熊笹茶の効能のすべて!カフェインは大丈夫?味や作り方も紹介。

クマザサ(熊笹)とはイネ科に属するハーブです。

 

余談ですが、神話の時代からササは神聖なものとして、取り扱われていてます。

 

原産国と見なされる日本国内には600以上の種類が見られるだと言われています。

 

また有効成分には「精油、クロロフィル、ミネラル、ビタミン類、フラボン類、リグニン、アミノ酸、多糖類」などが含有されています。

 

近年では、「緑の血液」とも呼称されるほど、身体全体の循環器をアシストする薬効が評価されています。

 

 

最初に知ろう!「熊笹茶」はノンカフェインで安全?

熊笹茶の効能やカフェインと味や作り方

基本的に熊笹茶はノンカフェインなので、カフェインによる副作用は報告されていません。

 

熊笹茶はノンカフェインですから、妊娠中や授乳中の人が口に入れても問題ないだろう、といわれていますが、できれば主治医のドクターに意見を伺ったことが大切です。

 

懐妊中・授乳中は、とりわけ身体が神経質の状態になったので正確を期してたほうが安心です。

 

また、妊婦さんは当然の事ですが、異常摂取は間違いなくストップした方が堅実です。

 

”薬も過ぎ行けば毒物と化す”と考えられていますので、どんな事であれ適正量を守って、が基本的な法則です。

 

 

すごい!熊笹茶(クマザサ茶)に関する効能のすべて

熊笹茶の効能やカフェインと味や作り方

「歯槽膿漏を改善する効果」

熊笹茶(クマザサ茶)の効果効能は「歯槽膿漏や口内炎、口臭、体臭」と考えられているもの等を防ぐのに使い勝手がよいと言われています。

 

食後に飲んだら、口内をサッパリさせてくれると思います。

 

一般的に見て「熊笹茶(クマザサ茶)」や「熊笹(クマザサ)エキス配合サプリメント」などにて、みなさんの身近な位置付けとなっていて、口臭・体臭を予防する効能が発揮されます。

 

 

「便秘解消また改善する効果」

熊笹茶(クマザサ茶)には体の内側の善玉菌を増加させて、便通を増進させる作用があり、便秘解消効果が発揮されます。

 

ここ最近は、美容茶としてにとどまらず、健康茶としても評定され始め、女性のみなさんに愛飲されています。

 

一般的に見て山林に多く分布している傾向が見られると知られ、シャープな緑色の葉で、葉の周辺に白く緑取りがあるのが持ち味になるでしょう。

 

 

「口臭軽減または改善する効果」

クマザサの葉を乾燥させ入れる「熊笹茶(クマザサ茶)」には、高い評価を得ている殺菌作用、防腐作用が伴います。

 

また、かなり昔より、ササに葉で「ちまきだんご」をロールしたり、ササの葉の上に寿司をのこせたりするのは、正しくその殺菌、防腐作用をあわせ持つからこそ出来ます。

 

それに限らず、この作用は口臭予防にも働きをしてくれます。

 

 

「癌(ガン)予防する効果」

くま笹には「緑の血液」と名付けるくらい血液浄化作用が高いレベルに。

 

最も難病(ガン)などの「死の病」とも言い表されている症状予防に評判の良い健康茶です。

 

また、感染防御力をアップする成分アラビノキシランが アトピーの改善、年齢対策、自律神経系の病魔改善などで大人気です。

 

口臭・体臭予防など多彩な健康コンテンツが見込めます。

 

 

「胃炎や胃の不調を緩和する効果」

「胃炎」などの胃の不調(トラブル)や症状にもパワーを発揮してくれると言われています。

 

今日この頃は健康茶だけでなく、「熊笹(クマザサ)エキス」を利用したサプリメントも発売されています。

 

しかし、健康補助食品は過剰摂りこみによる副作用も指揮されているためご留意下さい。

 

 

「解毒作用(体内浄化作用、デトックス効果など)」

有効成分(クロロフィル)には、「コレステロールや血圧の低下」、「解毒作用、体にたまった毒を取り除く効果、貧血改善、整腸作用、抗ガン作用」など効能が存在します。

 

また、今ではサプリメント、皮膚病や切り傷など外用薬にも採択されます。

 

余談ですが、クマザサは熊の冬の季節の食料にも有効で、クマザサを味わってみることで越冬能力をつけ、繁殖力を旺盛にしていらっしゃると推定されます。

 

そして、冬眠中の体力補充、冬眠中に排泄は行わない事を見越して腸や血液が不要な成分で汚くなるのを無毒化します。

 

 

「栄養補給(偏った食生活改善サポート)」

クマザサの中には「ミネラル、ビタミンB群、ビタミンC・K、フラボノイド、葉緑素、必須アミノ酸、植物繊維」などの栄養物がバランスに配慮して多量に組み合わされています。

 

わが国では「笹団子、ちまき、笹寿司」などの食事メニューにも使われます。

 

これは、旨味の向上はもちろん、クマザサの有効成分(バンフォリン)に防腐作用への有効性が高いためで、免疫力の向上にもオススメです。

 

 

「ダイエットサポート」

有効成分である「アミノ酸」としては脂肪燃焼しやすいボディを作る有効性があり、これがスリムアップをサポートしてくれます。

 

また、一定サイクルでバランスの良い運動(スポーツ)を行いながら体内に取り入れることで、身体内にストックされた脂肪をエネルギーに活用して減らします。

 

