仕事で怒られてばかりの30代~40代の方へ!この法則で辞めない

30代~40代の方が仕事先で怒られてしまったり、罵られて怖い思いをすることもありますよね。

 

でも、明日も仕事にいかなきゃいけないし・・・・

 

そんなときは、どうしたら良いのでしょうか?

 

 

チェックする>>>記事を読む前にこちらの関連ページも読んでおきましょう。

 

調べてみると、下記の対処法がオススメされているようです。

 

 

30代~40代へ!仕事で怒られてばかりにはコレが必要(精神編)

 仕事で怒られてばかりの30代~40代の方へ!この法則で辞めない
「避難所を作るようにする」

仕事で怒られてばかりの30代~40代にとって、体だけでなく心の駆け込み寺や避難場所はとっても重要です。

 

具体的に、「趣味を見つけて交流の場所を広げる」・「定期的に友人と会う」など、会社以外にも自分の居場所を見つけることで、心の安定を保つことが出来ます。

 

これは心理学でもオススメされている方法であり、わたしたちは会社や学校などの世界にとらわれて物事を判断しがちです。

 

そこで、自分の居場所を見つけることで、視野も広がりますし、心が安心するとの調査報告も寄せられています。

 

 

「理不尽でもの反論しない」

仕事をしていると、自分のミスや失敗で怒られるだけでなく、理不尽に相手に怒られるとこも珍しくありません。

 

しかし、どんなに上司や先輩という立場の人間に正論で反論しても、相手を聞く耳を持たずに、罵られることがあります。

 

また、相手によっては「恥をかかされた!!」と感じてしまいます。

 

なので、できれば反論せずに、グッとこらえる選択肢の方が有効なんだそうです。

 

 

「怒られた後も感謝の言葉を述べる」

もちろんミスや失敗によって怒られることは誰しも気持ちの良いものではありませんし、怒っている相手も心穏やかではありません。

 

そこで、怒られたあとに「ありがとうございました。」など、お仕事を指摘してもらったことに対する感謝の言葉を述べることが有効だと言われています。

 

「感謝の言葉」は相手に好意的な感情にさせる魔法の言葉ともいう心理学者もいるほどです。

 

実は、ミスや失敗で「すみません」を使うよりも、指摘してくれて「ありがとう」という方がその場が穏やかに終わる傾向もあるそうです。

 

 

チェックする>>>詳しくはこちらの関連記事も読んでおきましょう。

 

 

「絶対に自分を責めない」

怒られたり、罵られたからと言って「自分は仕事ができない」や「自分は役に立たない」と思い込んでしまうことがあります。

 

しかし、ミスや失敗は誰にも必ずありますし、「どんなエリートビジネスマンであっても、ミスや失敗は必ずある」という口コミもあります。

 

たとえミスや失敗したとしても、次は気を付ければ良いわけで、絶対に自分を卑下するようなことはしてはいけないと言われています。

 

大切なのは次は気を付ける事が重要だと言われており、「メモを取ったり」・「報告連絡相談をしっかりする」ことが仕事のできる人だと言われています。

 

このように、仕事で毎日、怒られて罵られ怖いときの対処法も様々なようですし、音楽を聴いているとの意見も多くありますね。

 

下記のページで取り上げるものには仕事で怒られて落ち込むだときに毎日のストレスを緩和する効果があります。

 

 

 

仕事で怒られてばかりの30代~40代は「怒られ上手」になる法則

 仕事で怒られてばかりの30代~40代の方へ!この法則で辞めない

怒られ上手になる上で準備してほしいのは、「怒ってくれる人はチカラ強い味方だと知ること」と意図するのです。

 

「怒られることは世間一般から見ても嫌なこととはなりますが、怒ってくれる人は嫌な人じゃないと断言します。

 

本格的に嫌な人だとしたら怒るのではなく、陰でボロクソに言う、ケアレスミスをあえて指摘せずそのままにさせるなど、別のテクニックをとるということです。

 

誰がなんと言っても、『怒る』という行為は、激怒する側にとっても労力が欠かせないことだからです。

 

誰に依頼されたわけでもないのに、そのような苦しい思いをして使ってくれる人は、味方と言って良いと思います。

 

自分に対してコメントを控える人と、表現方法はどうであれ言い聞かせてくれる人、その違いをまずははっきり受け止めることが必須になります」

 

 

 

では、どのようにしたら怒られる経験を自分の成長に活かせる、怒られミスのないようになれると思います。

 

 

辞める前にやろう「怒られ上手」になれる!5つのポイントとは?

