職場や会社の飲み会が嫌いな苦手意識を克服!行きたくない対処も

 

職場(会社)の飲み会はとても面倒くさいものだと思いますよね?

 

実際に男女の社会人の64%以上が下記のように述べています。

 

「飲み会に行きたくない」

「飲み会が嫌い」

「飲み会が嫌いで苦手意識がある」

 

職場や会社の飲み会が嫌いな苦手意識を克服したいと思っている人は多いのではないでしょうか?

 

下記では飲み会の極意を紹介しています。

 

 

職場(会社)の嫌いで苦手な飲み会を克服する過ごし方

「おじさんの隣に座って聞き役に徹する」

飲み会に足を運んだ際は、こんなことを記憶に留めるとハッピーで過ごすことができるかもしれません。

 

会社のお酒の席が好きになれない人は「おじさん」の隣に出かけることを意識してください。

 

会話のキャッチボールが面倒なと思うなら、“適当な会話”をするだけでオーケーです。

 

年配の男性は、王道的な苦労話をしながらより一層自慢を言いはじめます。

 

その際、下記のような文言を使います。

 

「さすがですね」

「面白いですね」

「そう思います」

 

というように正当な相づちを打ってみましょう。

 

「おじさん」のいいところは、それ限定であなたを気に入ってくれること。

 

一方、世代が近い先輩や上司には、すごく気配りをするのが人々の心理です。

 

対おじさん、年配の偉い人だと適当に相づちを打つだけで良いイメージを残すことができ、時間が時間を潰せる。

 

そんな相手を狙って隣に座りましょう。

 

 

行きたくない!職場(会社)の飲み会を好印象で断る方法」

飲み会に参加する意義は理解できても「どうしても苦手……」だと思う女性もいらっしゃることでしょう。

 

「仕事の問題でいけない」

「ほとんど会えない人とのお約束がある」

 

というような断り方をするとオススメです。

 

飲み会以上に要になる点があると述べることで、近辺に「仕方ない」という印象があってもらうのがカギです。

 

また、飲み会を断るのではなく、登場してまとめ役に料金を手渡し、開始30分くらいでエスケープするのもよい方法です。

 

アルコールが入ると、みんなが除々に席順移動し始めるかも知れませんよね。

 

そういう訳であれば、抜けても目を引きません。

 

ただ、こういう類ののは「ひとり」でやるから人目に触れないのです。

 

ひとりでさっと抜けるメソッドを覚えておけばすぐに帰宅することができ、2次会にも同行せずに済みます。

 

人と歩調も合わせたい精神もわかりますが、「抜ける時間に静かに抜き出せる」。

 

これも疎ましいお酒の席をさっと終了するやり方ですよ。

 

どうでしてか?

 

調べると下記のような理由で断る人が多いそうですよ。

 

「使える!職場(会社)の飲み会に行かない王道の言い訳」

 

:「親知らずを抜いたばかりだと言う」

親知らずを抜いたばかりなのでいけません!

という嘘をつくのは鉄板なようです。

確かに親知らずを抜いたばかりはアルコールは禁止ですからね・・・・

 

 

:「行けないと素直に断る」

人間関係が悪化する恐れもありますが、キッパリと断ってしまうのも一つの方法だそうです。

もちろん、断り方にもよりますが「行けたら行く」は絶対にNGなんだそうですよ。

 

 

:「体調が悪いフリをする」

事前に体調が悪いフリをしておけば、「具合が悪いから行けない」と言って断る口実にもなりそうですね。

もちろんいつまでもできるわけではないですが。

 

 

このように飲み会に行きたくないときはこのような言い訳をして逃げている人もいます。

 

しかし実際に飲み会に参加するとメリットもあるようです。

 

 

 

行きたくない嫌いな職場や会社の飲み会に行くメリット

飲み会は、いつもは喋ることができない上司や先輩と話ができるタイミング。

 

立寄っておくことで、先を見据えた仕事が円滑になるかもしれませんよ。

 

当たり前ですが飲み会に行くメリットは一つだけではありませんよ。

 

 

「プライベート情報を獲得できてる」

多彩な知識を知りうることが適います。

これまで馴染みがなかった人の別の一面が見られるケースもあるし、いろいろな情報が入ってくるとの意見も

 

