レモンバームハーブティーの効能!お茶の効果は?認知症対策には?

レモンバームとはシソ科のハーブです。

 

別名では、「メリッサ、セイヨウヤマハッカ」と呼ばれ、はるか古来よりヨーロッパでは「長寿のハーブ」として需要が高いです。

 

近年では、レモンバームハーブティー(メリッサ茶・西洋ヤマハッカ茶)だけに限らず、料理(レシピ)にも用いられます。

 

現在では、ハーブティー(お茶)としても認知され始めており、多くの人に愛飲されています。

 

そこで今回紹介する人気の関連商品はこちらです

 

 

「レモンバームハーブティーの効能(お茶の効果)について」

レモンバームハーブティーの効能!お茶の効果は認知症対策

 

「憂鬱改善・リラックス効果」

精油成分「シトロネラール、シトラール、ゲラニアール」は気分を転換させて心を鎮静化するのに効果を見せてくれます。

 

ハーブティーには抑うつ症の改善や呼吸と脈拍を緩慢にし血圧を下げ、平滑筋の痙攣を静めるのにオススメです。

 

またリラックス効果があることで、よく知られている香りの一つです。

 

ちなみに「レモバーベナ、レモングラス、レモンマートル、レモンピール」などの名前が類似したハーブと間違えられることがありますが、これらに関しましては全くの別種です。

 

 

「認知症の改善または予防にも」

気分をリラックスさせて気分をにぎやかにする作用があり、また「記憶力向上、神経性の頭痛緩和 、深い眠り導入する実効性」があります。

 

脳を覚醒させることで、認知症の予防または改善にもオススメされ、現在ではハーブティー(お茶)だけでなく、精油としても人気です。

 

下記のようにレモンバームは葉から精油もセレクトされるので 芳香成分を多種多様に活用でき、 アロマテラピーを堪能できます。

 

他にも、熱が出た場合には、レモンバーム精油は鎮静な発汗作用を示し、冷却効果効用が見え、そういう理由から「風邪、流感、喘息、気管支炎」に役立ちます。

 

 

「神経系による消化器官のトラブル緩和」

この香り(精油)には刺激作用よりも強壮作用を発揮します。

 

イライラする気持ちが因子とされる「消化器官および子宮」のトラブル症状を解決して強壮にする作用が見られます。

 

レモバーム風呂としての取り扱い方をすれば、その効果がより発揮されますし、殺菌効力が期待できるので、「風邪」などの感染症による病(症状)を阻止してくれます。

 

 

「神経系による心臓障害のトラブルも緩和」

レモンバームハーブティーの効能!お茶の効果は認知症対策

精油成分(ゲラニアール、シトロネラール、シトラール)は、刺激作用と比べて強壮作用を発揮します。

 

「心臓に関する問題(動悸など)」を解消して強壮にする働きがあります。

 

気分を緩和させ心を安らかに(リラックス)させたり、抑うつ症を良くしたり、呼吸と脈拍を緩慢にして血圧を下げ、平滑筋の痙攣を静める力も見受けられます。

 

 

「下痢(げり)症状緩和(腸内機能正常化)」

一般的にいってタンニンは「緑茶、烏龍茶(ウーロン茶)」などの成分として確認されていますが、レモンバームにも包含されています。

 

この成分には収れん作用による関わりがあり、下痢の緩和や改善に効果的であり、腸にも呼びかけます。

 

また、腸の粘膜の痙攣(けいれん)を抑え、ゆるい便を硬くするため下痢の緩和や好転、予防に効果が発揮されるでしょう。

 

 

「花粉症(アレルギー症状)緩和効果」

レモンバームには「ロズマリン酸」というポリフェノール化合物が包含されています。

 

この「ロズマリン酸」はアレルギー症状が発症するヒスタミンの分泌を抑える作用があり、花粉症やアレルギーなどの症状を鎮静化します。

 

花粉症がよくない方は「レモンバームティー(メリッサ茶・西洋ヤマハッカ茶)」を毎日飲むことで、症状を安定化させます。

 

 

「アンチエイジング(老化防止)効果」

有効成分(タンニン)には血圧降下や脂肪を分離する作用にとどまらず、強い抗酸化作用があり老化の要因となる活性酸素を掃除します。

 

他にも、悪玉コレステロールの低減作用が、ダイエットをお手伝いして、他にも血液をサラサラにし動脈硬化を改善・防止する。

 

近年では悪臭成分と結合し変性することで消臭有効性が高いことが究明により発表されました。

 

 

「殺菌作用(風邪症状、喉のイガイガ緩和)」

レモンバームハーブティーには「食欲消化促、進解熱・発汗作用」があります。

 

これらには「風邪の症状、喉のイガイガ、リラックス」に効果が期待でき、殺菌の働きを見せることで「風邪などの感染症、喉の炎症」により効果を見せてくれます。

 

