会社のお金を横領したら懲役かも?業務上で横領した職場の対応を紹介

日頃からあくせくと働いていますが、どうしても問題になってくるのが生活費や交際費などの金銭的な問題です。

 

今の仕事場(職場)の給料では、お金がなくて生活できないという人も珍しくありません。

 

近年では、お金がなくて会社内(仕事場)で横領事件を引き起こしてしまう旦那さんもいるとの報告もあります。

 

貧困が社会問題になっていることも。

 

 

では、もし旦那さんは会社内(職場)で横領事件を起こしてしまった場合、どんな処罰が下されてしまうのでしょうか?

 

 

まずは「業務上横領罪」について知っていますか?

会社のお金を横領したら懲役かも?業務上で横領した職場の対応

横領とは、自分自身が管理下に置く責任があってマネジメントしているものを、奪ってしまう(領得する)という横領行為をペナルティーを課すための犯罪です。

 

この中でも、そのビジネスライクな責任をベースにしてもっているものをとってしまった時はには、「業務上横領罪」と呼ばれています。

 

これは通常の横領罪よりも責務が根が深いと理解されていて、重く罰せられます。

 

業務上横領罪のケースでは、その刑罰は「10年以下の懲役」と公表されています。

 

 

調べてみると、下記のような処罰があると言われています。

 

 

会社のお金を横領したら懲役?業務上で横領した職場の対応を紹介

会社のお金を横領したら懲役かも?業務上で横領した職場の対応

「厳重注意」

良心的な職場だと、厳重注意で済まされる可能性もありますが、今まで気づき上げてきた信頼がすべて水の泡になります。

ちなみに、これがもっとも軽い処罰になります。

 

 

「始末書」

こちらも厳重注意と同じくらい軽い処罰ですが、始末書といって出征に響くかもしれないが、具体的な処罰は一切ないとの報告書を書くこともあります。

これが、厳重注意の次に軽い処罰でもあります。

 

 

「減給(給料が減る)」

懲戒免職(クビ)になることは免れても、給料が減らされてしまうことで、金銭的な余裕がなくなります。

また、会社にも居づらくなってしまい、携帯がなっただけでみんなが振り返るとの意見も。

 

 

「降格(階級が下がる)」

給料が減給されるだけなく、今の役職から降格させられてしまいます。

さらに、出世コースから外れてしまうこともあり、その後は辛く残酷で悲惨なサラリーマン人生を送るハメに。

 

 

「出勤停止処分」

1週間~長くても3カ月くらいは、出勤することが出来なくなるという処罰です。

職場によっては、有給休暇を無理矢理に消化させられた挙句、職場に居づらくなるというサラリーマンが多くいます。

 

 

「懲戒解雇(クビ)」

雇用契約から外されてしまい、懲戒解雇されることもあります。

また職場によっては、諭旨解雇(自主的に退職する手続き)を書かされる場合もあります。


このように、処罰は色々ありますが、やはりどんな処罰でも、窃盗事件を起こして市編むことで、今まで苦労が水の泡です。

 

 

 

そう考えると、処罰が軽かろうが、重かろうが会社のお金を横領したら評価を落としてしまったことが根本的な問題なので、どれも同じでしょう。

 

そんな時は、潔く転職してしまうのも一つの手です。

チェックしてみる>>>こんなにも良い条件がそろってるの!?今まで知らなかった副業・アルバイト探し・転職サービス一覧

 

 

会社のお金を業務上で横領したら金額で罪が大きく変わるの?

会社のお金を横領したら懲役かも?業務上で横領した職場の対応

横領の刑罰に影響を及ぼすケースだと、横領をした金額(被害額)過多のか少ないかは、極めて肝心な部分になります。

 

ただ、横領のトータルコストが「数千円」などと少ないケースでも、決して甘く見ることができるわけではなく、逮捕されるケースも疑いようもなくあります。

 

これは、数百円の万引きで逮捕されることだって考えられるようにする為にはよく検証できるでしょう。

 

その反対に数千万、数億なケースは、初犯の場合でも実刑となる予想がとっても高くなります。

 

損失金額があまりに巨額になると、被害を被った人が談判の議論を考慮してくれたとしても、被害金額をすぐにまとめて返上するのが困難なこともあり得ます。

 

たとえば、経理担当として会社の代表から信頼されていた人が何年も掛かって会社のお金のつぎ込んでいたシーンです。

 

このようなケースは、一括返還は労力が要りますから、継続的な分割返済や、退職金との中和といった切り口によって被害弁償をスタートさせていく事例が多いでしょう。

 

当たり前ですが、経営破綻をしても、放免されない債権にあたりますので、返済をする責任を逃れることはできません。

 

 

会社のお金を横領したら懲役!業務上で横領した職場のエピソード

会社のお金を横領したら懲役かも?業務上で横領した職場の対応

東京都_10代_Y・Kさん(ゲームセンター勤務)

皆さんは、日常的にゲームセンターに行く機会ってありますか!?

