ハーブティーの飲み方を紹介!煮出し方を間違えるとおいしくない?

ハーブティーの飲み方はご存知でしょうか?

 

下記にハーブティーの飲み方を紹介しています。

 

ハーブティーを飲むにあたり用意するものは下記になります

 

「ドライハーブ」

 

「蓋がセットされているティーポット、急須など」

 

「茶漉し(ティーポットに完備されているケースになると除外。積極的に目が細々としたものが効果の高い)」

 

熱湯(85度~100度が望ましい)

 

 

間違えるとおいしくない!正しいハーブティーの飲み方

ハーブティーの飲み方を紹介!煮出し方を間違えるとおいしくない

緑茶などを入れる急須でも非常に美味しいハーブティーを入れることが可能になります。

 

ただ、ハーブティーは色(ビジュアル的)を堪能するというのも、その楽しむ方法の一つです。

 

それを現実にするにはガラス製のポットで入れるのを意識することがオススメではあります。

 

しかし「ハーブティーを煮出すと臭みが出るのでNG」ということは覚えておきましょう。

 

 

手順①「 ポットをお湯で温める」

まずはポットをお湯で温かくしておいた方が良いです。

 

煮沸したお湯をポットに注いで、室温程度にまで冷えていたらポットの中に存在するお湯を捨て去ります。

 

 

手順②「ドライハーブを入れる」

ティーカップ(約120ml程度)1杯に関してはティースプーン1杯~1.5杯を目安。

 

マグカップ(約250ml)なら山盛り2杯程度を目安にドライハーブをポットにとります。

 

また、味の好きなように入れる量を増やしたり少なくしたりしても支障ありません。

 

 

手順③「お湯を注ぎ蒸らす」

その後、沸騰したお湯をティーポットに注ぎます。

 

ぜひともお湯の温度は高い(95度くらい)がハーブの成分をたっぷりと抽出できます。
ただし、煮立たせるのはダメです。

 

香り成分が飛んでいってしまいます。

 

お湯を淹れた以降はハーブの香りを逃さないようスピーディーに蓋をして3分~4分蒸らします。

 

 

手順④「ハーブティーを注ぐ」

ティーポットのお湯をちょっぴり揺らしてお茶の濃い薄いを差が無くしたら、茶漉しを利用してティーカップにハーブティーを注ぎます。

 

ハーブは小さい茶葉も含有されますので目の細かい茶漉しを採用するのが一押しです。

 

ハーブに含まれる揮発性成分(アロマ)が鼻から脳へと香しさを届けてくれるので、身体の内側からもリフレッシュすることができます。

 

近年では「ハーブティーはおいしくない」、「ハーブティーを煮出したらおいしくない」との意見もあります。

 

しかし、正しい飲み方を学ぶことで美味しく飲めるものです。

 

今度は効果的なハーブティーの飲み方を理解していきましょう。

 

 

「病気(症状)」を改善するハーブティーの飲み方とは?

ハーブティーの飲み方を紹介!煮出し方を間違えるとおいしくない

ハーブティーの飲み方は大量に存在しております。

 

「体質改善(お悩み解消)を目的としたハーブティー飲み方」

 

「ハーブの香り成分(芳香成分)を堪能するためのハーブティー飲み方」

 

「睡眠障害の改善やリラックス効果を目当てにするハーブティー飲み方」

 

などハーブティーの愛飲理由は人それぞれです。

 

 

例えばカモミールティーやペパーミントティーでリラックス効果に期待感を抱く人もいれば、美容目的で体内に取り入れる人もいます。

 

また、「ドライハーブやフレッシュハーブなど、利用しているハーブの材料も人それぞれです。

 

下記では、そんな多種多様に有意義な過ごし方が存在するハーブティーの飲み方や入れ方をご覧に入れたいと思います。

 

 

終わったら捨ててない?ハーブティーは何回も楽しめます。

ハーブティーの飲み方を紹介!煮出し方を間違えるとおいしくない

1回分のハーブに対し1杯だけのハーブティーといの飲み方はとても勿体無いです。

 

なぜならハーブは2~3杯分まで入念に成分を選抜することが可能だと思います。

 

