タイムティー茶の効能がすごい!ハーブティーの使い方(作り方)は?

タイムとはシソ科のハーブで「チモール」という成分が含有されていて、ハーブの中だとしても最たる殺菌力と抗菌力を保持しています。

 

ちなみにタイムは日当たりがよく通気性のよい周辺環境を好み、1年に亘り収穫を楽しいものにできる植物です。

 

地植えすると2年目から木質化して高さ40㎝ほどに生長し、茎に小さな葉と淡いピンク色や白色の花をつけます。

 

有効成分には「チモール、カルバクロール、フラボノイド、タンニン、サポニン」などの美と健康サポートに役立つ成分を含有します。

 

現在では、ハーブティーとしても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

 

まずは利用方法を知ろう!「タイムティーの作り方」とは

タイムの成分は呼吸器系に活発化してくれます。

 

気管支炎やアレルギー性鼻炎やかぜのひきはじめで 喉が痛いときなどにタイムティーを飲んだり、うがいをすると効果を見せてくれます。

 

下記にタイムティーの作り方を紹介しています。

作り方①

あらかじめカップを温かく(常温)にしておくのがオススメです。

 

作り方②

綺麗にしたタイムをティーポットに入れます。カップ1杯で5cmほどにカットした小枝を3本ほどが目安。

 

作り方③

沸騰して沸かしたてのお湯をこぼれないようにコップに丁寧にそそぎ込む。

 

作り方④

3分~7分ほどほど首を長くして待ちます。また好みのよって調節しても大丈夫です。

 

作り方⑤

あたためたティーカップに注ぎます。香りがふんわりと立ち上がるくらいがベスト。

 

また、タイムはもちろんドライのものでもハーブティーができます。

 

ドライの場合はフレッシュよりも量を減らします。

 

好みによりますが、カップ1杯でドライハーブはティースプーン1杯ぐらいでいいと思います。

 

タイムティーは、少しピリッとした刺激が付きまといますので、タイムだけでは飲みにくい場合は ほかのハーブと組み合わせてブレンドしたり、紅茶とブレンドしてもいいです。

 

そこでオススメされている人気の「タイムブレンドティー」はこちらです。

 

 

千葉県_20代_販売職_Y・Oさん

「タイムティー(お茶)の風味への口コミ」
こちらのハーブティーを飲用するのは、かれこれ1年前くらいかな?

 

スパイシーで香りが主張します。

 

ですが、全体的に爽やかで飲みやすい印象なので、普段からハーブティーを飲用しない人にも楽しめそうですね。

 

濃い目に味が抽出できるので、少し分量を調節するとより飲みやすくなります。

 

殺菌作用が強いのか?口臭にお悩みの方に効果的でしたね。

 

特に「朝のネバツキのあるような口臭」、「空腹や緊張を感じた時の酸味のある口臭」には有効です。

 

朝にこのハーブティー飲むのが習慣でした。

 

「タイムティー(お茶)の効果への口コミ」
スパイシーな風味が口の中の悪臭を浄化するような感覚で、改めて飲用すると爽やかな風味も感じました。

 

前回は風邪予防にも効果的だった印象です。

 

ハーブティーなので、ストックしておこうか?現在検討中です。

 

体臭が気になる夏にピッタリかな?

 

お腹が弱い人は気を付けたほうがよさそうですが、冷やして飲んでも美味しいですしね。

 

あとは、これを20日くらい飲用してから「頬にある2cmくらいの5つくらいの大きな赤ニキビ」が少しずつ落ち着いてきました。

 

なので、美肌サポートにも効果的ですね。

 

 

もっと知ろう!タイムティーにはこんな効果があります。

「喉の保護(感染症予防)」

タイムにはずいぶん強い殺菌力があり、タイムティー(お茶)にして飲用すると喉の気管を通る細菌からの感染症を防ぐことができます。

 

喉や口内が痛いときにハーブティーにして常用または、成分を濃く抽出してうがいをすると、口内炎の症状を鎮静させることが可能になります。

 

他にも、痰を取り除いて、気管支からの感染症を抑止し、さらにその高い殺菌力はハーブティーにすることで、口内を清潔にします。

 

 

「口臭または体臭を軽減する」

その強力な殺菌力ゆえに口臭や体臭軽減に効果が期待でき、また遠い昔エジプトではミイラの保存、防腐剤にしても取り扱われてきました。

 

またハーブティーとして飲めば、体内のニキビ菌の増加を抑止します。

 

昔は冷蔵庫などといった食材を保存する機械がなく、タイムのハーブを料理に組み合わせることで、その食材の保存効果を上昇させてきました。

 

 

「風邪を予防する効果」

体内の細菌を殺菌しておくことで、風邪の菌からの感染を予防または穏やかにすることができ、風邪の気配がする人にもハーブティーがオススメされています。

 

他にもタイムティーには、身体の血の流れをサポートしてくれる作用があります。

 

これが食欲促進、鎮静などに役立ち血の巡りをよくすることで身体の機能を回復します。

 

さらに、血圧上昇作用が有り、低血圧で朝目が覚めるのが辛いという方はタイムのハーブティーを常用が推薦されています。

 

 

「水虫(みずむし)予防」

化粧水に使う人も多数おり、皮膚の細菌を抑制し、肌を清らかにします。

 

また、ハーブの抽出液をお風呂に入れれば体を清潔にし水虫の症状も鎮静化してくれます。

 

欧州では枝や葉っぱを焚いて空気を浄化、お風呂に混ぜてることで、肌を清潔にして細菌の感染を予防したり、「ニキビ・肌荒れ」防止にもなると言われています。

 

 

「花粉症を緩和する」

タイムをハーブティとして飲めば、花粉症を緩和することが出来たとの報告があります。

 

このことから、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどによる花粉症対策としてタイムをハーブティーとして愛飲する人が多いです。

 

 

こんな使い方も!「タイムハーブ」の使い方も知っておこう

使い方①「タイムハーブを料理に」

素材を選ばず、肉類や魚介類の臭み消しに採用されます。

 

また、防腐力や殺菌力があるため、ハムやソーセージの香りづけにもちょうど良さそう。

 

タイムの香りを素材につけることでテーストや深みが増大する。

 

長時間火通ししても香りが飛ばないのでクッキングによく用いられます。

 

ホールの方がタイムの香りを良く引き出すことができ、ソテーなどの焼いて仕上げる料理のケースでは特に何かと便利です。

 

塩コショウでただ鶏肉を焼いただけでも定評のありますが、タイムをふりかけるだけで、見る見るうちに風味潤沢になります。

 

 

使い方②「アロマバスに」

バスハーブに関しましては浴槽に対して一回分のボリュームは、ドライハーブのタイムであれば、5g~10g程度ティーパックの包んで投下します。

 

タイムの殺菌作用が肌を清潔にして、ニキビだけでなく感染症にも効果的です。

 

 

使い方③「足湯に利用する」

足湯のケースでは、お湯を沸かし、ドライハーブのタイムであれば、少量。

 

お茶パックが利用性を高めるため、それに詰めて煮出して、から適温にするために水を付け加えます。

 

タイムの香りで眠りについてしまうかもしれないほどリラックス効果も期待出来るですし、薬効もあるのでおすすめしたいと思います。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。