海の日って何するどんな日?由来の理由を分りやすい雑学で紹介

この記事は3 分で簡単に読めます


「海の日ってなにするどんな日なの?」

「海の日の由来の理由を分りやすく知りたい!」

「海の日って何(なに)するべきなの?」

「海の日って誰が作った何(なに)するいつの日なの?」

 

単に“海で遊ぼう”と感じている、声もよく耳にするのでは?

 

ではさっそく見ていきましょう

 

海の日って何する日なの?正しい過ごし方について紹介

折角ですから「海の日」を本来の目的通りに満喫したい場合、

どうやって過ごすと良いのだろうか?

 

7月17日の海の日、7月の海の月間を主としていろんな地域で数々の海の日のイベントが催されます。

 

ファミリー、お友達とお誘い合わせのうえ、参加してみるのも良いでしょう。

 

例を挙げれば、7月17日には、海外でも活躍する船の公開をする「2017年海の日行事~海と日本プロジェクト~in晴海」。

 

7月15~8月6日には、神戸開港150年記念として「海フェスタ神戸」、

 

8月7日には、小学生~高校生を対象にする「海洋教室・新聞紙づくり講習会」も催されるとのこと。

 

それ以外に、「『海の日』小学生乗船無料特別企画」や、

全国で行われる「船」や「港」の見学会「船との出会い事業」。

 

「行事に参加されたら、『どんな時、何に海の恩恵を感じたか』。

 

また、海洋国家日本国内の発展のために、

今後どうしたらよいと思ったか?などを考えられると、

 

より『海の日』を満喫できるでしょう。

馴染みのあるようで割と無知だった海の日――。

 

「『海の日』は、海の恵みに感謝するとともに、海洋国日本の発展を願う日です。

 

今年は海の日の熟知するために、恋人と家族と、各セレモニーを訪問してみては!?

もちろん、海の日にデートする人もいます。 

「海の日 デート イベント」に関する記事も併せて読みましょう。

 

 

海の日ってどんな日なの?制定された由来の理由を教えます

7月の第三月曜日は「海の日」です。

 

平成7年、祝祭日に決められました。

 

因みに、この「海の日」の由来を知っているでしょうか。

 

明治天皇は、過去の陋習をやぶって、次から次へと近代日本の改革を実施されました。

 

また、全国の至る所を巡幸されることも種々雑多ありました。

 

明治九年(1876)、明治天皇は、五十日に及び東北の各県を巡幸をうけましたが、

この際に、はじめて船に乗船されました。

 

七月二十日は、青森から函館を通じて横浜に到着した日です。

 

この日は、長い間「海の記念日」と考えてきましたが、

平成七年の法改正で次の年より「海の日」として祝祭日になったわけです。

 

国内全土は、四方を海に包囲された海洋国家で、

海なくして全国の至る所の商売繁盛はありません。

 

海の恩恵に感激し、さらに、明治の国づくりに意識して、当日を迎えたいと思いますよね。

 

しかし、海の日が祝日であるにも関わらず、

「休みじゃない」という不満の声もあるようですね。

「海の日 休みじゃない」に関する記事も併せて読みましょう。

 

 

面白い雑学!海の日ってだれが作ったの?そこに意外な人物が

この海の日を制定する状況で歌手の加山雄三さんがつながっていたんですね。

 

これは「ヨルタモリ」と言う夜間の番組で放映されていたんですが、

加山雄三さんはその当時、「海の日制定委員会」の隊員でありましたそう。

時期につきまして話し合う時に、

「7月か8月の子供が夏季休暇の日、家族が集いして夏のお休みの計画を立てられるようにしよう」

と申し入れしたといいます。

 

その結果、学生の夏期休暇の最初の時期に海の日が決められ、

家族みんなで夏休みの計画を顔を合わせられる時間が出来たと。

 

そのご海の日が制定されたと言う話です。

 

しかし、この海の日の時期は天気が荒れがちです。

 

楽しみが潰れることもあるので、事前に天気を調べておくと賢明でしょう。

「海の日 時期 天気」に関する記事も併せて読みましょう。

 

 

海の日の由来に関する記念日を英語で紹介します!