これが筋肉を増加させて代謝を上げ、リバウンドしない体質(太りにくい体質)を実現する力を発揮してくれます。

 

アミノ酸には、スポーツ後のダメージを受けた筋肉を修復して筋肉痛を鎮静化してくれる役目も担います。

 

それ以外にの有効成分(クロロフィル)には悪玉コレステロールの排出を活発化させる効果が期待できます。

 

 

「免疫力向上効果(風邪、インフルエンザ予防など)」

熊笹茶の有効成分(アミノ酸)には、白血球の仲間であるNK細胞と同じ様な免疫細胞(ハリア機能)も分泌しております。

 

身体の内側の自然免疫力向上のためにキーポイントとなる機能しています。

 

その他、免疫細胞を賦活化したり、快眠が不足していることを防いで免疫力が悪化するのを防いだりする効力も見込めます。

 

これが間接的に「流行性感冒やインフルエンザ」の予防にもなると考えられています。

 

 

「血液循環促進(動脈硬化、高血圧、生活習慣病予防など)」

有効成分(クロロフィル)には、身体の内側の隅々に酸素を送り込む作用を果たし、熊笹茶として体に取り入れることで貧血の予防と改修可能です。

 

また、高血圧症や動脈硬化の大元となるコレステロール値を下げ、血中脂質の正常化をする効き目が期待できることも認知されています。

 

さらに、脳梗塞などを誘発させることから中高年には恐怖の高血圧だと思いますが、熊笹茶の成分のナチュラルプロセスによってリスクを抑えてられます。

 

 

熊笹茶(クマザサハーブティー)の風味や作り方も紹介しています。

東京都_30代_主婦_K・Kさん

今回、わたしが熊笹茶の味や作り方を紹介していますよ(^_-)-☆

興味があれば見てください。

熊笹茶の効能やカフェインと味や作り方

今回、「クマザサティー(熊笹茶)」の味と作り方をクチコミリポートすることにいたしました。

 

ハーブは緑茶かのような芳しさがありますが、緑茶のようにあま味のある香しさだとは限りませんね。

 

なかなか渋い香りが楽しむことが可能なので、若年層よりもおばあちゃんがお好みそうな、クールな香りです。

 

 

熊笹茶(クマザサ茶)の作用は「歯槽膿漏や口内炎、口臭、体臭」と考えられるものをストップするのに役に立ち、口内をさっぱりさせてくれます。

 

 

それ以外に、この作用は口臭予防にも一役買います。

 

 

熊笹茶の効能やカフェインと味や作り方

熊笹茶の作り方としては下記にレシピを参考にしてみました。

熊笹茶(クマザサティー)を10g

 

抽出時間5分~10分程度

 

お湯(300ml)

 

お湯を注ぎ入れると、より渋い魅力の香りがフワフワ~~っと大きくなっていきます。

 

ちょこっと塩っ辛いイメージも存在しますね。

 

余談ながら、クマザサティー(熊笹茶)は葉っぱが強固だので、成分抽出に時間が掛かりますね。

 

ミルミキサーなどで、予め、葉(ハーブ)を細々とする方もいらっしゃるそうですよ。

 

熊笹茶(クマザサ茶)には身体の内側の善玉菌を増加して、お通じを促進する作用があり、便秘克服効果が発揮されます。

 

ここ最近は、美容茶としてにとどまらず、ヘルシー茶としても解釈され始め、女性のみなさんに愛飲されています。

 

熊笹茶の効能やカフェインと味や作り方

しっかりと成分が抽出できています。

 

熊笹茶の味はほんのりと渋みがありますが、全体的に「サッパリ」とした印象ですね。

 

緑茶くらいの甘味は感じ取れませんが、「日本茶」っぽいテーストですね。

 

有効成分「アラビノキシラン」はアトピーの改善、加齢対策、自律神経的な病気好転などで人気となっています。

 

もう一つの有効成分「アミノ酸」においては脂肪燃焼しやすいカラダの内側を作る有効性があります。

 

これがダイエットを救いの手を差し伸べてくれます。

 

一定サイクルで適度な運動(スポーツ)をしながら体内に取り入れることで、体内にストックされた脂肪をエネルギーに使って軽減します。

 

さらに、筋肉を増加することで代謝を上げ、リバウンドしない体質(肥満になりにくい体質)へと導く効果を及ぼします。

 

 

熊笹茶(クマザサハーブティー)の風味や作り方~まとめ

今回、「クマザサティー(熊笹茶)」味と作り方を口コミリポートさせていただきました。

 

渋みが強いので、女性のみなさんが好みそうな味のハーブティーでしょうね。

 

あと、ハーブティーの色が淡泊という理由で、入れすぎると「渋みのある」テイストが強化されるので、思いの外コツがいりました。

 

クマザサの中には「ミネラル、ビタミンB群、ビタミンC・K、フラボノイド、葉緑素、必須アミノ酸、植物繊維」といった栄養素が適度なバランスで豊富に内包されています。

 

 

わが国では「笹団子、ちまき、笹寿司」等々のお料理にも採択されます。

 

これは、美味さの向上以外に、クマザサの有効成分(バンフォリン)に防腐効果があるためで、免疫力の向上にも力を見せてくれます。

 

ここ最近は、ブレンドティーとして活用されてみたいですね。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。