会社の飲み会が行きたくない苦痛で疲れる方へ!好かれる断り方を紹介

 

仕事をしていると必ずあるのが飲み会ですが、中には「お酒が飲めないから飲み会は苦痛です。」

 

との意見もあります。

 

ちなみにお酒が飲めない人はこちらの商品がオススメされています。

 

飲み会はお酒が飲めれば楽しいかもしれませんが、「お酒が飲めない人(下戸)」の人にとっては、苦痛でしかありません。

 

そこで嫌われない、もしろ好かれる上手な断り方を実践してみましょう。

 

 

 

会社の飲み会が行きたくない苦痛で疲れる方へ!好かれる断り方とは

「飲み会に行きたいけど先約がある」

忘年会や年明け会など、数カ月前から固定化していた飲み会が起きない限り、誘われたときに先約があるというようなケースもあるでしょう。

 

その場合は遠慮することなく「先約があるので」と説明したら相手も強要しては誘えないはず。

 

「先約を持っているので行くことができませんなど、アポイントメントがあることを申告する」

 

「先約があると解説すれば、とりわけ詰問されません」

 

 

「飲み会に行きたいけど体調が悪い」

健康状態が悪い人をお酒の場に義務化することなど不可能ですよね。

 

誘った方も、「お大事に」や「また今度」としか返せなくなっています。

 

「コンディションがよくない、サイフが苦しい状態など」

 

「体調不十分。あちらもしつこく誘えない」

 

 

「飲み会に行きたいけど医者に止められてる」

大人にとって会社の飲み会はコミュニティーを立ち上げる価値のあるフィールドです。

 

しかし、それを断りたいと考えているときは、「この飲み会に行ったら身体や心の中によくない」と心がSOSが生じているエビデンスです。

 

自分自身のメンタリティとは裏腹に飲み会まで行くことは不必要です。

 

ある種の「プロテクト医学」だと自分の思いで割り切り、キッチリと断りましょう。

 

「親知らずがあるので、飲めないです」

 

「医者にお酒を飲むのは止められているので」

 

 

 

「飲み会に行きたいけど子どもが心配」

子供世代を持つ女性のみなさんに大多数だったのが「ちびっ子の事情」で拒んだらいうリアクションでした。

 

呼び出してきた人が子持ちなら、突っぱねたとしても理解がありそうですね。

 

「幼稚園児などがいるので、子どもを理由としてあればたいてい拒否できる」

 

「小さな子の預け先が存在しなかったり、ほかの案件が少し前ほどに入ってる」

 

 

「飲み会に行きたいけど家族が大変なので」

実際的な「保護者や子ども」でなくて問題はありません。

 

例外なく自分自身に決して無意味でない位置付けっていますよね。

 

ペットや育て上げている観葉植物も「家族」と心に決める人もいますし、嗜好の友だちを「頼る相手のような位置付け」として感じ取る人だっています。

 

つまり、家族=お酒の席よりも中心的な存在、と考えればよいのです。

 

「親が体調が悪くて入院しているからいけない」

 

「家族に持病を持っている人がいて早く帰らないといけない」

 

 

 

業界の中の職業(職種)や会社によって、飲み会の頻度も違ってくるものですが、どの業界が特に飲み会が多いのでしょう?

 

下記に飲み会の多い業界ランキングを紹介します。

 

 

こんな職場は危険!会社の飲み会が行きたくない苦痛で疲れる方へ!

1位_建築または建設業界

建築業界は非常に飲み会が多いと評判ですし、体育会系ということもあってか?

 

「吐くまで飲まされる」、「潰れるまで飲まされる」との悲鳴も。

 

また、飲み会が多い会社が圧倒的に多いと言われているのが、この建設業界の特徴でもあります。

 

お酒が強ければ、楽しい飲み会ですし重宝されますが、「お酒が弱い体質(下戸)」にとっては地獄と言われる恐怖の職場です。

 

特に現場に赴くことの多い、建設業界はお酒が飲めない人は絶対にNGだろ恐れられています。

 

 

2位_サービス業の営業部

ホテルや飲食、イベント関係などの営業職は、取引先との接待や飲み会に出席する機会が多いと言われており、アルコール中毒者も排出させています。

 

また、取引先によっては「吐いてもお酒を呑まされるという地獄のような職種」でもあります。

 

なので、お酒が飲めない下戸体質の人は、絶対に勤めてはいけない職業とも言われており、まず働き続けることは不可能でしょう。

 

