ジュニパーベリーティーの効能と香りを紹介!腎臓には禁忌って本当?

ジュニパーベリーはヒノキ科のハーブで和名で「セイヨウネズ」と称されています。

 

一般的には、ジンのフレグランス付け(スパイス)、精油を香水としてなど、数多く採用されます。

 

今日この頃は、ハーブティーや精油(アロマオイルまたはエッセンシャルオイル)にも活かされます。

 

その有効成分には「 精油、フラボノイド、タンニン、ビタミン類、糖質(とうしつ)」が含有されています。

 

 

すごい!「ジュニパーベリーティー(お茶)」の効能とは

ジュニパーベリーティーの効能と香りを紹介!腎臓には禁忌

「ダイエットサポート効果」

ジュニパーベリーには消化促進する作用を持っております。

 

このことから食前~食後の合間にハーブティーとして摂取すれば、食事メニューの消化を促進することで、脂肪へと変換されるのを防ぎます。

 

結果としてダイエットをアシストする効果に望みが持てます。

 

主成分に「ビタミン類、精油成分、フラボノイド、タンニン」が多量に含有されることで、節制暮らしを送るダイエットに不足傾向にある栄養を補うことができます。

 

 

「風水では魔除けにも」

欧州ではこの実を乾燥したものを「ジュニパーベリー」と称しダイエットサポートにも活用されています。

 

古代ギリシアでは、これを燃やすことにより葬儀の際の悪霊祓いという形で、ジュニパーの根の部位を冥府の神ハーデスへの供物として焚まいりました。

 

他にも、魔よけや精神を浄化するとして、宗教儀式で炊かれていたそうで、フランスやチベットでは、病菌の空気清浄の為に、炊かれていたといいます。

 

 

「むくみ解消、毒素排出促進(デトックス効果)」

ジュニパーベリーハーブティー(お茶)の効能には「体内毒を排出する効果」があります。

 

体に停滞した老葉物や毒素などの排出を促すナチュラルプロセスがあり、「むくみ」や「リュウマチ」、「痛風」を良化してくれます。

 

果実はお酒のジントニックなどのジンの原料としても活用されます。

 

また果実から水蒸気蒸留法にて抽出されてる精油はアロマテラピーでも活用されています。

 

 

「生活習慣病を予防する効果」

有効成分である「フラボノイド」には抗酸化作用がり、生活習慣病の予防・改善する力を発揮します。

 

余談ですが、生活習慣病とは、動脈硬化や心筋梗塞などの病気の全体の名前で、その素因となる物質の一つとして活性酸素が存在するでしょう。

 

しかし、活性酸素は細胞やDNAを破壊します。

 

また血液中の悪玉(LDL)コレステロールと影響し合って、血栓が発生する原因にもなるといわれ、ジュニパーベリーには、これらの症状を守る効き目があります。

 

 

「肌荒れ(ニキビ)予防または改善する効果」

ジュニパベリーは過激な皮脂分泌を安定化させ、ニキビや皮脂分泌をコントロールしてくれます。

 

これが肌のターンオーバーを促してくれる作用との相乗的な効果により肌荒れを改善してくれます。

 

肌荒れが心配でたまらない方にはジュニパーベリーがイチ押し。

 

現在では、精油成分(アロマオイルまたはエッセンシャルオイル)にも同様の実効性があります。

 

 

「痛風またはリウマチ症状を緩和」

ジュニパーの実を乾燥させたものがジュニパーベリーで、ジンの香り付けや、肉料理の臭い消しのスパイスなどによってよく活用されています。

 

ティーにして飲むとデトックス効果が上昇して、身体の内側にたまった不要な成分や毒素を体外に押し出す効用があります。

 

関節炎やリマウチ、通風の症状の緩和に働きをしてくれます。

 

 

「泌尿器系の感染症予防効果」

「浮腫み(むくみ)や水太り」を防いだと、泌尿器系の感染症などの泌尿器系に関係したトラブルの改善にいい働きをするとされています。

 

