仕事先の会社(職場)や飲み会で男がキモいセクハラした経験の事例

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は3 分で簡単に読めます



仕事場や飲み会で、多くの女性社員を悩まさせているのが、「セクハラ(セクシャルハラスメント)」です。

 

特にセクハラしてくる相手が上司や先輩だと文句を言うこともできず、我慢してしまう人も多くいます。

 

アルバイトや会社員でも、男性の上司に悩まされている場合もあります。

 

 

実際にセクハラにはどんな事例があるのでしょうか?

 

会社で深刻なセクシャルハラスメントに悩まされている女性は少なくありませんし、こんな事例もあります。

 

 

 

チェックしよう>>>仕事に関するあなたのお悩みを解決する記事はこちらにも!?すぐにチェックしてみましょう。

 

 

 

下記の関連記事にもあなたの知りたいことはありませんか?

 

 

下記に体験談をまとめてみました。

 

 

飲み会で上司や先輩がキモいセクハラしたひどい発言や経験事例とは

飲み会の席で嫌な思いを!

気持ち悪くて最悪でした・・

もう辞めたい

飲み会の席で、お酒に酔った勢いで、肩にもたれてくる気持ちの悪い男の上司がいました。

 

始めの方は、わたしも笑って受け流していましたし、上司なので我慢しなければ!と思っていました。

 

でも、少しずつ肩に腕が回されて、胸が当たるくらい、体を密着させられて本当にとても気持ちの悪かったです。

 

口臭いし不愉快だしで、結局その職場はやめて転職しましたが、辞める数カ月は上司の顔が気持ち悪くて仕方ありませんでしたね。

 

なにより、覚えていないフリして「また、みんなで飲み会いこうね~」なんて言われたのに腹が立ちました。

 

上層部に相談しても対応してもらえず

なんででしょうかね?

もう最悪な職場で気持ち悪い

日頃から、ちょっとだけ気持ちの悪い会社の先輩だな。

 

とは思っていましたが、お酒の席で気持ちの悪さが露呈。

 

不愉快になるような事ばかり聞いてきたり、言ってきたりされて、酔っぱらった勢いで胸に顔を押し付けてきました。

 

「あ~~ごめん、ごめん酔ってるから」とか言ってきましたが、絶対にワザとだろ!!

 

と思いましたね。

 

そんなこんなで、上司に相談したら「まあ、飲み会の席だし我慢してあげてよ」とまともに取り合ってもらえず。

 

今は、結婚したので働いていませんが、最悪の職場でした。

 

上司に毎日のように・・・

毎日が本当に苦痛でした

もうどうしたらよいのでしょうか?

普段から仕事場(職場)でも、不快になるような言動が多かったのですが、笑って流していると段々とエスカレートしてきました。

 

ついに、肩に手をまわして「頑張ろうね~」とか!

 

手やお尻をギューっと握られて「頑張ろうね~~」とかベタベタ触ってきました。

 

「今日も良い匂いだね」とか言って、髪の毛の匂いを嗅いできたりでもうストレスで鬱になりそうでした。

 

その人の口癖が「俺は、上層部に気に入られてるから大丈夫」でした。

 

 

下記の関連記事もチェックしてみましょう

 

 

しかも、これは氷山の一角で、中にはいまだに苦しんでいる人もいるそうです。

 

 

仕事場やバイト先の飲み会などで、上司や先輩男性に下ネタやセクハラ発言(言葉)を言われることがあります。

 

 

しかし、なかなか返答が難しいものですよね?でも、職場の人間関係ではうまく立ち回らないと下記のような最悪な職場環境になることも・・・・

 

 

 

 

では、いったいどんな対処法が正解なのでしょうか?

 

調べてみると、下記のような対処法がありました。

 

 

 

職場(会社)や飲み会での気持ち悪いセクハラ発言への対処法とは?


