ごぼう茶は効果なし!ブログの共通点と1日の摂取量で正しく飲もう

ごぼう茶のハーブは背が高く枝が細分化される二年草で、丸みを帯びた矢形のビッグサイズの葉をつけ、紫色の小規模の花を咲かせます。

 

バードックルートは食物繊維豊富な野菜ゴボウの根を意味し、日本においては「ごぼう茶」などの健康茶として親しまれています。

 

有効成分には「イヌリン、(揮発性)酸、タンニン、苦味質、ポリフェノール酸、飽和脂肪酸 」などの美や健康をサポートする成分が含まれます。

 

その優れた効果はダイエットや便秘解消などに好評を博しています。

 

しかし、一方で「ごぼう茶は効果なし!」と言っているブログもあります。

 

では、なぜなのでしょうか?

 

 

「ごぼう茶は効果なし!」ブログで紹介される共通点とは?

ごぼう茶は効果なし!ブログの共通点と1日の摂取量

冷え込んできて暖かいお茶が美味しいタイミングになったので・・・

手間ひまかけて飲むお茶ならば身体に良いお茶をと思い御通じによさそうなごぼう茶を買い求めてみました(^_-)-☆

 

作り方として、煮沸したお湯500mlに1パック付け足して2~3分煮だすと記されてあってました。

 

マイホームでは、電気ケトルで1Lのお湯を沸かし、お湯をポット(魔法瓶)に取り込んでお茶を投入。

 

その状態で3分程度放置して、時間帯がたったらお茶パックだけ取りだすというシステムでお茶を作っています。

 

しかし、1週間しても効果なし!というか特に実感がありませんね。

 

 

ごぼう茶は効果なし!ブログの共通点と1日の摂取量

ごぼう臭さが強固なかな~と考えたのですが、お茶を作ってみたら泥臭さはなく味がいいごぼうの香しさがしました。

(悪い考えのごぼう臭さではなく、お薦めできる意味のごぼうの芳しさ) 味も、おいしいごぼうの味がしました。

 

味が良くてとても飲用しやすいのでたっぷりと飲めます。

 

ごぼう茶がとても惚れ込んでおり、毎日夜だけ飲みつけていること4日目・・・

 

特に際立った効果はなしですが・・・

 

まあ続けてみます。

 

 

ごぼう茶は効果なし!ブログの共通点と1日の摂取量

2週間前からごぼう茶1日の内で500ml朝だけを飲みつけています。

胃がセンシティブなので緑茶やプーアル茶だと胃の様子がおかしくてなるかも知れませんが、ごぼう茶だと副作用もなく飲めます。

 

お通じはよくなる気だけはしますが・・・・ダイエット効果はなしで特に感じません。

 

5分煮出すと記載してありますが、5分だとばっちりごぼうの風味が起きないので、私は8分程度にしているのに・・・・

 

 

 

このように「ごぼう茶には効果がない(効果なし)」と言っている口コミブログもあります。

 

しかし、この効果なしと言っている口コミブログの共通点として下記のようなことがわかりました。

 

「まだごぼう茶を愛飲してから1ヶ月以内にも関わらず効果なしと言っている」

 

1日の間で「朝・昼・夜」のどれかでしかごぼう茶を飲んでない。

 

美味しく飲んでいるといっても「1日の摂取量が500ml」程度。

 

では、効果なしごぼう茶を「効果がある飲み方と摂取量」はあるのでしょうか?

 

 

知ってこう!ごぼう茶を効果的に飲む摂取量とは?

