ペパーミントティーの効果とダイエット作用を紹介!危険な副作用も

ペパーミントはシソ科のハーブです。

 

清涼感のある香りが人気で「アップルミント、スペアミント」など、何種類ものミントハーブも存在して存在しています。

 

近年では、継続的にハーブティーを愛飲する女の人達が増えており、食事メニューにも活用されています。

 

現在では、ハーブティーとしても認知され始めており、多くの人におすすめされています。

 

 

痩せたい人は必見!ペパーミントティーはダイエットにも

ダイエットサポート①:「食欲を減退させてくれる」

異常な食欲を感知したり、食べすぎを防ぎたいケースでは食前に1杯のミントティーを飲んでみたらいいと思います。

 

食前に口に入れると下記のダイエットサポート効果が期待できます。

 

度を越した食欲の低下

胃腸の活動を活発にさせる

 

などの効き目を見せてくれます。

 

水分で少しお腹も膨れるので、暴飲暴食するなんて事にもなりづらいです。

 

温かいペパーミントティーを口に入れると、内蔵からあたたまり、さらに効能効果が上昇します。

 

 

ダイエットサポート②:「褐色脂肪細胞を刺激して痩せやすい体に」

褐色脂肪細胞とは、ご飯を食べてきたものをエネルギーとして使用して、体温を上げる効能が期待できる細胞ということを指します。

 

余分なエネルギーを燃やし、脂肪として積み立てられるのを抑止してくれます。

 

ミントティーに含まれる「メントール」の成分には、この褐色脂肪細胞に刺激をもたらし、活動を促進する有効性が高いのです。

 

この褐色脂肪細胞が活性化言わせれば、同じ量口に運んでいても脂肪を溜め込みにくい体になり、ダイエットサポートにつながります。

 

つまりは、太りにくく脂肪が落ちやすい体を手に入れることが出来ちゃいます。

 

そんな体、まさしくダイエットに最も良い方法ですね。

 

 

注意点も!ペパーミントティーはこんな副作用もあります

ペパーミントティーの効果がすごい!ダイエットへは?副作用ある?

副作用①「過敏性腸症候群の方は注意」

過敏性腸症候群に見舞われている方が症状を好転させようとミントティーを体内に取り込んでしまうと、下痢の症状が変調を来たしてしまう可能性が仄めかされています。

これがペパーミントティーの副作用の一つです。

 

 

副作用②「妊娠中や授乳中は注意」

ペパーミントティーは妊娠中及び授乳中の女性、5歳児未満の子供の飲用にも気をつける必要があります。

 

 

副作用③「潰瘍性大腸炎の方は注意」

ペパーミントには、腸の働きを活性化させる実効性があるため、潰瘍性大腸炎(通称:UC)の活動期や下痢症の方がペパーミントティーを体内に入れるのは差し控えたことが適切でしょう。

 

 

副作用④「授乳期間中は注意」

授乳中の女性がミントティーを体内に入れてしまうと、母乳の出が損なわれるため、飲用を我慢した方が良いと評されています。

 

 

でも魅力的!「ペパーミントティー(お茶)」の効果

ペパーミントティーの効果がダイエットへの副作用

「リラックス効果(ストレス解消、抗鬱作用)」

ペパーミントティー(セイヨウハッカ茶)の効用には心身を落ち着かせ、無気力や抑うつに効果が見られます。

 

精神安定化作用もあり、精神神経症などの症状改善にハーブティーが取り入れられることもあり得ます。

 

しかし、このハーブの効能には母乳に歯止めをかける恐れがあるので、妊婦(妊娠中)、授乳中は避けるのが無難です。

 

 

「ペパーミントティーで鬱(うつ)病を治療」

ペパーミントハーブティー(お茶)の効能効果の飲み方

ペパーミントには鎮静効果があり、心理面での「ドキドキ、イライラ、ハラハラ」などの高揚したメンタルを鎮静させて精神と肉体を弛緩させてくれます。

 

また、この作用のほかにも「無気力や抑うつ」に役に立つ精神安定化作用もあり、現実の上で鬱病(うつ病)などの神経症などの治療プラスアルファとして提唱しているクリニック(病院)もあります。

 

さらに、ハーブティーには偏頭痛やそれが元凶のむかつきを副作用もなく治癒してくれます。

 

近年では下記のようにエッセンシャルアロマオイルが人気を集めています。

 

 