 

 

これは、ゲーセンに行かないとわからないと思いますが。

 

 

ゲームセンターの辛いお仕事(アルバイト)を通してわかったことは客層が少しだけ荒っぽいということ

 

まあ、わたしの職場は大手ショッピングモールの中に入っているので、客層は親子連れだったりするのですが・・・・

 

 

やはりちょっと客層は荒い・・・・

 

 

ときどき、お客さん同士で喧嘩していることもあるそうで・・・

 

 

「わたしは、まだ遭遇してませんがとっても怖い」

 

「まあ、それよりも熱を持つ機械が多いゲームセンター内は非常に暑いのでいつか客にクレーム言われてキレられそう」

 

 

なので、ゲームセンターには、ほかのお店にくらべると犯罪や事件が多い。

 

 

 

今日に限っては、店長から他の店に「金を奪う凶悪で怖い他店のクルー(従業員)」が現れたとの報告が

 

 

 

店に金を奪う凶悪で怖い窃盗団の犯罪者が
店長:「他の店舗から写真が送られてきたんだけど、この盗撮カメラに映ってる他店のクルー(従業員)がお店でお金を奪っているからね」

 

あたし:「へえええ~~。怖いです。」

 

店長:「金物のバールでゲーム機の金庫を無理やりこじ開けてるみたい!!」

 

店長:「だから、危ないのでうちの店で見かけたら、一人ではいかないように

 

あたし:「はい。わかりました。(←どうせ、うちの店に来るわけないべさ~)」

 

あたし:「ちなみに、どこの店舗は被害にあったんですか!?」

 

 

 

店に金を奪う凶悪で怖い窃盗団の犯罪者が
店長:「1回目は千葉で、2回目は上野、3回目は秋葉原だったかな~~」

 

 

待て!!待て!!待て!!待て!!待て!!

 

 

おい!!おい!!おい!!おい!!おい!!

 

 

「めちゃくちゃ近づいて来てるじゃねーーーーか!!!」
店に金を奪う凶悪で怖い窃盗団の犯罪者が
「やばい!!もしかしたらマジでうちの店に来るかも!?」

 

 

っとちょっと恐怖しましたね。

 

 

ですが、不思議に思うのがゲーム機の金庫をこじ開けても、せいぜい4,5万円くらいのお金しか入ってないんですよね。

 

 

 


店に金を奪う凶悪で怖い他店のクルー(従業員)は、なぜそんな金額でリスクを冒すのでしょうか!?

 

 

みなさんは、なぜだと思いますか!?

 

たしかに、2億円や3億円だったら、わたしもちょっと気持ちはわからなくはないですが・・

 

さすがに4,5万円程度で前科もちにはなりたくないなあ。

 

 

う~~~~ん

 

 

なぜでしょうか!?

 

 

これは、店に金を奪う凶悪で怖い窃盗団の犯罪者が本当に表れたときに直接インタビューするしかないか!?

 

 

「でも、バール持ってるからぶん殴られるかもしれない!!」

 

「金物バールでボコボコに殴られたら死ぬだろ!」

 

でもまあ、普通に考えたら働いた方が効率が良いような気もしますがね・・・・

 

 

こればっかりは、感覚が違うのかもしれませんし・・・・・

 

よっぽど働きたくないのかも?

 

 

もしかしたら、社会と戦っている反乱軍の可能性も!

 

 

みなさんは、この「店に金を奪う凶悪で怖い他店のクルー(従業員)」をどう考えますか!?

 

もちろん、横領及び窃盗になるのでクビになったそうですよ。

 

 

2件のコメント

  1. うわあ~~~^
    危険ですね・・・・気を付けてください|д゚)

  2. まあ、犯罪者の心理は彼らにしかわからないですからね~~
    私たちは地に足着けて頑張りましょう(^^♪

ただいまコメントは受け付けていません。