 仕事で怒られてばかりの30代~40代の方へ!この法則で辞めない

「相手の感想を一旦一切合切甘んじて受ける」

仕事で怒られてばかりの30代~40代の方で「怒られ苦手な人」は必ずと言っていいほど、自分にプライドがあります。

 

その適当な気分が相手の意見を真摯に甘んじて受けることを妨げている」と言われています。

 

「自分は早すぎる未熟だと知ることが常識です。

 

仕事のスペシャリストではないことを自覚し、相手の意見そのものを受け入れて指示を出されてみましょう。

 

なかには『え?』と思うようなリアクションや怒りもあるかも知れませんが、一旦全部甘んじて受けてかみしめる。

 

いろいろな定まった型の怒りを容認することで、どんなことに関して人は怒るのかを知ることが出来るので、自分の勤務の仕方にもフル活用することが大丈夫です」

 

 

「まずは大きな声を出してしっかり詫びを入れる」

怒られたときにしっかりと頭を下げる。

 

変わり映えのないようなことのように思えますが、きちんと謝罪の感情を申し立てるためには、謝り方も大切。

 

「気持ちで心苦しく言っていたとしても、残念なことに相手に伝わらなければ相手の憎しみはさらに巨大化するかもしれません。

 

例えば、怒られている時にまったくの無反応でいると、相手に『本当に伝えられているのか?』と思われてしまいます。

 

ガッカリしてボソボソと返事をしたりすれば、あちらはさらに腹を立て興奮状態にしてしまう危険があります。

 

こうしたときは、大きな声で『申し訳ないです!』『ご指摘をありがたく感じます!』

 

と言うのが、一番単純でよい怒られ方です。

 

非難されるのにもリズムが欠かせないのです

 

 

「怒ってくれる人から学ぶ」

自分を怒りを露にする人がどなたかかにポイントを置くことも大切です

 

そうしてみることで、以下の二つのことが把握できるようになるそうです。

 

「一つは、お叱りを受ける前兆です。その人の道徳意識や感情の定まった型が分かると、自らがもうすぐ怒られそうだというサインが理解するようになります。

 

そうした前兆が見極められるだけでも心の持ち方ができるので、怒られることに関して落ち着いて向き合えます。

 

そしてもう一方は、仕事のコツです。

 

きちんと人を怒ることをできるようにする人は活躍できる人であることが多い。

 

自分を怒ってくれる人の言動をしっかりと見ていると、結果を残せるとはどういうことかがわかってきます。

 

一度その見方が認識できると、自分の視野が広がり、学んだ仕事のコツを自前の働き方に活かすことを可能にするでしょう。

 

 

「クエスチョンをして詳しく究明する機会を作成する」
注意された経験をただの不快な感覚出にしてしまうことがないようするには、怒られる理由になったことを受けます。

 

そしてもう一度相手に質問をし、会得する機会を立ち上げることも大事なと言われています。

 

「怒られた後にすぐお尋ねしてみるのは雰囲気として無謀である可能性が高いです。

 

一通り相手の怒りが収まったタイミング、たとえば休憩時間や、仕事がひと段落した後に、『先ほどは申し訳ございませんでした。

 

よろしければもう少し詳しく◯◯について教えていただけませんでしょうか』と聞くのがポイント。

 

相手は、怒っていたときよりも落ち着きを持った状態で、それについて詳しく教え込んでくれるでしょう。

 

また、そうしたプロ意識の高い姿勢と想定して、相手にやる気があるということを申し立てることができます」

 