 

「普段しゃべることができないことが話せる」

普段言い出しにくい上司ともいっぱい話ができたり、メインの仕事とは別な一面が見られたりして楽しい。

普段打ち明けにくいことが話せる。

打ち解けられることも想定されるので、ある程度メリットもあると思われます。

 

 

「タダでご飯が食べられる」

タダで酒類や食事が楽しんで呑みできること。

普段話さない個人的なことを聞くことができるし、0円でご飯が食べることができる

仕事の飲み会であれば、費用は会社持ち、リーダー持ち、ということも関係してそう。

そんな状況の金銭的なメリットに気が付く声がありました。

 

 

 

 

 

しかし中には本当に飲み会が嫌いで苦手な人もいるようです。

 

そんなときは無理して飲み会に参加する必要なんてありません!

 

 

 

無理はNG!会社(職場)の飲み会は行かない方が良い理由

「飲み会で二日酔いになり、翌日の仕事に響く」

翌日に休みであるのなら問題はないかもしれません。

ですが、翌日も仕事であれば無理して飲み会に行ってしまうと、お酒が残る可能性も・・・

二日酔いで休むなんて会社に言うことはできず、仕事にならないという人も多くいます。

 

ちなみにそんな飲み会で二日酔いになったら下記にような方法を実践しましょう。

 

 

「ひたすら水分を摂取する」

体内のアルコールを出来るだけ早く排出することが大切あので、お酒を飲んだ量だけ水分を摂取しましょう。

とにかく出来るだけ水を飲むように心掛けましょう。

 

 

「グレープフルーツジュースを飲む」

グレープフルーツは、体内でアルコールを分解し、スッキリ感が吐き気がある時におすすめ。

 

 

「スポーツドリンクを飲む」

お酒の飲みすぎによる吐き気や頭痛はアルコールで脱水症状が起こる証拠!!

そこで、スポーツドリンクは水分が体内に浸透させやすく栄養補給にもなり、飲みすぎによる体調の変化にはオススメ

 

 

「梅干しを食べる」

有名な二日酔い対策ですが、お酒によって荒れた胃の粘膜を素早く直し、温かいお茶や白湯に入れてほぐし、一緒に飲むとなお効果的です。

 

 

「お腹をしっかり温める」

胃や肝臓の辺りをしっかりと温めことで、肝機能が高まり、アルコールによる吐き気や頭痛といった症状を抑制。

 

 

他にも、二日酔いになったときにこんな飲み物がとっても効果的ですし、疲労を回復する優れたアイテムです。

 

 

 

「飲み会ではそこまで人間関係は良好にならない」

一般的に飲み会をすることで、人間関係を良好に保つと言われています。

実は飲みに誘った相手も暇つぶし程度にしか思ないことが多いとのこと。

自分に好意があるわけではなく、決心をして誘っているわけではないので、断っても人間関係が悪化するわけではありません。

 

「あまり人と仲良くなりすぎると、ビジネスとして付き合うことが出来なくない」(30代男性_医療器具営業職)

 

「嫌なことがあると仕事だと割り切れず根に持ってしまうことがある。」(40代男性_メーカー経理事務)

 

 

「酒癖が悪い職場の仲間や上司だと不愉快に」

楽しくお酒が飲めればいいかもしれませんが、酒癖が悪い上司だと最悪です。

これが人間関係の悪化にも繋がってくる。

なので、酒癖の悪い上司とはなるべくお酒での交流は避けるようにしましょう。

 

「上司や同僚とは仕事上だけでの付き合いにしたい」(30代女性_ホテルサービス業)

 

「あまりプライベートでは詮索されたくないし、仕事をプライベートに持ち込みたくない。」(20代女性_アパレル従業員)

 

「酒癖の悪い人と飲むと、せっかく翌日が休日で気分よく終わりたいのに、その人のせいで台無しになるのが苦痛。」(20代女性_ペットショップ勤務)

 

 

との意見もあります。

 

 

お酒の席では、最悪な職場の人間に悩まされている人も多いようですね。

 

職場の飲み会って行きたくないものですよね。

 

でも、行きたくないのであれば、無理していく必要はないような気もします。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。