クランベリーの効能や摂取量を紹介!美容や腎臓への効果にも驚く?

クランベリーとはツツジ科に属するハーブで和名では「ツルコケモモ」と称されています。

 

古来からアメリカ風の先住民族にクランベリーの効能は「膀胱炎、尿路感染症」などの予防にいい働きをすると評判です。

 

この理由により、泌尿器系のトラブルや症状に効くハーブやサプリメントとして活かされます。

 

その有効成分には「キナ酸、クエン酸、プロアントシアニジン、果糖、ビタミンC」などの優れた成分が含まれています。

 

 

まずはクランベリーの1日の目安摂取量を知っておこう!

クランベリーの効能や摂取量や美容や腎臓への効果

クランベリーの1日摂取量は30g~30gと発表されていますので大さじで2~3杯というわけです。

 

しかし、これ以上に摂取量が超えたからと言って副作用などは報告されているわけではないのであくまでも目安になります。

 

クランベリーはそもそも酸味が強力でそのままで口に運ぶことの少ないフルーツです。

 

なのでクランベリーにするタイミングに砂糖などを含んだ甘味料を使用する傾向が高く、ほかのドライフルーツよりもカロリーが高まりがち。

 

例え健康に良いものでも摂取量を超えると肥満体質になってしまいますので、1日の摂取量をまもって口にするように意識しましょう。

 

クランベリーをいつ口にするのが合理的かというと間違いなく朝です。

 

クランベリーそのものが1粒ずつ口にするようなドライフルーツとは違いますので外で食事にくいのもあります。

 

一番の特性でもある抗酸化力は朝早くたべることを利用して1日菌などの外圧から防御してくれるという評判もあります。

 

 

いっぱいある!「クランベリー」の効能(効果)について

クランベリーの効能や摂取量や美容や腎臓への効果

「泌尿器系のトラブルを緩和する効果」

クランベリーは「尿路感染症、結石」など、泌尿器系に関係したトラブルや症状に効果的なハーブとして、はるか古来より活用されてきました。

 

また、クランベリーにとどまる「キナ酸」は腸で吸収され、尿を酸性化する有効性があります。

 

お腹を大腸菌が住みにくい環境に改善させることで、泌尿器だけでなく消化器系の問題も解決できます。

 

 

「膀胱炎を予防する効果」

クランベリーは感染症が発生する原因になる菌が泌尿器も粘膜に貼り付くのを防ぐ効果もあると伝えられています。

 

「ハーブティー・ジュース・サプリメント」は、その中でも膀胱炎にお悩みの方に大好評です。

 

しかし健康補助食品の場合では過剰摂取による副作用(めまい、吐き気、腹痛、頭痛など)が伝えられており、気をつける必要があります。

 

 

「疲労回復または不眠症を改善する効果」

クエン酸が豊富に含まれることからヒーリングに役立ちます。

 

「疲れが出たり、忙しい毎日の中で疲労困憊していたり、急に体が冷えたり、寝不足」などに効き目が望めるのです。

 

またクランベリーをハーブティーにして飲用するだけでなく、ドライフルーツを食用として摂取したら、「症状が良くなった」とのコメントも集められています。

 

 

「眼精の疲労にも」

「アントシアニン」を多量に含み、眼精の疲れなどの症状緩和にはるか古来より民間伝承治療法で使われていました。

 

第2次大戦中には、夜に視線が良く見えるようになるといって、戦闘機のパイロット達がベリー類を使用していたといった評判があるほど。

 

このクランベリーに含有される「アントシアニン」の効能は目に関して有効的です。

 

 

「クランベリー」の美容への効果効果がすごいです。

クランベリーの効能や摂取量や美容や腎臓への効果

「シミ、ソバカス予防(美白効果)」

クランベリーにはビタミンCも豊富に含有されているのはご存知でしょうか?

 

「ビタミンC」はニキビなどの肌荒れを抑止するだけでなく、メラニンの生成に歯止めをかけることで「シミやソバカス、日焼け」などの肌トラブルも予防する効果が出るでしょう。

 

また、有効成分と見なされる「クエン酸」にはビタミンCの吸収をサポートすると称されて、相乗的な効果もあります。

 

 

「ダイエットをサポートする効果」

有効成分「クエン酸」にはダイエットサポートや若さのキープ(アンチエイジング)に役に立つと言われています。

 

今日この頃はクランベリージュースやサプリが市販されており、食品としてもスポットライトを浴びています。

 

また、クランベリー栄養成分豊富では美容や健康を意識している方にもイチオシで、ハーブティーを日常的に愛飲している人も増加傾向にあります。

 

 

「目元のシワやほうれい線などの老化肌に」

クランベリーの有効成分である「アントシアニン」は細胞を劣化させる活性酸素から身を守る抗酸化物質でもあるのはご存知でしょうか?

 

この活性酸素は肌の細胞も劣化させることで、「目元シワやほうれい線」などに関する老化肌を予防する効果があります。

 

また日頃から若々しい見た目の女性はクランベリーを日常的に摂取している人もいます。

 

 

「クランベリー」の腎臓への優れた効果は知ってる!?

クランベリーの効能や摂取量や美容や腎臓への効果

クランベリーはドライフルーツやハーブティージュースにして口にするのが賢明でしょう。

 

味のいいだけでなく、肝臓、腎臓、膀胱の機能の状態を正常化します。

 

クランベリーの優れた効き目について以下に挙げます。

 

クランベリーは天然の抗酸化剤だと想定されます。またオートマティックに老廃物排出を促すフルーツという面もあります。

 

毒素を放出し体をきれいにするサポートをします。フリーラジカルから体をガードしてくれます。

 

クランベリーは膀胱壁に微生物が付属するのを抑止してくれます。

 

利尿作用があり、「むくみ解消」に実効性があり、女性のみなさんに人気が高いです。

 

また「エルダーフラワーやホーステール、リンデンフラワーなど、アレンジするとより利尿作用にシナジー効果が想定されます。

 

体内にストックした「有毒物、老廃物」の排出をフォローする役目もあります。

 

 

「人気のクランベリーティーを体験リポート」

 

東京都_30代_会社員_K・Kさん

クランベリーの効能や摂取量や美容や腎臓への効果

「クランベリーティーの風味への口コミ」
元々、クランベリーは一般的に食用ドライフルーツとして利用されていますが、クランベリーはハーブティーとしても利用できるそう。

 

フワ~~~~っと広がる酸味の中にほんのりとした甘味も堪能できるフルティーなハーブティーといった印象(^_-)-☆。

 

甘酸っぱい味なのでフルーティーな香りの「クランベティー」を楽しめました(^_-)-☆。

 

ハチミツ(蜂蜜)などの甘味を加えるとより、美味しく飲めますし。

 

アスティーとして印象するとよりフルーティーな風味が主張するので、ジュース感覚で飲用できます。

「クランベリーティーの効果への口コミ」
飲用して、感じたことは疲労に効果的だということでしたね。

 

翌日には、疲れは吹き飛んでいます。

 

あと、肌がワントーン上がってような気がします(^_-)-☆。

 

クランベリー「ジュース・サプリメント・コーディアル」など、今では様々なカタチで商品化されているほど、健康と美容に効果的なんだと思います。

 

クランベリーにはカフェインが含まれておらず、カフェインによる副作用は心配ありません☆彡。
 

なにより、薬効が優れていおり「美白効果」があるようですが、私には肌荒れに役立っていました

 

あと、友人は膀胱炎になったときに、これを飲用したそうです。

 

なので「泌尿器系トラブル解消効果」もあるようで、女性に人気があるハーブティーというのも非常に納得できました。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。