メモの取り方を練習!仕事で工夫したまとめ方がビジネスや会議に

仕事をする上でメモを取ることって大切なのはご存知でしょうか?

 

やっぱりメモ帳を持つことは、とても有効です。

 

工夫したメモの取り方(まとめ方)は仕事の効率アップにオススメと専門家にも言われています。

 

今では工夫したメモの取り方(まとめ方)としてメモ帳が評判でオススメされています。

 

 

チェックする>>>記事を読む前にこちらの関連ページも参照しておきましょう!

 

 

 

仕事や会議で実践!おすすめの工夫したメモの取り方

バイトや仕事のメモ帳の取り方!効率的なおすすめ術は初日が重要

「忙しいときは単語のみ」

メモを取る時間がないときは重要な単語だけを書き取るのがオススメ。

 

あとで見返したときに思い出す方法があり、単語から記憶を辿ることで、二重記憶にも役立ちます。

 

これは「仕事・会議・バイトの新人」におすすめの工夫したメモ帳の取り方(例)として多くの人が実践しています。

 

 

「3色のボールペンを使用」

三色以上にボールペンで色を分けるようにして自分がやるべきことや覚えることを分けて工夫する方法があります。

 

ちなみに色分けして工夫することも大切です。

 

 

「書きやすい紙を選ぶ」

なるべく紙上で滑りやすく、書きやすいボールペンを利用する方法が効果的との意見もあります。

 

少しでも時間を短縮することができます。

 

特にバイトや仕事のメモ取りにおいてルーズリーフがオススメの「メモ取りアイテム」として人気です。

 

 

「素早くメモをとる」

メモ帳の字は気にせず、サラっと流すようにメモを取る方法です。

 

忙しく時間がないときには素早くメモを取りがちですが、自宅に帰ると何を書いているかわからないとの意見も。

 

 

「自宅に帰って整理」

自分だけにしかわからない字でも、素早く要点だけをまとめてメモを取る心掛ける方法です.

 

自宅に帰った後に整理することで、その日に覚えたことの復讐も兼ねることができます。

 

 

「イメージしながら書く」

仕事内容を聞き、自分がなにをすべきなのか?

 

イメージしながら書く方法で、連想しながら書くことです。

 

仕事や会議のときににおすすめの工夫したメモ帳の取り方との言われています。

 

 

「大きなノートに要点だけ記入」

仕事を早く覚えるために、小さなメモ帳でメモしたことを復習もかねて大きなノートに要点をまとめて書き換える方法を取っているとの意見もあります。

 

また大きなノートを使うことで、文字を書きやすいとも言われています。

 

 

 

などが挙げられますね。

 

 

仕事をする上で、メモの取り方は大切ですし、仕事の効率にも関わってきます。

 

またタイミングがあるか?どうかも重要です。

 

 

タイミングが命!ビジネスや仕事中にメモを速く取る工夫

バイトや仕事のメモ帳の取り方!効率的なおすすめ術は初日が重要

基本的に仕事や会議ではメモ帳を取る時間(タイミング)は多くあります。

 

特に新入社員やアルバイト新人は積極的にメモを取るようにしましょう。

 

しかし「メモを取るタイミングがわからない!」

 

という意見もあり、困惑している人も少なくありません。

 

一般的に多くの人がメモを取るタイミングとして

 

「話を聞きながら要点や単語などでまとめる」

 

といった工夫したメモの取り方(まとめ方)をしています。

 

自宅に帰った後に思い返しながら別のノートにまとめるといった方法を取っているとの意見が多いです。

 

タイミングがなく時間を取ってくれない場合は、自ら「メモを取らせていただいても良いでしょうか?」と申し出ている人もいます。

 

 

チェックする>>>お悩み解決にこちらの関連ページも参照しておきましょう!

 

 

 

メモ取りのコツ!ルーズリーフを活用したピラミッド構造

バイトや仕事のメモ帳の取り方!効率的なおすすめ術は初日が重要

おすすめの工夫したメモの取り方(まとめ方)として、最も人気を集めているメモ帳は「ルーズリーフ」が一番だと言われています。

 

ルーズリーフであれば、簡易的に捨てることもできます。

 

なによりルーズリーフでメモを取るにあたって「まとめやすく使いやすい!」という意見もあります。

 

メモ帳を取るコツとして多くの人が実践しているのが「ピラミッド構造」としてメモを取ることです。

 

 

具体的には「①誰が_②いつ_③どこで_④なにをする?」

 

など順序立ててピラミッドのようにルーズリーフでメモを取る方式が工夫したメモの取り方(まとめ方)として多くの人が実践しています。

 

特に仕事・会議・バイトでにおすすめの方式で、重要なことと要点をまとめやすいとの意見があります。

 

