マルベリー茶の効能!ハーブティー効果は?作り方と味の口コミは?

マルベリーとはクワ科の植物で日本国内では、古くからマルベリーティー(桑の葉茶)として取り扱われます。

 

その有効成分には「ケルセチン、ルチン、GABA、食物繊維、鉄、亜鉛、カルシウム、ステロール、アミノ酸、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC」

 

上記のような健康や美容をサポートする効果がある成分が含有されています。

 

一般的にマルベリーティー(桑の葉茶)の効能はダイエットや糖尿病に組み入れる場合は食前の摂取が薦められます。

 

 

そこで今回紹介する口コミで人気の関連商品はこちらです

 

 

もっと知ろう!「マルベリーハーブティー(お茶)」の効能

マルベリー茶の効能!ハーブティー効果と作り方と味の口コミ

 

「便秘改善や浮腫みを解消する効果」

マルベリーハーブティー(お茶)には腸内に住んでいるビフィズス菌(善玉菌)を元気にすることにより、腸内環境が整うことで便秘改善します。

 

また、そういった理由から体内に蓄積した「毒素・老廃物」を排出しやすい環境を作成することで、女性に多い浮腫み(むくみ)を解消する効果を見せてくれます。

 

マルベリーティー(桑の葉茶)には緩い解熱作用があり、風邪症候群の症状を緩和、解消する結果も期待できます。

 

「浮腫み(むくみ)の原因を知ろう」

マルベリー茶の効能!ハーブティー効果と作り方と味の口コミ

心臓がポンプのような働きにより、体内に流れる血液は動脈を通して水分や栄養分を細胞へ供与する役割を果たします。

 

同時並行で細胞内で不必要となった水分が、静脈やリンパ管に戻って来て再び体内をサイクルします。

 

しかし、静脈やリンパ管が調子良く流れずに、戻ってくるべき水分が蓄積される症状が浮腫です。

 

「浮腫み(むくみ)」が生まれる原因はいくつかあり、長時間の起立状態 長い時間立ちつくしていると、重力により血液は足に集積されてしまいます。

 

立ち仕事をしている方の足がむくみやすいのは、このような影響を受けているからです。

 

また、運動が足りない状況による冷え性や血行不良 足の筋肉は縮小することによって、血液を循環に結び付けるポンプの役目を果たします。

 

運動不足が足の筋肉が悪化すると、そのポンプ機能が低下しまい足に水分が蓄積されやすくなります。

 

 

「ダイエットサポート効果」

糖質の吸収を阻害する成分を備えていることから、「甘い物」による糖質の蓄積を防いでくれます。

 

ダイエットや糖尿病予防などの糖分の摂取を控えなければならない病や環境にいる人に人気です。

 

甘いものを食べたくなってしまったときに、マルベリーハーブティー(お茶)を一緒に摂取すると「甘い物」のカロリーをチャラにしてくれます。

 

また、衝動的な糖分を体に取り入れる欲求を抑える効き目を見せるので、糖分を取りたくなったらハーブティー(桑の葉茶)を飲用することが推奨されています。

 

近年では下記のような評判の関連商品も販売されています。

 

 

「糖尿病予防・改善する効果」

マルベリーの成分は日本で糖尿病などの生活習慣病防止の目的で取り扱われ、糖尿病に関してはハーブティーは食後における血糖値急上昇を予防するためになると考えられます。

 

これは「α-グルコシダーゼ」という名の成分の二糖類分解酵素の作用が「マルベリーの葉(ハーブ)」に含まれている「デオキシノジリマイシン」という成分が吸収を妨害することを果たす為と考えられます。

 

「糖尿病が悪化すると・・・!?」

マルベリー茶の効能!ハーブティー効果と作り方と味の口コミ

糖尿病によって腎臓が正常に動かなくなってしまう病魔で、腎臓の毛細血管の塊である糸球体が減少し、血管障害を発症してしまいます。

 

この元凶が動脈硬化へと繋がり、腎不全に影響を及ぼすのです。

 

腎症に見舞われるのには時間がかかり、患ってから5~15年で発症します。

 

そして1度、現れてしまうと浮腫や血性心不全、精神的不安定、疲労感などの病気の状況も出始めます。

 

場合によっては、人工透析を受けなければならなくなり、ライフスタイルが不便になることでしょう。

 

腎症の想像を絶することは、引き起こされても自分で感じる症状が出ないことで、知らないうちに病気の状態が進行して遅かった、なんていうこともありえます。

 