海の日は英語で「Marine Day」と表現されています。

 

海と言えば、”sea”や”ocean”というキーワードも想定されるでしょう。

 

使い分けは周知されてますか?

Sea

=海を意味するよくある言葉

Ocean

=大洋(太平洋など)広大な海を示す時に利用するキーワード

Pacific Ocean / Atlantic Ocean…など。

 

海洋国日本、水産物などの海の恵みをたくさん手にしています。

 

祝祭日について設定されている国の法律には、

「海の恵みに感謝するとともに、海洋国日本国内の繁栄を願う」と定められています。

 

 

どうやって説明する?海の日の由来を英語で紹介します

 

次に海の日の記念日の由来を英語で紹介する文例はどういった構成なのでしょうか?

 

海の日の由来を英語での紹介している記事を見ていきましょう。

Marine Day is a japanese national holiday.

We give thanks to the ocean’s bounty on that day.

海の日は我が国の祝日です。

その日の内は海の恵みにみんな感謝しています。

 

 

The holiday has its origin in the fact that the Meiji Emperor sailed from Hokkaido to Yokohama on a steamship, the Meiji-maru, on his return trip from an imperial tour of the Tohoku Region in 1876.

1876年、明治天皇の東北地方巡行の際、汽船「明示丸」に乗船して北海道から横浜に帰港実施したことにちなんで定められた。

 

 

Marine Day is a holiday established in 1996 as Japan’s 14th national holiday.

海の日は日本全国の14番目の祝祭日として1996年に制定できました。

 

 

Originally held on July 20, since the 2003 amendment of the National Holidays Law, it has been celebrated on the third Monday in July.

かねてから7月20日でしたが、2003年に国民の祝日関係の決まった法律の海底により7月の第三月曜日に書き替えになりました。

 

 

The law defines Marine Day as a holiday celebrated in the hope of prosperity for the maritime nation of Japan, as well as a day of thanks for the blessings of the sea.

決まった法律では海の日を「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」と考えられています。

どうでしたか?

 

以外にも馴染みのあるような英語で海の日は紹介できるものなんですよ。

 

次は2018年度の海の日がいつなのか?調べていきましょう。

 

 

海の日の記念日はいつからなの!?(2019年度版)

2019年度の海の日は7月15日月曜日です。

 

「国民の祝日に関する法律」条文
海の日 七月の第三月曜日

海の恵みに謝意するとともに、海洋国家全国の至る所の商売繁盛を願う。

 

1995年に制定された「海の日」は、

「海の恩賞に謝辞するとともに、海洋国日本の商売繁盛を願う日」として1996年から施行された皆さんの祝祭日です。

 

制定した当初は7月20日だったのです。

 

しかし、2003年に祝日法が改定され「ハッピーマンデー制度」が組み入れられると、

海の日は7月20日から7月の第3月曜日へとお引っ越しする要件ができたのです。

 

四方を海で包囲された国は独立・日独立・自治領は勿論のことおよそ100ヶ国あるにもかかわらず、

海の日を祝日と考えている国は日本以外ないと断言します。

 

ですが、海の日の制定によって給料日が変わる人もいるようですね。

「海の日 月 給料日 変わる」に関する記事も併せて読みましょう。

 

 

海の日って何するどんな日?由来の理由を分りやすい雑学で紹介?~まとめ

ここでは「海の日」が祝祭日になったのは一体何年頃からなのか?

 

その由来と職歴について説明をさせて頂きましたが、どのように感じましたか。

 

海に囲まれた日本ですが、海沿いに建っていない内陸地域では、

海の日を川の日とする条例をセッティングするなど、様々な工夫が実施されてています。

 

2016年の海の日はハッピーマンデー制度の規定で、

7月の第3月曜日に組織されております。

 

ですが、今後海の日がオリジナルの意味である「海の恩恵に謝辞するとともに、

海洋国日本国内の繁栄を願う日」を取り戻し、

7月20日にお引っ越しする日も近いかもしれませんね。

 



あわせて読むべき!2分で読めるページの続きはこちら



TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?