さらに営業職で出世する人の特徴として、「お酒が非常に強く、お酒の付き合いが上手な人」が挙げられています。

 

 

3位_土木業界(関係)

こちらも建設業界と同じような理由で、飲み会が非常に多いと恐れられている職業の一つでもあります。

 

また、体育会系の職場でもあるので、潰れるまで飲まされるなんて日常茶飯事だったりするとの体験談もあります。

 

しかし、建設業界に比べると、比較的に飲み会の回数は少ないと言われており、また飲み会が多い職場と少ない職場で分かれるようです。

 

配属先の上司によって、さまざまということになり、上司が大酒呑みだったら最悪の職場と言えます。

 

 

このように、企業(業界)によってはお酒を呑まなければいけない機会が多い職場もあります。

 

また、お酒の席で酒癖が悪い人がいるのも事実ですし、お酒の飲みすぎによる体調不良も気を付けなければいけないところですね。

 

そこで、お酒を多く飲まされる業界人にとって、サプリメントが人気を集めているようで、メディアで紹介されていますね。

 

 

 

会社の飲み会が行きたくない苦痛で疲れる方からの投稿エピソード

神奈川県_20代_T・Sさん(経理事務勤務)

皆さんは苦痛でつまらない職場の飲み会で疲れるような経験はありますか?

 

正直言って、飲み会ってけっこうしんどかったりするんですよね。

 

 

なんでも、意外と飲み会が面倒くさいと思っているひとは多いんだそうですけどね。

 

 

「正直、飲み会がめんどくさい」という某アンケート調査によると、なんと50%以上の人が面倒くさいと思っているという調査結果が報告されているようです。

 

 

「もう、いっそのこと飲み会なんてやめてしまえよ」

 

「ダルい~~~~めんどくさいよ~~~」

 

 

なんて、ちょっと頭をよぎることってありますよね。

 

 

だって、アンケート結果に半数以上の人が「飲み会は面倒くさい」と思ってるんだもん

 

 

 

 


でも、ほとんどの従業員が参加しているので、お仕事場の付き合いは今後にとっても大切ですし、「暗黙の強制参加」みたいなものです。

 

 

だって、飲み会に参加しないと「あいつ来なかったよ~~~」なんて陰で言われることもありますし、人間関係は大切ですからね。

 

 

はああ~~~~。

 

 

これだから、日本の古くから伝わる風習は!!

 

さらに、あたしはお酒が強くないので、けっこう苦痛だったします。

 

 

お酒が強ければ楽しいかも知れませんがね・・・・

 

 

とくにうちの職場は酒飲みが多いので本当に面倒くさい飲み会。

 

 

 

その日も目的の場所につくと、すでにメンバーは揃っており、「焼き肉屋」に行くことに・・・
苦痛でつまらない職場の飲み会で疲れる

 

 

やはり、みんなシラフだからでしょうか!?

 

 

 

「シーーーーーーーーーーーーン」
苦痛でつまらない職場の飲み会で疲れる
「いったいなんだ、この気まずい沈黙は!?」

 

 

 

しかし、お酒がすすむにつれて話が盛り上がっていきましたが、問題発生しました。

 

 

その席がちょうど私以外は趣味が合う人たちだったのです!

 

・「あの深夜アニメのサントラがさあ~~~~」

 

・「ギャルゲーのアニソンが、めちゃくちゃいいんだよね~~~」

 

・「あのオンラインゲームのキャラクターってかっこいいよね~~」

 

とか・・・・・

 

 

「いやいやいや!!!全然、話についていけないんですけど!!!!」

 

「やべえええーー!!マニアックすぎて、この席で盛り上がってる話が全く理解できてない!!!」

 

 

まあ、辛いお仕事での飲み会なので楽しさは期待していませんでしたがね。

 

 

 

本当にわけのわからない会話の中で盛り上がってるので、「話に参加してる風の笑顔を作ることで精一杯」なのは辛かったです。

 

 

苦痛でつまらない職場の飲み会で疲れるし気力も体力もボロボロ・・・・

 

 

しかも、さらに問題発生しました。

 

 

普段は無口でおとなしい「職場の先輩(男性)」がとっても酒癖が悪かったのです!

 

 

みなさんは、苦痛でつまらない職場の飲み会で疲れるような体験はありますか!?

 

 

1件のコメント

  1. こんにちはー(^o^)/
    コメです。
    わたしも飲み会きらいなので、わかりますねー。
    誰が得してんだろ・・・?

ただいまコメントは受け付けていません。