 

「肌荒れ改善・美肌効果」

マルベリーハーブは蚕(かいこ)が口に入れる桑の葉として知られ、生命力が強いハーブとも思われます。

 

他にも中国では薬草として周知されており、肌荒れニキビの改善(美肌)薬に取り入れられ、近年では美容茶としても人気を集めはじめています。

 

また、ハーブティーにも活用されている「マルベリーの葉(桑の葉)」の部分には糖質の吸収を阻害する成分が含まれているというのが主な理由でしょう。

 

 

「若返り肌をサポートします」

マルベリーティー(桑の葉茶)はポリフェノールの一種で抗酸化作用が備わっているフラボノイドを含めています。

 

生活習慣病や加齢現象に見舞われる原因と把握されている活性酸素の取り除きは体内は当たり前として、お肌の若さのキープにも役立ってくれます。

 

便秘や腸内環境の悪化(悪玉菌過多)が元凶の肌荒れ防止にも効果が期待できます。

 

抗酸化以外に体のコゲつき=糖化に歯止めをかけることも近年若返りの一環として好評を博しています。

 

体内のたんぱく質や脂肪などが使い切ることができなかった糖質と結びつき、変性・悪質になってAGEs(糖化最終生成物)と言われるような老朽化物質になります。

 

 

「肌をモチモチさせる効果も」

コラーゲンや角質のケラチンなど美肌に必要不可欠の組成物質も糖化は起こり「コゲ」と言われておるように色も茶褐色に変色してしまいますから黄くすみに罹患する原因にもなります。

 

桑の葉に含まれるDNJ(TM)は小腸からの糖質吸収をコントロールしてくれます。

 

これが余計な糖質の吸収・蓄積を抑制することで抗酸化だけではなく抗糖化も期待が出来ます。加齢の2大要因をダブルでコントロールしてくれます。

 

上記の効果が肌のハリや透明感の維持を手助けすることになってくれるでしょう。

 

 

「人気のマルベリーハーブティー(お茶)を口コミ」

 

千葉県_30代_会社員_A・Sさん

マルベリー茶の効能!ハーブティー効果と作り方と味の口コミ

「マルベリーハーブティー(お茶)の風味について」
健康のことを思って飲みつけていますが、体にめぼしいので当分の間は飲み続けようと思います。

 

想像していたほど飲みにくくないと思います。

 

マグカップにパックを採用してお湯を取り入れて何倍も飲みつけてますが、味は「爽やかな緑茶」といった印象なので初心者向けの風味かな(^_-)-☆

 

美味しく飲めているので、すっからかんになったらリピートします。

「マルベリーハーブティー(お茶)の効果について」
糖尿病の予防・改善パワーを発揮してくれるとテレビジョンで言ってたので即買い入れ。

 

心配はクセのあるテイストだったら困るなぁと怒ったが、GOODだった!飲みやすくて。

 

これだったら持続できそうです。

 

最近健康状態を管理することが心配になり始めたので・・・

 

家系的に糖尿が不安になり、桑茶が良いと聞きこちらを使用することになりました。

 

食前に口に入れると、血糖値の上昇をおさえ、脂肪の吸収をおさえ、食物繊維もおおいので、便通にも素晴らしいです。

 

お味は、爽やかな緑茶びようで飲用しやすいです。

 

実際のところ食物繊維が多い感覚で少しトロリとしたイメージ。

 

私は大好きで、麦茶一辺倒の夫も美味いと飲みなれています(#^.^#)

 

血糖値の改善はまだ確かめられていませんが、何か功を奏したらいいなと考えています。

 

 

 

これも知ろう!「美味しくマルベリーの作り方」とは!?

一般的にマルベリーハーブティー(お茶)はティーパックとして販売されることが多いですが、お湯を注いでホットでの作り方がオススメです。

 

そこで作り方のポイントとして、抽出時間は2分~6分程度にすると比較的美味しく飲めると評判です。

 

しかしこれはあくまでも目安の作り方です。

 

自分の好みに合った、抽出時間(タイミング)をみつけて、お気に入りの味を見つけていきましょう。

 

 

2件のコメント

  1. 初コメでーーす。
    みんな、いろいろありますよね。
    私の知り合いにもお金に困っている人いますし、私にも辛いことがありました。

  2. みんな色んな事情があるんですね(^o^)/
    でも、頑張ってたら良いことありますよ

ただいまコメントは受け付けていません。