抽出時間は関係のないことに行きますが、しっかりとハーブ(茶葉)をお湯につけることで成分も抽出できます。

 

また、抽出時間をよって抽出可能である含有成分も変化してしまいます。

 

ハーブティーの飲み方1杯目

ハーブティーの入れ方は濃い雰囲気で楽しむことができるので、抽出時間は3分で十分です。

 

ハーブティーの飲み方2杯目

抽出時間は3分程度で大丈夫ですが1杯目とは異なる成分を抽出するハーブティーの入れ方が堪能できます。

 

ハーブティーの飲み方3杯目

お湯を注いで、しばらくそのままにして温度を下げて水代わりに口に入れるというハーブティーの入れ方があります。

一回分の(ハーブ)茶葉に対し、約2~3杯分のハーブティーを堪能する飲み方ができます。

 

 

体質改善したい方は1日2~3回分飲用しよう

ハーブティーの飲み方を紹介!煮出し方を間違えるとおいしくない

ハーブティーで体質改善も望みが持てます。

 

例えば睡眠障害でお悩みの方はカモミールティーを愛飲し、美容トラブルにお悩みの方はローズヒップティーを長い期間にわたって愛飲しています。

 

一般的に言うと体質改善を目的とした飲み方は1日に約500ml(コップ2杯~3杯)が目安と考えられています。

 

なので2~3回分の茶葉をお茶パックに入れ、まとめて作ることが効率的なのではないでしょか?

 

 

頭痛持ちの方はその都度ハーブティーを飲用しましょう

ハーブティーの飲み方を紹介!煮出し方を間違えるとおいしくない

ハーブティーを普段から、お茶や水道水などの代わりとする飲む方法もできます。

 

また、痛みや花粉症などのアレルギー症状が出たときは、その都度に体内に取り入れることで症状を鎮静化するハーブティーの飲み方もあります。

 

その中には素早い効き目が期待できるハーブもあり、頭痛持ちの方や花粉症の症状を自覚されている方は、薬代わりにハーブティーを口に入れると効果的です。

 

ハーブティーに不慣れな人は飲み方を変えましょう。

 

ハーブティーに飲用しいない人は、分量や抽出時間を加減したハーブティーの作り方がオススメです。

 

上記で少し出て来ましたが、カモミールティーやラズベリーリーフティーは抽出時間を過剰に摂取してしまうと、ハーブ独特の渋みが出てしまうので、5分程度がおすすめされています。

 

しかし、渋みに好印象を思う人もいるので、自分に合った抽出時間を見つけるのも、楽しみの一つです。

 

 

ハーブティーは継続的な飲み方が最も大切です。

ハーブティーの飲み方を紹介!煮出し方を間違えるとおいしくない

「ハーブティーは継続する飲み方

重要なことはハーブによる美容効果も継続しないと意味が無いです。

 

ハーブティー飲み方として長い期間に亘って最低1杯~3杯程度の常飲を習慣にする必要があります。

 

初めての方は、いきなり濃いめで成分を抽出するよりも、まずは味に慣れてからちょびっとずつの分量や抽出時間を調節していくというハーブティーの作り方が良いでしょう。

 

 

「効果に即効性を求めた飲み方」

ハーブティーを飲んで即効性を見込める飲み方として、濃いめに成分を抽出するという方法が見受けられます。

 

しかし、これは何だかんだ言っても風邪やインフルエンザ、頭痛などの急性の症状を鎮静化するときなどがオススメされています。

 

体質をアレルギー症状などの体質改善したい方は将来に向けて愛飲しましょう。

 

 

ブレンドハーブティーの飲み方でお悩み解決しよう

ハーブティーの飲み方を紹介!煮出し方を間違えるとおいしくない

例えば「頭痛持ちで便見気味な方」や「ニキビなどによる肌荒れと頭痛に苦悶していらっしゃる方」など複数の症状に苦労している人がいます。

 

ハーブには薬効があり、症状によって処方してもらうハーブも異なり、目的とする飲み方も変わります。

 

複数の症状でお悩みにはブレンドして愛飲すると良いでしょう。

 

特に美容や健康を意識している人なら、ハーブティーをブレンドで楽しむことで、より効果に望みが持てます。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。