 

「怒られた経験と素直に向き合う」

そのような打たれ弱さを切り抜けるには、怒られた経験を消極的なものとして終わらせるのではなく、自前の糧にして活かす“怒られ上手”になることが大切だと考えます。

 

人に叱咤されることが嫌いだったので、元を正せば仕事で怒られ無いようになるにはどんな手法をとればいいかを無我夢中で考え続けおられまず。

 

その中において、怒られた経験から言って目を背けるケースとはズレがあります。

 

しっかりと向き合い、その原因を良化して仕事ができる結果に結びつくことが一番の近道だと感知、実施。

 

 

「例えば下記のような場面に適用されます。」

「沢山の人が参加する仕事上のパーティの途中などでは、グラスが空になる前に注ぎに行くだけに限定されません。

 

向こうのテーブルの人がお腹がペコペコであるのかいないのか、サクサクと帰りたがっていないのではどを感じ取ります。」

 

 

その人が堂々としていれない思いをせずに意向を叶えられるよう、立ち回らないのではなりません。

 

しかしそのような叱咤される経験と位置付けて、その場にいる人たちをよくチェックします、

 

個人的な考え・行動が的中していたのかをその都度周りの人に聞くと取り決めたことで、少し経つと人がどういう事を求めているのかを感じて貰えるようになります。

 

怒られた経験と明確に精を出し、改善の努力をを基にしている、初めての経験として、かつて自分を怒ってくれた人間の気持ちがわかるようになりました。

 

 

仕事で怒られてばかりの人は「怒られる=攻撃される」と思う傾向に

 仕事で怒られてばかりの30代~40代の方へ!この法則で辞めない
ガラスのハートの人の特性として「怒られる=攻撃される」という作業が指摘することができるんだそうです。

 

「怒られ下手とは、人に注意されたことに対して、短絡的に『自分が攻撃された』としか思えない考え方ということを指します。

 

相手が何に対してイライラしているのか、なぜあちらが自分自身を激怒するのかについて、相手の気持ちや価値観を頭に叩き込んで考えることが難儀な考え方に陥ってしまいます。

 

怒鳴られちゃっていることの“ストーリー”ではなく、怒られている“実情”という単純な部分にしかフォーカスすることができません。

 

すると「怒られる=攻撃される」という消極的な経験に残留してしまうため、怒られる度に深く消極的になったりります。

 

これがふさぎこんだりしてしまう、“打たれ弱さ”に見舞われるのです。

 

 

1年半は怒られた体験からインプットして課題を考えてみましょう!

 仕事で怒られてばかりの30代~40代の方へ!この法則で辞めない

怒られ続けると、仕事へのやる気を喪失してしまう危険があります。

 

文句言われた経験を糧に大きくなるためには、怒られた経験から考えて何をすべきかを考え、努力することを一定の継続期間何回も行う必要がります。

 

毎日人にお叱りを受けることはどんな事情があろうとも楽しいことじゃないと思います。

 

仕事で怒られてばかりの30代~40代がいつまで続くのだろう?とゴールが見えない状態になることだって考えられるかもしれません。

 

しかし、永続的に怒られ続けていくことは正真正銘のないんです。

 

怒られないためにはどうランクアップすればよいかをモーレツに考え、それに適応する努力を続ければ、必ず実績を残せるようになり、同時に怒られ解決できます。

 

個人的な感覚としては、わたくしを信じて1年半努力を続ければの様子がなると考えられます。

 

1年半必死に力を入れても、全く叱咤される回数が減らないであるなら、上司の側に不都合があるか、仕事とは関係のない点でマイナス感情を持たれている場合があります。

 

環境を切り換えることを考慮してみてもよいかもしれません。

 

チェックする>>>下記の関連記事(ページ)もチェックしてみましょう

 

2件のコメント

  1. 大丈夫!!
    わたしなんか友達から頻繁にブスって言われるから(^-^)v

  2. ブスッてwww
    やはりポジティブシンキングは大切ですよー(^-^)v

ただいまコメントは受け付けていません。