古代エジプトであれば、「関節炎の症状や肌(皮膚)に至るまでのトラブル症状を軽減するため、ジュニパーベリーの抽出液を入浴剤として活用していたと考えられています。

 

 

ジュニパーベリーティーへの愛飲者の口コミレビュー

 

東京都_30代_主婦_K・Sさん

「ジュニパーベリーティーの風味について」
朝の森林とか樹林を連想させるようなウッディーな香りをふんわり漂わせてくれます。

 

ほのかなスパイシーの風味が「くぅ~~~~っ」とさせてくれます。

 

飲みにくいハーブティーが割と多いですが、このハーブティーは飲みやすくなっているので、安心しました。

 

 

それだけでなく、香りの中に甘みとスパイシーな味を感じることがで、ハーブティーとして飲む際はむくみ解消効果がありました。

 

 

薬効が優しいので、飲み続けなければならない気もします。

 

「ジュニパーベリーティーの効果について」
個人的にですがダイエットサポートに効果的なような気がします、発汗が促進されるのか?

 

ポカポカしてきますし、代謝が良くなっていう気がしていますし。

 

特にお風呂に浸かりながらハーブチーを飲用することで、ダイエットサポートにより有効ですね。

 

寒い冬場の風邪予防や冷え性にもよさそうですね。

 

 

 

ウッディーが楽しめる!「ジュニパーベリーの香り」について知ろう

ジュニパーベリーティーの効能と香りを紹介!腎臓には禁忌

ジュニパーベリーの香りについて下記にような表現が一般的となっています。

 

実際の所お酒のジンの香りという形で皆が知っているのがジュニパーベリーのアロマです

 

ジンの原料と呼ばれてありませんでしたしそれこそ胡椒のようなスパイシーな香りに気付くことが想定されます。

 

微かにヒノキを感知する、爽かでやんわりとスイートな香り

 

お酒のジンの香りづけと言う側面もあるジュニパーベリーは、ウッディーで気候のよいで甘い香り。

 

このようにジュニパーベリーの香りについては色々な表現がありますが、スパイシーでウッディーな香りということは共通しています。

 

 

ジュニパーベリーティーの効能は腎臓に禁忌って本当?

ジュニパーベリーティーの効能と香りを紹介!腎臓には禁忌

ジュニパーベリーには身体の内側の水分を取り除く、強力な利尿作用が存在します。

 

この利尿作用は腎臓に疾患が起きる人においては体のダメージとなるので、摂取を自重するべきハーブと指摘されています。

 

腎臓の疾患で来院していたり、経過観察中の人が活用しないのは当然の事。

 

腎臓疾患とは違ったけれど、腎臓の機能がそれほど強く無い人も、万が一の時のためにジュニパーベリーを体に取り入れる際は、ドクターなどにお問合わせしてから摂取する方が良いでしょう。

 

 

他にもジュニパーベリーの効能には下記のような禁忌があるのはご存知でしょうか?

 

 

「妊娠中(妊婦)は使用を控える」

ジュニパーベリーには子宮を刺激する働きがあるという理由から、妊娠中、授乳中の人は利用を回避した方が良いとされています。

 

これ以外には月経が重く出血が多いケースだとなども、ジュニパーベリーの使用は回避した方がよいと考えます。

 

 

「高濃度のアロマオイルの使用は肌に刺激に」

サプリメントやハーブティーと違って、アロマポットで香りを楽しむアロマオイルや、浴槽に数滴垂らしてストレス発散するアロマバス、ハーバルウォーターやアロマオイルに伴う手作り化粧水なども、発揮させる際には気を付ける必要があります。

 

ジュニパーベリーを回避した方が良い妊娠中や授乳中、腎臓疾患の人だけでなく、高濃度でアロマを堪能したりします。

 

アロマバスや高濃度のハーバルウォーターや自作化粧水は、肌の刺激になる人もいるようです。

 

万が一にも肌に刺激を感じたケースになると、ただちに使用をストップしてください。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。