「とにかくひたすら笑顔で笑って流す」

どんなに、不愉快でも仕事場の上司や先輩なので、不愉快な顔をするわけにはいきません。

 

今後の人間関係のためにも、とりあえず面白い話を聞いているような顔をするべきでしょう。

 

勘違いしやすい上司や先輩など、人によっては「自分の話を面白おかしく聞いてくれる」と思い込む人も多いそう。

 

不愉快になる下ネタに耐えることこそが、あなたの忍耐力を試す試練にもなるかもしれません。

 

 

「さりげなく、武勇伝に話を逸らす」

どうしても、不愉快になるような下ネタであれば、話を切り替えるのもありでしょう。

 

下ネタの話から武勇伝に切り替える話術があれば、あとは自慢話を頷いて聞いているだけです。

 

なので、下ネタに対する話術を磨くのも一つの手ですし、武勇伝を語り始めたら合いの手でも入れて、機嫌を取りましょう。

 

武勇伝を語ると気こそ媚び売るチャンスでもあるので、ここで上司のご機嫌を取っておくのも対処法の一つです。

 

 

「下ネタにノリノリで話す」

男性は下ネタに恥じらう女性が大好きということがアンケート調査でも報告されています。

 

なので、むしろノリノリで下ネタを話すことで、相手をひかせてしまいましょう。

 

これは、一か八かの博打みたいなところがあり、引く男性もいますが、喜ぶ男性もいます。

 

変に誤解を生んでしまうこともあるので、危険な対処法でもあります。

 

 

不愉快になる仕事場の下ネタに我慢しなければなりませんが色々な対処法があります。

 

 

 

では、どんな言葉が適切なのでしょうか?

 

 

 

仕事の職場で気持ち悪いセクハラ発言の4つの返し方(言葉編)

「そうなんですか?を繰り返す」

面倒くさい下ネタは、ひたすら同じ言葉をオウム返ししてやり過ごしましょう。

 

「すごいですねと言う」

スゴイと言われて喜ばない男性はいません。相手の自尊心を刺激しましょう。

 

「面白いですねと煽てる」

これも「すごい」と同様で、面白いと言われると男性は大喜びします。

 

「やめてくださいよと甘えた声で言う」

甘えた声で、やめてくださいよーと恥じらうフリをしましょう。たとえ、気持ち悪いと思っていても・・・・

 

 

勘違いしてはいけないのが、下ネタにもルールがあり、それを破ってしまうNGワードもあります。

 

 

仕事の職場で気持ち悪いセクハラに絶対NGな返し方(言葉編)

「それって、どういう意味ですか?」

下ネタに疑問で返したら、空気を壊してしまう恐れがあります。

 

「へえ、そう、はあ」

無関心で興味がありませんよ!という意志表示にもなってしまうので、相手の顔が凍り付いてしまうことも

 

「なるほど」

武勇伝を聞いているときは良いですが、下ネタはあくまでも笑いなので、絶対に感心してはいけません

 

「・・・・・(無言)」

人との会話は基本的にキャッチボールであり、下ネタも同じです。なので、無言や無反応は一番NGな行為とも言えます。

 

上司や先輩男子から言われる下ネタって不愉快なときがありますよね?

 

本当につらいのであれば、転職したり他のアルバイトを探してみるのも有効かもしれませんね。

 

チェックしてみる>>>こんなにも良い条件がそろってるの!?今まで知らなかった副業・アルバイト探し・転職サービス一覧

 

 

職場(会社)の飲み会は聞き役に徹するようにしましょう

飲み会に足を運んだ際は、こんなことを記憶に留めるとハッピーで過ごすことができるかもしれません。

 

 

会社のお酒の席が好きになれない人は「おじさん」の隣に出かけることを意識してください。

 

 

会話のキャッチボールが面倒なと思うなら、“適当な会話”をするだけでオーケーです。

 

年配の男性は、王道的な苦労話をしながらより一層自慢を言いはじめます。

 

その際、下記のような文言を使います。

 

「さすがですね」

「面白いですね」

「そう思います」

 

というように正当な相づちを打ってみましょう。

 

「おじさん」のいいところは、それ限定であなたを気に入ってくれること。

 

一方、世代が近い先輩や上司には、すごく気配りをするのが人々の心理です。

 

 

対おじさん、年配の偉い人だと適当に相づちを打つだけで良いイメージを残すことができ、時間が時間を潰せる。

 

 

そんな相手を狙って隣に座りましょう。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたの職場でのお悩みはここで解決できる!働きやすい仕事場にしたいならチェックしよう

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?