい働きをするとされているので、前立腺の感染症や膀胱の炎症にいいと言われています。

 

 

「体の循環サポート効果」

クリーバーズはクセのない口当たり優しいハーブティーなのででとても摂取しやすく、身体の巡りを綺麗にしてくれます。

 

冷ました後にガーゼにつけ湿疹やかゆみのあるところに張るなど、お肌に優しく期待に応えてくれるハーブです。

 

また、「老廃物・毒素排出促進作用」があります。

 

このことから、あれよあれよという間に体に溜めてしまっている体の老廃物をクリーバーズティー(ヤエムグラ茶・八重葎茶)で出してあげるのがすすめられています。

 

 

「胃痛、胃もたれ緩和する効果」

有効成分である「クエン酸」には、胃のトラブル(症状)の緩和または改善をバックアップする効果(健胃作用)が期待できます。

 

また「胃痛、胃もたれ」などの胃の不調にも効果が期待できます。

 

以前は、妊婦(妊娠中)、不妊治療をアシストするハーブティーとして知られていました。

 

今では、老若男女ともかくとして、飲用され始めているハーブティーでもあるほど、好評を博しています。

 

 

「疲労回復サポート」

クリーバーズの有効成分には「アミノ酸」が含有されていて、これには「疲労回復効果、新陳代謝を増進させる作用」が付きまといます。

 

また、ハーブティーとして効率的に体に取り入れることで体の循環をサポートします。

 

これによって相乗効果が生まれ「蓄積した疲労が翌日に残らない」ようにします。

 

さらに、便通を促すことで「身体が軽くなった」との報知もあります。

 

 

「アミノ酸が不足してしまうと!?」

アミノ酸は、体内のタンパク質の元となっている役割を果たす大切な要素なので、不足すると色々な不具合をきたします。

 

免疫力を高める要素のグルタチオンが不足やすいようになると、風邪を引いたり、必須アミノ酸であるバリンが不足すると栄養失調を引き起こしたりします。

 

アミノ酸を代謝する酵素が欠けたり、増加しすぎたりすると、知的障害が起きる原因になることもあります。

 

他にも体の成長や新陳代謝にも関わるので、不足すれば、寝ても翌日まで疲れを溜め込んでしまったりするケースがあります。

 

眠りに落ちている際の体の修復などにも必要です。

 

 

クリーバーズハーブティー茶の美味しい飲み方(作り方)

一般的に、美味しいクリーバーズティーの飲み方(作り方)として、成分の抽出時間がポイント。

 

ここで紹介しているハーブティーのおすすめ抽出時間は「2分~7分」程度が最もお勧めです。

 

もちろん、最終的には推奨される抽出時間ですから、自分の好きな抽出時間を見つけるも美味しいハーブティーを飲むキーポイントです。

 

 

「人気のクリーバーズハーブティー茶を口コミ」

 

東京都_30代_主婦_H・Sさん

「クリーバーズハーブティーの風味への口コミ」
とても飲みやすいハーブティーでちょっぴり甘いかな?

 

口の中で「ふわふわ~~」っと甘味が少しずつ広がっていくのが分かります。

 

ほんのり甘いですが、全体的に風味による主張がうすいハーブティーではないでしょうか?

 

表現しにくいですが、良く言えば「飲みやすいハーブティー」、そして悪く言えば「個性がないハーブティー」といった印象です。

 

これを長所とするか?

 

短所とするか?は飲み手次第なのかもしれませんね。

「クリーバーズハーブティーの効果への口コミ」
初心者向きかな?といった印象で、美容に役立ちそうです。

 

私には物足りなかったかな?

 

あまり、認知されていないハーブティーですが、とても強力なデトックス効果(老廃物排出促進)があるみたいで、

 

「朝のパンパンに腫れあがったようなむくみ(浮腫み)」には効果的でした~~(^_-)-☆

 

妊婦(妊娠中)や授乳中の人達のハーブティーとしてよく飲用されているイメージでしたが、それ以外の人でも効果はあるみたい!!!

 

 

 

クリーバーズ(ヤエムグラ)についてもっと知っておきましょう!

ヤエムグラというのは、概して言えば雑草というのはご存知でしょうか?

 

英名では、クリーバーズという体を内側から綺麗にする効果の高いハーブの中でメディカルハーバリストにも活用することができる薬草というものになります。

 

ヤエムグラは、健康食品店で簡単に手に入ります。

 

薬草医も、腎臓や胆嚢に異常の見られるような兆候があった時には、ヤエムグラの茶を飲むように勧める傾向が見られるようです。

 

腎臓は極めて重要な機関であり、大腸の状態を如実に表出させるためお心掛けください。

 

 

クリーバーズ(ヤエムグラ)のデトックス効果

先にクリバースは、利尿作用に優れ、身体の毒素を取り除いて、不要な成分や毒素の排泄を促します。

 

これがリンパ腺の腫れ、胸部鬱血などのリンパ系の疾患などに採用することが出来る薬草と記述しました。

 

現代社会を生活していると、体内に人体に悪影響が出る化学物質が蓄積されます。

 

自身のカラダの内側からも活性酸素などが生成されているといわれ、デトックス療法では、健康機能食品の摂取や入浴などで、こういった体内の有毒な物質を排出すればとする対策。

 

野草やハーブを使うのもデトックスの一種ことをおすすめします。

 

また、リンパ系疾患の場合でも、クリバースは効き目を発揮してくれます。

 

リンパとは、全身を網の目と同じ様に張り巡らされている「リンパ管」、その管の中の経過している「リンパ液」、鎖骨や、わきの下などにある「リンパ節(リンパ管の中継点)」。

 

これらを総称したものをリンパというのは周知されてしょう。

 

心臓からとんでもなく送り出された血液が栄養や酸素を運ぶというのと比べて、リンパは体内で使わなくなった老廃物や疲労物質を回収して運ぶ「下水道」のような作用を示してくれます。

 

その下水道を流れやすくさせるのがクリバース、植物名で解説するとすればヤムエグラ(八重葎)なんですね。

 

老廃物は、原則的に静脈に取り込まれて心臓まで戻ってきますが、静脈に入りきらないあふれた分の不要物はリンパ管に流れ込みることに。

 

つまり、リンパは、静脈では回収しきれない老廃物を収集するメカニズム。

 

静脈を渋滞している道路で解説するとすれば、リンパは、渋滞の抜け道と同様といえる

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。