廃棄もらえるバイトを紹介!どうせなら売れ残りの食べ物がもらおう

ミスドやコンビニなど、食品関係で仕事をしていると、つい売れ残りの食べ物商品(廃棄)をもらって節約したいと思いませんか?

 

まず初めに基本的には廃棄商品は貰ってはいけないことを理解しましょう。

 

しかし、廃棄商品をもらえると生活費(食費)も浮きますし、仕事をしながら一人暮らしをしている社会人やバイトする学生にはとってもありがたい。

 

では、どんな職種が廃棄をもらって帰れるのでしょうか?

 

 

同時にこちらもチェックしましょう。

チェックする>>>バイトを探すならココ!!面接が受かりやすく良い職場を見つけやすい情報ならこちらを

 

 

下記では売れ残りの食べ物をもらいやすい廃棄もらえるバイトを紹介しています。

 

 

廃棄食品や残り物(売れ残り)がもらえるアルバイト5選

廃棄もらえるバイトを紹介!どうせなら売れ残りの食べ物がもらおう

「コンビニは廃棄が持ち帰りできる傾向に」

コンビニは賞味期限が、当日のおにぎりやお弁当などをもらって帰れるという意見が多いのも事実。

 

 

「コンビニで働いているほとんどの知り合いは、廃棄のおにぎりで食費を節約している」との意見が多いですね。

 

 

しかし、これは店舗によるところが多く、最近では大手コンビニエンスストアの廃棄はチャックが厳しくもらって帰れないとの意見も。

 

一方で仕事終わりに廃棄をもらっている人もけっこういます。

 

 

廃棄もらえるバイトを紹介!どうせなら売れ残りの食べ物がもらおう

「パン屋さんは廃棄の売れ残りをもらえる傾向に」

基本的にパン屋で販売されている菓子パンや惣菜パンは、当時に食べるのが一般的です。

 

 

なので、売れ残ったパンはすべて廃棄処分になり、「廃棄になった売れ残りのパンを貰っている」という意見も。

 

 

また、パンは炭水化物なので満腹を満たすのにはもってこいですし、冷凍することで、1週間くらい長持ちさせる人もいます。

 

しかし、廃棄がもらえるか否かは、仕事場(バイト先)の店長によるところが多いですが、店長がいない日にコッソリと・・・という人も。

 

 

廃棄もらえるバイトを紹介!どうせなら売れ残りの食べ物がもらおう

「ミスタードーナッツは廃棄がもらえるかも」

口コミを見ていると、これは店舗や仕事場の店長によるところが非常に多いそう。

 

さらにはコンビニやパン屋に比べると廃棄を貰える職場は少ない模様。

 

 

大手百貨店に造設されている場合、帰りに荷物チャックもある可能性があり、廃棄がもらえないというケースも。

 

それでも仕事場(バイト先)の店舗によっては廃棄を貰って帰っているという意見も少なからずあるようです。

 

 

廃棄もらえるバイトを紹介!どうせなら売れ残りの食べ物がもらおう

「お惣菜屋さんは廃棄がもらえやすい」

お惣菜はサラダやお弁当、揚げ物、焼き鳥などが販売されており、廃棄を貰えれば「とってもおいしい仕事やバイト」

 

 

コンビニやパン屋と違い、サラダや漬物、お弁当など偏った食生活を正して、健康管理にもピッタリ。

 

 

また、消費期限が短い食材を取り扱うので、廃棄を貰いやすいですし、季節限定の和菓子などもあるので、働く楽しみにも。

 

もちろん、店舗や店長などによってもらえない職場もあるので一概には言えません。

 

ですが、廃棄がもらえれば「おいしいバイト(仕事)」です。

 

このように廃棄がもらえる職種は多くありますし、現在では美味しい求人や副業がそろっているので、探してみるもの良いかもしれませんね。

 

 

「スーパーは廃棄が持ち帰りできるかも?」

スーパーマーケットは他のアルバイトに比べると廃棄をもらえることは少ないよう。

 

しかし、一部のスーパーマーケットでは廃棄がもらえるという意見もありますが、大型チェーン店では厳しいかもしれません。

 

 

少なからず「残り物を貰ったり食べたりできた」という意見もありますね。

 

 

特に地域密着型や、民間運営のスーパーでは、そういったところに関して寛容なシステムのようです。

 

 

もちろん現実に活動してからでないと頂けるか否かは判断できません。

 

「せっかくなのだから残り物が欲しい」

 

という方は、地域密着型・民間運営スーパーのアルバイトをターゲットにみてはいかがでしょうか?

 

 

 

しかし「廃棄商品」をもらうのは原則法律的にNGです。

 廃棄もらえるバイトを紹介!どうせなら売れ残りの食べ物がもらおう

多くの職場では、廃棄になった商品を配ることが基本的な法則NGとされています。

 

その要因としてついて、掘り下げて見ていきましょう。

 

 

廃棄商品は「量販店としては出したくない」のが実際のところ

商品は「ショップが本部から販売品を購入している」という名義であったり、本部でグルーピングしているケースになるなど扱いがいっぱいあります。

 

 

しかしいずれのタイミングでしても廃棄商品は、ショップにとって「売れ残ってしまった商品」であり、利得としてはマイナス点です。

 

 

お店をマネージメントする側としては、廃棄商品は下したくないものです。

 

 

そもそも抜本的に、廃棄弁当に発展しないよう、お店側におきましては商品の仕入れ数などをセッティングしています。

 

 

本部との契約の中に「廃棄商品は必ず処分する」といった条文がある

廃棄商品は、会社の本部と各店舗の決まった法律によって、通常であれば引き渡しことはNGと指摘されています。

 

 

この決まった法律は、「廃棄商品は必ず捨て去ること」

 

といった決まり事により、基本的ににはアルバイトに渡すことは不可能です。

 

 

また廃棄商品を待ちかえったものが「食中毒」などに見舞われた場合、責任がすべて店舗や本社に行ってしまうのも未然に防ぐためとも言えます。

 

 

廃棄商品の取り扱いは「最終的には店舗」による

お店のスタイルによって廃棄商品の取り扱われているはバラバラになってきます。

 

コンビニ本部の人がマネージメントしている「直営店」。

 

それに対し、オーナーが運営管理する「フランチャイズ店」があります。

 

 

フランチャイズ店舗内には、廃棄商品をアルバイトに引き渡すことをOKとする状況もあるようです。

 

 

フランチャイズ店だから廃棄商品をあげても良いだろうというわけでは有り得ませんが最後の判断は、オーナーに左右されます。

 

 

同時にこちらの記事を読んでみよう

チェックする>>>そんなことがあるの!?職場のイジメやいやがらせに関する投稿エピソードはこちらから

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。