「糖尿病予防する効果」

糖尿病は運動不足や肥満体質症(メタボリックシンドローム)など、不規則なフードスタイルが誘因とされます。

 

その症状は「免疫機能の低下、エネルギー生成不足」など生活に障害に見舞われます。

 

また、現在、日本国内では予備軍も一緒にしたら5人に1人の割合がこれらの症状を発症している、もしくは予備軍であると調査で指摘されています。

 

そこでペパーミントの有効成分の「クロロゲン酸」は糖尿病が引き起こされる糖の生成の抑制に働きを示してくれます。

 

糖尿病は体内で糖が過剰に合成が起こり引き起しますが、症状が重症になると、動脈硬化や全身の血管や神経に悪影響を齎(もたら)してを及ぼします。

 

ペパーミントティーは効率的にクロロゲン酸を摂取することで、「生活習慣病」を予防もできます。

 

 

「花粉症、アレルギー症状(鼻水、鼻づまり)改善効果」

ペパーミントの精油成分である「メントール」はアレルギー原因物質であるヒスタミン抑制効果を持っています。

 

これが「目の痒み、鼻水、鼻づまり」などを含んだ花粉症(アレルギー症状)のお悩み解消に奨められています。

 

またハーブティーだけでなく、精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)にも「花粉症やアレルギー」などにも同様の実効性があります。

 

ペパーミントティー(お茶)と精油の効用によって、よりアレルギー症状の改善をお手伝いします。

 

 

「鼻づまりで寝付けない夜にも」

ペパーミントティーの効果がすごい!ダイエットへは?副作用ある?

ペパーミントの精油成分であるハッカの香りには気持ち良さを付与するだけでなく、「血管を拡張したり、鼻の粘膜の腫れ、鼻づまり」を抑え、鼻の通りを改善する働きをしてくれます。

 

また、精油成分には「ストレス解消してリラックス効果」が得られます。

 

なかなか寝付けない方や鼻詰まりを気にしている人はミントティーを飲用してみましょう。

 

 

「喉のイガイガ・不調改善効果」

ペパーミントの殺菌作用は口臭や体臭を防ぐ有用性があります。

 

また副作用もなく風邪症候群の菌にも効果を発揮します。

 

さらに、ペパーミントは抗炎症作用もあり、「喉の痛み、イガイガ」などの不快な感覚でお悩みの方はペパーミントハーブティー(西洋ハッカ茶)として飲用することをオススメします。

 

 

「鎮痛効果(歯痛、虫歯の痛み緩和など)」

爽快な香りが特有性のペパーミンティートは頭痛やそれに付随するむかつきを癒します。

 

また麻痺作用と抗菌作用が、「虫歯や歯痛」等といった痛みを副作用なく鎮静化してくれます。

 

他にもペパーミントのハーブティーには胃の神経の末端を麻痺に結びつけることで、乗り物酔いや吐き気の予防になり、さらに胃の筋肉をゆるめるため、げっぷが吐出しやすくします。

 

 

「健胃作用(暴飲暴食対策、消化促進)」

ペパーミントティーは「食べ過ぎ・飲みすぎ」等々で胃の調子が疾患したときに消化をサポートしてくれます。

 

また、消化を活発化させることで「暴飲暴食、消化不良」などの症状を鎮静化する効能も見受けられます。

 

これとは別に、腹痛や胸焼け、胃けいれんなどの症状を鎮静化してくれます。

 

 

 

「ペパーミントの1000種類もの有効成分」

ペパーミントハーブティー(お茶)の効能効果の飲み方

爽やかな香りに象徴されるペパーミントの精油(ペパーミントオイル)は「メントール、メントン、酢酸メチル」を主成分とします。

 

精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)を使用したアロマテラピーにも活かされます。

 

ハーブティーとしても人気を博しているミントには、1000種類以上もの有効成分が含まれると言われ、現在でもペパーミントに関する効能はすべて明瞭になっていないそうです。

 

 

ペパーミントティーの美味しい飲み方(作り方)とは?

ペパーミントティーの効果がすごい!ダイエットへは?副作用ある?