では、逆に効率が悪くまったく意味をなさないメモの取り方もあるそう。

 

 

苦手で下手な人がやる覚えにくいメモの取り方(書き方)

バイトや仕事のメモ帳の取り方!効率的なおすすめ術は初日が重要
「キレイすぎる」

キレイさを重視ししてもはや、仕事を覚えるという概念からズレてしまっている。

そのために時間がかかりメモを取れない状態になる。

 

 

「すべて一語一句メモを取る」

重要なことだけでなく、仕事先に上司や先輩が言っていたことをすべてメモしようとする。

要点が何かわからなくなるのは、ビジネスに不向きで効率の悪いメモ帳の取り方(書き方)です。

 

 

「殴り書きで判別不可能」

殴り書きしすぎて、もはや自分でも何を書いたか判別がまったく不可能になっています。

家に帰って見直すことができないような悲惨な状態になる。

 

 

「文字だけを羅列する」

場所や機械などをメモするときに、文字だけを羅列することでイメージが全くできない。

結果として自分が何を書いているのか?わからなくなる。

 

 

 

このようなメモの取り方は非常に悪い例ですが、実際にメモを取るのって難しいです。

 

 

チェックする>>>このページのようにメモを取らないと仕事で焦ったりミスをすることも増えてしまうので注意が必要です。

 

 

メモが苦手で下手な人がやりがちなスマホのメモ取りはNG

バイトや仕事のメモ帳の取り方!効率的なおすすめ術は初日が重要

ゆとり世代も多くなってきたことによって、バイトでスマホを利用したメモ取りを実践する人が多くなってきています。

 

もちろん、スマホでメモを取ることは犯罪ではありませんが。

 

やはり職場環境によってはスマホでのメモ取りを良く思わない人が多いとの意見もあります。

 

一般的に20代の人が多い職場であれば、仕事やバイトでのスマホを使ったメモ取りも許されます。

 

ですが、やはり40代以降の年配の人がいる職場ではNGという傾向にあります。

 

原因としてメモ帳を使って仕事を覚えてきた、上記の年代の人にとっては

 

「イメージが良くない!書かないと覚えない!」

 

との意見も多い。

 

スマホでのメモ取りは楽で効率的ですが、職場の空気感に合わせることも大切です。

 

しかし、一方でメモをとっても意味はないという意見も。

 

 

 

そこで仕事や新人さんのバイト中にメモ帳を取るうえで大事な要点は4つです。

 

 

小学生も練習する!メモ帳の取り方に聞き取りノート術

バイトや仕事のメモ帳の取り方!効率的なおすすめ術は初日が重要

メモの取りの商品としては「ルーズリーフのメモ帳」がオススメされており、下記の順番でピラミッド構造でメモを取るのがコツです。

 

この方法は実際に小学生も聞き取りをメモする際に練習しています。

 

 

「いつであるか明記する?」

それは、いつなのか時間などのタイミング、具体的には何時・何分・何日・何月など日時を決めるとわかりやすい

 

 

「どこに目的があるの?」

場所はどこなので、明確にメモを取ることで、目的の場所がどこなのか?明記する

 

 

「だれに対するものなのか?」

誰にするのか?誰がするのか?誰のために必要なのか?メモを取る

 

 

「なぜそれをする必要があるのか?」

なぜ、それをする必要があるのか明確に書くことで、他社に報告連絡相談もしやすいという意見も

 

 

メモをとる重要な要点になっているので、これを心掛けるとより見やすくてわかりやすいノート術に工夫すると、より効率があがりますね。

 

これが、多くの人が実際に実践している「会議・議事録・電話仕事」でビジネスに生きるメモの取り方ノート術とも言われています。

 

最初は難しいですし、練習が必要。

 

これらのことを踏まえて一つのメモの取り方の練習法を編み出すとこうなります。

 

 

 

ビジネス会議や議事録でメモの取り方が速くなる練習のコツ

バイトや仕事のメモ帳の取り方!効率的なおすすめ術は初日が重要

:帰宅したときや休憩時間に大きなノートに「いつ?」・「どこ?」・「だれ?」・「なぜ?」を意識しながら書き写しながらメモを書き写す。

 

:三色のボールペンを使い「自分がやるべきこと」、「覚えること」、「需要なこと」を色を分けるようにして描く

 

:イメージが必要なときはできるだけ図を取り込んで、具体的な情報をメモする

 

 

この③つのことを行っているうちに仕事を早く覚えるようになります。

 

電話や会議などで大事なことを忘れてしまうこともありませんよね。

 

 

 

ではメモの取り方を練習するにはどうすればいいのでしょうか?

