海の日が給料日だと振り込みはいつになる?祝日にお金を楽しく使おう

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?


この記事は2 分で簡単に読めます



 

海の日または海の日を挟んだ給料日だと、お金の振り込みはいつのなるのでしょうか?

 

 

そんな疑問を抱えるあなたへ。

 

 

日本企業の90%以上は該当日の前の銀行営業日(ほとんどケースでは金曜日)に支払われます。

 

つまり給料日が25日であれば、祝日前まで遡った金曜日(23日または24日)に入金されます。

 

 

ただ、一部では次の日も考えれます。

 

どちらとも、法には反しません

 

これは会社次第です。

 

しかし一般的に給料日の25日または31日が祝日であれば、前の平日に振り込まれるのが一般的です。

 

 

 

チェックしよう>>>あなたが知りたいことがココにあるかも!?すぐにチェックしてみましょう。

 

 

 

 

給料日のお金って何時(いつ)振り込まれてるの?

ひとつの例として給料の支払日(銀行振込)が25日のケースでは、この25日のいつ振込まれるでしょうか?

 

「期日が25日に変わった直後?」

「銀行の営業開始時間と同時?」

 

どちらなのか?

 

それに関しては決められた日の午前0時という事例が大部分ですね。

 

企業が未然に橋梁を銀行に振り込み措置をしていればですが。

 

なおコンビニエンスストアのATMだと午前0時に引き出すことができますね。
 

 

ただし、銀行ATMが早朝からしか取り扱うことができないのでしたら、朝の10時頃になる可能性があります。

処理する件数が多いケースだと、昼ごろまでかかる事もあると言えます。

 

 

会社の経理職員が給料日当日に銀行振り込み処理へと足を運ぶのでしたら、早朝はむりですね。

 

10時ごろまでの理想的ですが、のんびり処理を実施する会社なら、午前中は引き出せないことも考えられますね。

 

 

もう給料日が海の日と被ることはないので安心しよう!

以前までは海の日は7月20日でしたよね?

 

ですが現在の海の日は7月16日に移っています。

 

その理由はこちらです。

 

 

つまり海の日は月の中旬なので、給料日が25日~31日であり、お金がその日に支払われる企業はまったく関係ありません。

 

 

ですが給料日が15日の勤め先の場合は注意が必要です。

海の日が7月16日に移動したことによって

 

「海の日を挟んで給料日がいつなのか?」

 

ということに疑問を持つ必要はなくなりましたよね。

 

 

ですが、稀に給料が15日に支払われる企業もあるのでその点は注意が必要です。

 

こういったケースだと13日または17日に休業が振り込まれます。

 

 

お勤め先にもよりますが、ほとんどの場合は「13日」である可能性が高いです。

 

 

 

海の日が給料日だと振り込みはいつになる?~まとめ

このページでわかるように海の日に限らず、祝日と給料日が重なると、前日の平日に振り込まれることが一般的です。

 

 

例えば25日が祝日または土日の場合→給料は24日に振り込まれる

 

 

ということです。

 

 

絶対に覚えてほしいのはお給料が祝日に振り込まれることは、ほとんどないということです。

 

 

なので祝日と給料日が被った場合は

 

本来の給料日前の平日

 

または

 

本来の給料日あとの平日

 

に振り込まれると言う事です。

 

 

ちなみに海の日にはいろいろなイベントがあるので、ぜひそちらもチェックしてみましょう。

 

 

 

チェックしよう>>>他にもこんなに面白いページがある!ここをクリックして確認してみましょう。

 

 

 

 

TVで話題の情報をお届け~読んだ記事をシェアして人の役に立つSNSにしませんか?