ごぼう茶は効果なし!ブログの共通点と1日の摂取量

ごぼう茶は食物繊維を豊富に含んでおり、コップ1杯~4杯飲むだけできちんと効果が出ると考えられています。

 

基本的に500ml程度の愛飲が推奨されており、この量は守ったことが適切でしょう。

 

ごぼう茶には、食物繊維だけでなく、それ以外にも腸のぜんどう運動を活発にする成分も組み合わされており、飲みすぎてしまうと腸が行動的に動きすぎてしまいます。

 

結果として下痢などの副作用の可能性も懸念されています。

 

また、利尿作用もありトイレが近くなると言うことです。

 

飲みすぎてしまうと、しょっちゅうトイレに行かなくてはならなくなるでしょう。

 

便秘に良いとは言っても、飲みすぎは危険です。

 

もちろん、体調を見ながら愛飲していくことがベストでしょう。

 

ごぼう茶は1日カップ1杯~4杯程度で十分食物繊維を摂取することができます。

 

 

正しい飲み方はこれ!「ごぼう茶」を効果的に飲むポイント

ごぼう茶は効果なし!ブログの共通点と1日の摂取量

「1日の間に小分けにしてごぼう茶を摂取する」

例えば1日の500mlごぼう茶を摂取するのであれば、一気に飲むのではなく朝・昼・夜など小分けにして飲むと良いでしょう。

 

 

「1ヶ月はごぼう茶を摂取し続けてみる」

基本的に便秘やダイエットにしてもそうですが、体質改善は医学的にも1ヶ月以上を様子を見るべきだと言われています。

 

 

「ごぼう茶の過剰摂取は禁物」

いくら美容や健康に良いといっても、多すぎる栄養素はかえって有毒になるので過剰摂取は控えるようにしましょう。

 

 

ごぼう茶の危険な副作用もちゃんと知っておこう!

ごぼう茶は効果なし!ブログの共通点と1日の摂取量

一般的にごぼう茶には通常の飲用による副作用は報告されておらず、安心して愛飲できます。

 

しかし、強いていうのであれば下記のような副作用の注意点も知っておきましょう。

 

 

副作用「過剰摂取はNG」

ごぼう茶には食物繊維が豊富に含まれているので、過剰摂取すると下痢を伴う可能性もゼロではありません。

 

念のため体調を見ながら愛飲しましょう。

 

 

副作用「キク科アレルギーの方は注意」

キク科アレルギーの人も体に少しでも異常を感じたら使用量を調節したほうがいいでしょう。

 

 

「妊娠中や子供への摂取は注意」

副作用こそ報告されていませんが、妊婦(妊娠中)や子供への使用は少量にするか、使用自体を控えましょう。

 

 

魅力がいっぱい!「ごぼう茶」の効果(効能)について

ごぼう茶は効果なし!ブログの共通点と1日の摂取量

「デトックス効果(むくみ解消)」

ごぼう茶(牛蒡茶)の効能は尿酸や老廃物を除去する効果が期待できて、むくみ解消や便秘解消に役立つと実証されています。

 

他にも、関節炎やリウマチ、腰痛、坐骨神経痛などに途方に暮れている人には有用ハーブティー(健康茶)と考えられています。

 

 

「便秘を解消する効果」

ごぼう茶は食物繊維豊富で、多くのケースは尿酸や毒素、老廃物を排出するなどの体を内側から綺麗にする効果があります。

 

またむくみ対策法として女性の皆様に人気をあつめています。

 

ここ最近は「ダイエットティー、デトックスティー」としても大人気で、「便秘解消効果、アンチエイジング効果」が美容に効果の高い健康茶として話題を集めるようになりました。

 

 

「食事の消化促進にも」

ごぼう茶(ハーブティー)の苦み成分には消化を刺激する(消化促進)有効性が高いです。

 

ダイエット中(節食)や摂取し過ぎてしまったときに飲みつけている人が多くいます。

 

血糖値を下げる作用も見受けられることから女性の方々におすすめされているハーブティー(健康茶)です。

 

 

「インフルエンザや風邪を予防する効果」

血液の汚れを洗い流す効果だけに限らず「抗菌、発汗、利尿作用」を併せもち、風邪やインフルエンザの予防や症状改善にも役立ち、また健康補助食品にも配合されます。

 

しかし、ごぼう茶エキス配合健康補助食品には大量過剰服用による胃痛などの副作用も指示を出されております。

 

通常の飲用は全く問題ないですが、飲み過ぎにはお心掛けください。

 

安心して飲用するのであれば、あくまでもサプリメントではなくごぼう茶として飲用しましょう。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。