チコリ茶の効能!ハーブティーの効果とは?副作用はあるの?

チコリとはキク科に属し、和名では「キクニガナ」と紹介されているハーブです。

 

ヨーロッパに自生するタンポポ族の仲間で、アンディーブとも称されていて、欧米で日を当てずに栽培したチコンという白い芽を、よく食べるライフスタイルがあります。

 

またその有効成分には健康や美容をサポートする「イヌリン、苦味質、タンニン、糖類、ペクチン、アルカロイド」が含まれています。

 

現在では、ハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

そこで今回紹介する人気の関連商品はこちらです。

 

 

もっと知ろう!「チコリ茶(ハーブティー)」の効果効能

 

「肝機能を強化または向上する効果」

このハーブティーにはカフェインが活用されておらず、その香ばしい芳香や色がコーヒーと似ております。

 

また、煎ってから抽出すれば、より香ばしい「チコリコーヒー」が堪能でき、肝臓の機能を引き立てる実効性が望みが持てます。

 

しかし、チコリの有効成分である「可溶性の食物繊維のイヌリン」には、消化をサポートする効果を発揮することからダイエットにも役立つというデータがあります。

 

 

「肝機能を向上させて腎臓強化にも」

チコリ茶(ハーブティー)として利用することで胃酸を減らし、肝臓を刺激して、「胆のう、腎臓」を浄化するのにも実用的です。

 

駆風作用もあるため、腸内にガスが溜まってしんどいときに摂取すれば、症状を穏やかにしてくれます。

 

この点では類似飲料である「たんぽぽコーヒー」と効能が酷似しています。

 

 

「デトックスしてむくみを解消する効果」

「ハーブティー(お茶)、コーヒー(チコリ)」には、乾燥させた根が取り入れられ、このハーブティーには消毒、利尿作用を見せます。

 

そのため「尿酸、老廃物(毒素)」などを排出する「体を内側から綺麗にする効果やむくみ解消効果」が見られます。

 

また、チコリは昔からヨーロッパでハーブとして適用されてきた経緯があり、日本名では菊苦菜(きくにがな)と呼びます。

 

 

「糖尿病を予防する効果」

チコリの塊根(かいこん)には、フルクトースと見られている複数の果糖が結合した、イヌリンが包含されています。

 

多糖類の一つですが、このイヌリンは人間の消化酵素では、分解不可能な糖質となっています。

 

このため、食後における血糖値の急上昇を穏やかなものにし、延いては糖尿病に対する防止にも有効と言われています。

 

これがチコリ茶(ハーブティー)に期待されている効果効能でもあります。

 

 

「便秘を解消する効果(整腸作用)」

検証例では他にもコレステロールの低下作用が示されていて、高脂血症の改善にチコリが役立つと示唆されています。

 

また、腸管に達したイヌリンはここで分解され、フルクトオリゴ糖にその姿を変化させると思います。

 

このフルクトオリゴ糖は、腸内において善玉菌の栄養分となるため、整腸が備わっているとされ、延いては便秘の改善にチコリが効果を見せてくれます。

 

 

「生活習慣病を予防する効果」

ハーブティーを体内に取り入れることで、生活習慣病である「糖尿病や高脂血症の改善、整腸、便秘改善」などの実効性があります。

 

含有成分でもあるイヌリンを有する食品の調理の際には、水を利用しないようにします。

 

これはイヌリンが水溶性であるため、水に溶け出してしまうからです。

 

また、これを含む食品では「アーティーチョーク、牛蒡(ごぼう)、タンポポ、菊イモ」などが見受けられます。

 

 

「人気のチコリハーブティー(お茶)を口コミ」

 

東京都_30代_主婦_H・Hさん

「チコリ茶(ハーブティー)の風味への口コミ」
たんぽぽコーヒーと勘違いされやすいハーブティーですが、こちらはまろやかで飲みやすいかな?

 

チコリティーは心地よいほのかな渋み?

 

があり、少しだけコーヒーを感じさせる似た香ばしい香りが特徴かな(^_-)-☆

 

また「たんぽぽコーヒーとチコリコーヒー」は類似していますが、全く別物であり、共通点としては「肝臓」をサポートする効能があることです。

 

でも、ミルクとの相性がいい印象で、初心者向きなのもこちらかもしれません。

「チコリ茶(ハーブティー)の効果への口コミ」
もともと、肝臓に効果的なハーブティーだそうですね。

 

ハーブティー友達の一人が愛飲しています。

 

肝機能修復効果があるので、休日などに肝臓を労わりながらこのお茶を楽しむのもいいかな~~~♪なんて思ってしまうハーブティーですね。

 

美容にも効果的なので、愛飲するうちに肌の変化も楽しんでいました。

 

肝臓は美容と健康のサポート源のような器官なので、肝臓がよくなることで、美容効果も健康サポート効果も期待できる印象を受けますね。

 

 

 

必ず知っておこう!チコリ茶(ハーブティー)には注意点や副作用

チコリ茶(ハーブティー)は、ヨーロッパで広く服用されているドリンクの一つです。

 

たんぽぽ茶は、漢方の一つですから、中国などアジアで活用される傾向がありますね。

 

チコリコーヒーの副作用ですがチコリはキク科の植物ですから、キク科にアレルギーがある人は、飲むのを避けた方が良いでしょう。

 

次に「流産」が発症するパーセンテージ少なからずがあるとささやかれています。

 

子宮が収縮しし易くなったり、解毒作用が際立つためと考えられますので、特に妊娠初期は差し控えた方が良いと考えられます。

 

もちろん、チコリコーヒーを毎日飲用したとしても、流産していない人もいるので、あくまで可能性という意味ではあります。

 

しかし、想定外のことを考えて、妊娠中は、敬遠するようにすると良いのです。 

 

チコリコーヒーに代わってたんぽぽ茶を飲むのもいいと思います。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。