美味しいハーブティーの飲み方(作り方)は成分の抽出時間がキーポイント。

 

ここで掲示しているペパーミントティーのおすすめ抽出時間は「5分~10分」が望ましいです。

 

もちろん、あくまでも推奨される抽出タイミングなので、お気に入りの時間を見つけ出すも美味しいハーブティーを飲む重要点になります。

 

またシングルティーで飲むよりも、他のハーブと組み合わせたブレンドティーを愛用する飲み方の方が口コミで評判です。

 

 

「人気のペパーミントハーブティー(お茶)を体験」

 

大阪府_40代_主婦_K・K

「ペパーミントハーブティーの風味について」
とても飲みやすいハーブティーでちょっぴり甘いかな?

 

爽やかな香りが口の中でフワ~~フワ~~っと広がるのが楽しめて良いですねえ。

 

口の中で清涼感のある香りが広がるの相変わらずすがすがしいですね(^_-)-☆。

 

飲みにくいハーブティーが多いなか、初心者の人でも構えることなく飲めるところがSO GOOD!です。

 

余談ながら、口臭にもテキメンでした。

「ペパーミントハーブティーの効果について」
殺菌作用が強いハーブティーなので、「痰が詰まるような喉のイガイガする炎症」や「寝つきをおかしくするような鼻水と鼻詰まり」に効き目がありましたし!!

 

スースーするので呼吸が楽になりますし、4日くらい取り入れると良化されました。

 

あと、「布団に入ってから全く寝付けず、日が明るくなってる」などの寝つきの劣悪さにも頭を悩ましていました。

 

しかし、これを就寝1時間~2時間前くらいに口に入れると、頭の中がクリアになり、リラックスされて心が楽になるので、ベッドに入る前に愛飲するのがベストタイミングかな?

 

気分もスッキリするような爽やかな香りが広がるので、直ぐに寝れないときやリフレッシュしたい時にベストだと思いますし、個人的には風邪予防や喉のイガイガに効果的かな!!!

 

といった印象。

 

でも、改めて飲んでみるとそれだけでなく、本当にリフレッシュハーブティーのようなきがしてると思います。

 

なにより、抗酸化作用があるので、若さのキープになりそうです。

 

 

かならず知っておきましょう!ペパーミントハーブの使用方

ペパーミントティーの効果がすごい!ダイエットへは?副作用ある?

「ハーブとしての活用」

ペパーミントやスペアミントなどといったハッカ属は、古代ギリシア、ローマで浴用香料という形で、また食材や飲料のフレーバー付けに適用されました。

 

ローマ人が英国に運搬してきたハーブの内、ハッカ類はナンバーワンの好評で9世紀に修道院の庭で生育されていた。

 

ペパーミントは、西洋では太古の昔から軽い病気の薬として「健胃、制吐、抗痙攣、発汗促進」に一役買って体を冷やす、病後の回復などのことを果たす為に取り扱われた。

 

現在ではハーブティーとしての利用が一般的に多くの女性に活用され、支持を集めています。

 

 

「精油(エッセンシャルアロマオイル)の利用」

精油やこれに含まれるメントールは、英国では消化不良や気管支炎、過敏性腸症候群の治療薬として、2カ所以上の医薬品に活用されている。

 

ただし、過敏性腸症候群への有効性には疑念が拭えないと言われています。

 

また、局所麻酔や筋肉痛時の反対火付け役としても使うことが出来ます。

 

アロマテラピーでは気分をヒーリングさせる、活気付かせる、カームダウンさせる、またニキビや皮膚炎、喘息、消化不良、歯痛など様々な効果効用が唱えられている。

 

 

「精油を直接肌に使用する危険性」

精油はアロマテラピーとして使用する分には問題ないが、皮膚(肌)直接的な使用に対して刺激性がある副作用の可能性もゼロではありません。

 

同時に殺菌作用があることから、肌を清潔に保ちニキビや体臭を予防する効果があるとして、浴槽に数滴滴下するといった「アロマバス」に利用する女性も多くいます。

 

しかし、皮膚に直接使用するさいには、あらかじめ副作用がないか?パッチテストを実践しておきましょう。

 

 

4件のコメント

  1. こんばんわ
    最近、気が付くとRICOさんのブログを読ませていただいてます。
    接客業なので、色々な人もいますが人生勉強ですよ(^_-)-☆
    ファイトーー!!!

  2. まみちゃさん←
    いつも、ご訪問ありがとうございます。
    そうですね、何事も経験ですよね(^^♪

  3. まあ~~ある程度はしょうがないですね(^^♪
    接客業なので、いろいろな人がいますが、いい人生経験になりますよ~~☆彡☆彡
    人生は勉強です(^^♪

ただいまコメントは受け付けていません。