 

仕事で工夫したまとめ方がビジネスや会議に使えるメモの取り方が上達する本が販売されています。

 

小学生~大人まで!注目される「メモの取り方のおすすめ本」はこちら

 

 

 

 

これで覚える!「メモをとるために必要な心がけ」とは?

「書き込む時にインプットする固い決意でから書く」

オススメは、頭に叩き込むことはすべて一冊のノートに一括りにすることです。

 

公開講座や資格勉強やゼミナールや本のまとめなどジャンルごちゃごちゃにして「とにかく絶対インプットする」と決めたことは、一冊のノートに一括りにするのです。

 

記憶しないことを記憶することと同時並行的に書いてはいけません。

 

書き入れたときに、貴重な情報かそうでないかをしっかりとジャッジする。

 

情報を何から何までメモせずに「インプットする」という固い決意でから記してください。

 

頭に叩き込む情報なのか、しない情報なのかをハッキリさせてから次のステップです。

 

 

「帰宅する前に何が何でも復習する」

「家に帰る前」が重要だと断言できます。

 

家路につくと、人は「休暇」になります。

 

一度「オフ」に見舞われてしまったものを「オン」にするのって「もんのすごい力」が不可欠です。

 

みなさんが、勉強系の復習をできないのが何故かといえば「家に戻ってからやろうと考えているから」です。

 

復習する量はそれほど長く掛からないはずです。

 

30分前後で終了させると言い切れます。

 

メモを取るときだからこそインプットすると覚悟して、どうしても復習とかは維持できないという人もいます。

 

「覚え書きをまとめ直すこと」をお休みの日の30分程度の日課にしてください。

 

 

「この先にどうするのか?を計算に加える」

情報を「何てことのない」・「覚えなきゃいけない情報」として取り扱い中のうちはメモリーできません。

 

メモリーをするコツは下記になります。

 

自分にとってその情報は何なのでしょうか?

 

その後自分はどう変化すればいいのか?

 

自分はどういう印象を受けたのか?

 

感覚(感情)はどのようになったのか?

 

などを、見つけ出すことで、その情報を徹底的にジブンゴト化するのです。

 

その情報で自分の頭の中に対して、できるだけ「衝撃」や「インパクト」を残します。

 

するとよりメモリーに残りやすくなるとのことです。

 

「その情報」と「自分」は将来的にどう付き合っていくのか、あなた自身は「これからどうするのか」を、メモするときに考える習慣を身に付けてください。

 

 

意味ない!仕事でメモ帳の取る人とメモすら取らない人の差

バイトや仕事のメモ帳の取り方!効率的なおすすめ術は初日が重要

仕事中のメモとる人っているそうですが、「メモを取る人」と「メモを全く取らない人」では、あまり業務の効率は変わらないと調査結果で言われています。

 

驚きではないですか?

 

しっかり、メモを取っているのにも関わらず、業務の効率は上がらないよう。

 

ですが、これに関しては実はメモをとっても二度と見返さない人が多いからだと言われているようです。

 

つまり「メモをとっても見返さないと意味がない!」ということが判明しています。

 

仕事を早く覚えたい方はメモを取った後に必ず、家で見返すだけでなく、今日の復習をすると仕事の覚える速さが50%以上も向上すると言われています。

 

しかしながらメモをしっかりと取らないとガサツな人間だと思われて、マイナスの評価を受けることもあります。

 

職場の人間関係が悪化してしまうことにも。

 

 

仕事で説明されてもメモ帳を忘れて取れないときは?

バイトや仕事のメモ帳の取り方!効率的なおすすめ術は初日が重要

バイトや仕事で説明されてもメモ帳を忘れて取れないときって誰にでもありますよね。

 

中には、恥ずかしがって言えない人もいるそうです。

 

しかし、恥ずかしがらずにメモ帳もしくは書くもの貰っておくこと!

 

仕事に対して意欲的とも思われますし、メモ帳を取る姿勢は賞賛すべきとの意見も多いです。

 

なので、もしもバイトや仕事で説明されてもメモ帳を忘れて取れないときには、早いうちに自己申告して書くものをもらうのが有効です。

 

 

4件のコメント

  1. またまた、コメです。
    メモ帳に関しては、私も共感してツボってしまいました(^^♪
    私もサイテーですね(笑)
    でも、いいと思います(^^♪

  2. まみちゃさん←
    いえいえ、まみちゃさんはサイテーじゃないですよ!!
    でも、メモ帳って実際、仕事教えてもらいながらメモするのって難しいですよね~~(笑)

  3. めっちゃ、わかる~~~
    私もTHE一緒です!!!
    思わず、ツボってしまいました~~(^◇^)

  4. かなこさん←
    やっぱり、そうですよね~~
    あと、意外とメモ帳に書く時間ってあまりないんですよね~~

ただいまコメントは受け付けていません。