パッションフルーツの効能と副作用は妊婦やダイエット美容に効果的!


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。





今女性の間で美容効果が注目されているがパッションフルーツ(実や種)です。

 

そこで「パッショフルーツにはどんな効能があるのか?」ご存知ですか?

 

「パッショフルーツはダイエットに効果がある」

「パッションフルーツは妊娠中の栄養補給になる」

「パッショフルーツは便秘解消に効果的」 

 

など言われているようですが、実際はどんな効能があるのか?

 

効能や副作用を下記に紹介しているので見ていきましょう。

 

 

 

食べてキレイに!パッションフルーツの美容効果(効能)

 

「肌荒れ・ニキビを予防」

代謝周期が高まれば肌の入れ替わりも規則正しく行われるようになります。

これがカサカサ乾燥肌・ニキビ・肌荒れといった肌の悩みを改善。

 

 

「血行促進効果」

血行促進に役立つビタミンEやナイアシン、ピセアタンノールの血管拡張作用&血行活性化効果の相互作用によって身体の中の血行がより良く改善されます。

 

動脈硬化の予防・改善によって血管の弾力性が良くなってしなやかな状況を保つのも最もお勧めですね。

 

 

「活性酸素の抑制」

有効成分「ピセアタンノール」のハイレベルな抗酸化作用は、活性酸素から線維芽細胞を守りながらコラーゲンの分解をストップする働きを示してくれます。

 

簡単に言えば、抗酸化作用のナチュラルプロセスにより「光老化」から間接的に肌を遵守してくれるのですね。

 

 

「メラニン色素の生成を抑制」

ピセアタンノールからもらえるメラニン生成の抑制作用は、メラニン生成細胞「メラノサイト」へとダイレクトに影響を及してその生成を阻止します。

 

有効成分であるピセアタンノールは「メラノサイトに直接注意喚起を促してメラニン色素の生成そのものを抑える」という作用からの美白効果を得られますよ。

 

 

「線維芽細胞を活性化!コラーゲン生成を促進」

パッションフルーツに含まれるピセアタンノールは、素肌のハリやしっとり感には欠かせない線維芽細胞へと影響を与えます。

 

これがコラーゲンの生成を促進する効果がありますから、肌の内側から潤いやハリを奪還しますよ。

 

線維芽細胞は肌組織の中でも深いゾーンにあたる真皮に見受けられ、コラーゲンやエラスチンなどの肌のハリやモイスチュア効果キープには肝要な成分を生成します。

 

 

「むくみの改善&予防効果」

体の中の不要の塩分や水分を外に出すカリウム、血行促進に役立つビタミンEやピセアタンノール。

 

そしてターンオーバーを促進するクエン酸の働きから効率的にむくみを改善・予防が可能。

 

栄養成分から得られる相乗効果があって血行促進&不要な水分や有毒物の排出が望めるパッションフルーツは、まさにむくみの本質的な問題解決には合致しているフルーツですね。

 

 

 

女子に人気!パッションフルーツはダイエットに効果的

炭水化物の代謝サイクルを早めるビタミンB1

脂質の代謝を活発化させるビタミンB2

タンパク質と脂質の代謝を活発化させるビタミンB6

 

といったダイエットに絶対不可欠なビタミンB群を同時に口にできるパッションフルーツは、ダイエット効率をアップさせてくれますよ。

 

また血液循環活性効果から新陳代謝を上昇させるビタミンE、ナイアシン、ピセアタンノールといった栄養成分からも脂肪燃焼効果をアップできるのも幸せなポイント!

 

パッションフルーツそのものがのカロリーは100gあたり64kcalととてもヘルシーという訳で、おやつのスイーツ代理として口に運ぶだけでもカロリーカットが楽に!

 

甘さそして酸っぱさを堪能しながらダイエット効果を確保できるパッションフルーツはダイエッターの強い味方という形です。

 

 

 

妊婦も必見!パッションフルーツは便秘解消にオススメ。

妊婦さんや女性は便秘になりがちですよね。

 

パッションフルーツにはビタミンもナイアシン、ビタミンB6・C、葉酸を多く含んでいます。

 

 

有効成分「消化酵素プロテアーゼ」の消化促進自然作用や整腸作用、食物繊維の便秘解消に効果的なことから女性にオススメのトロピカルフルーツです。

 

 

生活習慣病予防、コレステロール値低下とでもいうべき役目も担います。

 

 

ゼリー状の果肉は酸味ががっしりしているため、生の状態で食べるほか、ジュースやシャーベットにしても美味しい状態でいただけます。

 

 

また、タンパク質分解酵素が含まれているので、肉料理のあとのデザートにも合っています。

 

 

 

パッションフルーツの効能が妊婦にオススメの理由とは

パッションフルーツは妊娠中にオススメされているのはご存知でしょうか?

 

 

これは主にパッションフルーツには葉酸やビタミン類が多く含まれているためです。

 

葉酸とはDNAを作成する時点でビタミンB12と共に絶対必要な栄養とされており、乳児をお腹に抱えたお母さん(妊婦さん)にとって重要な栄養素の1つです。

 

 

特に妊娠中(妊婦)は、多く体に取り入れることが奨められています。

 

葉酸量0.086mg(100g中)包含されています。

 

葉酸の他に、活性酸素を抑え、免疫効果を強めるベータカロテンや美肌作りや免疫効果を引き出すビタミンC、アミノ酸代謝をサポートするビタミンB6が組み合わされています

 

 

 

パッションフルーツは食べ過ぎると副作用がある?

パッションフルーツは栄養素が豊富ですが、食べ過ぎによる副作用はあるのでしょうか?

 

現在、パッションフルーツの食べ過ぎによる副作用は報告されていませんが、可能性としては下記のようなことが考えられます。

 

体が敏感な人で副作用やアレルギー症状が引き起こされることができることを検討しなければいけないです。

 

 

「うつ病の薬と併用するのはNG!」

フルーツの鎮静の特異性は、ひとつの例として「うつ病」の薬剤の効果に干渉します。

 

パッションフルーツを食べ過ぎると薬剤の効果に影響を及ぼすので、同様の理由で過度のアルコール消費量とパッションフルーツを飲み合わせる形は避けなければなりません。

 

混合物は、薬物の効果を高め、血液のオーバーな希釈が発生するリスクがあるためでも、アスピリンのパッションフルーツを取ることが不可欠です。

 

パッションフルーツは、アスピリンのように、抗凝固特性を持ってます。

 

 

「糖尿病の方は食べ過ぎると副作用が!」

もう一つの重要な警告が糖尿病患者のためです。

 

この果物のカロリーの大半は砂糖から来る。

 

・「糖尿病を持つ人々はそれを食べるように注意しなければならない」

・「パッションフルーツを食べる際に、少なくとも、あなたの血糖値に気を付けてください。」

 

糖尿病の方は食べ過ぎに注意しましょう。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。