また、抗酸化作用が年齢対策に役立ち、殺菌作用が肌を衛生的にやわらかく保つので、美容(美肌)をサポートし、皮膚の炎症の治癒にもお勧めです。

 

 

「殺菌作用が口臭、体臭改善にも」

「ペパーミント、レモンバーム、タイム」などのシソ科のハーブは殺菌作用が強くて、口内の細菌を除去してくれます。

 

さらに血中の臭いの要因となっている細菌も駆除することで「体臭や口臭」改善に働きを示してくれます。

 

「このハーブティーを飲んだら口臭が爽やかに感じる」、「口臭解決方法になる」などの経験談(コメント)も多く寄せられています。

 

 

「抜け毛(薄毛)予防効果」

レモンバームティーには「抜け毛(薄毛)予防、心臓系トラブル症状、循環器系問題」などに実用的です。

 

近年では毛髪の乏しい対策法として女性の皆様に愛飲され始めています。

 

13世紀、グラモーガン公ウェリンは、いつもこのハーブティーを愛飲していたそのお陰により108歳まで長寿しました。

 

サイデナム在住の旦那さんは、毎朝このハチミツを加えて飲んたら、116歳まで暮らしたといいます。

 

 

「生活習慣病を予防する効果」

レモンバームに含まれる「タンニン」には活性酸素が身体の内側の細胞を酸化させて錆びつかせるのを防ぐ効果(抗酸化作用)があります。

 

これがアンチエイジング(若返り)を手助けします。

 

他にもレモンバームハーブティーの効能には抗酸化作用があります。

 

これにはコレステロールの酸化を防ぐので動脈硬化をストップするため、タンニンには動脈硬化が要因で引き起される、心筋梗塞やくも膜下出血、脳出血などの生活習慣病の予防にも寄与します。

 

 

 

レモンバームティーの美味しい飲み方(作り方)とは?

レモンバームハーブティーの効能!お茶の効果は認知症対策

美味しいハーブティーの飲み方(作り方)は成分の抽出時間が大切。

 

ここで案内しているレモンバームーティーのおすすめ抽出時間は「3分~7分」が理想です。

 

もちろん、結局のところ推奨される抽出時間なので、お好みの時間を探し出すも美味しいハーブティーを飲む秘訣です。

 

 

人気のレモンバームティー(お茶)を体験リポート

 

東京都_30代_主婦_A・Tさん

「レモンバームハーブティー(お茶)の風味について」
少し甘さのある気分爽快なレモンとハーブの香りが口の中で広がって行き、ふかふかとした香りを堪能できました。

 

ほんのわずかしたレモンのような香りが、見受けられるのが気持ちを際立たせるGOODなハーブティーですね。

 

レモングラスよりもレモンっぽい気もしますが、やはり葉っぱの清涼感のある風味も体験できます。

 

クセが強く飲みにくいハーブティー商品が通常ですが、こちらは口臭予防にも気に入ると思います。

 

ハーブティーを飲用すれば口がある中からフワフワフワ~~~みたいな感じで吐息がキレイになる印象があります。

 

食後にぴったりのハーブティーで、口臭が気になるときに飲用したところ、ハーブティーの香りが脱臭に実効性があることが記憶に残っております。

 

「レモンバームハーブティーの効果について」
お口直しに申し分ありませんし、食べ物の消化も促してくれるようなので、極めてありがとうの気持ちでいっぱいです。

 

あと、「頭がガンガンに痛くなるようなイライラ症状と怒りがこみ上げてきた情緒不安気味な精神を感じ取ったとき」に効果的な印象ですし、暮しも力になってくれます。

 

こちらを飲用すると心地いい香りが「ふわ~~~」っとして頭をクリアにして頭痛も軽減されますし、イライラも静まりますね。

 

朝などに口に入れてみたくなるハーブティーかな? 食後にもバッチリです。

 

なにより、美容効き目があるので、肌がもっちりしてきましたし、キメが細かくなっています!!!

 

 

 

 

4件のコメント

  1. こんばんわ☆彡
    休憩時間ですが、私はメルカリ見てますね~~参考までに(^^♪
    というか、「あいつら~~」がめっちゃ気になる!!!

  2. まみちゃさん←
    なるほど~~メルカリですか(^^♪
    あたしも気になっているんですけど、なかなか使い方がわからなくて・・・
    でも、貴重なご意見ありがとうございます。

  3. イヤホン越しに音が漏れてるって、わたしもときどき電車で見っけますが、恥ずかしくないんでしょうかね??
    わたしは、苦手かな~~って思いますね。

  4. KY=LOVEさん←
    そっかーー(^^♪
    たしかに、知らぬが仏ってやつなのかも・・・・

ただいまコメントは受け付けていません。